今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

拝啓 クルタン

F1010064.jpg





クル、元気にしていますか。

そちらで楽しくやってる?

いつもマリリンの心配ばかり、仲間そっちのけにして、みんなからブーイングを浴びているんじゃない?

マリのことは大丈夫だからそんなに様子を見に来なくてもいいよ、と言いたいところだけれど、この子は見ての通り、何ともデリケートな子でね、まだまだクルの見守りが必要みたいなんだよ。

姉ちゃんが頼りないもんだから、ごめんね。



アレルギーの時も、びっくりしたでしょう。

目が開かないほどに顔がパンパンに腫れちゃって、まるで別犬……というよりむしろ、ちょいとおたく、どういった種類の生物だい?ってな具合だったもんね。

だけどクルが付きっきりに見守っていてくれたから、姉ちゃんは無事に車で病院へ連れて行くことができたんだよ。

ありがとう。



クルがお空へ旅立ってから、今日で4年。

姉ちゃんは、今もクルの気配を感じるよ。

そしてね、クルと過ごした時間の、その記憶の断片が、時折ふとした瞬間によみがえるんだよ。

あの時クルは、何を思っていたんだろう。

あの突飛な行動は、何を意味していたんだろう。

あの目で懸命に伝えようとしていたことは、何だったんだろう。

そんなことを考えるんだよ。

姉ちゃんがいつかそちらへいったら、たくさんのことを訊いてみたい。

でも、仮にね、そちらでも言葉を交わし合うことができないのだとしても、それでもいいと、最近は思うの。

言葉のやりとりができないからこそ、その目で、その温もりで、その息づかいで、気持ちのやりとりをする。

心を通わせようと、互いの内なる声に、そっと耳を澄ませる。

それは実は、とても素敵なことなのだと思うようになったんだよ。



寒くなるにつれて、マリは少しずつ鬱々としてきているよ。

冬季うつ病だと言って、私たちがからかうと、怒ってカーペットを掘りまくるんだよ。

笑っちゃうでしょ。

身体の不調から来るビビリも、冬にかけて増えてくるだろうね。

音も気配も、何もかもがこわい病。

クルもビビリだったもんねぇ。



マリの心身がどういう状態か、私たちは知ることができないの。

神経の断裂が身体ぜんたいにどういった影響を及ぼすのか、下半身の感覚がないってどういう感じなのか。

それにより、目に見えない鈍い不調、不快さだったり痛みだったり、そういう苦しみが日常的にどの程度あるのか。

また過去に受けた心の傷は、どれほど深いものであるのか――。

私たち夫婦には、何もわからない。

ただひたすらその生をともにし、マリの様子から、さまざまに想像を重ねてゆくしかないんだよ。

いくら想像しても、苦しみはなくならないと思うけれど、それでも、抱える不安の和らぐ瞬間が、少しでもこの子の中に生まれてくれたら……。

そんな風に願うんだよ。



なかなかそちらでゆっくりさせてあげられなくて本当に悪いんだけど、姪っ子マリリンのこと、どうか見守ってやってね。

マリがパニックの時は、大丈夫だよって寄り添ってあげて。

この子は、叔父さんの言葉がいちばん安心できるみたいだから。



それじゃあ、またね。

いつもありがとう。

お空のお仲間さんに、よろしくお伝えしてね。



姉ちゃんより

クルタンの命日に寄せて




スポンサーサイト

| クルタン | 08:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クルタンがいた日々

みなさま、こんにちは♪

昨日、所用があり、その前にお散歩だけ済ませちゃおう!と急いで出かけたら、どこかのおばあちゃんの身の上話にとっつかまり、結局想定外の20分ロスになった母ちゃんです

どういった経緯で自分の足が悪くなっていったのか、また今はどんな風に痛みを感じるのか、さらには相手にしてくれないというご家族への不満に至るまで、長いのなんの。

マリリンが、「ちょいと!あたしゃ~ね、何てったって背骨が折れてんだよ!」ってな顔でイライラと見上げておりましたよ




前回の記事に、ご自身のこと、日々思うことなど、お心のこもったメッセージを、本当にありがとうございます

大事に拝読させていただいております。

読んでくださった方みなさまに、心から感謝です

あえて記事になどしなくてもいいんじゃないかと思っていた恥ずかしい吐露ですが、こうして色々な方が一緒に考えてくださるというのは、本当にありがたいことだと思っております。

書いておいて良かったです。





          





