今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

臆病に親しむ

CIMG5145_R4.jpg




春の到来とともに、マリリンの体調が良くなり、以前のようなチャキチャキとした動きを見せるようになった。

穏やかな表情も咲くし、母ちゃんを邪険にもする。

いつも通りのマリリンの姿に、日々喜びを感じている私たちだ。



そんな中、彼女の臆病が進んでいる。

この冬さらに悪化したので、あらかた具合の悪さから来ているものだとばかり思っていたが、こうして健康を取り戻しつつある今もなお、臆病っぷりだけは変わらず居座っている。

ゆっくりと着実にやって来る老いを予感し、また下半身不随が身体の機能にさまざまな影響を与えつつあることが、本犬にどことなく不安を喚起させるのであろうか。

人間もそうだと思うが、肉体的な不安は、すなわち、精神をすり減らす。

それは、外敵から身を守ることが難しくなってきたことを、およそ本犬に悟らせもするだろう。

常にびくびくと身を震わせる臆病は、マリリン自身の、身体に対する自信が失われていることの現れかもしれないと、私たちは寂しく知るのである。



臆病が現れるシーンは多種多様だが、中でも顕著なのは、音だ。

以前は何ともなかった物音に、過剰な反応を示すようになった。

家の中で、柱や天井がみしっと鳴れば、大地震が来たと我を忘れて騒ぎ立て、散歩中に背後から母ちゃん以外の足音が近づけば、びくぅ~っ!!と漫画のようなジャンプを見せ、右へ左へ車輪を転がし、逃げ惑う。

車いすという相棒ができてからは、犬としての自信を回復し、堂々たる姿を見せてくれていたのだが、それがだんだんと過去のものになってきている。



日に何度、いや1時間に何度のビクつきがあるかしれないが、その中のひとつに、テレビの音がある。

ブログを始めた頃、日テレ嫌いという記事を書いた。

その後、少しずつこの現象は良くなっていったのだが、最近の臆病マリリンの胸に、再びその兆しが見えている。

しかも、今度は局を選ばない。

日テレ以外にも、拒否反応を示すようになった。

その日の調子に左右される部分も大きいが、不安の高まっている日など、一切テレビを受け付けなくなる。

さまざまな効果音の流れるバラエティ番組はもちろんのこと、比較的おとなしい地味な番組でも、だめだ。

父ちゃんと相談する中で、余計な効果音の少なそうなNHKならいいんじゃないか、と話が持ち上がり、試してみたが、ニュース番組や情報番組はだめで、クローズアップ現代は良し、という首を傾げる結果となった。

局に限らず、比較的ましなのは、音楽番組やテレビドラマである。

よって、それらを観ることはあるものの、総じてテレビのついている時間はめっきり減った。

私たちはお笑い系の番組が好きで、どうしても観たい場合は、マリリンの不安をなだめながら無理やり観ることもある。

が、何とも楽しさ半減だ。



よく分からないのが、テレ東に出されるOKである。

なぜかマリリンは、テレ東に関しては安心感を覚えるらしく、あらゆる番組を許容してくれるのだ。

「おまえは経済通か!!」

とツッコんでみるが、返事はない。

マリリンと並んで『カンブリア宮殿』など観るのも、なかなか充実したひと時だ。



この先、さらに臆病が進めば、テレビだけでなく、あれもダメ、これもダメで、社会生活から隔絶された日々になろうかと予想されるが、こうなったらトコトン彼女の臆病に親しんでやろうじゃないかと、ちょっぴり楽しみながら思うのであった。



スポンサーサイト

| マリリンの特性 | 09:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エアコンの反乱

みなさま、こんにちは~!

勘弁してくれ的な暑さが続いておりますが、体調はいかがでしょうか。

猛暑の中、先日、マリリン家のエアコンが反乱を起こしました~

はい、故障したのです




CIMG1273_R4.jpg
「あんだって~!?」



説明書通りに回復を試みるも、エアコンはだんまりを決め込みました。

仕方がなく、サポートセンターに問い合わせると、そのエラー表示はガス欠ですね、とのこと。

修理が必要になります、と軽く告げられたので、「いつ来ていただけますか!今日ですか!?」と受話器に食らいつく勢いでうかがいましたが、ま、世の中そんなに甘くはございません。

