今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハイドロセラピー第3回~苦行の果てに極楽へ、の巻~


「はい、どーもどーも、セラピーに連れて来られているアタシですよ。」



みなさま、こんにちは~!

前回の続きです♪

プールでのリハビリが終わり、やれやれとばかりに、隣の温泉へと移動したマリリン。

極楽が待っているかと思いきや、温泉の床で、ちょいと歩く練習です!



CIMG2802_R4.jpg
「お姉さんに上手にしっぽを刺激してもらったら、すっくと立ち上がっちゃったアタシです。」



しっぽと後ろ足の刺激によって、しっかり4本足で立って歩いてくれます。

どうしても走ってしまうので、うさぎとび状態になりがちですが、それでも、右、左、と交互に動き、反射の力が良い状態で働いておりました。

以前より少し体重が増えたことで、逆立ちのように下半身が浮いてしまうことも減り、あり過ぎる反射を、うまくコントロールできていると思います。



CIMG2808_R4.jpg
父ちゃんがしっぽに刺激を与えてみますが、やはりお姉さんのようには上手にできません。

さすが専門スタッフのみなさまです。



CIMG2807_R4.jpg
きれいに立っているでしょう?



CIMG2811_R4.jpg
「そんなことよりさ、ほら、早くそこの温泉につかりたいんだよ。」



マリリン、もうちょっと練習したら、温泉だよ~!



CIMG2804_R4.jpg
はい、いってみよう~!!


[広告] VPS



神経断裂により腰から下に感覚がないなんて、信じられないような動きですよね♪

反射の作用ってすごい。

犬の身体は、神秘です




さあさあ、がんばったマリリンに、ごほうびの温泉ですよ~



CIMG2834_R4.jpg
すぽん。



CIMG2823_R4.jpg
「あらまあ、極楽が訪れたよ。」



CIMG2831_R4.jpg
「あたしゃ、このために生きてきたって気がするよ。 たまんないねぇ。」


お姉さんにやさしくお湯をかけられ、ザ・至福!

父ちゃん母ちゃんに、その幸せを自慢げにアピールしておりました



CIMG2830_R4.jpg
「ちょいと。。。あたしゃ、もう。。。」


人間3人がおしゃべりをする中、何度もガクンガクンと舟を漕ぐマリリンです



さあ、のんびり温泉を楽しんだあとは・・・



CIMG2840_R4.jpg
「ですよね~、やっぱこうなりますよね~。 わかっちゃいるけど、ガックリです。」


シャワーで軽く身体を洗ってもらいます。



CIMG2842_R4.jpg
貧相になっちゃったマリ坊のあんよが、つるんっと恥ずかしそうにしておりました



シャワーが終わると、部屋を移動し、お姉さんとはここでお別れです。

父ちゃん母ちゃんによる、乾かしタ~イム!!



CIMG2849_R4.jpg
「おりゃ~! こうなったらもう何でも来やがれってんだ!」


いやいや、そんなに構えなくても大丈夫よ。

今日は、父ちゃんが担当してくれるみたいだから♪



CIMG2850_R4.jpg
「あら、そうなの? それなら良かった。」



CIMG2854_R4.jpg
「てっきりまた暴れん坊母ちゃんにやられるんだと思ったわ。」



CIMG2866_R4.jpg
「父ちゃんなら、すべて受け入れられるんです。」



CIMG2862_R4.jpg
「身体を拭くのもやさしいし。」



CIMG2861_R4.jpg
「あんよのケアだって、やさしいの。」


母ちゃんそっちのけで、ふたりの世界です。



すべて終わったところで、最後にお耳のケア。

これは父ちゃんが苦手なので、母ちゃん登場!



CIMG2873_R4.jpg
「ちょいと~! 助けてけろ~~~!!」



そんなこんなで、今回も無事にセラピーが終了したのでありました。




帰り道は、いつものように、



CIMG2692_R4.jpg
やりきった感が満載です



CIMG2696_R4.jpg
「あれまあ、おっきなあくびが来るわよ。 せーの!」



CIMG2697_R4.jpg

あくび途中。




CIMG2698_R4.jpg

完了。



プールのリハビリはちょっぴり大変そうだったけれど、なんだかんだ言って、思いっきり楽しんだらしい、マリリンでございます

さ~て、家の中でも、歩く練習、がんばるぞ~!

