今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

3連続ちやほや

GW、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

マリリン家は、父ちゃんが体調を崩すなどあり、のんびりしておりました。

連休も後半になり、父ちゃんの具合が良くなってきたところで、あらま!ってなことがトントント~ンとありましたので、今日は、そんなお話を。





この日は、たびたびお邪魔させていただいている、プラデジュールサカシタさんへ♪

そう、このブログでも何度か登場しております、りんかちゃんのお店です!(りんかちゃん関連は、「りんかちゃん」のカテゴリーにまとめてあります。)



CIMG8581_R.jpg



で、ですね。

張り切って書きたいところなんですが、2時間以上も楽しいひと時を過ごしておきながら、母ちゃん話に夢中で、写真が一枚もごぜーやせん。

このところはお出かけの記事をあまり書いていないので、まぁ~写真に意識がいっておらず。

そもそもカメラすら忘れることも多いという、体たらくです。

そんなわけで、前回か前々回、りんかちゃんのところへ伺ったときの写真を代わりに載せてもいいですか、はい、そうします。



CIMG5235_R4.jpg



りんかちゃんのお店に行くときは、ひと言、電話でご連絡。
(ドッグカフェではないため、席の配慮など諸々のご事情がございますので、犬連れで行かれる方は、事前にご連絡をされたほうが良いと思います。)

今回は、シェフが電話に出てくださり、

「マリリンですが、これから…」

「はいぃぃ~!! お待ちしておりま~す!」

これから行きたいんですが大丈夫でしょうか、と言う間もなく、歓迎してくださいました(笑)



お店の駐車場に着くと同時にうんちをしたマリ坊。

いそいそと車でオムツ交換をしていると、マネージャーさん(りんかちゃんママ)がお店から出て来てくださり、

「今お店にね、マリリンに関係したお客さんがいらしているんですよ」

などと言います。



…はい?

『相棒』の右京さんのような返事で振り返る父ちゃん母ちゃん。

どなただろう?と首を傾げながら、とりあえず店内へ。



そこに待っていてくださったのは、なんとなんと、マリリン出身のペット里親会で活動されているボランティアさんだったのです!

お友達とご一緒に、りんかちゃんのお店でちょうどランチをしていたところだったとか。

その方は、マリリンがシェルターにいた頃とは重なっていないものの、以前シェルターにマリリンを連れて伺った際にお会いしていて、よくご存知でいてくださいました。

「マリリ~~~ン!!!」と大歓迎で迎えられ、あらやだ求められちゃったわってな具合に、お耳ぺったんこで甘えポーズをとるマリ坊。

さっきまで、抱っこする母ちゃんの顔を前足でパンチしていたのに、呆れた外面の良さです。

ちやほやされて、大満足のマリリンでした。



CIMG5244_R4.jpg



里親会の方にお会いできるなんて、私たちも、うれしくて、うれしくて。

保護犬のこと、マリリンのこと。

美味しいランチをありがたくいただきながら、話が尽きません。

マリリンが来たばかりの頃のことを、つぶさに思い出し、何とも感慨深いものがありました。



実は父ちゃんは世の中で最も苦手なものが犬だったんですよ、という話に及んだときのこと。

ボランティアさんのお友達ご夫婦の旦那さまが、「自分もそうだったんですよ」と。

やはりトラウマになっている出来事があり、犬がこわくて仕方がなかったんだとか。

けれど、犬と暮らすボランティアさんのお宅にご夫婦で遊びに行くようになって、少しずつ犬に触れられるようになり、苦手意識がなくなって、ついには、犬が慕ってくれることに喜びすら覚えるようになったそうです。

おぉ!