それから修理まで2日間、猛烈な暑さとの闘いになりました。



CIMG0695_R4.jpg
「あたしゃ、とてもじゃないけど耐えきれないよ。」



寝室にも1台エアコンがあるので、熱中症の心配があるマリリンは、ほぼ一日そこへ閉じ込めっぱなし。



CIMG1224_R4.jpg
「快適です。」



ただ、丸一日経つと、さすがにマリリンも戸惑ったようで、



CIMG1218_R4.jpg
「ちょいと~!まさかアタシをここに閉じ込めて捨てる気じゃあるまいね!」


とばかりにパニックを起こしておりましたがね



寝室のみ極楽空間なのですが、母ちゃんは24時間そこにいるわけにいきません。

熱さまシートや保冷剤の力を借りて、40度近い中で家事などをしておりました。

屋外でお仕事されている方はこんなもんじゃないんだ!とか、RAINDOGSのマスターなんか毎日40度の中で調理してんだぞ!とか、なんとか自分を奮い立たせるも、すぐに朦朧とし、慌てて寝室に避難。

幸い誰も熱中症等にはならず、2日後、修理の方が来てくださいました。



CIMG1060_R4.jpg
「助かった。。。」



猛烈な暑さの中で、汗をふきふきやって来たのは、30代くらいでしょうか、真っ黒に日焼けした、ガタイの良い作業着姿のお兄さん。

マリリンは寝室に残しておくと、大暴れでえらいことになるので、一緒に修理を見守ることに。

お兄さんが犬嫌いかもしれないため、ガッチリと抱っこし、近づけないように迎えました。

が、玄関ドアが開いた瞬間、そんな心配は吹き飛びます。

身体をくねらせ、両手を口にあて、「あら~!!!ワンちゃんいたのぉ~~~!!!」と大喜びのお兄さん。

「暑くてごめんね~! ワンちゃんいたならもっと早くここにまわって来れたら良かったのに~! ほんとにごめんね~、つらかったね~(;_;」

と、謝りっぱなしで、若干目を赤くしています。

いえいえ、この子はずっとエアコンのある部屋にいたので元気なんですよ、と応じつつ、犬が近づいても大丈夫ですか、とおたずねすると。

「大丈夫も何も!! ほら、こっちおいで~!!」

とまたしても身体をくねらせます。

苦笑しながら、マリリンをおろすと、ピョロ~~~!!と叫びながらお耳ぺったんこでお兄さんに突進しました。

笑っちゃうくらいの大歓迎です。

なんせ40度の空間なもんで、こちらとしては1分でも早く直してください、という内心の思いがあったものの、お兄さんとマリリンを見ていたら、そんな気持ちもどこかへ行ってしまいました。



CIMG1825_R4.jpg
「お兄さんとたくさん遊んだの!」



ひとしきり戯れると、名残惜しそうにしながら、いよいよエアコンの修理です。

ガスを入れる作業は、あっという間に終わり、5分もしないで冷房が入るようになりました。

途端に快適空間♪



その後、エアコンの状態や今後の対策のお話をしながらも、お兄さんの視線は常にマリリンを追っています。

「かわいいなぁ~! かわいいなぁ~!」と夢中になっていて、たまにこちらの質問も聞いちゃいないくらい



マリリンを撫でながら、お兄さんが言いました。

「うちにも、雑種犬がいるんです。」

そうでしたか~!と詳しいお話をお聞きしようとすると。

「捨てられていた子なんですよね。」

え!! 保護犬なのですか!?

前のめりになる母ちゃん。

「そうなんです。 11年前かな、仕事で車を走らせているときに、見つけて。 公園で、ダンボールに入れられていたんですよ。」

1匹ですか?

「そう、ひとりぼっちで弱ってました。 すぐに保護して、それからずっと一緒に暮らしてるんです。」

温かな気持ちが胸にじわわんと込み上げ、それからそのワンちゃんのお話を、あれやこれやうかがいました。

昨年、病気で大きな手術をし、それは成功したものの、以来めっきり体力がなくなってしまったんだとか。

もう1匹チワワさんもいるそうですが、この子はこの子で、足に病気を抱えており、あまり歩くことができない、と…

雑種犬の子も、術後はおさんぽ時間が激減し、家で休んでいることが多いため、最近は、2匹静かに寄り添って、奥様がそれを見守りながら毎日を過ごしているそうです。

そんなお話をお聞きしていると、会ったこともない彼らが目の前でしっぽを振ってくれているような気持ちになり、またまた、じわわん(;_;