今日、10月25日は、母ちゃんの実家で生涯をまっとうした犬、クルタンの命日です。




CIMG0096_R.jpg




クルタンは、母ちゃんの弟という存在ですから、マリリンにとっては、叔父にあたります。




CIMG0073_R.jpg




母ちゃんは、高校3年生の頃まで、クルタンとともに暮らしておりました。

その後、上京してからは、母がひとりで、クルタンの犬生を見届けてくれました。




F1010064.jpg




今日は、クルタンを偲び、若かりし頃の彼の写真を載せてみたいと思います。




CIMG0639_R4.jpg




バリバリの現役時代は、こんなに真っ黒に黒光りし、エネルギーに満ち溢れておりました。


ちょこんと半分に折れたお耳が、愛おしくて、大好きでした。




CIMG0662_R4.jpg




この風貌ですから、お散歩に出かければ、道行く子どもたちにこわがられ、時には大人からも、「ぅおお!!」とビビられました。

けれど、こんな感じでいながら、それはそれは気の弱い子で・・・。

犬に負け、猫に負け、年をとり体力がなくなってからは、小鳥にも負けちゃって。

いえ、ケンカをしたとかではないのです。

すべて、こちらから逃げ出すというパターン。

さんぽ中に犬に吠えられたり、猫ににらまれたりした日にゃあ、もうボクこの先へ行かれません、となるか、全速力で突っ走って逃げるか、どちらか。




D1000344_R4.jpg
哀愁漂う後頭部が、いいでしょ




CIMG0119_R4.jpg
年をとってからは、いつも母のそばに寄り添っていました。




CIMG0097_R4.jpg
おかあさんの動きを感じられる台所が、好きだったね。




CIMG0093_R4.jpg
老犬と言われる年齢になってからは、姉ちゃんが帰省しても、眠ってばかり。

台所と廊下を、手がつけられないほど全速力で走りまわったあのクルタンは、もういません。




CIMG0085_R4_201309271429344f8.jpg
クルや、すっかりおじいさんになったね。


愛おしい、愛おしい、年老いた弟です。






生涯、気の弱かったクルタンですが、母のことは、よく守ってくれました。

体調の悪いとき、仕事が大変なとき、理不尽に心を深く切りつけられたとき―――。

母がぼろぼろのときは、いつだって、クルタンが守ってくれました。

姉や私以上に、母を知り、その人生に寄り添った犬です。



とてもやさしく、健気な子でした。



そんなクルタンが、姉ちゃんである私に、最大の贈り物をしてくれました。



マリリンです。



マリリンが私たちの家にやってきてから、1か月。

クルタンは、母のそばで、旅立ちました。

まるで、自分の最期を知っていたかのように、マリリンの命を、姉ちゃんに託してくれたのです。



以来、クルタンは、すっかりクル叔父さんとなり、姪っ子が心配で心配でたまらない様子。

マリリンが胃腸炎などで体調を崩せば、必ずやってきて、叔父と姪で濃密な時間を過ごします。

父ちゃんも母ちゃんも、そこに入ることはできません。

徹夜で苦しむマリリンは、クル叔父さんに慰められた後は、不思議と、うとうとし始めるのです。



胃腸炎じゃなくたって、クル叔父さんは、やってきます。

今かい!とツッコミたくなるような、訳の分からない時間に。

そんな、ちょっぴりおとぼけなところは、昔とちっとも変わっていません。

マリリンは、クル叔父さんに、大きな信頼を寄せているようです。

沈んでいるときには、母ちゃんがぴたりと寄り添うよりも、クル叔父さんとのわずかなやりとりが、彼女を元気づけます。

そんなことを知ってか知らずか、クル叔父さんは、自分を慕う姪っ子のために、毎度天国からいそいそとやってくるのです。

きっと、向こうの仲間たちに、呆れられていることでしょう。



ねぇクルタンや、あんたはいつから、甘々の叔父さんになったんだい



でもね、姉ちゃんはうれしいよ。

だって、マリリンは、クルタンがつないでくれた命だもんね。

姉ちゃん夫婦に、こうして託してくれたんでしょ?

え? 違う?

姉ちゃんが心配で、マリリンに託したの?



・・・(-_-;)



ま、どっちでもいいや!