そう言って、父ちゃんは、握手せんばかりに喜んでおりました。

仲間意識を確認し、ここに至るまでの苦労を互いに労り合う、男ふたり。

そんな様子を、「大げさだねぇ」と言わんばかりに、マリリンの冷めた視線が通り過ぎます。



こうして過去の話をしていると、私たち夫婦は、マリリンによって大きく世界が広がったのだと、つくづく思います。

見るものや感じるもの、身体の芯に流れるすべてに、彼女の存在がある。

それは、彼女と出会ったときから、あるいは出会うよりもずっと前から、私たちに用意されていた道なのかもしれません。

たくさんの方々の思いによって、マリリンの命をつないでいただいたことに、改めて、深い感謝の念が込み上げてまいります。



CIMG5238_R4.jpg



笑ったり、ジーンとしたり、楽しい時間を過ごしているところへ、もうひとつのサプライズ。

ずっとお会いしたかったご夫婦が、ちょうど私たちのいる時間に、お店へいらしたのです。

「ヨガパンツ」「ゴアパンツ」の専門店である、オリエンタル&エスニック京やさんの店長さんご夫婦。

りんかちゃんのお店の常連さんであり、店内には、いつも素敵な洋服や小物が並べられているんですよ♪

また、ホームページやDMなどのデザイン・制作もされていて、りんかちゃんのお店のホームページも、京やさんが手掛けてらっしゃいます。

この日は、たまたま打ち合わせを兼ねて、お食事に来られたようでした。



CIMG5254_R4.jpg



京やさんご夫婦は、マリリンのことをよくご存知で、いつかお会いできたらと思ってくださっていたそうです。

私たちも、りんかちゃんのお店に伺うたび、「京やさんとお会いしたいね、いつか会えるといいな」と話していて、その両者の願いが、このたび叶いました。

マリリンを見るなり、素っ飛んで来て、会えた会えた、かわいいかわいい、と撫でまくり。

先ほどに続き、2度目のちやほやに、マリ坊は、すっかり有頂天です。



奥さまと私は、似ているところがたくさんあり、共鳴するものがございました。

物事の感じ方、抱えてこられた思い、そして、身体のこと。

歩んで来た道はそれぞれなのだけれど、きっと、同じように生きてきた女性なのだろうと、胸の奥の、手の届かない深い場所が、静かに震えて来るのを感じました。

そして、穏やかで多くを語らぬ旦那さまが、奥さまのすべてを我が身に受けとめ、献身的に支えておられます。

奥さまは、旦那さまを信頼し、日々感謝を忘れず……。

そうして寄り添い合い、ともに生きるおふたりに、ある日、神様から贈り物がありました。



一匹の雑種犬が、現れたのです。



ハナちゃんというその子は、迷い犬だったところ、ご夫婦の家族として迎えられました。

パパとママが大好きなハナちゃん。

大きな体躯でのしかかり、パワー全開で遊ぶハナちゃん。

ちょっとひとりの時間をくれませんか、とばかりに、物思いに耽りながら散歩をするハナちゃん。

ハナちゃんは、ショップのスタッフ犬として、活躍してくれていたそうです。

以前、ネットショップのほかに実店舗の営業をされていた頃は、ハナちゃんに会いに来てくださる方も多かったんだとか。

そうして多くの人に愛されながら、4年前、ハナちゃんは、お空へ旅立ちました。

今も、あの子のことを思わない日は、一日もないんです。

そうおっしゃるご夫婦の後ろに、照れたような、困ったような顔をした、ハナちゃんが見えるようでした。

しっぽを揺らし、前足をかけ、パパとママの顔を覗き込んで。



そんなご夫婦ですが、ここで、またまたびっくり。

奥さまは、その子を家族に迎える前、やはり犬がこわくて苦手だったんだとか。

ハナちゃんが来たときには、何をどうしていいやら、途方に暮れたそうです。

旦那さま不在の日中、奥さまは、ちょん、と毛先に触れては飛びのいて、触れては飛びのいて、の繰り返し。

生活をともにする中で、少しずつ、少しずつ、ハナちゃんとの距離が縮まって。

いつしか、かけがえのない存在になっていったのだと、おっしゃっておりました。

ハナちゃんは、敏感な心の持ち主で、ママが調子の悪いときには、いつでも、良くなるまでそばに寄り添い、身体を温めてくれたそうです。



もともとは犬がダメだったんです…という父ちゃんの仲間的な方は、たまに耳にします。

先日一緒に遊んでいただいたお友達の奥さまもそうおっしゃっておりましたし、ほかにも、ちらほらと。

もしかしたら、そういう方は、意外と多いのかもしれません。

一匹の犬の存在により、その恐怖も価値観も、すべてがひっくり返ってしまう。

子どもの柔らかな心ならともかく、すでにほとんど固定されてしまっている大人の価値観を180度変えるって、ものすごいことだと思います。

それを、犬たちは、何ら言葉を使うわけでも計算をするわけでもなく、その存在だけで、やってのけてしまう。

人間には、到底かなわないことでしょう。



すごいね、アンタたち。

そう言って、りんかちゃんとマリ坊を撫でるも、本犬たちは、まったくもって無視。

ま、そういうところがいいです。



CIMG5255_R4.jpg



京やさんご夫婦にちやほやされて、ゴキゲンなマリリン。

と、そこへ、マネージャーさんがやって来ました。

「あのね、マリリンのファンの方がいらっしゃいましたよ」



…はい?

再び、右京さんです。



一体どういうことだろう、と思っていると、お店の入り口からまっすぐにこちらへ向かって歩いて来る女性が。

息子さんらしき方も一緒です。

女性は、「あぁ~! ほんとほんと!」と声を上げながら、きらきら瞳を輝かせ、マリリンめがけてまっしぐら。

「もう、すぐ分かったわよ~!!」

そう言って、お耳ぺったんこで迎えるマリリンと触れ合ってくださいました。

りんかちゃんがブログでマリを紹介してくださった際、このブログへ遊びにいらして、以来見守ってくださっているのだそうです。

「ブログ見ていますよ。ちょうど昨日も見たところです」

そうおっしゃっていただき、母ちゃんの頭をよぎったのは、最新の記事、オバマ被害。

は! あ、あの、オバマさんの悪口なんか書いてて、すいません

京やさんの奥さまにブログのことをおっしゃっていただいた際も、咄嗟に頭をめぐったのは、あれやこれやの恥の記録。

好きなことを書かせていただいている一方で、実際に見てくださっている方と出会うと、くだらないことばっか書いててすいません!と思わず謝ってしまいます。



そんな母ちゃんの慌てっぷりなど気にも留めず、マリ坊は、ちやほやに身を任せておりました。

2時間ちょっとの間に、3連続ちやほやですよ。

こりゃ~調子に乗っちゃうぞ。



CIMG5241_R4.jpg
「ちやほやされたわ~、アタシ。 かわいがられちゃったわ~」



連休後半に訪れた、サプライズ。

マリリンにとっても、父ちゃん母ちゃんにとっても、幸せ感じるひと時となりました。

こうして、いろいろなところで、いろいろな方々に見守っていただいていることに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

