今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< 2012-11- | ARCHIVE-SELECT | 2013-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

笑顔満載、年末さんぽ♪

CIMG2010_R3.jpg



いよいよ大晦日。

今年もあと数時間となりました。

みなさま、この年末はいかがお過ごしでしたでしょうか♪

マリリン家は、大掃除もがんばらない、お正月の準備もがんばらない、ないない尽くしの年末でございま~す(笑)

母ちゃんの場合、焦っていろいろがんばるとたちまち体調が悪くなる、と相場が決まっているので、最低限のことだけ整え、あとはいつも通りでございます!


というわけで、みなさまお忙しい中、こんなのんきなブログでいいのかしら、と不安になりつつ、最近のお散歩の写真を載せたいと思います

では、いってみよ~!(^^)!



CIMG1996_R3.jpg
この日は、気温が高めで暖かく、絶好のおさんぽ日和



CIMG2000_R3.jpg
マリリンも絶好調で、ぐんぐん足が前に進みます♪



CIMG1980_R3.jpg
「きゃは~!!たっのし~!!」



CIMG1978_R3.jpg
「青空の下で、ぶるぶるーーー!っとね。」



CIMG2001_R3.jpg
「みなさん、元気ですか! 年末ってみんなバタバタするんでしょ? あたしはね、」



CIMG2004_R3.jpg
「のんきにさんぽーーー!」



CIMG2003_R3.jpg
「あ、○○さんの奥さん、こんにちは!マリリンです。大掃除がんばってね~!」



CIMG2009_R3.jpg
「なんか、みんな大変なときに、あたしだけごめんね~! こんなに楽しんじゃって♪」



CIMG2011_R3.jpg
「あ~、気持ちいい! 今年の空気、今のうちにたくさん吸っておかなきゃ!」


ほらほら、楽しいのはいいけど、道路を渡るから車に気をつけて~!



CIMG1977_R3.jpg
「はぁ~い。ここで待ちます。 右見て、左見て、もう一度右見て・・・」


微妙な位置で立ち止まっちゃったね

でも、ちゃんと安全に気をつけて、お利口さん♪

車いすも、安全運転しないとね



CIMG1988_R3.jpg
「ぜーぜーハーハー。。。こ、この坂も今年最後かしら。」

今年は最後だけど、来年またがんばりましょ~!



CIMG1981_R3.jpg
「わ~!すごい!」

道に停まっている大きなトラックを見つけました



CIMG1983_R3.jpg
「ちょいとー!あたし、タイヤよりちっさいじゃん!」



CIMG1984_R3.jpg
「トラックさん、お仕事がんばってね~!」

マリリン、楽しそうだねぇ



CIMG2006_R3.jpg
「うん!みんないろいろ大変だからね、あたしは元気にさんぽして、応援してあげるの!」


この後も、会う人会う人に声援を送り、忙しそうなみなさんの足を止め、かえって邪魔しまくったマリリンでした~(笑)


以上、笑顔満載のマリリンさんぽをお送りいたしました


マリリンブログは、今回が年内最後の更新となります♪

この1年は、何と言ってもフィラリアの1年でした。

みなさまからの温かい応援で、マリリンは陰転することができました。

本当に、ありがとうございます。


そして、いつもこうしてマリリンに会いに来てくださること、心より感謝申し上げます。

また、そっとコメントをくださる方、おひとりおひとり、とてもうれしく拝見させていただいております。

すべてが、私たちにとって、元気の素です


これからも、マリリンのことを見守っていただけたらうれしく思います。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

マリリン家一同、感謝を込めて・・・。


どうぞ、よいお年を~!
スポンサーサイト

| マリリンの暮らし | 07:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クリスマスと、いっぴき♪

前回、クリスマスの楽しみを味わえず、ご立腹だったマリリン。

翌日は、マリリンへ、クリスマスプレゼントDayです




駐車場から、抱っこで移動中~♪



CIMG4235_R3_20121225132057.jpg
「えへへ。どこ行くか分かっちゃった!この道、よく知ってるもん。」



CIMG4239_R3_20121225132058.jpg
父ちゃんにひょいっと抱っこされているときの、このオチリが好きなんです

中腰になって歩きながらオチリを激写しまくる母ちゃん。

すれ違う人々からドン引きの視線を浴びつつたどり着いたのは、



CIMG4240_R3_20121225132059.jpg
いつものWoo Pee Cafeさん。


クリスマスの期間は、犬用のクリスマスプレートを用意してくださるということで、張り切って突撃したのでした。



CIMG4253_R3_20121225132129.jpg
「ちょっと奥さん、クリスマスプレートですってよ。 待ち時間が地獄です。」



CIMG4299_R3_20121225132308.jpg
警備員服でしっかりと厨房を監視しながら、地獄の時間に耐え続けるマリリン


と、ここで、父ちゃんがお店の本棚から、1冊の本を取り出しました。



CIMG4247_R3_20121225132126.jpg
あー!!これって!!


実は、先日ライカちゃんが、やはりWoo Peeさんで見つけたと言ってブログに載せていた本で、見た瞬間からと~っても気になっていたのです!



パンといっぴきパンといっぴき
(2012/12/11)
桑原奈津子

商品詳細を見る



料理研究家の桑原奈津子さんという方の、小さな写真集です。

美味しそうな朝食がずらりと掲載されております。

そして、それを見つめる愛犬キップル。

マリリンと同じく、白系の雑種犬です。

どの写真にも、毎回フレームインして写り込んでいるのですが、その愛らしいことったら!

ひとつひとつの写真に、桑原さんのお言葉が一言載っていて、それがまた絶妙で。

最後のページに書いてありますが、このキップルちゃん、保護犬です。

動物愛護団体から譲渡されたワンちゃんだそうですよ♪


普段、あまり写真集を手に取る機会がないのですが、この本は、とても惹かれました。

そっとそばに置き、温もりが欲しいときに手に取りたい、そんな本。



ここからは、桑原さんの一言シリーズを、ちょっと真似して書いてみます



CIMG4245_R3_20121225132100.jpg
「クリスマスプレートの出番はまだですか。」ないっぴき。



CIMG4246_R3_20121225132125.jpg
「待ち切れないって店長さんに伝えてください。」ないっぴき。



CIMG4250_R3_20121225132128.jpg
「本とかどーでもいいからぁ~!」ないっぴき。



CIMG4248_R3_20121225132127.jpg
「こんなとこから、こんにちは。」ないっぴき。



CIMG4267_R3_20121225132156.jpg
「ねーねー、あたしのご飯、忘れられちゃったの?」ないっぴき。



CIMG4282_R3_20121225132245.jpg
「後頭部で語ってみせます。」ないっぴき。


あ! しまった!


夢中で真似して書いてたら、この段階でうっかりごはん登場させちゃった


えーーーっと、仕切り直してですね、なんやかんやで、ついにマリリンのご飯が来たのです!(笑)



CIMG4268_R3_20121225132157.jpg
じゃ~ん!!

クリスマスプレート~

すごいでしょ~

これ、全部マリリンが食べちゃいます!



CIMG4271_R3_20121225132158.jpg
「父ちゃん、早く!!」



CIMG4273_R3_20121225132200.jpg
「むむぅ~。マテだと~!?」



CIMG4272_R3_20121225132159.jpg
「待ち切れーーーん!!」

フライング気味に食べたマリリンは、もう止まらない。



CIMG4275_R3_20121225132244.jpg
「あへ~! トンデモナイごちそうだじょ~!」



CIMG4283_R3_20121225132246.jpg
「に、肉が揺れてる~!」

いや、興奮でアンタが揺れてるんだよ



CIMG4284_R3_20121225132247.jpg
「たまらーーーん!!」



CIMG4294_R3_20121225132248.jpg
たっぷりのプレートを完食したマリリンでした~


この日の夕食は、ほんの一握りのフードしかもらえず、愕然としていたマリリン(笑)

でも、1年に1度のごちそうプレート、思いきり満喫してくれたよね


マリリンのクリスマスを一緒に見ていただいて、ありがとうございました~(*^_^*)

年内は、あとひとつ更新予定です。

お時間がありましたら、マリリンに会いに来てくださいね♪

| カフェ | 07:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今回のお姉さんは、いかが?

CIMG4037_R3.jpg



みなさま、こんにちは~!

今回と次回は、クリスマス連休のあれこれと、一緒になって張り切るマリリンをお送りしたいと思います♪

まずは、シャンプーDay。

もうすぐ迎える新しい年のために、キレイにしておかないとね~というわけで、いつものサロンへ行ってまいりました!

前回、一番好みのお姉さんに担当してもらえなくて、大変なテンションのガタ落ちっぷりを見せたマリリン (こちらの記事です)


今回はどうだろう・・・?


ドキドキしながらマリリンを迎えに行くと・・・




「よ、母ちゃん!」

良かった~!!

やつれてない(笑)

でも、100%のテンションではない?



CIMG4005_R3.jpg
「惜しかったんです。2番目に好きなお姉さんでした。」

それでかー!!



CIMG4007_R3.jpg
でも、こんなクリスマスバージョンの飾りつけてもらって、かわいいよ、マリリン♪



CIMG4008_R3.jpg
「おほほ。もっと言ってちょーだい!」



CIMG4012_R3.jpg
かわいい飾りを揺らしながら外に出ると、フンフンと得意顔



CIMG4014_R3.jpg
「あんだかね~。今年ももう終わりだぁね~。」

まるでおばあちゃんのような風情で、風の匂いを嗅いでおりました。

家に帰ると・・・



CIMG4027_R3.jpg
おばあちゃんから若者へ、変身!!



CIMG4031_R3.jpg
「おいコラ!」



CIMG4030_R3.jpg
「よこせーーー!!」



CIMG4029_R3.jpg
悲劇のきいろたんです 。・゚・(ノД`)・゚・。



CIMG4023_R3.jpg
うわ!足が伸びてる!

すごいね~マリリン



CIMG4024_R3.jpg
「立ってますけど、何か?」



CIMG4042_R3.jpg
「スライディングーーー!!」


最近は、本当によく足を動かして遊びます♪



CIMG4036_R3.jpg
やはり、マリリンの場合は、楽しい刺激が一番効果があるようです



CIMG4046_R3.jpg
「父ちゃん!それを投げるのだー!」

歯が出過ぎちゃっていますが(笑)



CIMG4034_R3.jpg
終始こんな楽しそうな顔で、シャンプー後のはしゃぎタイムを満喫したのでした~


もうすっかり、2番目のお姉さんだったことのプチがっかり感は、忘れちゃったようです

さあ来月のシャンプーは、いっちばん好きなお姉さんに担当してもらえるでしょうか♪




そして、夜。

この日は、予約していたケーキを受け取り、お家でささやかなクリスマス会

ケーキを食べるだけですが



CIMG4306_R3.jpg
準備をしている段階から、マリリンは興味津々です!