身体が動く限り、生涯現役、めざします!(^^)!





          





ちょいと、お知らせです。

先日書きましたように、年末でブログ2周年となるので、それで一段落とする予定でおりましたが、身体のほうがあまり良い状況にありません。

通院しております病院の先生に、「精神上の健康が得られない限り悪くなる一方にある。こちらとしてはいい加減にブログなどやめなさいと言わざるを得ない」と、怒りスイッチ点滅しちゃうぞレベルで叱られてしまいましたので、この辺りが潮時かな、と思っております。

ブログでドクターストップなどという滑稽すぎる状況に、なんじゃそりゃ!?と診察室でふき出してしまいましたが (←フイたらもっと怒られた)

現在、箇条書きで書き留めておいたもの、また、胸にある思いや遭遇した出来事についてなど、様々なテーマが、私のメモ帳の片隅で、所在無げに佇んでいます。

それらは、書きたいと思ったものの、色々な事情により記事として更新できなかったものです。

これから、それらをまとめ直して、記事になり次第、ぽつりぽつりと更新したいと思います。

楽しい出来事の記事も随時入れますが、自分にとっては少々ハードに感じる内容のほうが多いかな

メモ帳に置き去りにした類いのものは、まとめるのに精神力を要し、また体調の問題もあるので、時間がかかってしまいます。

なので、記事によっては3~4日に1度といったスローペースの更新となると思います。

一応、11月中に書き終えられるかな、と予想しているところです。

そこまで終えたところで一段落とし、当面お休みいたします。

その後については、またゆっくり考えていきたいと思います。



一段落するまでの間も、いただきました拍手コメントは、ありがたく大事に読ませていただきます。

ただ、パソコン時間を削減するため、これからは、ブログをお持ちの方へも、頂戴したお言葉へのお返事やコメント等できなくなりますこと、どうかお許しくださいませ。

一方的なやりとりにはなりますが、お休みするまでの間、記事を通して、改めて自分の中にある思いを考えることができたらと思っております。



色々と勝手ですみません。

どうぞよろしくお願いいたします。





 余談 


伊坂幸太郎さんの影響で、何年か前から、斉藤和義さんの楽曲をよく聴くようになりました。



『ウサギとカメ』

結局最後は どっちが勝ったんだったっけな?
やわらかい胸の中で聞いた「ウサギとカメ」
気がつきゃもう夕暮れ 今日もあっという間で
わかっちゃいるのに 今日も いつかと同じ

移り変わりの激しい この世の中
目指しているゴールは 誰も知らないまま
息を切らしてぼくが辿り着く頃 紙テープはもう切れてる

目にもとまらぬスピードで 誰かが勝手に決めたスピードで
いつかどこかに落とした宝物 探してる こんなに狭い箱庭で

ほんのちょっと前まで パソコンもケータイもなかった
でも何の不自由もなくて 笑っていたんだ
顔のないヒマ人が 今日もチマチマ書き込み
でも気にすることはないさ どうせ名無しの卑怯者

進化するテクノロジー うまく乗りこなせない人間
戻れないんじゃなくて 戻りたくないだけ
絡み合う利権 後回しの人権 毒でつくるエネルギー
今日も編集されたニュース 見えない恐怖の雨

言いたいことも言えないこの世の中
小さな声は 今日も届かないまま
息を切らしてぼくが辿り着く頃 札幌にヤシの木

目にもとまらぬスピードで ヤワなリーダーが決めたスピードで
いつかどこかに落とした宝物 探してる こんなに狭い箱庭で

移り変わりの激しい この世の中
目指しているゴールは 誰も知らないまま
息を切らしてぼくが辿り着く頃 沖縄に白い雪

目にもとまらぬスピードで 金の亡者が決めたスピードで
いつかどこかに落とした宝物 探してる 同じ所

結局どっちが勝ったんだったっけな?
やわらかい胸で聞いた「ウサギとカメ」
気がつけば また紅い夕暮れ
今夜帰ったら アイツに聞かせよう



これは、原発をテーマにした楽曲ですが、内容は、動物業界も同じであり、つい重ね合わせてしまいます。

動物の流通、命を命と思わぬ繁殖屋、ペットショップの裏側、簡単に売買し簡単に殺す人間たち、そして奇妙なまでに隠され続ける実験動物、毛皮、いつまで経っても大きな進展を遂げない法改正など、動物を取り巻く環境は、タブーだらけ。