マリ坊、ずっと楽しく、生きてゆこうね。



スポンサーサイト

| りんかちゃん | 10:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏の終わりの保護犬トリオ♪

みなさま、こんにちは♪

いや~参った参った。

また群発頭痛にやられておりました~

空っぽの胃から吐き続けるのって、なんであんなに苦しいんでしょうね

2日ほどで終わりが来ましたが、その頃には、もはや←こんな感じ。

最近は、ぐるんぐるんとめまいも併発し、床に這いつくばって耐えるのですが、これが気持ち悪くて苦しくて、終わりの見えない恐怖に支配されます。

いい年して「助けてぇ~~~」ともがき苦しむのを、マリ坊ちゃんが非常に冷めた目で見ているワケですが(笑)

この状況になると、毎度ひたすら神頼み。

「今までやらかした色々については全部謝りますから、このへんで許してください」って。

いざ治っちゃうと、ケロリとして謝るのを忘れているのが、いけないとこでしょうか

それと、頭痛と関係あるのかないのか、今回は、意味不明に首のリンパがボコ~ッと腫れちゃって、痛いやら見た目カッチョ悪いやら。

おたふく風邪のようになっておりました。(診察の結果、おたふくではありませんでしたが)

でも、それも徐々に治りつつあるので、だいじょーブイです!

情けなし~な母ちゃんをご心配いただきまして、本当にありがとうございます




さてさて、今日は、体調不良なんかぜ~んぶ吹き飛ばすような、うれし楽しのお話♪

早速、この子に登場していただきましょう!





「みなさん、久しぶり~! 元気してた~?」


あらやだ、なんてかわいいの~

ちょいとアンタ仔犬かい!?ってな魅惑の推定10歳越えかも犬、ライカちゃんです

ライカ嬢をお連れして、会いたいあの子のところへ行ってまいりましたよ~♪



半径1メートル以内に近寄ったらどの犬も即刻ガウガウの刑に処す!でおなじみのガウラーライカちゃんですが、この3年の間に、マリリンには“おおよその”許しを与えてくれているので、



CIMG3163_R4.jpg
大喜びで車に飛び乗り、こんな。

互いにほとんど意識せず、ドライブ満喫です♪

マリ坊がこっそりしっぽの匂いを嗅いでも、平気。

これは!

もはやこの子たちの中では、すべての壁が取っ払われたんじゃあ!?と思ってしまいます。




CIMG3165_R4.jpg
「それはどうかな! 甘いぜ、母ちゃん!」



そんなこんなでしばしのドライブを楽しみ、目的地にとうちゃ~く!

と同時に、マリ坊ちゃん、トイレタイムに突入しやした



CIMG3169_R4.jpg
「あひ~、やっちまっただよ~。 いつもね、どっかに着くと、出るワケよ。」


おむつ交換をして、


CIMG3171_R4.jpg
「スッキリ~~~



CIMG3174_R4.jpg
さあさあ、行きますよ~!


こんにちは~♪



CIMG3276_R4.jpg
「は~い、いらっしゃ~い!」



そうです、りんかちゃんのお店で~す!



以前から、ライカちゃん親子に一度会ってもらいたいと思っておりまして、先週末、それが実現いたしました



CIMG3277_R4.jpg
「マリリン姐さん、一週間ぶり~!」


てへへ、実は、この前の週にもお邪魔していたのです



CIMG3278_R4.jpg
りんかちゃん、相変わらず幸せそうなお顔しているでしょ~

このやさしい瞳で、みんなを笑顔にしています♪



CIMG3283_R4.jpg
「あら?今日は、姐さんのほかに、黒いお客さんがいるわ~! 挨拶してこようかしら。」


あ、りんかちゃん、ゆっくりお願いね、1メートルの境界線を越えないようにね。



CIMG3281_R4.jpg
「え!!」


かわいくお耳を持ち上げて驚くりんかちゃん。

こんなやりとりがあったからというわけじゃないでしょうが、不思議なことに、りんかちゃん、しっかりお客さんの対応を使い分けているんですよ~!



普段、マリリンがお店に入って行くと、ひと通り挨拶を済ませ、「いらっしゃ~い!」とテーブルのほうへ行ったり来たりし、ホールの接客を担当してくれます。

なので、ちょっぴり心配していたのです。

ライカちゃんの近くへ「いらっしゃ~い!」とやって来ると、少なくとも1度はガウリングになってしまうんじゃないかと。

が!

りんかちゃん、自分の定位置から一切動きません。

お出迎えの瞬間から、ずっとそこにいて、2匹の動きを見守っているのです。

こんなことは初めてだったので、人間たちも驚きました。

結果、ライカちゃんもまるで興奮せず、落ち着いてテーブルに着くことができました。



すごいぞ、りんかちゃん!