ローソクがついていたので、お誕生日ケーキのように、火を灯してみました♪




CIMG4313_R3.jpg
心霊写真のように写りこむイヌ。



CIMG4318_R3.jpg
「食べたい。ください。食べたい。ください。食べたい。ください。」



CIMG4324_R3.jpg
「きゃは~! これ、あたしにぃ~!? 悪いわねぇ。」

このケーキは、近所の大好きなケーキ屋さんのもの。

ご婦人とその3人娘さんがやってらっしゃるお店で、お散歩でよく通りかかるので、マリリンのことをとてもかわいがってくださるのです♪

大好きな方々が愛情を込めて作ってくださったケーキは、格別の美味しさ



CIMG4331_R3.jpg
「食べる気マンマンですが? なんか文句ある?」

食べられないことなど、少しも想定していないようです。



CIMG4335_R3.jpg
「どーもどーも、わたしはそのクリームたっぷりのところでいいですよ。」

張り切っていますが、当然のごとく食べる機会が訪れることはなく、すっかりふてくされちゃったマリリンでした~



CIMG4339_R3.jpg
「結局シャンプーしたりケーキ食べ損ねたり、あたしにいいことナッシングじゃん!」

いえいえ、ちゃ~んと考えていますよ

ご立腹のマリリンには、翌日、カフェのごちそうが待っていたのです

その様子は、また次回♪

はりきり娘マリリンの様子を、覗きに来てやってくださいませ~(*^_^*)

| マリリンの暮らし | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2日休んで、じゃじゃじゃじゃーん!!


そろ~り。



CIMG3086_R3.jpg
「あのぉ~、みなさ~ん。。。」







CIMG1359_R2_20121225101720.jpg
「元気ですかーーーーー!!!」



しばらく休憩期間を・・・と言いながら、2日あけたらこっそりまた登場しているというこのカッコ悪さを乗り越え、ちょっぴり更新させてくださいませ~

前回の記事に、たくさんの方からメッセージをいただきましたので、どうしてもお礼が申し上げたくて、舞い戻ってまいりました。

温かいお言葉、本当にありがとうございます。

家族みんなで拝見させていただきました。

何度も読み直し、元気をいただいております。


コメントを非公開の設定にするとお返事ができないので、それがなんとも落ち着かない気持ちでおります。

でも、少しいつもと違う発見もありました。

完全非公開だからでしょうか、みなさま安心してご自分のお話をしてくださったり、ブログを持ってらっしゃらない方が思いきってコメントくださったり。

そういったことが、たまらなくうれしく感じました。

お返事できないのが心苦しいですが、貴重なお時間を頂戴してコメントくださったこと、心より感謝しております。

打ち明けてくださったお話、ご自身の考え、マリリンに対する温かい思い、励ましのお言葉、すべてじっくりとありがたく拝見させていただいております。

ぼちぼちの更新のブログになりますが、これからも、マリリンの様子を覗きに来てやっていただけたら、こんなにうれしいことはございません




さてさて、最近のマリリンですが・・・あ!忘れてた!


みなさ~ん、メリークリスマス!!!

遅っ!


クリスマスは、いかがお過ごしでしたでしょうか♪

我が家は、いつもの休日と同じように、のんびりゆったりと。

24日のイブは、



CIMG4354_R3.jpg
大好きなRAINDOGSへ



CIMG4371_R3.jpg
釘付けなイヌ



CIMG4361_R3.jpg
「んがー!!ガジガジガジガジ!!」

なぜか前歯で高速噛みを見せたマリリンです



CIMG4345_R3.jpg
この日は、ずーっと会いたかったお友達と偶然ご一緒することができ、思いがけないクリスマスプレゼントをいただいた気持ちのマリリン家

うれし楽し、そして、静かで穏やかなクリスマスイブとなりました



さてさて、話を戻しまして、最近のマリリンのこと。

とっても元気にしております♪



CIMG4045_R3_20121225101825.jpg
お家の中で大はしゃぎ!



CIMG0149_R3_20121225101821.jpg
あひゃ~!!と楽しそうな顔を見せたと思ったら、



CIMG1470_R3.jpg
うらめしや~!のひとりオバケ遊びをしてみたり



CIMG1475_R3.jpg
「んぐぐぐぐーーー!」


それはそれは、気ままな生活をしております♪



CIMG1479_R3.jpg
あら?マリリン、どこにお鼻突っ込んでるの?

後ろ足はお鼻入れるスポットじゃないよ~



CIMG1480_R3.jpg
「いいの! いい塩梅なの! 黙ってて!」

クリスマスに怒られた母ちゃんでした


マリリンのクリスマス、もう少しご報告がありますので、また次回の記事で載せたいと思います♪


いよいよ、今年もあと一週間を切りました。


寒さが続きますが、体調を整え、元気に新年を迎えましょうね~!(^^)!


ひとまず、お礼まで

| マリリンの暮らし | 08:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ブログ1周年 ~そして、これから~

CIMG8611_R_20121219234939.jpg



みなさま、こんにちは♪

本日、このマリリンブログ、1周年を迎えることができました!

いつも見守り、応援してくださっているみなさまのおかげでございます。

本当に、心から感謝しております。

今日は、このブログのことと、これからのことを、少し書かせていただければと思います。



CIMG0178_R3_20121219235124.jpg



1年前の12月23日、パソコン音痴の母ちゃんが、四苦八苦しながら、ひっそりと更新が始まりました。

クリスマスにマリリンの過去を書くという、世の中の事情を完全に無視した形のこのブログ(笑)


始めた理由は、第1に、マリリンの記録を残したかったこと。

そして、第2に、「保護犬」「車いす」について、ひとりでも多くの人に知っていただきたかったということです。



CIMG0060_R3_20121219235123.jpg



ブログを始めて少し経ってから、フィラリアのボルバキア治療について情報をいただき、一からフィラリアの勉強を始めました。

ボルバキア治療の持つ大変な力を知り、様々な検討を重ねた結果、この治療に挑むことに。

往復4時間のドライブにはなるものの、この治療法に明るい病院と出会うことができ、私たちの闘いが始まりました。

その中で、フィラリアに関して世の中にきちんとした情報が周知されていない、という現実に直面。

いつからか、「保護犬」「車いす」に加えて、「フィラリア」もこのブログのテーマとなってゆきました。


だんだん生活の比重がブログに傾く中で、ボルバキア治療が始まり、その後、毎日更新をがんばるようになって。

ただ、この「毎日更新」には、理由がありました。

ようやく書くことのできるこの理由について、お話させてください。


実は、願掛けをしていたのです。

マリリンの、フィラリア勝利を願って。



CIMG0342_R3_20121219235125.jpg



6月20日に治療が始まり、朝晩たくさんの薬をのませる毎日。

マリリンは、何が何だかわからないだろうに、父ちゃんと母ちゃんの思いを受け取って必死にがんばってくれていました。

そんな姿を見て、「母ちゃんもがんばらなければいけない」という思いがわいてきたのです。

母ちゃんが今がんばれるものは何だろう?

答えはすぐに出ました。

ブログです。

マリリンが闘う姿を記録に残し、多くの人に見てもらおう。

そして、フィラリアのおそろしさを、知ってもらおう。

今、母ちゃんにできることは、精一杯の思いを乗せて、ブログを発信していくことだ、と。


ブログをがんばる、というのは、具体的にどうしたらいい?

ランキングも指標にはなるけれど、がんばるという意味においては、それは母ちゃんの思いではどうにもならないこと。


それじゃあ・・・?


毎日、どんな日も、欠かさず更新すること。


頭に浮かんだ瞬間、それがストンと胸に落ち着きました。

以来、毎日更新をしてまいりました。(たまに父ちゃんが書いてくれた日もありますが)

願掛けは、誰かに話してしまったら願いが叶わないということを耳にしたので、この思いについては、誰にも話しておりませんでした。

父ちゃんにも。

マリリンが無事に陰転の日を迎えるまで、何としてもがんばろう、と自分に誓いました。


そして、今月4日、マリリンがフィラリアに完全勝利してくれました~!!

陰転の日を迎え、初めて、ブログにかけてきた思いを、父ちゃんに話すことができました。

具合の悪い日にも、気持ちの沈んでいる日にも、休むことなく更新し続けたワケを、やっと理解してくれたようです(笑)


陰転が来年になったら、もちろんそこまで毎日がんばる予定でおりました。

が、見事に年内に陰転を果たしてくれたマリリン。

ちょうど、今日23日がブログ1周年ということもありまして、今日でひとつの区切りにしよう、と思いました。



CIMG0715_R3_20121219235126.jpg



勝手なことで申し訳ございませんが、少し休憩をはさみまして、これからは、のんびり更新で気ままに綴っていきたいと思います。

この機会に、カテゴリーも整理して、病気関連で来てくださった方などにも、もうちょっと読みやすいブログにできたらいいな、と思っております。



そして、もうひとつお知らせです。

今日の夜をもって、ブログ村のランキングをやめることといたしました。

これは、夏の終わり頃から考えてきたことです。

ずっと悩んできたものの、やはり多くの方に情報をお伝えしたいという気持ちから、毎日更新をがんばる間、つまり陰転するまでは、連動してランキングもがんばろうと思い、続けてまいりました。