根底には、様々な人間たちの立場、利権が絡み合い、うごめいているのでしょう。

そして、一番の罪は、私たち国民の無知。

無知が、動物たちを苦しめ続けています。



身を削っても魂だけは売らない、そんな人たちがいる限り、自分も小さな発信者のひとりであり続けたいと思います。

スポンサーサイト

| ハイドロセラピー | 07:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハイドロセラピー第3回~お水は口に入れません!の巻~


「ども~!!」



みなさま、こんにちは~♪

さあさあ、行ってまいりました。

ハイドロセラピー第3回目



CIMG2700_R4.jpg
「前はね、プールってことは隠されて、騙しうちで連れて行かれたの。 でもね、今はもう大丈夫。 大好きな場所になったんだよ。 なんでかってーと・・・」



CIMG2694_R4.jpg
「温泉があるから~~~!!」



CIMG2703_R4.jpg
「あたしゃ、自分がこんなに温泉好きだったなんて、知らなかったよ。 なんだかんだ言って、熟女に足を踏み入れつつあるってことかねぇ


ほらほら、自分語りはその辺にして、外の景色を見てごらん♪



CIMG2710_R4.jpg
気持ちいい青空だよ~



CIMG2690_R4.jpg
「ほんとだぁ~! お空がキラキラしてる~!」


思い返せば、初めてセラピーに訪れた日も、そして2回目も、いつも最高の青空が迎えてくれました。

澄みわたったブルーの中、首都高をスイスイとかっ飛ばします♪

なんだか、おてんとさまにセラピーを応援してもらっているみたい

「おら、気合入れて行ってこいや~!!」って言われてんのかもね、マリリン。



CIMG2693_R4.jpg
「ふあぁ~~あ。 早く温泉入りたいわ~♪」


プールに気合入れんかいっ



ま、そんなこんなで、温泉を第一目的に設定したマリ坊は、



CIMG2712_R4.jpg
終始、爆笑のドライブとなりました




今日は首都高すいているから、ちょっと母ちゃん運転してみよっか~♪




CIMG2713_R4.jpg
「・・・・・・・・・終わった・・・



もちろん、そんな暴挙には出ず、おとなしく助手席でお菓子を食べておりましたよ



CIMG2719_R4.jpg
さあ、お台場「綱吉の湯」に到着です!!


早めに着いたので、ロビーでしばし待ちます。



CIMG2732_R4.jpg
「あたしゃ、ヨユーだよ!」


いい感じだね~マリリン♪

そのテンションでプールに臨もうね!



CIMG2733_R4.jpg
「あいあいさ~~~!!」


と張り切っていたマリリンですが、時間が来て、「マリリンちゃ~ん♪」と名前を呼ばれると、やはり緊張が押し寄せた様子。





CIMG2741_R4.jpg
「みなさん・・・無事を祈っていてください・・・いってきます・・・。」


まるで、地獄の研修に臨む新入社員のごとく、朦朧とした顔つき。

明るい笑顔のお姉さんに、容赦なく連れて行かれました



CIMG2751_R4.jpg
まずは、圧迫排尿で、おしっこうんちを全部出しちゃいます。


これは、難なく終了。



CIMG2758_R4.jpg
「スッキリしちゃったよ。」



CIMG2760_R4.jpg
「さあ、温泉につかりましょう!」


だめだめ。

この後、きれいにお尻を洗ってもらうのですが、シャワーが苦手なマリリン・・・



CIMG2761_R4.jpg
ダッ!!


逃げたぁ~~

いや、首にひもをつけられているから逃げられはしませんが、ちょこまかと必死の抵抗を示します。

でも、そこは手慣れたお姉さん。

あっという間にとっつかまり、シャワーで流され、プールへ強制連行。



CIMG2768_R4.jpg
「ちょいと! アンタ何すんのさ! あたしにこんなことして、ファンが許さないわよ!」



CIMG2781_R4.jpg
「あ~~~~~れ~~~~~



さすがお姉さん。

マリ坊の必死の抵抗を浴びるも、1ミリもブレませんでした。





CIMG2790_R4.jpg
さあ、スタート!