看板娘として、お客さんそれぞれの接客法を心得ているのかと思いましたが、いやいや、これはきっと、多頭崩壊現場において、生きる術だったのでしょうね。

弱肉強食の中を、なんとか命をつないでゆかねばなりません。

そのため、犬の空気を読む、みたいなことに長けているのかも。

で、マリリンについては、ただのエバったおばはんとして認識。

ライカちゃんのことは、挨拶する前から、犬が苦手なんだよ~という空気をしっかり受け取っていたんじゃないかと思います。



CIMG3283_R4.jpg
「私、いろいろあったもんで、まだ若いけど老成してます。」



そんな様子に、思わず「りんかちゃあ~~~ん!アンタほんとに、苦労しただね~!」と抱きしめたくなりました。
(実際抱きしめたら逃げられたけど)



そして、りんかちゃんに一目置かれたライカ嬢は、



CIMG3177_R4.jpg
はい、もうコレ。


初めてのお店なのに、なぜか一瞬で厨房の方角をキャッチ!

こりゃ、特技の域ですよ。



CIMG3179_R4.jpg
「ライカちゃんさ~、あたしよりお姉さんのはずだけど、こういう時の元気はすごいんだよね~。あたしゃ、もうダメ。」


マリ坊は、この日はいつも以上にダルそうで。

3日前に、深夜のカミナリで徹夜をしたため、それからまだ疲れがとれていないようです。

こんな風に、疲れを何日も引きずるようになったのも、年を重ねているということでしょうかね。



でもでも!

ぐったりしていた坊ちゃんが、目をランランと輝かせ、飛び起きましたよ~!



はい、それはもちろん、


CIMG3190_R4.jpg
ごはんが登場したからです!!



ひゃ~!!!

狂喜乱舞の黒と白。

りんかちゃんのお店は、ドッグカフェではないため、犬メニューはありません。

が、もうすぐマリリンのお誕生日&うちのこ記念日がやってくるということで、この日は、特別大・大・大サービスで、犬ごはんを準備してくださったのです!

りんかちゃんのパパさんママさん、本当にありがとうございます



CIMG3194_R4.jpg
「やった~! あたちの出番!!」


いっちゃん張り切る小熊っ子

このあどけなさが、たまらんねぇ~




CIMG3206_R4.jpg
マリ坊は、丸飲み怪獣になっちゃうため、父ちゃんの手により、一口一口のお給仕。


が。


だんだんイライラしてきて、



CIMG3201_R4.jpg
「チッ! 父ちゃん、手が邪魔だよ、邪魔!」



CIMG3202_R4.jpg
「オラオラ! その手をどかせっつんだよ!!」


気合とド根性と脅迫で、自由を手に入れたようです




そんな黒白の勢いに完全に気圧され、


CIMG3196_R4.jpg
「すいません、すいません、なんかすいません・・・。」


ビクビクしながらごはんを食べるりんかちゃんでありました。。。



マリ坊は、あっという間に食べ終え、



CIMG3213_R4.jpg
じと~~~っとライカちゃんに視線を送ります。



CIMG3212_R4.jpg
ライカ 「だめだかんね! あげないわよ!」

マリリン 「ふんだ! ほしいなんて言ってないもん!」



相変わらずのコンビです。





CIMG3217_R4.jpg
「んまかった!!」



CIMG3241_R4.jpg
「満足したわ~。 もう何もいらない。 ウソだけど。」


犬たちの食べっぷりに、りんかちゃんのパパさんママさんも、ほくほくと顔をほころばせておりました



嵐のような犬時間が過ぎると、ようやく人間たちのランチです。



CIMG3265_R4.jpg
9月からの新メニュー

野菜たっぷりで、本当に美味しかったです



CIMG3267_R4.jpg
手作りデザートもいただきました



尽きないおしゃべりと、美味しいお料理。

心身が満たされる、何とも心地良いひと時です。

そんな人間たちの空気を感じ取り、保護犬トリオも、ゴキゲン♪




CIMG3246_R4.jpg
ライカちゃんは、終始ニコニコ


とっても楽しんでくれたようです。



CIMG3274_R4.jpg
マリリンは、ますます先代わんこさんに似てきたし(笑)



CIMG3273_R4.jpg
りんかちゃんは、頭がこぼれ落ちておりました



りんかちゃん、ライカちゃん、マリリン。

保護犬トリオは、みなそれぞれ、自分の家族を見つけ、今を楽しんで生きております。

この子たちに、ずーっと穏やかな時間が流れますように



CIMG3259_R4.jpg
ライカ 「100歳まで生きます!!」

マリリン 「なら、あたしゃ、101歳だよ。」



あの…人間たちの年齢を考えますと、ここはひとつ40歳ほどで手を打ってください。


| りんかちゃん | 07:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

茶色化コンビの、楽しいひと時♪

CIMG2558_R4.jpg
「はい、どーもどーも、2回連続で出番の少なかったあたしですよ。」


ごめんごめん



前回、前々回の記事に、いろいろな方から、たくさんのコメントをいただきました。

本当にありがたく、大事に受け取らせていただいております。

動物たちのことをこんなに考えてらっしゃる方々がいる。

そのことに、何かお腹の底から力がわいてまいります。

将来は保護活動をしていきたいという現役大学生のお嬢さんから、生体販売について、ビシッとかっちょいいお言葉も!

「会社の経営者が最も重要視しなければならないことには、売り上げ以外に、『社会的責任を果たす』ということがあると思います」

しびれました。

こういった清々しく頼もしい若い世代の存在が、未来を明るくするのかもしれません。



みなさまから熱いお気持ちをいただき、本当にありがとうございます。

いろいろとお考えをめぐらせていただいたすべての方へ、心より感謝申し上げます。







それじゃ、前回予告した記事、いってみよう~!(^^)!