何を悩んできたのか。

それは、私の心の弱さに起因します。



CIMG3451_R2_20121219235015.jpg



ブログを始めてから数か月経つと、少しずつ見てくださる方が増えました。

それはとても幸せなことである反面、ブログを通じて、胸の痛む出来事も生じるようになりました。



また、ブログの内容について、非公開コメントやメールフォームでいろいろなご意見をいただくようになりました。

マリリンの姿を見て、様々なことを感じ、マリリンのためにご意見くださるのだから、それはありがたいことなのだと思いますが、時折、つらく感じてしまうものもございます。

辛辣なご言葉などは受け止めきれず、あるときから、メールフォームは削除してしまいました。



例えば、ブログを始めてから、何度かいただいております、こんなご意見。

「この子を本当に愛しているのか?障害のある子の姿を世間の目にさらすなど、本当に愛していたらできないのではないか。マリリンがかわいそうでならない。」

初めてこういった類のご意見をいただいたときには、本当にびっくりしてしまいました。

ああそうか、そういう思いを抱く方がいらっしゃるのか、と。



私たちは、マリリンの姿を見せないほうがいいと考えたことは一度もありません。

もちろん、マリリン自身がどう思っているかは、分からないのですが・・・。



出会ったときから、この子はこの身体で、一生懸命に生きておりました。

私たちは、下半身不随であること、つらい過去を背負ってきたこと、そのすべてをひっくるめてマリリンなのだと思っております。

もともとは、元気に4本足で走っていた子だったとは思いますが、だからと言って、下半身不随になったマリリンが、本来の姿でない、とは思いません。

みなさんの目に触れないようにしたほうがいい存在だとは、これっぽっちも考えたことがありません。

この身体も、背負った過去も、まるごとマリリンです。

健気に、強く、たくましく生きるこの子を、みなさんに見ていただきたい、と率直に思います。



そして、マリリンを通じて、少しでも知っていただけたらいいな、と思っております。

人間によって、こんな風に心と身体を傷つけられる動物たちがいるということ。

保護犬の存在。

フィラリアを予防しなければ、どんなことになるか。

どれほどの苦痛を味わわされようとも、人間を信じようとする動物たちの姿。

自分に与えられたその身体と運命を受け入れ、たくましく今を生きていこうとする姿。

この姿を、この国の現実を、ひとりでも多くの方に知っていただきたい。

そう願っております。



CIMG0511_R2_20121220000022.jpg



また、このブログは、明るい内容の話ばかりではありません。

マリリンを通じての出来事についてや、保護犬関連のお話、そして、犬のこと以外でも、日々感じていることについて、私の個人的な考え等も書いております。

そういった内容の記事については、胸の痛むお言葉をいただくことがございます。


人それぞれ、いろいろな考え方がありますから、個人的な思いを記事に載せれば、批判的なご意見をいただくのもある意味当然だろうと思います。

もう当たり障りのない楽しい記事だけにして、ご意見をいただきそうなものは書かないでおこうか、とも何度も考えました。

しかし、やはり私は、それは違うかな、と思います。

例えば、マリリンのことにしても、楽しいだけの毎日なんて、有り得ません。

障害を持つ子と暮らしていれば、どうしてもいろいろな出来事が起こります。

正直なところ、私たちも、マリリンと暮らすまで、個性を持った子に対する世間の風当たりがこれほど強いとは、まったく知りませんでした。

それをなかったことのようにして、明るい話だけをお届けするのもひとつかもしれませんが、私は、こんな事実、こんな現実を、そのまま見ていただきたいと思うのです。

これが、マリリンだから。

彼女を取り巻く問題も全部ひっくるめて、マリリンだから。



CIMG2084_R2_20121220000024.jpg



ふぅ~~。

とまあ、こんな風に自分の考えがあるのなら、堂々と続けていけばいいじゃないか、という話なのですが・・・。



やはり、問題は、私の精神的な弱さだと思います。

ブログから生じる様々な出来事に対し、気にせずにいる、ということができません。

時には、とめどなく落ち込んでしまいます。



そこで、自分なりにずっとその対策を考えてきました。

そこで出したのが、今回の結論です。

ランキングに登録していると、見てくださる方が多くなる反面、どうしてもそういったことが起こるのだと思います。

よって、マリリンと穏やかな毎日を過ごしたいという思いから、1周年をもって、ランキングをやめることにいたしました。



いただいたメッセージを拝見していますと、ブログ村の中で「車いす」「フィラリア」など検索してこのブログを知っていただいた方もいらっしゃるようですので、そういった情報が欲しい方の目にとまるように、犬ブログの登録自体はひっそり残しておきたいと思います。

あまり目立たないようにしようという思いと、「保護犬」「車いす」「フィラリア」について広く知っていただきたいという思いが交錯し、ジレンマがありますが、ひとまずこの形でやっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



CIMG1291_R2_20121219235014.jpg



この区切りの機会に、これからは、パソコンに向かう時間を減らし、マリリンと触れ合う時間を増やしたいと思います。

また、コメント欄は、しばらく閉じていることが多くなると思います。

500文字以内のメッセージを送ることのできる拍手コメントというものを開けておりますので、何かございましたら、そちらをお使いいただければ幸いです。(申し訳ございませんが、この拍手コメントは、非公開設定にさせていただきました。)

上に書いたような悩みから、今後しばらくは、やや一方的なブログになってしまうこと、どうかお許しくださいませ。

ブログの内容は、これからも、うれしいことや悲しいこと、またいろいろな思いを書いていきたいと思っておりますので、あ~またなんか書いてるわ~、と温かく見守ってくださるとうれしく思います



最後に、マリリンのことをずっと応援してくださっているみなさまへ、心よりの感謝の気持ちを、ここに記します。



CIMG0181_R2.jpg
「みんな~、あたしのこと見守ってくれて、ありがと~!!」


最後の応援クリック、ポチッとよろしくお願いいたします!(^^)!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| 私のこと | 07:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

だって、女の子だもん♪

CIMG1567_R3.jpg
「はぁ~い! みんな、元気~? あたしは元気だよっ!」


みなさまから、たくさんの思いを頂戴し、心より感謝申し上げます。

父ちゃん母ちゃん、そしてマリリンと、大事に拝見させていただいております



いよいよ今年もあと少し。

今日から3連休の方も多いことと思います。

みなさま、良いクリスマスをお過ごしくださいね~♪

我が家は、いつも通り、マリリンとのんびりした時間を楽しみたいと思います



さてさて、今日は楽しく行っちゃいますよ~!(^^)!

先日、久しぶりに気持ちの良い青空のもとでお散歩できたので、その様子をご覧くださいませ~!



CIMG1920_R3.jpg
ちょっと暖かい日は、散歩行きたいモードが全開!

「あたしは振り返らない主義なんだよ!」とばかりに、母ちゃんが扉を開けるまで、意地でも後ろを見ないマリリンです

急かされて玄関を開けると、



CIMG1922_R3.jpg
「早くぅ~!!あったかいうちに行かないと、あたし歩かなくなっちゃうんだから!」

はいはい、今行きますってば~



CIMG1562_R3.jpg
「しゅっぱーーーつ!!」

ガンガン来るから、カメラにおさまり切らなくなるマリリンです



CIMG1936_R3.jpg
日差しで暖かい日は、かなりのスピード!

寒い日に固まって歩かなくなるのと同じ犬とは思えないくらい♪

ダーーーッと走って、キキーーーッと止まるので、ついていく母ちゃんは必死です



CIMG1930_R3.jpg
気になる匂いを見つけ、ズザザッとマリリン号を停車させ、嗅ぎまくっております。

よくそんなに急に止まれるよね~。

しかも、気になる匂いを瞬時に判断して。



CIMG1937_R3.jpg
「おほほ。人間にはない能力ですの。」

どーでもいいけど、変な写真~!



CIMG1947_R3.jpg
「きゃはは~! 変な顔になっちゃった~! 母ちゃんの腕があたしをダメにするぅ~!」

散歩の途中で変な写真が撮れると、その場でマリリンに見せます。

すると、意味がわかっているんだかいないんだか、きゃはは!と飛び上がって喜びます(笑)

でも、あんまりしつこくすると、怒りスイッチが入るので要注意です。




CIMG1938_R3.jpg
「今日は気持ちいいね~、母ちゃん!」

うんうん、青空って最高だよね。

すっごく元気出ちゃう

母ちゃんも立ち止まってスーハー深呼吸していたら、



CIMG1939_R3.jpg
「ピョロエーーー!!」

お庭の手入れをしているおじさんに、大声で話しかけてた

ちょっとマリリン、いきなり大声出すのはやめなさい



おじさんにやさしく見送ってもらい、少し歩くと、ダイゴくんの家の前へ。



CIMG1571_R3.jpg
「ダ~イゴくん!あたしだよ!」



CIMG1572_R3.jpg
「いない。。。」



CIMG1574_R3.jpg
「ちょっと~! こらダイゴ! せっかく来たんだから開けなさい!!」

逆ギレ気味に粘るマリリン。

道行く人に、かなり怪訝な顔で見られちゃったので、なんとかマリリンを引っぺがしておさんぽ再開しました



CIMG1601_R3.jpg
「ずっとダイゴくんに会えていないの。寂しいの。」


そうだね~、お顔見たいけど、ダイゴくんも寒いからお家の中に入っちゃってるんだよ。

偶然会えるときがあるかもしれないから、また来てみようね



CIMG1971_R3.jpg
「あいあいさ~!!」

元気だね~、マリリン♪



CIMG1974_R3.jpg
「でも、すぐ疲れるよ。」

ちょっと、この20メートルほどの間に、何があったの?

いつも突然疲れて、眉毛が下がっちゃうねぇ。

じゃあ、早いとこ帰りましょ!っと話していると、

「あらあらあらあら!」

大きな声を上げながらご婦人が駆け寄ってきてくださいました。




「えへへ。 マリリンです。 健気にがんばってます。」

あんた・・・自分で健気って言ったらアウトだよ



CIMG2994_R3.jpg
さっきまでの疲れが嘘のように、大喜びのマリリンでした

ご婦人は、マリリンをやさしく撫でながら、「あぁ~、涙が出ちゃう」と何度もおっしゃっておりました。

何度目かの「涙が出ちゃう」で、母ちゃんが、「だって、女の子だもん♪」とどうしても付け足したくてウズウズしちゃったことは、内緒です(笑)


読んでくださって、ありがとうございます!

ウズウズして大変だった母ちゃんですが、「いやいや、この感激の場面でそれはダメだろ!」と必死に抑えました。
ご婦人は、何年か前に、我が子のようにかわいがっていたワンちゃんを見送ったそうです。
人の気持ちを感じることのできるマリリン、ご婦人をじっと見つめて、思いきり甘えておりました。

青空さんぽでやさしい出会いのあったマリリンと、そんないいシーンでバカなことを考えちゃった母ちゃんに、ポチッと応援クリックしてやってくださいませ~!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

明日でランキング関係からいなくなります。
その後来てくださった方など、ご連絡が行き届かないうちに突然消えた状態になってしまいましたら、申し訳ございません

どうぞみなさま、良いクリスマスを

| マリリンの暮らし | 08:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

消えない過去とマリリンのあんよ

CIMG1364_R3.jpg



みなさま、こんにちは~♪

寒い日が続きますが、体調はいかがでしょうか。

年末で多忙を極めてらっしゃる方も多いことと思います。

なんとかこの時期を乗り切り、明るい新年を迎えましょうね~!(^^)!