マリリン、がんばれ~!!



CIMG2792_R4.jpg
「んぐんぐ。 あひあひ。 助けとくれ~!」


毎回そうなのですが、マリリンは、口に水が入ることが断じて許せないらしく、泳いでいる間、んぐ~っとキツく唇を閉じています。

鼻だけで必死に呼吸するので、スースーハーハーものすごい鼻息音。

お姉さんに、「だいじょぶ、だいじょぶ! お口開けてごら~ん! お水入ってこないよ。 ま、ちょっと入るかもしれないけど。

と声をかけられると、「だまされるか~! 最後の一言、しかと聞いたよ!」とばかりに、いっそう頑なに口をつぐんでおりました(笑)

で、あんまりギュッと閉じすぎて、





CIMG2788_R4.jpg
だんだん鼻が曲がります

黒々とした鼻が、右に向いたり左に向いたり、精いっぱい上を向いたりするので、父ちゃん母ちゃん爆笑。

それを見て、「何笑ってんのさ!」と、大層ご立腹のマリリンでありました。



ちょっとここで、その様子を動画でご覧くださいませ~♪


[広告] VPS




さあ、いったん休憩です。



CIMG2772_R4.jpg
「えらい目に遭ったよ。。。もう、これで終わりだね?そうだね?」


マリリンや、あともう少し。

がんばっておくれ~!



CIMG2775_R4.jpg
「まだ続くのね。。。いってきます。。。」



プールの端から端まで泳ぐパターンを、何度か繰り返しました。

お姉さんがおっしゃっておりましたが、毎回、スタート地点ではあまり後ろ足が動かず、ゴールが近くなると、俄然動きはじめるそうです。

これは、「ゴールが近い~!」と気持ちが上がって、そのうれしさが身体に反応を起こしているのかも、とのこと。

毎度毎度、医学の常識を打ち破るマリリン。

お姉さんも、「精神的な刺激がこんなに後ろ足に影響を与えるワンちゃんって、マリちゃんくらいだよ~!」と苦笑しておりました。

さすが、気合とド根性でここまで命をつないだだけあります。

気合で世の中なんとかなるってことを、身体を張って教えてくれるマリリンです



とは言え、気合とド根性の彼女も、5回ほど泳ぎを繰り返したあとは、もうヘロヘロ。





CIMG2794_R4.jpg
「あ~たし~のい~ぬせ~い、ラ~リラ~リホ~~~。。。」




すっかり魂を抜かれました

が、最後の力を振りしぼり、明日への、いや、10分後への希望をつなげます。





CIMG2798_R4.jpg
「お・ん・せ・ん・・・



魂を持っていかれつつ頑張ったプール。

さあ、マリリンに、極楽が待っているのでしょうか。



この続きは、次回書いていきたいと思いま~す!(^^)!


| ハイドロセラピー | 07:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

やりきったマリリンと、サロン回想録

前回の続きです。

プールでのリハビリと歩く練習をがんばり、極楽の温泉を満喫したマリリン。

さあ、軽く身体を洗って、セラピーは終了ですよ~




どよ~~~ん。。。



CIMG9639_R3.jpg
「納得いきません。 セラピーにこういうのが組み込まれていることに、あたしゃ~納得いきませんよ。」


シャワーがちょい苦手のマリリンにとって、プールで泳ぐよりも何よりも、この時間が一番厄介なのかもしれません。

さっと流すだけなので、通常のシャンプーよりずっと短時間で簡単なものなのですが、



CIMG9640_R3.jpg
この眉間のしわ


世の中の憂き事をすべてしょい込んだかのような顔をしております。



CIMG9645_R3.jpg
「あんだかねぇ。。。みんなもう、あたしのことは放っておいてくれないかねぇ。」

やはりこうやって見ると、身体が細いです。

もうちょっとだけ、太ってみようね、マリリン♪



CIMG9648_R3.jpg
「じゃあ、今すぐおやつ持って来て。」

ごめん、無理。



身体を流した後は、部屋を移動して、毛を乾かします。

前回父ちゃんと母ちゃんでやりましたが、ある程度渇くまでにけっこうな時間がかかり、中腰のキビシイ姿勢が続いたので、終わったときには、ふたりとも「うっ!!」と腰がまずい状態になりました。