りんかちゃんのお店にお邪魔したマリリン家。

久しぶりに会えた看板娘りんかちゃんに、テンション上がります!



CIMG2576_R4.jpg
「みなさん、いらっしゃい。 ようこそ、私のお店へ♪」


なんて穏やかなイイ笑顔でしょう

私たちのことを覚えてくれているようで、最初から緊張なし。

控え目ながらも、喜んでくれました♪



CIMG2566_R4.jpg
母ちゃんのなでなでに快く応じてくれて、



CIMG2571_R4.jpg
あっという間に、うとうと


かわいいねぇ


そうかと思うと、



CIMG2575_R4.jpg
こんな堂々たるあくびを披露してくれたり


以前は、こうしてのびのびとした姿を見せてくれることはなかったので、父ちゃん母ちゃんもうれしいです


と、ここで、りんかちゃんが何かに気づきました。



CIMG2577_R4.jpg
「あ!おとうさんだ! おさんぽね~!!!」


厨房のほうから、シェフであるパパさんがこちらにやって来たのです。

が、パパさんは、マリリンを撫でに来てくださっただけで、おさんぽはりんかちゃんの勘違いでした。

そうとは知らず、きゃは~!!!とみんなの前に躍り出て、大はしゃぎするりんかちゃん。

「りんか、勘違いだよ。」

そう一言告げられ、「てへへ、間違っちゃった!」とばかりに上目遣いをする様子を見て、思わずふき出しました



CIMG2579_R4.jpg
「まったく、勘違いは困るよ。 あのね、シェフはあたしのことを撫でに来てくれたの。 そういうことなのよ。」




ママさんに、りんかちゃんは健康面は大丈夫ですか、とお聞きしました。

「えぇ、とっても元気で悪いところはないの。 病院に行くたび、ちょっとダイエットしましょうかって言われちゃうけどね。」

そう言って、いたずらっぽく首をすくめるママさんの顔が、とっても幸せそうに輝いています♪

「りんかは、身体は元気なんだけど、心のほうは、もう少し時間がかかるかもしれないわね。」

そのお言葉に、「いえいえ!!」と思わず首を振る父ちゃん母ちゃん。

家族に迎えられてから、1年半。

この1年半で、りんかちゃんの表情や行動は、驚くほど変わりました。

常にピーンと張りつめて緊張していたお耳も、すっかり自由に伸びるようになって、ふっくらとお顔を包んでいます。

ビクビクしていた時期が信じられないくらい、今は堂々とし、そして心から安心して、ふたりといっぴきの暮らしを楽しんでいるのが伝わってまいります。

飢えに苦しんでいた頃を考えたら、ダイエットしなきゃなんて話が出ること自体が、なんだか幸せで、とてもうれしい。

これから、ますます表情豊かになって、自己主張し、甘えてくれるようになると思うと、楽しみでなりません



CIMG2593_R4.jpg
マリリン 「りんかちゃん、アンタよくがんばったよ。」

初代わんこ 「だね。」



CIMG2595_R4.jpg
マリリン 「パパさんママさんの家族になれて、本当に良かったね。」

初代わんこ 「だね。」



お店を見守る初代わんこさんと、マリリン。

よく似た2匹が、りんかちゃんを見つめながら、しみじみ語っているようでした。



おさんぽ勘違いでうっかり躍り出ちゃったりんかちゃんは、照れながら引っ込み、またお利口に伏せをしておりました。



CIMG2582_R4.jpg
「あ~、おさんぽ行きたいわぁ~!」


そう言って、次の瞬間には、



CIMG2589_R4.jpg
寝る~~~(笑)



この日、父ちゃん母ちゃんの間でもっぱら話題になったのは、りんかちゃんの早寝。

基本的に、犬はみんな寝ようと思えばすぐに寝られると思うのですが、りんかちゃんの「すぐ」は、ハンパないのです。

ルンルンと歩いていたと思うと、突然立ち止まり、スッと寝る。

パッチリとおめめを開けて私たちの会話に参加していたかと思うと、こちらが瞬きする間に、スッと寝る。

もうその素早さと言ったら、マリリンもかないません。

このりんかちゃんの特技に気づいてから、家でマリリンがスッと早寝を披露すると、「りんかちゃん並みだね」なんて茶化しています。



CIMG2600_R4.jpg
「ふあぁ~~あ。 あたしも大概早いけど、りんかちゃんの“スッ”には勝てないわ。」



そしてこの後、りんかちゃんは、パパさんと一緒に、待望のおさんぽに出かけました

大はしゃぎしながらお店を飛び出していく様子を見ながら、「りんかちゃん、おさんぽをすごく楽しみに待っているんですねぇ。」とママさんに言うと、返って来たお言葉に、びっくり。


「りんかはね、一日6回おさんぽに行くの。」


驚いて、思わずのけぞりました。

1回の時間は短いようですが、ご自宅でも、お店でも、時間を見つけては楽しく歩いているそうです。

このお家に来てから覚えた、「さんぽ」という最大の喜び。

それを、今めいっぱいに楽しんでいるのですね




CIMG2607_R4.jpg
「ちょいと~!しみじみしてるとこ悪いけどさ、なんかイイ匂いがするんだけど~!」


マリリン大当たり。

人間のランチが登場です



CIMG2613_R4.jpg
「父ちゃん、あたしに肉をください!肉を食べるのが、ストラバイトにいいんです!」


マリリンがはしゃぐのも無理はありません。

とっても美味しそうなランチなんですもの♪



CIMG2615_R4.jpg
父ちゃんは、「ローストポーク ハニーマスタード」



CIMG2617_R4.jpg
母ちゃんは、「夏野菜のキッシュ」


スープからキッシュに至るまで、全て肉がないメニューなので、母ちゃん余裕の完食!