涙腺が緩みっぱなしです。



CIMG1283_R4.jpg
「ワンちゃんたち、良かったね。 お兄さん夫婦が運命の家族だったんだね。 はぁ~涼しいわ~、快適、快適。。。」



エアコン修理という何ら感慨のない出来事が、思わぬ出会いをもたらしてくれました。

きっと、引き寄せたのは、マリリン。

相変わらず、本当に“ひき”の強い子です。

マリリンと一緒に暮らしていると、偶然の出会いに、心を動かされてばかり。

今までに、何度驚きの出会いがあったか分かりません。

これからも、その犬生を終える瞬間まで、いや、きっとそのあとも、この子はたくさんの出会いとたくさんの思いを届けてくれることでしょう。





ところで、エアコンですが、ガス欠になった原因は、どこかからのガス漏れでした。

このガスというのは、中毒を起こすわけじゃないので、身体への心配はありません。

エアコンは、ガスを使って冷却し、冷たい空気を室内に送り込む仕組みなのだそうです。

現段階で、漏れ箇所を特定することはできませんでした。

とりあえず、応急処置としてガスを満タンにしていただき、秋に、2週間ほどかけて、きちんとしたガス漏れ検査と修理をすることになりました。
(検査は、一度ガスを全部抜き、窒素ガスを入れるんだとか。)

秋になってからというのは、検査の間、エアコンが一切使えなくなるそうなので、今の時期は大がかりな修理はキビシイんですよね・・・。

エアコンや室外機に原因があればまだいいですが、配管のところに漏れ箇所がある場合、メーカーから管轄が離れて配管工事となり、お金もけっこうかかるみたいです。



結婚前、10年以上ひとり暮らしをし、色々なアパートに住みましたが、どんなに年代物のエアコンでも、こうしてガス欠で止まってしまうなんてことはありませんでした。

マリリン家のエアコンは、まだ3年ほどです。

見た目も新品と言えるくらいにきれいだし、中のフィルターも、お掃除機能がついているエアコンなので、ほとんど汚れておりません。

夏の設定温度は27~28度で、夜や朝は切っている時間帯も多いので、それほど酷使した記憶もありません。

困り果て、お兄さんにたずねました。

使い方のどういうところが悪かったのか、何か考えられることがあれば今後の参考に教えていただけませんか、と。

お兄さんのお話では、使い方の問題とかそういうことではなく、たまにこんな風にどこかからガス漏れを起こす場合があるとのこと。

外の室外機や配管に物が接触した程度では亀裂は入らないようですので、外傷も考えにくい。

ひとつ言えるのは、設置工事の際のちょっとしたことが原因になっている、という例が多いようです。

ミスと言えるほどのアレではないけれど、ただ、どうしても、人の手の作業だから、設置工事にもセンスや経験があるのだそうです。

たとえば、あるナットを締める際の力の強さ。

道具を使って締めるから、締めようと思えばいくらでもキツくできてしまう。

それをベストな具合で締めるのは、やはりセンスや経験の問題。

ちょっと締めすぎると、見た目には分からない程度にわずかなヒビが入ってしまうことがけっこうあるようで。

その時点では問題なく運転できているんだけれど、2~3年経ってから、そのヒビの部分が原因となり、こうしたガス漏れなどの不具合を起こす結果になるそうです。

あとで父ちゃんと一緒にエアコン故障の原因候補を色々と調べた結果、私たちの中では、やはりこの設置時の何かが最も有力なのではないか、と考えるようになりました。

そうであれば、これはもう、運、不運の問題、みたいな感じですかね・・・。



とりあえずガスは満タンに入れてもらい、使えるようになったものの、実はその3日後にまた同じエラーで止まってしまって

その日は、気温38度。

また止まったらすぐに電話をくれ、と教えていただいていた携帯にかけてみると、ほかのお宅をまわる合間に、お兄さんがサッと来てガスを補充していってくれました。

マリリン、再び大喜び!(笑)

休日だったので、父ちゃんも一緒に説明を聞き、機械音痴の母ちゃんでは分からなかったお話もすることができました。



これでなんとか頑張ってくれ!と念じたものの、その後、また・・・

この暑さの中、何度もお兄さんに来ていただくのはあまりに申し訳ない。
(8月は、ほぼ休みなしだそうです。本当に厳しいお仕事ですよね。。。)