姉ちゃんはね、クルタンのおかげで、これ以上ないくらいの幸せに満たされているんだよ。

ありがとう。

マリリンがそちらにいくまで、ずっと見守っていてね。





(お見合いの日・シェルターにて)
CIMG1506_convert_20111224200933.jpg
「クル叔父さん、あたしがこの人たちを引き継いだよ。」


| クルタン | 07:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クル叔父さんがやってきた♪

前回の記事に、たくさんのコメントを頂戴し、本当にありがとうございましたm(__)m

おひとりおひとりにお返事ができず、申し訳ございません。

大事なお時間を割いて、こうしてマリリンの様子を見に来てくださったり、コメントまでいただいたり、感謝の思いが尽きません。

まだ陰転は先になりますが、やはりお祝いのお言葉をいただくとうれしくてたまりませんし、これからあと1~2か月で、必ず陰転してやる!とさらに気合が入ります。

この5キロの小さな身体に、抱えきれないほどの応援をいただき、驚きと喜びで、マリリンもいつも以上にお目目パチクリです

みなさまからのお言葉、昨夜寝る前に、マリリンに伝えさせていただきました。

きっと、良い夢を見てくれたことと思います。




一昨日、こんなにうれしいことがあったマリリンですが、昨日は朝から具合が悪くなり、てんやわんやの一日となってしまいました

何度も吐いたので、吐いたものを写真に撮り、かかりつけの病院へ連れて行きました。

やはり、胃腸炎のようです。

気持ちが悪いのか、胃が痛いのか、とにかくじっとしていられず、イライラしながら終始ハーネスを噛んでしまい、




見事に千切れてしまいました~



病院で薬をもらって帰ってくると、



CIMG1385_R3.jpg
ぴったりと母ちゃんに身体を押しつけます。

不安なんでしょうね。

ずっとそうやっていてくれたらいいのですが、マリリンは、痛みや気持ち悪さなど、気になることがあると、とにかく歩きまわるのです。



CIMG1388_R3.jpg
ほとんど足を止めることなく、部屋中をヒンヒン鳴きながら歩いたり走ったり。

これじゃあどんどん体力が消耗しちゃうよ・・・と思い、抱っこしたりなでたりしてみるも、「離してーーー!!」とばかりに悲鳴を上げて、もがきます。

本犬の中では、歩きまわることで、苦しみから逃げようとしているのかな、と思います。



ちょっと立ち止まっても、苦しみを紛らわそうと、



CIMG1405_R3.jpg
思いっきり掘ります。



CIMG1406_R3.jpg
もはや、やけっぱちの域。



それでも、午後2時頃になると、だんだん動きが遅くなり、ヒンヒンという鳴き声も出さなくなってきました。

少し、苦しみが和らいだようです。


付きっきりで見守っていた母ちゃんも、ようやくホッと一息つき、治まってきて良かったね~と一枚写真を撮りました。


そのとき。



CIMG1407_R3.jpg
ハッとして一点を見つめるマリリン。


え?何?


視線の先を見ても、キッチンがあるだけです。


母ちゃんが首を傾げた瞬間に、マリリンが鳴き始めました!


ヒャンヒャンヒャ~ン!!!


一点を見つめたまま、絶叫に近い鳴き声です。


母ちゃん、ハッと気づきました。


クルタンが、マリリンに会いに来ているんだ!!


慌てて、カメラを置いて、遠くに移動。

そっと見守ります。

マリリンは、ヒャンヒャン飛び跳ねて鳴きながら、一点を見つめ続けています。

そして、今度は、ピョロ~ピョロ~といつもの鳴き声で、おしゃべりを始めました。


その間、1分ほどだったでしょうか。


見守っていた母ちゃんは、胸が熱くなりました。


クル叔父さんったら、姪っ子の身体を心配して、会いに来てくれたんだ


しばらくすると、マリリンは一声ピュ~と鳴いて、母ちゃんのほうを見ました。

クル叔父さん、行っちゃったの?

マリリンに会いに来てくれたんだね。

うれしかったね。



その後も、マリリンは歩きまわっておりましたが、少しずつ身体を休める時間も出てまいりました。



そして、夜。



CIMG1414_R3.jpg
極度の疲労でフラフラです


父ちゃんから、○時○分に帰るよ~と連絡があったので、その時間の1分前に、マリリンに声をかけました。


「父ちゃんが帰ってくるよ~!」



CIMG1424_R3.jpg
「ほんとぉ~~~!?」


ちょっと・・・

今まで疲れきってフラフラしていた子と同じ犬とは思えないんだけど~



CIMG1431_R3.jpg
「父ちゃん、どこ!?どこどこ!?」



CIMG1429_R3.jpg
しっかりきいろたんも準備。



CIMG1435_R3.jpg
「あっしも準備万端でございやす。」


玄関に行くと寒くて胃腸炎が悪化しそうなので、リビングの戸口で待機してもらいました。



CIMG1428_R3.jpg
今か今かと、待ち切れません。


と、ここで、その様子を動画に撮りましたので、よろしければどうぞ~♪  ※鳴き声が出ます。

[広告] VPS


こんな大騒ぎで待機していると、まもなく父ちゃんが帰ってきました!