ピーピー鳴いて訴えるマリリンに、



CIMG2622_R4.jpg
ママさんがパンをくださいました



CIMG2623_R4.jpg
「やったね!!」



CIMG2632_R4.jpg
「ママさん、ありがとう! 大好き!」



そこへ、お散歩から帰ってきたりんかちゃんが、合流です。



CIMG2637_R4.jpg
「あ、パン・・・



CIMG2640_R4.jpg
「ください・・・


なんていいお顔!

おさんぽが楽しかったようで、イキイキとした表情を見せてくれました♪



CIMG2647_R4.jpg
「りんかちゃんったら、はしゃいじゃって困ったもんよ~!」


マリ坊、なんだい、その首の角度は。

壊れたぜんまい仕掛けのおもちゃのようだよ



CIMG2650_R4.jpg
マリリンは、りんかちゃんにたくさん話しかけ、



CIMG2653_R4.jpg
そしてふたりは、たくさん笑いました。


楽しい楽しいひと時に、大満足です。



CIMG2665_R4.jpg
「ほぉぉ~~~。。。」


りんかちゃんと一緒に、ゆっくりと眠りの中へ入っていったのでした




そうそう。



CIMG2666_R4.jpg
↑ こんな風に寝ているマリリンを見て、ママさんと、茶色化談義に。


りんかちゃんも、来たばかりの頃は真っ白で、その後どんどん茶色化が進み、今はすっかり茶系の犬になったそうです。

心も身体も、いろいろな変化を起こしているりんかちゃんとマリリン。

これからのふたりに起こる変化を、楽しみながら見守りたいと思います

| りんかちゃん | 08:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

りんかちゃんの幸せ便り その2

前回の続きです。


りんかちゃんのお店に遊びに来ているマリリン。

私たちが座るテーブルの目の前には、




先代わんこたちのパネルが見守ってくれていました。

向こう側には2匹のお写真があり、私たちの側は、初代わんこさん。

白い雑種犬のこの子は、マリリンととてもよく似ています。



CIMG0501_R4.jpg
横顔、似てるでしょ?


前を向いたところも、


CIMG0499_R4.jpg
ほら♪

お鼻の色は違うものの、なんだか他犬とは思えません。



CIMG0497_R4.jpg
「似てるとか似てないとかなんだっていいから、早くおやつくれ~!!」


あ、そうだった、そうだった!

りんかちゃんのおやつのおすそわけをいただけるというところで、トイレタイムになっちゃったんだよね。

その続きです。


りんかちゃんとマリリンのお皿が登場すると、普段おとなしいりんかちゃんが、


CIMG0511_R4.jpg
「早くぅ~! マテとかできな~い!」

テンションが上がり、大喜び

それもそのはずです。

だって、おやつと聞いていたイメージとはまるで違う、ものすご~く豪華なお食事なんですもの!

本当におすそわけしてもらっちゃっていいの!?

と思っている間に、マリリンがすごい勢いで食らいついていました



CIMG0515_R4.jpg
「うま!うま!何これ!りんかちゃんったら、いつもこんな美味しいもの食べてるの?信じらんない!」



CIMG0517_R4.jpg
「美味しいでしょう?うちのお料理は、最高なの!」



CIMG0521_R4.jpg
「うまかーーー!!!」

マリリンが雄叫びをあげるのを、初代わんこさんが見守ってくれておりました


ものすごい勢いで食べ尽くし、あっという間になくなっちゃったマリリンのお皿。



CIMG0522_R4.jpg
マリリン 「ねぇ、ちょいと、りんかちゃん。年上を敬って、あたしにくれない?」

初代わんこ 「おまえさん、りんかのおやつはとっちゃダメだよ。」


初代わんこさんをヤキモキさせるマリリン。

注意も聞き入れず、りんかちゃんのお皿を狙います!