入れては止まり、入れては止まり、が秋まで続き、しかも秋の大きな検査の結果によっては、かなりの修理になる。

お兄さんのお話だと、いくつか不具合が起こっている可能性もあるようで。

配管工事まで含めると、大変です。

何より、それまでの間、エアコンが止まる恐怖をずっと抱えているのが、つらい

仮に秋の検査・修理によって直ったとしても、まだほかに何か起こっているかもしれない、また止まるかもしれない、という不安がどうしても拭えないと思います。

私たちなんかどうでもいいですが、なんせマリリンという守るべき存在がいるので・・・。

マリリンの命をエアコンに預けるような状態になってしまい、これでは、普段の1~2時間のお留守番さえ、気が気じゃありません。

そんなわけで、10年15年と使うエアコンを3年で、というのは大変にもったいなく、つらいですが、父ちゃんとよく話し合った結果、思い切って買い替えることにいたしました。

思わぬ大出費

でも、これでようやく、マリリンにもしものことがあったら・・・という恐怖から少し解放されそうです。
(機械に「絶対」はないと思うので、新しいエアコンにも、100%の信頼はできませんが。)



そして、昨日、エアコンの取り替え工事が終了いたしました。

昨日まで、お兄さんはほかのお宅をまわる合間、おそらくはお昼休みなどを削って、毎日のようにガスの注入に来てくださいました。

新しく買い替える結果になったことを、こちらが申し訳ない気持ちになるほど悔しがり、何度も頭を下げて。

父ちゃんも母ちゃんも、お兄さんの真面目で誠実な対応に驚くとともに、深い感動を覚えました。

きっと、毎日怒られてばかりのお仕事だと思います。

機械の故障にしても、設置時のミスにしても、自分の失敗でもないのに、それを引き受け、さらにお客さんの苦情も引き受ける。

この暑さの中でのエアコン故障、おそらくイライラでブチ切れているお客さんも少なくないでしょう。

そのすべてを、ひとりで受け止めなければいけません。

私なら一日で音をあげるだろうお仕事です。



メーカーさんは、現場の方々のこうした頑張りに、ぜひお心を寄せていただきたいな、と思います。

私たち消費者が接するのは、メーカーのお偉いさんではなく、現場で働く方々です。

その方々によって、どれだけ企業のイメージが良くなるか、その影響は大きいと思います。

通常こういった故障があると、たとえ機械の不良品ではないとしても、何となく今度から他社製品を購入する気持ちになると思うのですが、今回のお兄さんのお人柄で、私たちは、新しいエアコンも同じ会社の製品に決めました。

また何かあったら、すぐに駆けつけてくださるそうで、とても心強いです。

エアコン故障自体はマイナスの出来事ですが、その裏で汗を流す方々の頑張りに触れることができ、マリリンにとっても、父ちゃん母ちゃんにとっても、結果的にプラスの出来事となりました






そして、今回のことで、エアコンが不具合を起こして突然止まることがあるのだということを、改めて思い知りました。

先ほどからしつこくて恐縮ですが、頭を支配するのは、マリリンがお留守番のときにこういった事態が起こったら・・・というゾッとするような恐怖。

エアコンの故障だけでなく、先日マリリン家にあったように、カミナリで停電という事態もありますしね

熱中症がこわいのはもちろんのことですが、ハアハアが続くのも、フィラリアの影響が残る心臓に対し、とても不安です。

今、マリリンは2時間置きくらいに排泄のお世話があり、また3度の食事もあるので、基本的には2時間以上のお留守番はありません。

スーパーの買い物は1時間弱だし、母ちゃんの病院も、最大2時間で帰ってくるようにしております。

ただ、どうしても夫婦ふたりで出かける予定があるときは、最大4時間までがんばってもらうことがあります。

先日こちらの記事でご紹介しましたトークショーも、そのひとつ。

この日は、やはり4時間程度のお留守番になりそう。

その前にガス漏れが発見でき、本当に良かったと思います。

トークショーの日は、新しいエアコンに活躍してもらう予定です。

が、今回の件で、だいぶ心配性が復活した父ちゃんは、新しいエアコンも信用できず、クールグッズなどのほかに、あるものを購入したようです。

いずれ本人が記事でご紹介するそうですよ



CIMG8848_R.jpg
「イシシ! 父ちゃんは、過保護なの! あたしがかわいくてしょうがないの!」



この白い毛玉っ子を、精いっぱい守ってゆきたいと思います。


| マリリンの特性 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

生きてりゃ、必ずいいことあるさ

みなさま、こんにちは~!