我が家も、マリリンの体調に、より一層の注意を払い、元気に冬を越えてくれますよう、父ちゃんも母ちゃんもがんばります



さてさて、最近のマリリンの様子を、少し♪

朝のひとり遊び中です。



CIMG0562_R3.jpg
逆光で暗くなっちゃいましたが、がんばって立ち上がっていたので、思わず撮っちゃいました

母ちゃんと遊んでも全然楽しくないらしいマリリンは、いつもこうして、朝はひとりで遊んでおります(笑)



CIMG0557_R3.jpg
お!後ろのあんよ、がんばってるね~!



CIMG0560_R3.jpg
折れた背骨から下は、どうしても細いよね

毎日リハビリがんばって、楽しい刺激もたくさん経験して、もっともっと下半身の力をつけようね


昨日、父ちゃんが異例の平日更新をして(笑)、以前から書きたいと思っていたという保護犬の話を書いておりました。

それを受けて、今日は、保護犬を迎えるときの覚悟について、またマリリンのあんよをめぐる思いを書きたいと思います。

保護犬絡みのこういったお話は、多くの方が見てくださるうちに書かないと!なんて、父ちゃんも母ちゃんも焦っちゃって、なんだか駆け込み更新状態

保護犬を迎えてらっしゃる方には、もう聞き飽きたようなお話だと思いますが、保護犬をご存知ない方に少しでも届けばと思っておりますので、お付き合いいただけるとうれしいです。



昨日父ちゃんが書いていたように、保護犬を迎えることは、私たち人間にたくさんの喜びを用意してくれます。

日々、ともに成長し、少しずつ心を開いてくれる喜びは、格別中の格別、例えようのない幸せです。

どうか多くの方が、保護犬を迎えてくださいますように。

悲しい目をした犬たちに家族ができますように。

そう願ってやみません。


ただ、やはり、きちんとした覚悟は持っていなければいけない、と思います。(もちろんこれは、保護犬に限らず、犬を迎える際には絶対的に覚悟が必要ですが)

大げさにとらえることはありませんが、一本ピンと張った揺るぎない覚悟を持っておかなければ、彼らとの生活は難しいと思います。

その子その子によって、個性が違いますので、今回は、ひとつの例として、我が家の話を読んでいただければ幸いです。



CIMG0558_R3.jpg



マリリンの日常生活のお世話のことや、我が家に来たばかりの頃のお話、そして、その後どう心を開いていってくれたか、そういったことについては、過去記事で何度か書いておりますので、ここでは省略します。

少し前に、こちらの記事で心の傷について触れましたが、今回は身体の傷のお話です。


何年もの間、どこでどんな風に生きてきたかわからない子を迎えてらっしゃるご家庭の場合、みなさん同じ思いを持ってらっしゃると思いますが、そのワンちゃんと一緒に暮らす中で、様々な心と身体の傷を発見します。

そのたびに、見えない過去を想像し、その子の苦しみをともに背負ってやるのです。



b61b8e51.jpg
(保護当時のマリリンより)



こんな小さな身体で、前の飼い主にどんな風に飼われていたんだろう。

保護当時は、今と毛の感じが違うようだけど、外飼いだったのかな。

夏は暑さを軽減し、冬はあったかい毛布を入れてもらっていたかな。

心から安心して眠ることがあったのかな。


身体の弱いマリリン、胃腸炎のときはどうしていたんだろう。

苦しみながら、自然治癒を待つほかなかったの?

背骨が折れて、下半身不随になっても、病院に連れて行ってもらえなかったんだもんね。

胃腸炎の治療なんかしてもらえるはずないよね。


繰り返し名前を呼ばれて、かわいがられたことはある?

マリリンは、なんて名前だったのかな。

人間の腕の中で、一度でも強く抱きしめられただろうか。



こんな切ない思いが込み上げ、過去が気になってしまう理由は、最近の後ろ足のこと。



寒さが影響しているのか、頻繁に足が突っ張ったり、痙攣を起こしたりします。

下半身に感覚がないので、マリリン自身の反応がなく、痛みを伴っているのかどうかは分かりません。

プルプルと言ったものよりも激しい痙攣で、本犬がじっとしていることができないくらいに身体に振動が広がります。

じっくり観察しておりますが、てんかん発作ではないようです。

突っ張る場合も、このまま全身が硬直してしまうんじゃないかと不安になるくらい、ピキーンとなっちゃって。

大抵は、後ろ足のどちらか一方がその状態になります。


今ほど頻繁ではありませんが、前にも時折こういったことがあり、病院で相談しました。

その際は、突っ張ったり痙攣したりしたら、やさしくマッサージして落ち着かせましょう、と言われました。

検査をしてもいいけど、おそらく麻痺から来ている現象だから、はっきりした原因は見つからないと思うよ、とのこと。


なので、この現象が起こると、ゆっくりやさしくマッサージして、なんとか元の状態に戻します。

が、すぐにまた突っ張り&痙攣が起こるので、治まるまで何度もこれを繰り返します。

細く頼りない後ろ足をそっと撫でながら、「お願い、落ち着いて。」と祈るようにマッサージしております。



そんなとき、上記のような過去のことを、どうしても考えてしまうのです。

この子の背骨は、元に戻りません。

折れてから長いこと放置されていたらしく、手術できる時期は、とうに逸してしまいました。



d54cd1c7_20121219140532.jpg
(ちょっとポッチャリしていたマリリン。毛も今より分厚く、質が違うようです。)


下半身不随であることは、おそらく年を重ねるごとに、身体に様々な現象を引き起こすと思います。

長年にわたって前足だけで生活していれば、当然、健常犬に比べて前足のダメージが出るのも早いでしょう。

そういった目に見える現象だけでなく、通常だったらこうなのに、といった身体の仕組み・バランスが保てないため、目に見えない内側の臓器に影響が出てくる可能性も考えておかねばなりません。


私たちは、マリリンを迎えようと決めたときから、すべて覚悟しているつもりです。

何かあるたびに、動揺してしまうけれど、でも、一本ピンと張った芯の部分が揺らぐことはありません。



CIMG1514_R.jpg
(シェルターにて)


マリリンの場合は、障害から来る身体への影響に対する覚悟が必要です。

また、先日めでたく陰転しましたが、フィラリアとの闘いもありました。

残念ながら、保護犬は、フィラリア陽性の子が少なくありません。

フィラリアについては、ボルバキア治療をぜひひとつの選択肢に入れていただきたいな、と思います。

重度の子でも、この治療での成功例が出ています。

フィラリア以外でも、その子によって、前の飼い主が放置した病気等があるかもしれません。


そういったことすべて、また将来の自分たちの生活に至るまで、相応の覚悟ができたとき、初めて保護犬を迎えることができるのではないかと思います。



一度は、苦しみを味わった子たちです。

絶望に泣いた子たちです。

もう、二度とこんな思いをしてもらいたくない、絶対に幸せになってほしい。

そんな願いから、保護団体さんの多くは、厳しい譲渡条件を設けております。

そんな条件に、腹を立てる方が多いことも存じております。

「せっかく引き取ってやろうと思ったのに。」

「もらってほしいんでしょ?だったら、条件なんかつけてる場合じゃないと思うけど。」

そんな声を、何度か耳にしたことがあります。

この子たちが背負ってきた苦しみを、考えてあげてください。

どうか、「もらってあげる」という意識ではなく、「この子と家族になりたい」という気持ちで、保護犬を迎えていただきたいと切に願います。



2c47ff2b_20121219140531.jpg
(シェルターで、人間のやさしさを知りました)


マリリンは、きっと、とびきりの幸せやとびきりの暮らしなんか望んでいなかったと思います。

でも、せめて、強烈な苦しみは味わいたくなかったはずです。


背骨が折れたときの痛みと絶望は、どれほどのものだったでしょう。

その後、放っておかれて、腰から下の感覚がなくなり、飼い主を見つめて何を思ったろうね。

おしっこもうんちも自分の意思に反して出ちゃうようになって、厄介がられちゃったかな。

うちに来た頃、ひたすら水を飲むことを遠慮して、ビクビク震えながら顔色ばかり窺っていたもんね。

おしっこがあまり出ないように、お水を飲んだら怒られちゃったのかな。

それでも、必死に飼い主にすがりついて、愛されようとしたんだろうね。

ぼろぼろの身体で、たくさんの恐怖に怯えながら。



そして、ある日、ついにひとりぼっちになった。



路上?それとも、飼い主によるセンター持ち込みだった?

真冬にそんな仕打ちを受けて、それでもきっと飼い主を思っていたんだろうね。

ピーピーキューキュー鳴きながら、下半身を引きずって飼い主を探し求めたかと思うと、やりきれないよ。



本当に、よく生きてくれたね。

がんばって生きてくれた。

生きて、父ちゃんと母ちゃんに出会ってくれた。


ほんとは、もっと早く出会いたかったよ。

犬にとっての5~8年、長いもの

一日でも早く出会いたかった。

マリリンったら、いま一体いくつなのさ。



CIMG1506_convert_20111224200933.jpg



でも。

マリリンはいつも前向き。

自分の身体も運命も受け入れ、その上で、今を精一杯生きようとしています。

悟りの境地を開いた仙人みたいだね(笑)

なんて茶化すほど、その目は静かです。


よ~し!


一緒に楽しく生きていこう、マリリン!

あんよの異常が頻繁になって、ちょっぴり切なくなっちゃう時もあるけど、父ちゃんも母ちゃんも、元気にマリリンを支えていくからね♪

折れた背骨が元に戻ることはないけど、マリリンがそれを何ら悲観しないから、私たちも悲観しない。

だって、車いすがあるから、日常生活はな~んにも不自由していないもんね

20歳目指して、残された犬生を思いきり駆け抜けよう!

堂々と、力いっぱい。

その目で見てきた過去は、父ちゃんと母ちゃんがのみ込んであげるから♪

ね、マリリン



CIMG0857_R3.jpg
「じゃあ、今すぐのみ込んでください。」

え!?