CIMG0518_R<br />4.jpg
マリリン 「あたしゃ、飢えてんだよ~! こっちによこせ~!」

初代わんこ 「こりゃ、だめだ。」



どんどん勢いが増すので、父ちゃんにピシャリと叱られました。



CIMG0524_R4.jpg
「えへへ、すいません。調子に乗りました。ごちそうさまです。」


父ちゃんに言われると、素直に聞きました。



たっぷり食べ、大満足のマリリンは、


CIMG0567_R4.jpg
こんな。



CIMG0529_R4.jpg
りんかちゃんも、満足そうです



犬たちが落ち着いたところで、人間はデザートタイム。


CIMG0547_R4.jpg
手作りケーキ、かわいらしいでしょう

地元でとれた果物を使って、いつも美味しいケーキをつくってくださいます。



CIMG0566_R4.jpg
「はにゃ? 何か甘い匂いがするような。。。」


ケーキの香りにつられて目を覚ますも、みんなに「気のせいだよ」と言われ、



CIMG0564_R4.jpg
「はにゃにゃ~、気のせいかねぇ。」

納得したマリリンでした



しばらくすると、ママさんの手があき、お話をしに来てくださいました。

りんかちゃんも、一緒に♪



CIMG0552_R4.jpg
今は、普通に同じ空間にいられるようになった2匹。

マリリンがガチャガチャ動いても、りんかちゃんはぜんぜん平気です。

どんどん打ち解けて、自由に交流できています。



CIMG0557_R4.jpg
りんかちゃんは、以前まとっていた鎧のようなものをすっかり脱ぎ捨て、たくさんの表情を私たちに見せてくれるようになりました。




お店には、ゆったりとした心地良い時間が流れ、ママさんのお話がそこに色をつけます。

パネルにある初代わんこさんの思い出話をたくさん聞かせてくださいました。

13歳で旅立った、ご夫婦の初めての犬。

見送ったのは、もう15年以上前のことだそうですが、今そこにその子がいるかのような錯覚を覚えます。

その子への思いが、イキイキと息づいていて。

飼い主さんにとっては、旅立ったどの子の記憶も、ずっと色褪せることなく、胸にあるのでしょうね。



CIMG0562_R4.jpg



私たちも、将来、ママさんたちのように、穏やかに記憶をたどる日が来るのかな。

そう思ったら、思わず目頭が熱くなってしまいました。




この後、眠くなったりんかちゃんは、いそいそとベッドに戻ります。

帰り際に覗いてみると、


CIMG0545_R4.jpg
頭がこぼれ落ちていましたよ

私たちが近づいても、身体を起こさなくなりました。

安心してくれているとしたら、うれしいな


そしてそして、


CIMG0546_R4.jpg
穏やかな寝顔の写真まで撮らせてくれました♪


ありがとね、りんかちゃん。

ゆっくり、おやすみ~



りんかちゃんとの出会いから、およそ1年が経ちました。(最初の出会いは、こちら

以前からりんかちゃんを見守ってくださっている方々は、この子の変化に驚かれているのではないかと思います。

劣悪な環境のもと、たくさんの仲間たちと必死に生きていたりんかちゃん。

マリリンのようなちっちゃな犬をも怖がる性格なので、ほかの犬を押しのけて食べ物にありつくことは難しかっただろうと思います。

どれほどおなかをすかせ、どれほどの苦しみを味わい、何を思って生きていたことでしょう。

でも、多くのボランティアさんたちのパワーとハートでレスキューされ、こうして運命の家族に出会うことができました。

生きていてくれて、本当にありがとう。

心から、そう思います。

美味しいごはんの味、安心して眠れる場所、あったかい家族の温もり。

今もどこかで苦しんでいる子たちが、どうかこの幸せに包まれますように。



CIMG0544_R4.jpg
「人間も捨てたもんじゃないって、仲間たちに言いたいよ。」



りんかちゃんは、先代わんこさんがたどったのと同じ、幸せな犬生を送ってくれることでしょう

ますますたくさんの表情を見せ、自分を主張してくれることを、とても楽しみにしております。

りんかちゃんのイキイキとした姿、これからも応援してくださいね~!(^^)!

| りんかちゃん | 08:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

りんかちゃんの幸せ便り その1

みなさま、こんにちは~!

一昨日、マリリン家は無事に家族旅行から帰ってまいりました。

マリリンも、疲れはあるものの、元気にしております♪

伊豆のマリリン記については、写真の整理に時間がかかるので、来週あたりからご報告したいと思います!



今日は、少し前に、りんかちゃんに会いに行ったときのお話を

それでは、どうぞ~!



朝、急に思い立ち、お店にお電話をしたところ、席を用意していただけるとのこと。
(犬連れでお店に行かれる場合は、事前にご連絡を入れてくださいね

やったぁ~!とみんなで張り切って出発です。

母ちゃん運転により、緊張のドライブを終えたマリリン。

駐車場に車を停めると、マリリン号を装着し、変身です!




「へ~んし・・・」



CIMG0440_R4.jpg
「あら? ちょっと・・・。 何コレ。」


華麗に変身するはずのマリリンでしたが、なんだかこの日は、後ろ足が輪っかに入らなかったり、入ったと思ったら前足が引っかかったり、もたもた。

ここのところ忙しかった父ちゃん、マリリン号の装着も久しぶりだったので、なんだかコツを忘れちゃったみたい。

父ちゃん大好き、父ちゃんの失敗には寛大、のマリリンも、次第にもたもたに苛立ち、身体が変な風に引っ張られた瞬間は、



CIMG0441_R4.jpg
「あひーーー! 何してくれとんじゃ、父ちゃん!」

さすがに抗議しておりました



CIMG0443_R4.jpg
「ふぅ~~~。 まったく、えらい目に遭ったわ。」


フンッと鼻を鳴らし、お店へと向かいます。



CIMG0447_R4.jpg
ここ、ここ。

プラデジュール・サカシタさん♪

りんかちゃん、いるかな~?



CIMG0469_R4.jpg
「あらやだ、姐さん、久しぶり。 来ちゃったの・・・?」


いました~!!

穏やかな表情を見せてくれましたよ~



CIMG0448_R4.jpg
「りんかちゃ~ん!!!」

なんの遠慮もなく、マリ坊が車いすでガーッと突っ込みます。



CIMG0449_R4.jpg
りんかちゃん、ぜんぜん平気でした!