土日の大荒れは大丈夫でしたでしょうか。

我が家の地域は、覚悟していたほど荒れることはなかったので、マリリンも落ち着いて過ごすことができました♪

嵐は平気だったのですが、ここのところ、ちょっと体調がイマイチの日が多いもので、無理しないようにしているマリリンです。

そんなわけで、今日は、まだ記録していなかったお散歩の様子をご紹介していきたいと思います

少し前のお散歩ですが、よろしければお付き合いくださいませ~!

寒い日が何日か続き、この日は久しぶりにやわらかな春の日差しが降り注ぎました



CIMG1961_R3.jpg
「イシシ! あたし、うれしいじょ~!!」

お天気の良い日は、あからさまなゴキゲンマリリンです


かと思うと、突然


CIMG5686_R3.jpg
ピタ。

道の真ん中で立ち止まってみたり。

こういうとき、何を言いたいのでしょうね~。

言葉がわかればな~、と思う瞬間です。



CIMG5689_R3.jpg
「母ちゃん! 今日は、あたしの好きな道を行かせていただきますっ!」

だそうです



CIMG5696_R3.jpg
「まずは、匂い嗅ぎからね♪」

そっちかい!



CIMG5715_R3.jpg
マリリンの熱心な匂い嗅ぎを、アップでお伝えしたいと思います。



CIMG5712_R3.jpg
アゴ~♪



CIMG5714_R3.jpg
ヒゲ~♪

熱心で熱心で、カメラのことなどまったく気にとめません。

黒々と濡れたお鼻で、何の情報を集めているのでしょうね~



CIMG5717_R3.jpg
ついでに、マリリンのおなか~♪

後ろ足は、こんな風に、柔らかなコットン生地の上に乗せています。

マリリンは、外の刺激により後ろ足が反応してけっこう動くので、こうしておくと、輪っかで擦れてしまうのを防ぐことができます。



CIMG5705_R3.jpg
「さ、母ちゃん、走るよ!」

ラジャー!!



CIMG5753_R3.jpg
びゅーーーん

ぐんぐんスピードをあげます!

しっぽがふわりと持ち上がっているの、分かりますか?

青空の下、太陽の光を浴び、風を切って、本犬の中ではテンションあがりまくりなのでしょう



CIMG5707_R3.jpg
ブルブル~ッ!も、いつもより威勢良くやっております



CIMG5730_R3.jpg
「気持ちいいぜーーー!!」


少し足をのばして、お友達の家の前へ。



CIMG5742_R3.jpg
ダイゴくん、いるかな?



CIMG5741_R3.jpg
「いない。。。」

残念ながら、お家の中です。

冬になってから、ずーーーっと会えていないので、寂しいマリリンです。



CIMG5743_R3.jpg
なかなか諦めきれずに、ダイゴくんのお家を見上げておりました。



トボトボと歩き始めると・・・

「あら、かわいいわね~♪」

女性が撫でてくださいました。



CIMG5722_R3.jpg
「えへへ~、あたしね、寂しかったの。」

やさしい人へのすり寄り方を心得ているマリリンです



CIMG5724_R3.jpg
「こんな瞬間を、待ってたんだよ♪」



CIMG5725_R3.jpg
「あひゃ

んも~満足、満足、大満足のマリ坊ちゃん



CIMG1954_R3_20130127103805.jpg
「やさしい人がいた~



CIMG1963_R3.jpg
一気にテンションアップ!!