ま、任せて・・・(@_@;)



読んでくださって、ありがとうございます。

長い記事になってしまって、すみません
どうしても感情が先に出てしまって、父ちゃんのように分かりやすく書けず、申し訳ないです。
覚悟について書くつもりが、最終的に、捨てる飼い主ふざけんな的な話になってしまいました(笑)

つらい思いをしてきた保護犬たち。
その子の過去も、病気も、トラウマも、ぜ~んぶひっくるめて受け入れてくれる家族が、1匹1匹にできますように。
ともに生きれば、人生で経験したことのない幸せを感じさせてくれるでしょう。
犬も人も、みんなで幸せになっちゃおう!
そう願っております。

後ろ足は、今よりもっと突っ張り&痙攣がひどくなってきたら、また病院に行ってみようか・・・とも思っておりますが、ただ、本当はあまり病院には連れて行きたくないんですよね。
フィラリアの病院も、内容を考えれば、この子の負担は大変なものだったでしょうから、検査、検査でこれ以上苦しめたくない思いがあって。
できるだけ負担は軽くしてやりたい。

内臓の病気などはもちろん治療しなければなりませんが、それ以外の、障害や老いに伴う現象といったものは、自然のままに受け入れて、ともに静かに年を重ねていきたいと思っております。

この子がこれからの犬生を、楽しく生きていかれること、それを一番の目標に、一日一日大事に生きてゆきます。

前向きに生きるマリリンと、教えられてばかりの未熟な父ちゃん母ちゃんを、今後ともどうぞ見守ってやってくださいませ。

マリリンに、そして、すべての保護犬に、ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| 保護犬のこと | 08:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん登場!10 ~保護犬を迎えるということ~

CIMG1558_R3.jpg
おはようございます。

父ちゃんでございます。

平日のブログジャック!!


今日は、かねてから書きたかった「保護犬」について書いてみようと思います。


「保護犬」とは何でしょうか。


ネットで検索すると、
「捨てられてしまったり、逃げてしまった理由から飼い主がおらず、動物愛護センターなどに一時的に保護されている犬のこと。」byはてなキーワード
と、あります。

例えば、

・鎖を噛み切って逃げたり、散歩中にリードが離れて逃げたりして、保護された。

・悪徳ブリーダーが崩壊し、たくさんの犬が生き場を失ったのを保護した。

・「引っ越し先がペット不可のところだった」「噛む癖があって手におえない」「吠え癖が直らない」「子どもが飽きた」「経済的に負担だ」「年をとって、介護が必要な状態になった」などの身勝手な理由で飼い主が動物愛護センター(保健所)に持ち込んだ。

・飼い主が、上のような理由で路上等に放置し、保護された。

といったケースがあります。


このように保護された犬たちは、譲渡会やホームページによって、新しい家族を待ちます。

ただし、動物愛護センター(保健所)が保護した場合、多くの犬が数時間から7日程度で「殺処分」されると言われ、その数は全国で年間8万頭とも16万頭とも言われます。

ちなみに、この「殺処分」は、建前は“安楽死”ですが、実際はほとんどの自治体で「殺処分機への二酸化炭素ガス注入」によるものです。

たくさんの犬を個室に追い込み、二酸化炭素を充満させるのです。

犬たちはもがき苦しみ、倒れていきます。

想像しただけで、息が詰まります。



CIMG3440_R3.jpg



さて、「保護犬」のデメリットとメリットは何でしょうか。

<デメリット>

・過去の経験がわからず、どんな問題行動があるかわからない。

・成犬を引き取った場合、年齢がわからず、フードの切り替え、備える病気についての判断が難しい。


<メリット>

・特徴的な顔立ち、変わった癖など、唯一無二の個性がある。

・保護団体のシェルターや預かりさんで暮らしている子など、すでにある程度のしつけがされている場合がある。

・処分されようとしていた命をつなぐことができる。


飼ってみてわかることですが、この個性ってのはすごく神秘的で、それが面白いし、愛おしいんですよね。

変な癖や鳴き方だったり、ヒゲの具合だったり、長く過ごすほど、そういうのが愛おしく思えます。

また、「徐々に心を開いていく」ってことも楽しみなことだと思います。


マリリンも最初の頃と比べると、顔が全然違います。

出会ったころは、表情もなく、すべてを疑っているかのような目をしてました。

また、吠えることも一切ありませんでした。(悲鳴や絶叫はありましたが)

それがいつしか、犬らしく吠えるようになり(思いのほか激しく吠えるので、今も時々困りますが(笑))、いろんな表情を見せるようになり、信頼しきっているような目をするようになってきました。


たまたま見ていたテレビで浅田美代子さんが「保護犬は自分に心を開いていくのが愛おしい」っておっしゃっていましたが、まさにその通りだと思います。



CIMG1497_convert_20111224200439.jpg



正直、過去のわからない保護犬を飼うことは大変だと思います。

でもその大変さを受け入れ、家族として迎え入れる覚悟が出来たとき、それは自分自身の成長にもつながる気がします。

もしかしたらこれが最大のメリットかもしれません。

私はマリリンに愛情を注いでいるつもりですが、それ以上の愛情をもらっている気がします。



CIMG0131_R2.jpg



たくさんの保護犬が幸せになること、それと同時に保護される犬が少しでも減ることを祈るばかりです。


<参考図書>

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇犬を殺すのは誰か ペット流通の闇
(2010/09/17)
太田 匡彦

商品詳細を見る


犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)
(2009/07)
今西 乃子、浜田 一男 他

商品詳細を見る


<参考ホームページ>
「HOGO犬」
「ペット里親会」



よろしければポチっと応援クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


すみません、飛び込みで失礼いたします、母ちゃんです。
前回の記事に拍手コメントをいただきましたみなさま、本当にありがとうございます。
ご心配をいただいてしまって申し訳ございません。
ブログ自体は、のんびり更新にはなりますが、今後も続けていこうと思っております。
マリリンの様子を覗きに来ていただければ、うれしいです

| 父ちゃんより | 07:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヤンキー少年の意外な素顔


「みなさ~ん、元気ですかーーー!! えへ。風が強いんです。」

向かい風にしょんぼりしちゃったマリリンから始まりました、今日のブログです♪


先日のお散歩のこと。


この日は風が強く、夕方前の時間だったこともあり、いつものお散歩より少し寒く感じたので、マリリンもしっかり防寒。

警備員服を着て、地域のパトロールです


それでですね、強風でコートの袖から手を出すのがつらくて、写真はわずかしか撮れていないのですが(笑)、ちょっとうれしい出来事がありましたので、ご報告させてくださいませ♪



CIMG4135_R3.jpg
「寒いよね~。こんな日は、もういろんなこと、ちゃっちゃと終わらせちゃうんだから!」



CIMG4137_R3.jpg
「はいはいはいはい、そーですか。わかりました。さようなら。」


早く切り上げたくて、ほかのワンちゃんからのお便りを受け取るのも、雑

やけっぱちのような、おざなりな情報交換に、思わず笑ってしまいました。

そんなに雑なら、嗅がなきゃいいのにねぇ(笑)



CIMG4139_R3.jpg
「いいの! やるべきことをやらないと、気が済まないタイプなの! とりあえずやった感が大事なの!」



CIMG4141_R3.jpg
「ひゃ~!風が強くなってきた~! 母ちゃん、もう帰ってあげてもいいよ。」

そうだね、早めに帰ろうか、と簡単コースを選択しました。



早足で黙々と歩き、住宅街のとある小さな路地を曲がったときのこと。

曲がった先に、明らかにヤバそうな少年集団が。

18歳前後でしょうか。

地面に座り込み、周囲にはでっかいバイクが数台とまり、狭い道を占領しています。

今にも盗んだバイクで走り出しそうな彼らの空気に、母ちゃん真っ青。

これはヤバイ。

見るからにヤバイ。

相当とんがっちゃってる



びえ~ん!どうしよ~!と半泣きになり、道を変更しようかという考えがよぎったのですが、そこは家々が立ち並ぶ、狭い一本道。

すぐそこに、彼らがたむろしています。

今その彼らの目の前で、来た道を引き返すのは、あまりにもあからさま過ぎる。

かえって彼らを刺激してしまうんじゃないかと判断し、何でもない顔をして横を通り過ぎようと決めました。

心臓はバックンバックン跳ね上がっていますけどね。



リードを短く握りしめ、狭い道なりにも、なるべく彼らから離れて横切ろうとした瞬間、「かわいい犬・・・。」と小さな声が。

集団の中の一人の少年が、導かれるようにこちらにフラフラと近づいてきたのです。

えぇーーー!!ヤバイーーー!!

すると、話しかけてくれた人は必ず撫でてくれると信じているマリリンが、スンスン甘えた声を出して少年にすり寄ろうとしました。

んも~母ちゃんは、必死でリードを握り締め、「ヤメナサイ。ヤメナサイ。」と極小の声で連呼。

しかし、少年はそのままゆっくりと近づき、ついにマリリンを撫ではじめました。

ド緊張で身体を硬直させながら、とにかく早く立ち去ろうと策をめぐらせていると、ふと、あることに気づきました。

その彼、先ほどまであのコワイ集団に属していた少年とは思えないほど、優しい優しい笑顔になっちゃったんです。

いい人オーラ満載

撫で方がうまいから気持ちいいらしく、マリリンがこれでもかと甘えます。

少年はさらに喜んじゃって、「なんだよ~、かわいすぎるな、オマエ。」とはじける笑顔。

エンドレスのふれあいです。



ふと向こうを見ると、彼の仲間たちが一斉にポカンと口を開けてこちらを見ていました。

しばらくマリリンと戯れた少年は、そのとき初めて気がついたかのように母ちゃんに顔を向け、「かわいいッスね、この犬。車いすでがんばってて、すげーッス。」とはにかみながら言いました。

恐怖から解放された安堵で、「はい!ありがとうございます!がんばっています!」

直立不動で口走る母ちゃん。

最後まで優しい笑顔で、「またな、がんばれよ。」と言い残し、集団のほうへ戻って行きました。

仲間たちが、「なに、オマエ犬が好きだったのかよ。そんな顔初めて見たわ。マジびびった。」と言っているのが聞こえます。

安堵やら喜びやらで、どっと身体の力が抜けた母ちゃん。

その後、リードをピンと持ち直して、ルンルンとその場を去ったのでありました。



CIMG4147_R3.jpg
「えへへ。お兄さん、やさしかったの。あの人、すごくいい人だよ。わかるの。」

そうだね、見た目がコワイからって、悪い人間とは限らないよね。

それに、思い出したよ。

中学のときに一緒に遊んでいた女の子、市内で有名な暴れん坊だったけど、母ちゃんが困っているときは、いつも全力で助けてくれた。

どんな相手でも、ひとりで乗り込んで行って、守ってくれた。

そんな、すばらしく情に熱い、心のやさしい女の子だったな。


強風でしょぼくれていた気持ちもどこへやら。

マリリンとふたり、すっかり元気になって、心ぽかぽか、お散歩を楽しんだのでした♪


読んでくださって、ありがとうございます

みんなを思わず笑顔にさせちゃうマリリン。
ヤンキー少年の心の中にある、やさしい素顔を引き出しちゃったようです。

エンドレスで触れ合っていた一人と一匹に・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

~お知らせ~
今度の日曜日に1周年を迎えます、マリリンブログ。
また日曜日当日、私の思いときちんとしたお知らせを書きますが、1周年をもって、ブログ村を卒業することにいたしました。
いつも、ランキングからこのブログをご覧いただいている方には、本当に申し訳なく思っております。
いきなり消えているとびっくりしちゃう方がおられるかもしれませんので、事前にお知らせだけさせていただきました。

ブログ村を通じて、たくさんの方に応援いただき、本当にありがとうございます。
卒業することになって、父ちゃんは、明日、自分が一番書きたかった保護犬のことを慌てて書くようです。
多くの方に見ていただけるうちに書かないと~!なんて言って(笑)
よろしければ、チラと読んでやってくださいませ。

日曜日まで、最後の応援クリック、よろしくお願いいたします

| マリリンの特性 | 08:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おやつはどっちの手にある動画♪





みなさま、こんにちは~!