有料ですが、事前に予約を入れておくと、スタッフさんが乾かしてくださる制度があるので、今回はお願いしようと思い、前もって電話を入れてみたのですが・・・。

サロン担当の方々は、セラピー専門スタッフさんと違って、下半身不随に対して専門知識があるわけではないので、そういった子の場合は、飼い主さんご自身でお願いしているとのこと。

残念だけど、仕方がありません。



思えば、マリリンが我が家に来てから、何件ものサロンにシャンプーのお願いをして、断られたものです。

断られるのは、狂犬病予防接種等を受けていないワンちゃんだったり、高齢で初めての来店だったり、そういった場合だと思っていたので、少々驚いたことを覚えております。

右も左も分からず、マリリンの色々な行動に必死に向き合っていた頃。

八方ふさがりの毎日でしたので、私たちも、通常の精神状態ではなかったのだと思います。

サロンを探し、断られるたび、なんだか世間にまで疎外されたような気持ちになってしまい、途方にくれたものでした。

全部自分たちでやろう。

そう決めた頃、かかりつけになった病院が移転して大きくなり、2階にサロンが併設され、そこで受け入れてくださることに!

本当にありがたく、何度も頭を下げました。

ネックになっていた爪切りと肛門腺をやっていただけることでホッとしたのも大きいですが、もうひとつ、良いことがあったのです。



当時、マリリンが精神的不安定な状態にあったため、カートに乗せて散歩に行っても、家を出た瞬間にスズメなどに怯え、大暴れでした。(まだ車イスがなかった頃です)

甲高い悲鳴は、驚いた近所の人が、何事かと出て来ちゃうほど。

また、ひどい分離不安もあり、母ちゃんひとりでスーパーに行くこともできず。

結局、散歩も外出もだめで、平日は一歩も外に出られない日々が続きました。

付きっきりで彼女の対応に追われていた、そんなとき。

マリリンがシャンプーに行ってくれるその時間だけ、唯一、母ちゃんがほぉ~っと息をつけたのです。

月に1度、2時間だけではありますが、精神的には救われました。

ちなみに、諸々の不安定行動があったマリリンですが、サロンのおねえさんのお話では、当時から、まったくもっておとなしく、お人形のようにされるがままだったそうです。

父ちゃん母ちゃんには、体当たりでいろんな自分をぶつけ、それでも自分のすべてを受け入れてくれるかどうか、試していたのかな?

今振り返ると、そんな気がしてなりません。



とまあ、そういうわけで、それ以来、ずっと病院のサロンにお願いしております。

その後、カフェ併設のサロンでひとつ受け入れてくださるところを見つけたので、病院のほうがいっぱいのときは、そちらにもお願いできるようになりました♪



断られるたびに当時はつい気持ちが沈んでしまったものの、お断りのお返事をいただいたサロンのお考えも、今はよく理解できます。

下半身不随の子をどう扱ったらいいか、ましてや背骨が折れて、神経断裂とあれば、万が一の事態でその部分に何かあったら・・・と考えると、責任がとれません。

なかなか引き受けるのは難しいのだと思います。



すみません、昔のことを思い出したもので、話がそれてしまいました



そんなわけで、マリリンの場合は私たちが乾かすしかなさそうです。

おっしゃ~、腰に気をつけながら、始めるか~

父ちゃんは、毎日遅くまで仕事をしていて疲れているので、この日は、母ちゃんが率先して動きます!



CIMG9672_R3.jpg
マリリン、こうやって毛がボサボサの姿は、保護された頃を彷彿とさせますなぁ。



CIMG9684_R3.jpg
「なんでもいいから、早くしてくんろ。」


と、ここで、ちょいと顔のアップをご覧くださいませ。



CIMG9651_R3.jpg
マリリン、鼻の上の黒が目立っております!


この子は、鼻筋に、シュッと刷毛で塗ったように、薄く黒い部分があるのですが、濡れると、異様に濃くなるんですよね。

内側のほうの毛が黒くて、濡れたことでそれが浮き出てくるのかな?