笑いっぱなしで家まで帰ってきたのでした



マリリンは、こんな風にやさしく声をかけられると、本当にうれしそうな顔をします。

つい先日も、こんなことがありました。



道路の端で、プロパンガスの大きな缶をトラックからおろし、汗だくで仕事をしているおじさんがいました。

通り過ぎる際、目が合ったので、「こんにちは♪」とご挨拶。

マリリンを見たおじさんは、手に抱えているプロパンガスを横に置き、笑顔で近づいてきました。

車いすの事情を聞かれたので、簡単に説明します。

おじさんは、かわいそうだというような言葉は、まったく口にしませんでした。

日焼けした茶色い顔に浮かぶ細い目を、さらにギュッと細めて、鶴瓶さんを彷彿とさせる佇まいです。

目尻に刻まれたいくつもの皺が、やさしくマリリンを見おろしていました。

マリリンも、おじさんをじっと見ています。

おじさんは、マリリンを撫でようと伸ばした手を、頭に触れる寸前で、慌てて引っ込めました。

「あれ?」という表情をしたマリリンに、もう一度笑顔を向けると、真っ黒になった軍手をはずし、改めて頭を撫でてくださいました。

そんなやわらかなやりとりに、思わずこちらも笑顔になります。



「お~よしよし。いい子だな~。いい目をしてる。」と言いながら、おじさんは、マリリンをわしゃわしゃと撫でてくださいました。

力強いわしゃわしゃに若干よろめきながらも、マリリンはうれしくてたまらない様子。

ピーピーキューキュー鳴いて甘えました。

ごつごつとした大きな手は、マリリンの顔をすっぽり包みます。

そして、ひとり言のように、つぶやきました。

「生きてりゃな、必ずいいことあるんだよな。 生きてるってことが、大事だ。」



マリリンは、何かほめてもらったと思ったようで、ピュルル、と甘えた声を出しました。

おじさんは、軍手をはめると、額にふき出す汗をぬぐい、仕事に戻りました。






マリリンは、働くおじさんに応援していただくことが、けっこうよくあります。

おじさんがおばさんをかわいがっていると思うと、ふふっと笑ってしまうこともあるのですが、本犬は、大変満足に、みなさまの好意を受け入れているようです。




「おじさんの手ってね、あったかくて、やさしい汗の匂いがするんだよ。」

| マリリンの特性 | 08:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヤンキー少年の意外な素顔


「みなさ~ん、元気ですかーーー!! えへ。風が強いんです。」

向かい風にしょんぼりしちゃったマリリンから始まりました、今日のブログです♪


先日のお散歩のこと。


この日は風が強く、夕方前の時間だったこともあり、いつものお散歩より少し寒く感じたので、マリリンもしっかり防寒。

警備員服を着て、地域のパトロールです


それでですね、強風でコートの袖から手を出すのがつらくて、写真はわずかしか撮れていないのですが(笑)、ちょっとうれしい出来事がありましたので、ご報告させてくださいませ♪



CIMG4135_R3.jpg
「寒いよね~。こんな日は、もういろんなこと、ちゃっちゃと終わらせちゃうんだから!」



CIMG4137_R3.jpg
「はいはいはいはい、そーですか。わかりました。さようなら。」


早く切り上げたくて、ほかのワンちゃんからのお便りを受け取るのも、雑

やけっぱちのような、おざなりな情報交換に、思わず笑ってしまいました。

そんなに雑なら、嗅がなきゃいいのにねぇ(笑)



CIMG4139_R3.jpg
「いいの! やるべきことをやらないと、気が済まないタイプなの! とりあえずやった感が大事なの!」



CIMG4141_R3.jpg
「ひゃ~!風が強くなってきた~! 母ちゃん、もう帰ってあげてもいいよ。」

そうだね、早めに帰ろうか、と簡単コースを選択しました。



早足で黙々と歩き、住宅街のとある小さな路地を曲がったときのこと。

曲がった先に、明らかにヤバそうな少年集団が。

18歳前後でしょうか。

地面に座り込み、周囲にはでっかいバイクが数台とまり、狭い道を占領しています。

今にも盗んだバイクで走り出しそうな彼らの空気に、母ちゃん真っ青。

これはヤバイ。

見るからにヤバイ。

相当とんがっちゃってる



びえ~ん!どうしよ~!と半泣きになり、道を変更しようかという考えがよぎったのですが、そこは家々が立ち並ぶ、狭い一本道。

すぐそこに、彼らがたむろしています。

今その彼らの目の前で、来た道を引き返すのは、あまりにもあからさま過ぎる。

かえって彼らを刺激してしまうんじゃないかと判断し、何でもない顔をして横を通り過ぎようと決めました。

心臓はバックンバックン跳ね上がっていますけどね。



リードを短く握りしめ、狭い道なりにも、なるべく彼らから離れて横切ろうとした瞬間、「かわいい犬・・・。」と小さな声が。

集団の中の一人の少年が、導かれるようにこちらにフラフラと近づいてきたのです。

えぇーーー!!ヤバイーーー!!