以前、こちらの記事で、外国人女性と出会ったものの、英語がダメな母ちゃんは思わず逃げようとしちゃったというお話を書きました。

それ以来、このブログに、「やり直し中学英語」を教えてくださるブロガーさんがそっと足跡を残してくださっております。

そして、毎日こっそりとそちらのブログへお邪魔し、中学英語のやり直しを図っている母ちゃんです


今日、覚えたフレーズは、こちら。

a man of seventy winters

「70歳の老人」

冬って単語を使うのね。

なんか、切ないやねぇ。。。

そんなことを思いながら、

a man of seventy winters と練習します。


あ、ちょっと!

いけませんよ!

パソコンの前でカタコトの英単語をつぶやいている母ちゃんの寂しい後ろ姿を想像しては!

さあ、みなさまもご一緒に~♪

リピートアフタミー!

a man of seventy winters

ところで・・・どこで使いましょうかね、このフレーズ(笑)



さあさあ、本日は、マリリンらしい動画がありますので、ぜひご覧くださいませ~



父ちゃんとぬいぐるみ遊びをしてテンション大爆発のマリリン。

よく運動をしたので、おやつをあげることにしました~

あげるのは、なんと、先日お会いしたアプちゃんのパパさんママさんにいただいたおやつです♪


お会いしたときに、用意してくださっていたお土産をホテルに忘れてきちゃったという、おちゃめなパパさんママさん

その後、わざわざ我が家に宅急便で送ってくださったのです!



CIMG4155_R3.jpg
「わ~、これなに~??」


マリリンに、アプちゃんセレクトのおやつだってよ~♪



CIMG4163_R3.jpg
「ほんと~!?あたしにくれるの~!?」

マリリン、首、長すぎ(笑)



CIMG4164_R3.jpg
「ふむふむ。ホットケーキとかラスクとかあるよ~!あ、お魚さんもある!!」

いきなりうれしい贈り物をいただいて、期待でいっぱいのマリリンです。

でも、父ちゃんが帰って来るまでおあずけ。

必死に待って、とうとう、待ちに待った時間がやってまいりました!



CIMG3413_R3.jpg
「アプちゃんセレクトのおやつ、早くちょーだい!」



CIMG3411_R3.jpg
「きゃは~!お魚さんですね~! アプちゃんったら、ナイスなんだから~

良かったね~、マリリンの大好きな魚だよ。



CIMG3408_R3.jpg
「クフフ! 匂いからして、たまらないのよーーー!」



マリリンが我が家に来てから1年くらい、おやつはずっと肉系だったのですが、日本犬は認知症が出やすいということで、だんだん魚をとるようになり、今ではおやつは魚ばかりになっております。

すると、マリリンも魚の魅力にはまったようで、いつの間にか、肉よりも魚を好むようになりました。

肉のときと魚のときで、喜びのジャンプが違うのです

肉のときは、「やった!・・・あ肉か。ま、うれしいけどね!うん、そっか~、今日はコレか~。」って感じ。

魚のときは、「よしきたーーー!!おいコラ!早くよこせ!こんにゃろ!こんにゃろ!ぴょ~んぴょ~ん!!」って感じ。

最後の「ぴょ~んぴょ~ん!!」は、マリリンのお尻ジャンプです♪

後ろ足を前方に投げ出し、前足を横に置いて身体のバランスをとりながら、何度もお尻で飛び上がります


とまあ、そんなわけで、すっかり魚大好き犬になっちゃったマリリンなのでした。



CIMG3407_R3.jpg
「ちょいとーーー!ごちゃごちゃ誰にしゃべってんのさ!はい、みんな集中~!あたしにおやつあげることに全力をそそいでちょーだい!!」


はいはい、わかってるよ、父ちゃんからもらいなさい。



CIMG3421_R3.jpg
「あらまぁ・・・



CIMG3422_R3.jpg
「なんて美味しそうなの、あなた



CIMG3426_R3.jpg
「あら?カラダが曲がってきちゃった ちょっと父ちゃん、長すぎじゃない?」


必死のアピールで、なんとかお魚を食べることができたマリリン♪

今度は、同じくアプちゃんセレクトの、犬用ラスクをあげました

これも、匂いを嗅いだ瞬間から、大興奮!!


と、ここで、父ちゃんがちょいとゲームを始めました。


両方の手を握り、どちらの手におやつが入っているか当ててみな!というゲームです♪

その動画を撮りましたので、どうぞご覧くださいませ~!

マリリンは、父ちゃんが最初に右手におやつを持っていたので、その後もどうしても右手にあると思い込んでいるようで、空っぽの右手をフガフガやっております

[広告] VPS


一生懸命おやつを探し、なぜか自らお手をするマリリンでございました~


今日もありがとうございます!

父ちゃんは、こんな風にマリリンとゲームしながら遊ぶのが大好き。
母ちゃんはメンドクサイので、そういうことをしません(笑)
同じ目線で一緒に楽しんでくれる、それがマリリンにとってはたまらなくうれしいようです♪

「どうしても右手にあるとしか思えないの!」と必死にフガフガするマリリンに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします!(^^)!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの特性 | 08:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

飛行機であの子がやってきた♪

みなさま、こんにちは~♪

今日は、土曜日のお話を書きたいと思います。



CIMG4077_R3.jpg
「ねーねー、どこに行くの~?美味しいもの~?」

あのね、今日はね、ずーっと会いたかったお友達に会えるんだよ。



CIMG4064_R3.jpg
「え!? どこどこ? どこにいるの!?」

いや、そんな、走ってる車の外にはいないけどさ

これから行く場所に、来てくれるんだって!




「母ちゃん、あたし、大体わかっちゃったよ。犬の勘ってすごいの。ぜったいあの子だ。えへへ、わかっちゃった♪」

本当にわかっているかのように、いつもカフェに行くときとは違う落ち着いた顔を見せ、ずっと窓の外を眺めて物思いにふけっていたマリリンです。



CIMG4084_R3.jpg
急きょ探した初めてのドッグカフェへ、いざ!!



CIMG4087_R3.jpg
「ひゃ~、ここってどこ?」



CIMG4094_R3.jpg
「カフェって言うより、バー的な感じ?なんか・・・緊張するわ~!」

オトナの空間にアウェー感が満載になったのか、ド緊張のマリリン。

お店に着くなり、うんち出ちゃいました(笑)



CIMG4104_R3.jpg
「こんなん出ましたけどぉ~。。。」

よしよし、よく出たね。

大丈夫だよ、マリリン♪

トイレでオムツを替えさせてもらうと、



CIMG4101_R3.jpg
ほぇぇぇ~。

すっかりくつろぎモードです


マリリン、この日はやはり何かを感じていたようで、いつもと違いました。

初めての場所では、騒いでてんやわんやになるのがお決まりなのですが、ずっと物思いにふけっている感じで、落ち着いているのです。

具合が悪いわけでもないので、本当に不思議でした。



お友達のほうの用事がもう少しかかりそうだったので、マリリンは先にお夕飯をいただくことに♪



CIMG4106_R3.jpg
名前は忘れたけど、ササミと野菜のこんな感じの。



CIMG4107_R3.jpg
「キターーーーー!!」

父ちゃんの膝の上に、むんずと座り、大張り切りのマリリンです



CIMG4109_R3.jpg
「うっひょ~!!」



CIMG4110_R3.jpg
「こりゃこりゃ、どうした。 うまうまが揺れてる~!!」

ねぇねぇマリリン、花火の如くテンション打ちあがっちゃってるけどさ、さっきまでの物思いはどうしたの



CIMG4115_R3.jpg
「物思いは物思い! うまうまはうまうまなの!!」

う、うん・・・よくわかんないけど、楽しんでいるならいいや



と、そのとき。

マリリンが爆発的なテンションでご飯を食べているところへ、いよいよお友達が到着しました~!



CIMG4118_R3.jpg
「マリリンちゃん、はじめまして~♪」

やさしく声をかけてくださったのは、アプちゃんのパパさんママさんです

そして、ちゃ~んとパパママと一緒にアプちゃんも来てくれました



CIMG4123_R3.jpg
「ほらね、あたしの勘が当たったよ!今日はアプちゃんと会えるんだって思ったの!」

マリリンは、ひたすら何か物言いたそうにしていて、パパさんママさん、アプちゃん、父ちゃん母ちゃんと、みんなの顔を見つめていました。



CIMG4124_R3.jpg
「アプちゃん、はじめまして。マリリンです。すごくすごく、会いたかったんだよ。」

ごにょごにょと、何か内緒話を始めたふたり。

きっと、アプちゃんがパパとママのことを、いつもの調子で茶化してお話していたんだと思います



ずっとお会いしたかったけれど、福岡と埼玉の距離なので、なかなか難しいと思っていました。

そんな折、関東にいらっしゃる、と思いがけないご連絡をいただいて、急きょお会いできることになったのです



CIMG4097_R3.jpg



アプちゃんのお話、たくさん伺いました。

つらかったこと。

苦しかったこと。

悔しかったこと。

そして、楽しかった3人の思い出。



CIMG4099_R3.jpg



お聞きしていると、あのアプちゃんのひまわりのような笑顔が頭の中いっぱいに広がり、どうしようもない感情が胸を突き上げます。

先ほどまではしゃいでいたマリリンも、じっと黙って聞いていました。



そして、別れ際、パパさんママさんに抱っこしてもらったマリリン。

アプちゃん、特等席、ちょっとだけお借りしちゃった。

ごめんね。



CIMG4130_R3.jpg
「ママのおひざ、最高でち!!」

ちょっとマリリン、アプちゃん語になってるよ(笑)


ママさんは、ギュッと抱きしめてくださる間、マリリンにいろいろなことを伝えてくださったようです。

マリリンは、ママさんの温もりを感じながら、その思いを受け取っておりました。


アプちゃん、大好きだよ。

マリリンに会ってくれて、ありがとう。

アプちゃんの笑顔、忘れないよ。



CIMG4133_R3.jpg
帰り道、初めて目にしたスカイツリーを窓から眺め、再び物思いにふけっていたマリリンでした。


読んでくださって、ありがとうございます。

飛行機に乗って、パパママと一緒にやってきたアプちゃん。
小さなアプちゃんに、マリリンもそっとご挨拶していました。
ふたりでごにょごにょ、どんな話をしていたのかな

超パパっ子という共通項を持つ、クリーム色のかわいい子たち。
ようやく会うことのできたアプちゃんとマリリンに、ポチッとお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| お友達 | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん登場!9 ~もっともくわしい動物の薬の本~

CIMG0634_R3.jpg



これはこれは、父ちゃんです!