雑種って、こういった個性が、おもしろいなぁ~と思います♪



CIMG9681_R3.jpg
固定された巨大ドライヤーだと、腰をかがめてつらいので、今回は、普通の手持ちドライヤーをお借りしました



CIMG9705_R3.jpg
「母ちゃん、長いやねぇ。 手際が悪いのがあたしにもよくわかるよ。」


ぐだぐだと文句を言われながらも地道に乾かし、


CIMG9723_R3.jpg
お耳をチェックしたら、そろそろ終了です!



CIMG9733_R3.jpg
「こんなんでましたけどぉ~。」


ちょいヨレヨレですが、なんとか仕上がりました



セラピーのおねえさんたちに、感謝の気持ちをお伝えして、綱吉の湯を後にします。



マリリン、よくがんばったね!


ほら、

CIMG9747_R3.jpg
こんなに気持ちの良い青空が、待っていてくれたよ



CIMG9767_R3.jpg
ぼへ~~~。


マリ坊、一気に疲れが押し寄せたようで、青空どころじゃありません。

母ちゃんに思いきり身体を預けて、駐車場まで、こんな状態の移動。

道行く人に、笑われました



CIMG9765_R3.jpg
とりゃ~~~!!


強制的に、青空と記念撮影です



車に乗り込むと、

CIMG9812_R3.jpg
なんか、すごくいい顔!



CIMG9813_R3.jpg
やりきった感がありますねぇ



CIMG9803_R3.jpg
晴れている日の首都高は、とても気持ちがいいです♪



CIMG9788_R3.jpg
この景色に、マリリンも大満足。


・・・していたのですが、次第に、



CIMG9777_R3.jpg
「あいや~!!」

よく顎がはずれないねぇ、というような大きなあくびが出始めました。



CIMG9795_R3.jpg
「あたしは、だんだん眠くなぁ~る。 眠くなぁ~る。 眠く。。。」



CIMG9801_R3.jpg
「ん゛ーーー。。。」

落ちました。


今回も最大級にセラピーをがんばってくれたマリリン。

がんばるだけでなく、楽しんでもくれたようで、父ちゃん母ちゃんもうれしいです



CIMG9819_R3.jpg
よくおやすみ、マリリン



長いレポにお付き合いいただき、本当にありがとうございました

| ハイドロセラピー | 08:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

温泉大好き、マリ坊ちゃん!

前回の続きです。



まず最初に、一昨日なぜかアップできなかった動画を載せさせてくださいませ。

この日、マリ坊ちゃんが一番長い時間がんばって泳いだときのものです。

後半、息のスースーが激しくて必死

プールサイドという名の岸にたどりついた瞬間、「や~れやれ!」って感じです(笑)


[広告] VPS



さてさて、プールのリハビリを終えたマリリンは、隣の温泉へ移動しました。



CIMG9578_R3.jpg
「っかーー、大変だったよ、あたし。 さすがに疲れたってもんよ。」


そうだよね、プール、一生懸命やったもんね。

あともう少しだけ、リハビリがんばっちゃおうね。


飄々としているように見えて、やはり気が張っているというか、緊張していたらしいマリリン。

前足が、


CIMG9580_R3.jpg
こんなに突っ張っていました



CIMG9581_R3.jpg
ちっちゃな身体でよくがんばってくれて、ありがとう。




さあ、少し休憩をとった後、今度は、温泉の床で歩く練習です!




おねえさんが、しっぽと後ろ足の水かきを刺激します。


前回教わってから、家でも刺激して歩かせるようにしているのですが、自分がやっていたのと少し違う部分など発見できました。

最初は教わった通りにやっていても、毎日やるうちに、自然と自分の癖が出てきて、少しずつ本来のものとズレてしまっていたようです。

定期的に正しいやり方を確認するって、大事なことですね。



CIMG9573_R3.jpg
スチャッ!! 準備、オッケーーーイ!!