最初の頃は、あんなに逃げまわっていたのに、今じゃまるで動じませんぜ~!



CIMG0451_R4.jpg
マリリン 「じゃ、まずはじめに、おやつチェックしちゃうわね。」

りんか 「はぁ~。相変わらずやりたい放題の姐さんだわ~。」


挨拶もそこそこに、おやつの場所をガサゴソやるマリリンを、呆れた顔で見るりんかちゃん。

これじゃ、どっちが年上だか、わかんないねぇ



CIMG0452_R4.jpg
「りんかちゃん、なんだか前に会ったときより、さらに看板娘が板についたわね。」

ね、マリリンもそう思う?

会うたびにいろいろな変化を見せてくれるりんかちゃんですが、今回もまた、父ちゃんと母ちゃんをうれしくさせてくれました♪



CIMG0466_R4.jpg
目がね、キラキラ輝いて、大きくなっているのです。

黒目の光が、とっても穏やかで、やさしい。

ママさんにそれをお伝えすると、やっぱり目が大きくなったと思ってらしたようです。

幸せになると、犬もどんどん顔が変わってくるんですね。

身体つきは、ごはんを存分に食べられる環境になればガッシリするし、被毛も、きれいに洗い、栄養が行きわたれば艶が出て、ふさふさになります。

が、表情や顔つきの変化は、そういった環境だけでは、なかなか起こりませんよね。

人間も同じですが、精神の安定、愛される喜びが、こんな風に、顔まで変えてしまう。

本当にすごいことだと思います



CIMG0460_R4.jpg
父ちゃん母ちゃんが撫でるのは、もうすっかり慣れてくれました♪



CIMG0455_R4.jpg
「えへへ、りんかです~。 みなさん、久しぶり~。」

カメラにもぐいぐい近づいてくれて、興味津々



CIMG0473_R4.jpg
こんなに気の抜けた姿を見せてくれるなんて、感激です



CIMG0491_R4.jpg
「りんかちゃん、あんたは立派だよ。自分を救ってくれたパパママに、看板娘として、う~んと親孝行しているもんね。あんたの笑顔がまぶしいぜ!」



CIMG0490_R4.jpg
マリリン号を立て掛けていると、通りかかるお客さんが、おぉ~!と関心を寄せてくださいます。

そんなときは、マリリン号も、「えっへん!」とうれしそう♪



温かいお客さんばかりで、ありがたい時間を過ごしていると、人間のランチが登場しました!



CIMG0503_R4.jpg
美味しそうでしょ~

父ちゃんも母ちゃんも、このお店のお料理が大好き。

野菜がもりだくさんで、特にポテトサラダは絶品です。

ハムとか肉類を使っておらず、じゃがいもの甘みがすごいのです。

肉が食べられない母ちゃんにも、何の心配もなく丸ごといただけるお料理で、本当に美味しく、ありがたいです



CIMG0504_R4.jpg
「あたしも野菜好きですよ! じゃがいも好きですよ!」

口もとをぷっくりとふくらまし、テーブルの下から熱視線を送っていたマリリン。

ごめんね~、マリリンはだめなのよ~、となだめていると・・・



CIMG0492_R4.jpg
「あへ?」


向こうのほうに、何かを発見。



CIMG0494_R4.jpg
「あへあへ~~~!!」


確信に変わりました


ママさんが、りんかちゃんのおやつをわけてくださるというのです!


狂喜乱舞したマリリンでしたが、ここで、おなじみの事件発生。

大興奮したために、トイレタイムとなってしまいました


あたふたしていると、テラスを使わせていただけるとのお言葉をいただき、ありがたくそちらへ。

テラスのはじっこで、オムツを交換させていただきました。



CIMG0481_R4.jpg
「いつも、このパターン!」



CIMG0477_R4.jpg
「あんだかね~、やっちゃうんだよね~。感覚ないもんで分かんないんだけど。」



CIMG0478_R4.jpg
「はぁ~。ママさん、何かお皿持ってたわ~!あれ、早く食べたい~!」

ちょっとマリリン、オムツ替えたばかりなんだから、また興奮してちびらないでよ



CIMG0483_R4.jpg
「イシシ! ありうる!」

こっちまでつい笑っちゃうほどゴキゲンな、オムツ交換でございます



CIMG0482_R4.jpg
「さあ、完了よ~! 早く中に連れてけ~!」


テラスの扉を開けると、


CIMG0485_R4.jpg
りんかちゃんが心配して見に来てくれていました



CIMG0487_R4.jpg
りんか 「姐さん、大丈夫~?」

マリリン 「うん、大丈夫だからさ、さっきのお皿を持って来るように、ママに言ってくれる?」


いつでもどこでも、えらそうなマリリンです。


さあさあ、この後、りんかちゃんとマリリンはおやつタイムに入りますが、この続きは、次回書いていきたいと思います!(^^)!




ところで。


今回撮った写真を見ていて、ふと思ったのですが、



CIMG0502_R4.jpg
マリリン、茶色に拍車がかかってる~!

以前から、たびたび、「マリリンは、どんどん茶色くなりますね」とコメントなどでお言葉をいただいていたのですが、こうして見ると、確かに確かに。

以前よりも、茶色が濃くなったようです。

さらにまた一歩、キツネに近づいているマリリンです

| りんかちゃん | 08:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。