寒い日が続きますねぇ。

人も犬もお身体ご自愛ください。

今日は、ある本を紹介します。

それはこちら!


もっともくわしい動物の薬の本―錠剤・液剤・滴下剤から注射剤までもっともくわしい動物の薬の本―錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで
(2008/12)
矢沢サイエンスオフィス

商品詳細を見る

「もっともくわしい動物の薬の本」です!!



人間はもちろんですが、犬も体調が悪ければ、病院に連れて行きます。

そして、薬が処方されます。

しかし、その薬については、細かい説明がないことも多く、人間のように説明の書いてある紙もくれません。

病院によっては、薬の名称すら、聞かないと教えてくれません。


マリリンが家族になったばかりの頃、ひどいパニック症状に悩み、困り果てて病院で相談したところ、薬を処方されました。

それをのませ始めてから、てんかんの治療などで処方される薬だったことが分かりました。

そういう種類のものとは知らずにあげてしまったことを、ものすごく後悔したことがあります。

幸い容量がごく少量で、期間も短かったため、すぐにやめることが出来ました。


このとき、まだマリリンを飼い始めたばかりで、獣医を信頼しきっており、もらったものを疑うことなくあげていました。

でも、薬の名称は領収書に書いてあったので、最初にちょっと調べればわかることなのです。

きっと、調べていれば、知っていれば、最初からのませることのなかった薬だと思います。


獣医は、内科、外科、皮膚科、眼科、歯科などの分野を全て一人で診なければなりません。

こんなに広い分野を一人で診て、診断し、薬を処方するのは、ある意味では問題がある気さえしますし、薬の処方が結果的に適切でなかったということも、やはり起こり得るのだと思います。

なので、自分もある程度の知識を身につけなければならない、と思うのです。



CIMG1204_R3.jpg



そんな中、薬について、その名のとおり、“もっともくわしい”本がこれなんじゃないかと思います。

同じような本で、もっとリーズナブルなものもいくつかありますが、
「その薬がどの臓器にどう作用して効果を発揮するのか」
「どんな副作用が起こる可能性があるのか」
などの説明について、一番詳しいのが、この本だと思いました。

特に私が知りたいのが、そういう細かい部分だったので、やはりこの本が欲しいと思いました。



CIMG1167_R3.jpg



ただ、この本、手に入れるのが大変でした!

もともとこの本を知ったのは、以前、たまたま寄った図書館で見つけたからなんですが、そこで読んで以来、「いつか欲しいなぁ」と思ってたんです。

ただ、値段が高い(約4,000円!)のもあって、何度か読んで吟味したいなぁと思って、書店に行く度探してみるんですが、書店で置いてあるのを見たことないんです。

今回、以前とは違う図書館にこれまたたまたま行く機会があって、探したらあったので、読んでみて、「やっぱり欲しい!」と思いました。


早速購入しようと、よく行く本屋(一応チェーン店)に行きました。

それまでの経緯から、在庫はないだろうとは思いましたが、注文すれば良いことだろうと思っていました。

しかし、想定外のことが…

そのよく行く本屋で、「他の店舗でも在庫がないので、注文になります。」と言われたところまでは想定内。

でも、後日電話がかかってきて、「出版元に問い合わせたら、もう絶版になっていて、現在書店に出回っているものしかない。」と言われてしまったのです!

そこで後日、「大手ならあるかもしれない」と思い、“大手“の書店に行きました。

すると、「当店に在庫はないですが、他の店舗に在庫があり、取り寄せますので、1週間程見ていただけますか」との回答!

よっしゃ!

時間はかかるけど、とにかく手に入れることが出来るということで、ちょっと興奮してしまいました。

そして、後日入荷の連絡があり、無事に手に入れることが出来ました!

早速、今まで処方された薬なんかを調べて、「なるほど~」とか思ってます(笑)



CIMG0674_R3.jpg



人間も犬も、とにかく健康が一番!

でも、何かあったとき、自分でも判断できる知識があるに越したことはないと思います。

少しずつですが、自分も勉強していきたいと思います。

まぁ、そんなことより早くオヤツが欲しいマリリンに、ポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| 父ちゃんより | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

悲しみの先に

今日は、悲しいおしらせをしなければなりません。

先日、こちらの記事で書きました、ワンクルさんの看板犬、リキくんが、虹の橋へ旅立ちました。




マリリンと一緒に、リキくんに会いに行ってまいりました。


日曜日に会ったとき、マリリンが帰りのご挨拶をしようとしたら、懸命に顔を上げて、こちらを見つめてくれたリキくん。

きっと、マリリンに何か伝えてくれたんだね。



CIMG3980_R3.jpg
みなさんから寄せられたたくさんのお花が、やさしくリキくんを包んでいて。



ママさんから、少しお話を伺いました。

最期は、ママさんの腕の中で息を引き取ったそうです。

7歳でした。


去年も大変な時期がありましたが、病気と闘い、がんばり抜いてくれたリキくん。

みんなに愛される、やさしい子でした。


同じく看板犬のルイくんが、今年の3月に虹の橋へ旅立っています。



CIMG3970_R3.jpg
看板犬は、ランちゃんひとりとなりました。

ママさんがおっしゃっておりましたが、ランちゃんは大変なショックを受けているようです。



CIMG3973_R3.jpg
リキくんのしっぽを追いかけまわして遊ぶのが大好きだったランちゃんは、終始元気がありませんでした。



CIMG3991_R3.jpg
そして、マリリン。



CIMG3986_R3.jpg
ワンクルさんが大好きなマリリンは、いつも爆発的なテンションではしゃぐのですが、この時は、お店に入った途端、しん・・・と空気が止まったように静まり返っちゃって。

何か、感じるんだね。

だって、大好きなリキくんが旅立ってしまったんだもの。


以前も書いたことがありますが、リキくんは、マリリンが一番最初に遊ぶことができたワンちゃんなのです。

まだ我が家に来て間もない頃、彼女は小さな身体に背負った過去の影響で、大変なパニック状態にありました。

それが、なぜかリキくんのことは怖がらず、スムーズにご挨拶をすることができたのです。

そして、リキくんがおなかを出してマリリンに匂いを嗅がせてくれて、一緒に遊び始めたのだから、さあ大変!

信じられない光景に、人間たちのほうがついていかれませんでした



CIMG3976_R3.jpg
「リキくんは~? リキくんと遊びたいよ。」

マリリン、リキくんはね、お空に旅立ったんだよ。

またいつか会えるからね。

今は、精一杯、送り出してあげようね。



CIMG3975_R3.jpg
「やだ。あたしやだよ。遊びたいよ、リキくん。会いたいよ。」


マリリンは、ずっとリキくんを呼んでいるようでした。



CIMG3978_R3.jpg
帰るときになって、ようやくリキくんのほうを向いたマリリン。

しぶしぶ、本当にしぶしぶといった具合で、やはり受け入れたくないようです。



リキくん、マリリンがすごく会いたがっているよ。

どうしても会いたいんだって。

そちらにいったばかりで悪いけど、すぐにまた顔を見せてくれる?

ななこちゃんと、ルイくんも一緒に。

お願いね、約束だよ。






今年一年、たくさんの悲しみがありました。

人にも、動物にも。

近くのお友達にも、遠く離れたお友達にも。

様々なところで、様々な悲しみがありました。



私には、その悲しみに寄り添うことしかできません。


悲しみが訪れたとき、いつも胸に流れる楽曲があります。



瓦礫の街のきれいな花  健気に咲くその一輪を

「枯らすことなく育てていける」と誰が言い切れる?

それでもこの小さな祈りを  空に向けて放ってみようよ

風船のように  色とりどりの祈り



また争いが  自然の猛威が  安らげる場所を奪って

眠れずにいるあなたに  言葉などただ虚しく

沈んだ希望が  崩れた夢が  いつの日か過去に変わったら

今を好きに  もっと好きになれるから

あわてなくてもいいよ



雨の匂いも  風の匂いも  あの頃とは違ってるけど

この胸に住むあなたは  今でも教えてくれる

悲しい昨日が  涙の向こうで  いつか微笑みに変わったら

人を好きに  もっと好きになれるから  頑張らなくてもいいよ

今を好きに  もっと好きになれるから  あわてなくてもいいよ


~Bank Band 『to U』より~




私には、思うことしかできません。

悲しみに寄り添うことしかできません。

どうか、救いの見えない暗闇に佇む人に、柔らかな光が届きますように。

その光に、生きる希望をつなぐことができますように。

必ずその日が来ると、信じています。


リキくんへの温かい応援、心より感謝申し上げます。

リキくんにも、ワンクルパパさんママさんにも、しっかり届いていたことと思います。

彼が駆け抜けた時を、忘れません。

精一杯、生き抜いたね。

リキくん、ありがとう。


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| お友達 | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『任侠ヘルパー』とおヒゲのマリリン

みなさま、こんにちは~!

先々週くらいの休日のことですが、気温が低くてマリリンのお出かけをやめることにした日がありました。

マリリンには、暖かい部屋でお留守番をお願いし、夫婦で映画を観に行くことに♪

(ふざけんな!こんにゃろめ~!!)マリリン心の声 いや、心の声じゃなくて実際騒いでいましたが。


数ある映画の中から、今回選んだのは、コレ。

『任侠ヘルパー』

しぶいでしょ~(笑)


テレビドラマは数回しか観ておりませんが、ドラマと切り離した単独の話になっているらしい、ということで、安心して観ることができました。


テレビドラマで観た草なぎくんよりも、さらに迫力が増していて、もうコワイのなんのって

最初は、やることすべてがはちゃめちゃに思えてしまい、一体どうしちゃったの?という感じだったのですが、物語が進むにつれて、はちゃめちゃな行動も実は策だったのだということが理解できました。

先の展開を読んで行動するパターンが多く、なかなかの策士だと思います。

最初から目が離せない展開で、2時間半という時間があっという間でした。



とにかくもう草なぎくんがすごかったです。

いい人の感じの草なぎくんのお芝居がちょっと苦手で、これまであまり彼の作品は観ていなかったのですが、こんなお芝居をする役者だとは、本当に驚きました!