気合十分。



CIMG9574_R3.jpg
練習が始まりましたよ~


少し動画に撮りましたので、よろしければご覧くださいませ♪


[広告] VPS



プールで泳いだ疲れがあるので、ゆっくりペースですが、よく反応してくれました


後ろ足がクロスしてしまうのは、やはり、感覚がないからだそうです。

基本的には、犬は、内またのクセを持っている子が多いのですが、通常は、自分の意思により、キュッと力を入れ、クロスしないように歩けるんだとか。

で、マリリンも、多くの犬と同じように、もともと内またのクセがあるんだけれど、神経の伝達ができないので、どうしても自分で内側に力を入れることができず、こんな風にクロスしてしまうそうです。




様子を見ながら歩く練習をし、疲れすぎない程度のところで終了。

あとは、ゆ~っくりと、温泉につかるだけ♪



CIMG9583_R3.jpg
「ふぅ~、やっとこの時間が来たわ。」



CIMG9590_R3.jpg
ライフジャケットを脱いで、温泉を満喫します。



CIMG9588_R3.jpg
ほけ~~~。


マリリンったら、気持ちが良すぎて、しばし違う世界に行っておりました



CIMG9596_R3.jpg
「く~~~! たまんないねぇ。」



CIMG9598_R3.jpg
お湯の中で、おねえさんがマッサージをしてくれました。



CIMG9600_R3.jpg
「そうそう、そこだよ! 違う! もっと右!」


クイクイッと身体を動かし、撫でてもらいたいところへ誘導するマリリン



CIMG9622_R3.jpg
「はぁ~、い~い湯だな、アハハン♪」


分かりやすい笑顔だねぇ



CIMG9625_R3.jpg
「みなさん、ここに極楽がありましたよ。」


すっかり気を良くしたマリリンは、



CIMG9618_R3.jpg
自発的に歩く練習をしたり、



CIMG9630_R3.jpg
大好きなおねえさんに飛びついて甘えたり

それはそれは、楽しい時間を過ごしておりました♪




2回のハイドロセラピーで、ひとつハッキリわかったこと。

それは・・・


CIMG9614_R3.jpg
マリリンは、どうやら相当な温泉好きだってことです


プールだろうが温泉だろうが、水はこわがるだろうと思っていたので、これは新鮮な驚きでした

プールはちょい疲れるし、マリリンにとって、がんばらなきゃいけないものという認識があると思うけれど、この温泉のおかげで、ハイドロセラピーに通うこと自体は、好きになっているんじゃないかと思います



CIMG9607_R3.jpg
「温泉さまさま、ですなぁ~!!」


この続きは、また次回に。

長くなっちゃって恐縮ですが、あともう1回、お付き合いいただけるとうれしいです

| ハイドロセラピー | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゴールデンさんと再会♪

みなさま、こんにちは~!

前回の記事、マリリンのストラバイト改善を一緒に喜んでいただいて、本当にありがとうございます

また、母ちゃんのために、肉料理の負担の減らし方などアドバイスもいただき、とてもありがたいです!

あれから、おしっこの状態も安定しているので、このまま手作り食をがんばっていきたいと思います♪



さてさて、ストラバイトだ胃腸炎だハゲだと、いろいろなことがあって、すっかり書きそびれておりました。

再びアレにチャレンジした日のことを。

だいぶ遅くなってしまいましたが、今日からそのレポートをしていきたいと思います


それでは、マリリンさん、どうぞ~!





「みなさ~ん、元気ですか~!!」



CIMG9498_R3.jpg
「あたしは、カフェに移動中で~す♪」



CIMG9501_R3.jpg
「イシシ。 おいしいもの、いっぱい食べちゃうんだから!」


えーっと、何かマリリンが勘違いしているようですが、カフェではありませんよ~。



CIMG9505_R3.jpg
いつもより長~いドライブを楽しみながら到着した場所は・・・



CIMG9758_R3.jpg
はい、こちら。


綱吉の湯です!


マリ坊、2回目のハイドロセラピーに行ってまいりました



CIMG9508_R3.jpg
「あら? なんかこの辺の匂い、覚えてるわ。」


どこに行くのか、なんとなく分かってきたマリリン。


暖簾をくぐり、建物に入ると・・・



CIMG9512_R3.jpg
いきなりの大歓迎~!