すると、話しかけてくれた人は必ず撫でてくれると信じているマリリンが、スンスン甘えた声を出して少年にすり寄ろうとしました。

んも~母ちゃんは、必死でリードを握り締め、「ヤメナサイ。ヤメナサイ。」と極小の声で連呼。

しかし、少年はそのままゆっくりと近づき、ついにマリリンを撫ではじめました。

ド緊張で身体を硬直させながら、とにかく早く立ち去ろうと策をめぐらせていると、ふと、あることに気づきました。

その彼、先ほどまであのコワイ集団に属していた少年とは思えないほど、優しい優しい笑顔になっちゃったんです。

いい人オーラ満載

撫で方がうまいから気持ちいいらしく、マリリンがこれでもかと甘えます。

少年はさらに喜んじゃって、「なんだよ~、かわいすぎるな、オマエ。」とはじける笑顔。

エンドレスのふれあいです。



ふと向こうを見ると、彼の仲間たちが一斉にポカンと口を開けてこちらを見ていました。

しばらくマリリンと戯れた少年は、そのとき初めて気がついたかのように母ちゃんに顔を向け、「かわいいッスね、この犬。車いすでがんばってて、すげーッス。」とはにかみながら言いました。

恐怖から解放された安堵で、「はい!ありがとうございます!がんばっています!」

直立不動で口走る母ちゃん。

最後まで優しい笑顔で、「またな、がんばれよ。」と言い残し、集団のほうへ戻って行きました。

仲間たちが、「なに、オマエ犬が好きだったのかよ。そんな顔初めて見たわ。マジびびった。」と言っているのが聞こえます。

安堵やら喜びやらで、どっと身体の力が抜けた母ちゃん。

その後、リードをピンと持ち直して、ルンルンとその場を去ったのでありました。



CIMG4147_R3.jpg
「えへへ。お兄さん、やさしかったの。あの人、すごくいい人だよ。わかるの。」

そうだね、見た目がコワイからって、悪い人間とは限らないよね。

それに、思い出したよ。

中学のときに一緒に遊んでいた女の子、市内で有名な暴れん坊だったけど、母ちゃんが困っているときは、いつも全力で助けてくれた。

どんな相手でも、ひとりで乗り込んで行って、守ってくれた。

そんな、すばらしく情に熱い、心のやさしい女の子だったな。


強風でしょぼくれていた気持ちもどこへやら。

マリリンとふたり、すっかり元気になって、心ぽかぽか、お散歩を楽しんだのでした♪


読んでくださって、ありがとうございます

みんなを思わず笑顔にさせちゃうマリリン。
ヤンキー少年の心の中にある、やさしい素顔を引き出しちゃったようです。

エンドレスで触れ合っていた一人と一匹に・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

~お知らせ~
今度の日曜日に1周年を迎えます、マリリンブログ。
また日曜日当日、私の思いときちんとしたお知らせを書きますが、1周年をもって、ブログ村を卒業することにいたしました。
いつも、ランキングからこのブログをご覧いただいている方には、本当に申し訳なく思っております。
いきなり消えているとびっくりしちゃう方がおられるかもしれませんので、事前にお知らせだけさせていただきました。

ブログ村を通じて、たくさんの方に応援いただき、本当にありがとうございます。
卒業することになって、父ちゃんは、明日、自分が一番書きたかった保護犬のことを慌てて書くようです。
多くの方に見ていただけるうちに書かないと~!なんて言って(笑)
よろしければ、チラと読んでやってくださいませ。

日曜日まで、最後の応援クリック、よろしくお願いいたします

| マリリンの特性 | 08:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おやつはどっちの手にある動画♪





みなさま、こんにちは~!

以前、こちらの記事で、外国人女性と出会ったものの、英語がダメな母ちゃんは思わず逃げようとしちゃったというお話を書きました。

それ以来、このブログに、「やり直し中学英語」を教えてくださるブロガーさんがそっと足跡を残してくださっております。

そして、毎日こっそりとそちらのブログへお邪魔し、中学英語のやり直しを図っている母ちゃんです


今日、覚えたフレーズは、こちら。

a man of seventy winters

「70歳の老人」

冬って単語を使うのね。

なんか、切ないやねぇ。。。

そんなことを思いながら、

a man of seventy winters と練習します。


あ、ちょっと!

いけませんよ!

パソコンの前でカタコトの英単語をつぶやいている母ちゃんの寂しい後ろ姿を想像しては!