CIMG1444_R3.jpg
「父ちゃ~ん



CIMG1446_R3.jpg
マリリン 「あのねあのね、あたし今日いろいろ大変だったの!気持ち悪くて苦しくてね、ずっと逃げてたの!あ、そうだ!あのね、クル叔父さんが会いに来てくれてね・・・」

父ちゃん 「はいはい、わかったわかった。後で聞くから、とにかく暖かい部屋に入りなさい。」


本当にラブラブな父と娘です



CIMG1448_R3.jpg
「あの~。あっし、置いていかれましたが。。。」



こうして、胃腸炎の一日は、過ぎてゆきました。


昨夜は、ようやく眠ってくれて、父ちゃんも母ちゃんも、ホッと一安心。

念のため、今日も一日安静にさせて、しっかり治してしまいたいと思います


読んでくださって、ありがとうございます♪

姪っ子のピンチにお空からやってきてくれたクル叔父さん。
2匹のやりとりを、邪魔しないようにそっと離れて見つめていましたが、それはそれは愛おしい時間でした。
犬たちって、不思議な力を持っているのでしょうね。
お空に旅立った子たちも、いつでも自由に大好きな家族のもとへ舞い降りているような気がしてなりません。

クル叔父さんと姪っ子マリリンに、ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| クルタン | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クルタンの命日 ~ちょっぴり不思議な話~

CIMG2586_R2.jpg



本日、10月25日は、クルタンの命日です。

クルタンは、母ちゃんが実家で一緒に暮らしていた犬で、母ちゃんの弟、つまりマリリンの叔父さんにあたります。

クルタンのことについては、こちらに書いてありますので、ご覧いただけるとうれしいです。


マリリンは、クルタンが私たちに託してくれた子ではないか、と思っています。

マリリンが我が家にやって来てから、まるで自分の役目は果たした、とでも言うかのように、まもなく虹の橋へ旅立っていったクルタン。

それから我が家で起こる不思議な現象は、今も定期的に続いております。

マリリンが、寝ているときやリラックスしているときに、突如として飛び起き、誰もいない、何もない壁に向かって、ワンワンワンワン!

大喜びで踊るように跳ねまわり、その後、じーっと一点を見つめたまま耳を傾けていたかと思うと、今度は、キューンキューンとなんとも切ない声を発します。

一連の流れの間、こちらのことは一切目に入らないようで、すごい集中力で壁とやりとりしています。

し~んとした部屋の中でこれらが繰り広げられるので、最初は、何?こわい・・・ なんて言っていましたが、すぐに、ああそうか、クルタンが会いに来てくれたんだ、と思いました。

以来、マリリンのこの行動が始まると、母ちゃんは、静かにそっと2匹のやりとりを見守っています。



そして、つい3日ほど前のこと。

やわらかなお日さまの光が降り注ぐ、お昼頃。


今週は命日があるということで、クルタンのことを思いながらお散歩しようね、とマリリンに話し、出かけました。



CIMG3562_R2.jpg
「25日は、クル叔父さんがお空に旅立った日なの?」



CIMG3506_R2.jpg
「でも、クル叔父さん、あたしによく会いに来てくれるよ。」



CIMG3515_R2.jpg
「いつもあたしと一緒にいるんだよ。」


うんうん、そうだね。

クル叔父さんは、マリリンのことが心配で、いつも見守ってくれているんだよ。



CIMG3538_R2.jpg
そんなことを話しながら、歩きます。



CIMG3511_R2.jpg
マリリンをかたどる影。

犬の影って、かわいいですよね



CIMG3512_R2.jpg
この影に、クルタンの影を並べて、2匹一緒に散歩したかったな。

一度でいいから、したかった。



クルタンの思い出で頭をいっぱいにして歩いていると、すれ違った女性に話しかけられました。

「あ、あの・・・これってどこで売っているんですか?」

あぁ、車いすのことね!とすぐにわかり、詳しくマリリン号についてご説明をしました。

すると、ぱぁ~っと女性の目が輝きました。

ぜひ車いすを作ってもらう!と。

女性の愛犬が、高齢になり、今は後ろ足が立たない状態で、散歩に行かれないそうです。

カートはおろか、抱っこさえも嫌がるので、どうにもならず、困っていたんだとか。

そして、話を聞いて、え?と母ちゃんびっくり。

真っ黒い雑種犬なんですよ、とおっしゃるじゃありませんか!