偶然なのですが、前回マリリンの前にセラピーを受けてらしたゴールデンさんが、この日も同じタイミングで来ていたのです

前回とは曜日も時間帯も違うし、私たちはとっても久しぶりにこの施設に来たので、この偶然に、お互いびっくり。

もう7年セラピーに通っている、ゴールデンさんです

やさしくって、ものすごくかわいいの

マリリンのことを覚えていてくれたようで、「あ、久しぶり~!」とばかりに、匂いを嗅ぎまくり。



CIMG9511_R3.jpg
マリリン 「あのぉ~、ちょっとぉ~、なんだい、こりゃ。」


後ろ足をポーンとお鼻で持ち上げ、オチリをクンクンするゴールデンさん♪

冷めた顔したマリリンですが、うなることはなかったので、嫌じゃなかったみたい



CIMG9514_R3.jpg
「ちょいと父ちゃんや、ひとまず地面に手をつかせてくんない? これじゃ、挨拶しようがないもんで。」


だるーんとなっていたマリリンは、下におろしてもらうと、ゴールデンさんと、仲良く鼻チューしておりました。



CIMG9516_R3.jpg
「あなたの足も、良くなるといいね。」

ゴールデンさんは、そうマリリンに声をかけてくれているような気がいたします。


パッと見では、あんよに麻痺があった(今もあるのかな?)とは思えないほど、このゴールデンさんは、スタスタ歩きまわります。

そんな姿に、思いきり元気をいただいたマリリン家です!(^^)!



さあ、セラピーを始めますよ~!

前回のリハビリの先生は、初めての方を主に診てらっしゃるので、今回はいらしておりません。

専門のスタッフさんが一緒にプールに入り、マリリンのリハビリをしてくださいます



まずは、シャワーで身体を流しましょう。


CIMG9520_R3.jpg
マリリン、ちっちゃ!(笑)

緊張で萎縮しているからか、妙にちっちゃく見えます。



CIMG9522_R3.jpg
プールでおしっこやうんちが出ちゃうと大変なので、圧迫排尿ですべてを出しきってしまいますよ~。



CIMG9525_R3.jpg
「っかーーー! 出るは出るは。 おねえさん、上手だねぇ。 父ちゃん母ちゃんとは大違いだよ。」

すいやせん



CIMG9530_R3.jpg
身体をキレイに洗って、いざ、プールへ!



CIMG9532_R3.jpg
ライフジャケットの装着も、前回よりも、どことなく余裕があります。



CIMG9533_R3.jpg
「ま、2回目だからね。 あたしもちゃんと学習してるんですよ。」


こんなに落ち着いているなんてちょっと驚きです。

なんだか、マリ坊ちゃん、うちに来た頃と比べると、格段に順応性が出てきたように思います。

たくましくなったねぇ



CIMG9537_R3.jpg
「こりゃ、なかなか気持ちいいねぇ。」


開け放たれた窓から差し込む太陽の光に目を細め、フンフンと風の匂いを嗅いで楽しむ余裕を見せておりました。



CIMG9539_R3.jpg
まどろむマリリンの後ろ足としっぽを、おねえさんがやさしくマッサージして、刺激します。



CIMG9548_R3.jpg
さあ、行っておいで。

父ちゃんにそっと頭を撫でられ、リハビリが始まりました。


その様子を、動画でご覧くださいませ~!(犬の鳴き声が出ます)

おねえさんがしっぽを刺激してくれるので、後ろ足もよく反応しているようです♪


[広告] VPS



隣が温泉になっていて、そこからワンちゃんの鳴き声が響いてきたので、お耳がピーンとなっちゃったマリリンです



CIMG9556_R3.jpg
「ちょ、ちょっと、しばらくぶりに泳ぐと、息があがるわね


やっぱり疲れた?

スースーがんばって呼吸していたものね。

でも、とってもよく泳げていたよ~!



CIMG9550_R3.jpg
「ほんと!? そうかい、そうかい。 やるわね、あたしも。」


と、ここで、温泉のほうのワンちゃんが増えたらしく、ワンワンワンワン大合唱!



CIMG9560_R3.jpg
「ちょっとアンタたち! うるさいよ! 黙って温泉つかりなさいな!」

マリリンがお怒りを示すと、あちらが、シン…となりました(笑)


少し休んでから、また泳ぎ、それを何度も繰り返したマリリン。

ひと通りリハビリを終えると、


CIMG9561_R3.jpg
「ぷはーーー!! やりきったわ!!」


これ以上ないくらいに爽快な笑顔を見せてくれたのでした


この後、隣に移動し、歩く練習をしてから、ゆっくり温泉につかりましたよ~♪

その様子は、また次回、書いていきたいと思います!



CIMG9496_R3.jpg
「あたし、もうちょっとがんばったの。 みんな見に来てね~!」


| ハイドロセラピー | 08:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。