さあ、みなさまもご一緒に~♪

リピートアフタミー!

a man of seventy winters

ところで・・・どこで使いましょうかね、このフレーズ(笑)



さあさあ、本日は、マリリンらしい動画がありますので、ぜひご覧くださいませ~



父ちゃんとぬいぐるみ遊びをしてテンション大爆発のマリリン。

よく運動をしたので、おやつをあげることにしました~

あげるのは、なんと、先日お会いしたアプちゃんのパパさんママさんにいただいたおやつです♪


お会いしたときに、用意してくださっていたお土産をホテルに忘れてきちゃったという、おちゃめなパパさんママさん

その後、わざわざ我が家に宅急便で送ってくださったのです!



CIMG4155_R3.jpg
「わ~、これなに~??」


マリリンに、アプちゃんセレクトのおやつだってよ~♪



CIMG4163_R3.jpg
「ほんと~!?あたしにくれるの~!?」

マリリン、首、長すぎ(笑)



CIMG4164_R3.jpg
「ふむふむ。ホットケーキとかラスクとかあるよ~!あ、お魚さんもある!!」

いきなりうれしい贈り物をいただいて、期待でいっぱいのマリリンです。

でも、父ちゃんが帰って来るまでおあずけ。

必死に待って、とうとう、待ちに待った時間がやってまいりました!



CIMG3413_R3.jpg
「アプちゃんセレクトのおやつ、早くちょーだい!」



CIMG3411_R3.jpg
「きゃは~!お魚さんですね~! アプちゃんったら、ナイスなんだから~

良かったね~、マリリンの大好きな魚だよ。



CIMG3408_R3.jpg
「クフフ! 匂いからして、たまらないのよーーー!」



マリリンが我が家に来てから1年くらい、おやつはずっと肉系だったのですが、日本犬は認知症が出やすいということで、だんだん魚をとるようになり、今ではおやつは魚ばかりになっております。

すると、マリリンも魚の魅力にはまったようで、いつの間にか、肉よりも魚を好むようになりました。

肉のときと魚のときで、喜びのジャンプが違うのです

肉のときは、「やった!・・・あ肉か。ま、うれしいけどね!うん、そっか~、今日はコレか~。」って感じ。

魚のときは、「よしきたーーー!!おいコラ!早くよこせ!こんにゃろ!こんにゃろ!ぴょ~んぴょ~ん!!」って感じ。

最後の「ぴょ~んぴょ~ん!!」は、マリリンのお尻ジャンプです♪

後ろ足を前方に投げ出し、前足を横に置いて身体のバランスをとりながら、何度もお尻で飛び上がります


とまあ、そんなわけで、すっかり魚大好き犬になっちゃったマリリンなのでした。



CIMG3407_R3.jpg
「ちょいとーーー!ごちゃごちゃ誰にしゃべってんのさ!はい、みんな集中~!あたしにおやつあげることに全力をそそいでちょーだい!!」


はいはい、わかってるよ、父ちゃんからもらいなさい。



CIMG3421_R3.jpg
「あらまぁ・・・



CIMG3422_R3.jpg
「なんて美味しそうなの、あなた



CIMG3426_R3.jpg
「あら?カラダが曲がってきちゃった ちょっと父ちゃん、長すぎじゃない?」


必死のアピールで、なんとかお魚を食べることができたマリリン♪

今度は、同じくアプちゃんセレクトの、犬用ラスクをあげました

これも、匂いを嗅いだ瞬間から、大興奮!!


と、ここで、父ちゃんがちょいとゲームを始めました。


両方の手を握り、どちらの手におやつが入っているか当ててみな!というゲームです♪

その動画を撮りましたので、どうぞご覧くださいませ~!

マリリンは、父ちゃんが最初に右手におやつを持っていたので、その後もどうしても右手にあると思い込んでいるようで、空っぽの右手をフガフガやっております

[広告] VPS


一生懸命おやつを探し、なぜか自らお手をするマリリンでございました~


今日もありがとうございます!

父ちゃんは、こんな風にマリリンとゲームしながら遊ぶのが大好き。
母ちゃんはメンドクサイので、そういうことをしません(笑)
同じ目線で一緒に楽しんでくれる、それがマリリンにとってはたまらなくうれしいようです♪

「どうしても右手にあるとしか思えないの!」と必死にフガフガするマリリンに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします!(^^)!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの特性 | 08:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。