思わず、私が実家で暮らしていた犬も、黒い雑種犬だったんです!と興奮して大きな声を発してしまった母ちゃん。

すると、女性がワンちゃんの特徴を話してくださったのですが、これがまあ本当によく似ているんですよ、クルタンに。

真っ黒いビー玉のようなお目目とか、お腹に白い部分があるところとか、少し違うのは、女性のワンちゃんは完全な立ち耳である、ということくらい。

何とも不思議な縁を感じ、うれしくてその場で飛び跳ねたい気持ちになりました。


お散歩が大好きだというそのワンちゃん。

車いすで、またお外に出られるようになるといいな。

お仕事でたまたまこの辺に来られたようなので、ご近所ではないみたいですが、この先そのワンちゃんがどこかの町で車いすを乗りまわしているところを想像し、胸がいっぱいになりました。



CIMG3530_R2.jpg
「えへへ。また1匹、お出かけできる子が増えちゃった!」

そうだね、これからも車いすのことをたくさん宣伝して、お家から出られなくなっているワンちゃんが、1匹でも多くお散歩できるように、がんばろうね!(^^)!



読んでくださって、ありがとうございます。

もうすぐクルタンの命日、というときに、何とも不思議な出会いがありました。
黒い雑種犬のお姉さんと私たちを、クルタンが引き合わせてくれたのかな、と思っております。
それにしても、お空に旅立った後も、休みなしで大忙しね、クルタン

今日は、マリリンと一緒に、クルタンを思って過ごしたいと思います。

クルタンとマリリンに、ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| クルタン | 08:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お空のクル叔父さん

CIMG0073_R.jpg

この子だ~れだ?

・・・て寝てちゃわかんない

ほい。
CIMG0096_R.jpg

F1010064.jpg

この渋いおじさま。
名は「クルタン」。
マリリンの叔父でございます。

マリリンの母ちゃんである私の弟、という意味です

この雑種犬クルタンは、私の実家で飼っていました。
私が上京する前、つまり高校卒業まで一緒に暮らしていました。
姉と私にとっては、弟のような存在だったんです。

しかし、姉も私も上京してしまってからは、母ひとりにクルタンを任せきり。
ごめんなさい。
自分たちがお世話するって言ったのにね。

ふたり暮らしとなった母とクルタンは、まるで一心同体のようでした。
常に互いの息遣いを感じ合い、黙っていても通じている、そんな絆が結ばれていたように思います。

病気ひとつせず、元気いっぱいだったクルタン。

2010年10月25日、16歳で虹の橋を渡りました。

その日の夜、連絡を受けた私は、ぐしゃぐしゃに泣きながら走って最終電車に飛び乗り、実家に帰りました。
凛々しくもあどけない、あのクルタンが迎えてくれました。


翌日、家に戻ってくると、一晩母ちゃんがいなかったってわけで、そこら中を荒らして打ちひしがれたマリリンが待っていました。
初めて母ちゃんがいない夜を過ごし、朝になったら父ちゃんも仕事に行っちゃったから、不安で力の限りに暴れちゃったんだね。

クルタンは、マリリンが私たちの家族になってから1か月後、虹の橋を渡りました。
まるで、自分の役目を終えたかのように。

クルったら、マリリンに命のリレーしたの?
わかったよ。大丈夫。
クルが託した命は、私が必ず守るから。

一晩分の寂しさを埋めるように甘えてくるマリリンを抱きしめて、クル叔父さんのお話をしました。

その夜のこと。

寝ていたマリリンが突然はっと起き上がり、部屋の壁に向かってワンワン吠え始めました。
「どうしたの?」と何度聞いても、こちらを一切無視して吠え続けるマリリン。
ひとしきり吠えると、今度は甘えるように、キュ~ンキュ~ンと鳴きました。
私の声はまるで届かないようで、ただただ一点を見つめて鳴いていました。

クルや、マリリンに会いに来てくれたんだね。
もう自由にどこへでも行けるんだもんね。
この子、かわいいでしょ?
つらい思いをした子だけど、こんなに一生懸命生きてるよ。
私が守るからね。
クルも、時々こうしてマリリンに会いに来てね。
ありがとう。ありがとう。


今でもクル叔父さんは、時々姪っ子マリリンに会いにやってきます。
そんなとき私は、彼らのやりとりをそっと見守るのです。


F1010027.jpg
「クル叔父さんね、ときどき夢の中にも会いに来るんだよ」


クル叔父さんとマリリンに・・・ポチおねがいします♪
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| クルタン | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。