観終わった後、夫とその話でもちきりでした。

目で語る演技がすごくて、その静かな迫力に、こちらは身体が固まってしまいます。

草なぎくん演じる彦一を、何か人の好いヒーローのように描くのではなく、極道は極道、乱暴だったり不器用だったり、人間らしい弱さもある。

そんなただの一人の人間が、最後は、身寄りのないお年寄りや、守るべき人たちのために、組に命を差し出す覚悟で挑む姿に、圧倒され、気づくと私も力いっぱいコブシを握っておりました。



アクションや極道の世界を描いた部分も目が離せませんが、私自身は、何より高齢者を取り巻く問題について関心がありました。

家庭における介護問題から、高齢者施設の問題、そこからつながる、貧困ビジネスの問題。

貧困ビジネスは、高齢者だけの問題ではありませんが、ここでは、暴力団によるヤミ金絡みで取り上げられております。

身寄りもなく、また認知症を発症しているような高齢者に高金利で金を貸し、その返済と称して、年金や生活保護費を管理、つまりピンハネをする。

お金を奪われた高齢者は、人が住む場所とは思えない、劣悪な環境の施設に閉じ込められ、そこで生涯を終えていきます。

そんな貧困者を食い物にしたビジネスは、現実の世界でも、たくさん存在します。



もちろん、映画で描かれているのは極端な例ですが、高齢者の施設の問題、介護の問題は、本当に難しいものがあります。

私は、結婚前の仕事で、たくさんの施設と関わりました。

特養や有料老人ホーム、グループホーム、老人保健施設、デイサービスやショートステイ。

認知症を発症した身寄りのないお年寄りで、施設には入らず、ヘルパーさんが付きっきりで在宅介護をしているケースもあります。

また、高齢者だけではありませんが、状態の良くない方を担当していたときには、山奥に隔離された精神病棟施設にも通いました。



そこで知ったのは、まず、現場の大変さはハンパないということです。

その現場のスタッフでない自分が知ったようなことは言えませんが、でも、私が見た施設で、大変そうじゃなかったところはひとつもありません。

手が足りなければ、衛生面は十分ではなくなりますし、利用者であるお年寄りに対するイライラも募ります。

夜など、わずかな夜勤スタッフでたくさんの認知症の方々を介護しなければならず、その内容はあまりにハードです。

中には、悪いことをしている施設も現実にありますが、多くは、精一杯の中でやっています。

一部の悪い施設が起こしたトラブルによって、近年は、行政から、トラブル・事故防止のために何においても書面が求められ、スタッフさんの事務処理作業が膨大に増えました。

ひとつやるごとに、記録、書面、記録、書面。

本来の介護にあてる時間が、どんどん縮小されてしまいます。



私が仕事を通じて見てきたのは、ほとんどが身寄りのない、家族のいない高齢者です。

いや、正確に言えば、身寄りがひとりもいない方というのは、まれでしょうか。

家族がいないのではなく、家族に縁を切られた方と言ったほうが、正しいかもしれません。

理由は様々で、少し事情を知れば、そりゃあ家族に見放されるよ・・・という方々で。

いわゆる自業自得と言われてしまう方が、最期を迎えるときというのは、とてもここに書けるようなものではありません。

かと言って、家族を責める気持ちにもなれないのです。

私自身、同じ思いをしてきた者なので、気持ちは痛いほどわかります。

これまで散々振り回され、大変な人生を歩んでこられた家族に、今さら、こうしてやってほしい、ああしてあげてほしい、などとはとても言えません。



でも、仕事の中で、そういった孤独なお年寄りに接し、彼らと関係を築くと、最期を迎えるときは、たまらないものがあります。

お金もなく、お葬式もあげることのできない方々の最期の叫びや、目にした光景は、今も時折、夢に現れます。


反対に、財産があり、良い施設で介護を受けることができたお年寄りの最期が満たされたものであるか、と言えば、そんなことはありません。

やはり、ひとりぼっちという方の場合は、いくら優雅な介護が受けられようとも、その最期は胸を締めつけられることが多かったです。

身寄りがなく、家族に絶縁されているはずが、亡くなった途端にわらわらと親族が登場し、遺産分割協議で争いが起こる、そんなことばかり。

どんな風に亡くなったのか、それを聞いてくる人はひとりもいません。

まだ20代だった私には、とても受け止められない現実でした。




今回の映画を観ていて、ひとりひとりのお年寄りの顔が、私の関わった方々と重なり、思わず目をそらしてしまうこともありました。

重たく難しい、できれば考えたくない問題ですし、引いてしまう方もいらっしゃると思いますが、少しでも何か考えるきっかけになったらいいな、と思います。





さてさて、「なんだバカヤロウ!ふざけんなコノヤロウ!」と彦一のモノマネをしながら家に帰ると・・・



いましたーーー!!

極道とは程遠い存在のこのお方!(笑)



CIMG3395_R3.jpg
ぽよん。



CIMG3383_R3.jpg
「帰って来たのーーー!?」



CIMG3387_R3.jpg
「きゃは~!父ちゃん母ちゃんだぁ~!」



CIMG3390_R3.jpg
「あたし、ずっと待ってたんだよ! サークル齧っちゃったよ!」



CIMG3386_R3.jpg
「え?映画観てたの? 何さ!あたしひとり置いて!」



CIMG3381_R3.jpg
「極道だかヘルパーだか知らないけどね、あたしの介護をしっかりやってくんなきゃ困るんだよ!」

あい、すいやせん・・・



CIMG3391_R3.jpg
「謝罪はあと!早くここから出して!」



CIMG3393_R3.jpg
「早くってばぁ~!」



CIMG3405_R3.jpg
「はぁ~、やれやれ。ひどい目に遭ったもんだ。」



CIMG3404_R3.jpg

悪かったねぇ、マリリン。

父ちゃんによしよしされて、



CIMG3399_R3.jpg
やっと落ち着いたマリリンです。

ねぇ、マリリン。

どーでもいいけどさ、そのあっちゃこっちゃになったおヒゲは何とかならんかね(笑)



CIMG3400_R3.jpg
「余計なお世話です。」


読んでくださって、ありがとうございます♪

夫も私も、観る前はほとんど期待していなかったのですが、思いがけず楽しみ、また考えるべき宿題を持ち帰ることとなりました。
映画館を出ると、彦一になりきって、何気なくふたり、肩で風を切って歩いちゃったりして(笑)

ちょっぴりサークルを齧っちゃったけど、お留守番をがんばってくれたマリリンに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| 私のこと | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

うさぎになったマリリン

CIMG1514_R3.jpg



少し前のこと。

いよいよ寒さが本番となってきて、毎日冷えて仕方がなかった母ちゃん。

暖かい部屋着をネットで探しておりました。

で、買っちゃいました~!




コレ♪

え・・・?

すいやせん、さすがに母ちゃんは着ません(笑)

マリリンの毛布です!


いや~ネットでいろいろ見ていたら、なんだかマリリンに似合いそうなかわいいのがいっぱいあって、すっかり母ちゃんの部屋着のことはどこへやら。

気づいたら、マリリンの買い物になっておりました



CIMG1485_R3.jpg
「コレ、な~に?」

えっとね~、実は衝動買いで母ちゃんも詳しく分かっていないんだけどね(笑)、キッズ用の動物毛布だって。

うさぎさんだよ



CIMG1487_R3.jpg
「うさぎさんなの~?うさぎさんがお家に来ちゃったの?大変ね~。」



CIMG1488_R3.jpg
「チュッ


よかった~、気に入ってくれたみたいです



CIMG1489_R3.jpg

ほら、マリリ~ン、こうやって開くとね、毛布になるんだよ♪



CIMG1490_R3.jpg
「うさぎさんのからだ、でっかくなっちゃった!」



CIMG1491_R3.jpg
「それじゃ、遠慮なく・・・はぁ~どっこいしょっと♪」



CIMG1493_R3.jpg
「ッダーーーッ!!びっくりした!」



CIMG1494_R3.jpg
「んも~寝転んだ瞬間にうさぎさんのこと忘れてたわ。いきなりこっち見てるから驚いちゃったわよ



CIMG1496_R3.jpg

ほら、こうやってくるまると、あったかいよ~♪



CIMG1495_R3.jpg
「ほんとだ~。もっと、もぐっちゃお!」



CIMG1498_R3.jpg
もぞもぞ



CIMG1502_R3.jpg
もぞもぞ



CIMG1499_R3.jpg
うわ~!マリリン、何がどーなってんの!?



CIMG1500_R3.jpg
なんか・・・こわい・・・。



CIMG1504_R3.jpg
かわいいはずのうさぎさんが、なんかこわいよ~。



CIMG1503_R3.jpg
その後も、ひとりもぞついて、



CIMG1506_R3.jpg
こうなりました。



この流れを、動画に撮りましたので、よろしければどうぞ~♪

ニコニコのうさぎさんが揺れ動くシュールな動画となっております。(笑いがこらえきれず、父ちゃん母ちゃんのクスクス声が入っちゃっています。ウザくてすいやせん

[広告] VPS



CIMG1507_R3.jpg
「ねーねーちょっとそこの人。」

なあに?



CIMG1508_R3.jpg
「見てわからんかね。左の視界が悪いんですが。」



CIMG1512_R3.jpg

はいはい、大変失礼しました。お目目出しますね。



CIMG1517_R3.jpg
「ふぅぅぅ~。」

大きなため息をついて、やっと落ち着いたようです



CIMG1518_R3.jpg
「なかなかですよ、うさぎさん



CIMG1520_R3.jpg

うさぎさんと一緒に、深い眠りに引き込まれるマリリンでありました


ところで。

忘れっちまった母ちゃんの部屋着ですが、なんと!

ナイスなタイミングで、実家の母がパジャマを送ってくれました~



CIMG3874_R3.jpg
マリリンも興味津々!



CIMG3868_R3.jpg
おばあちゃんから、クリスマスプレゼントだって♪

父ちゃんのもマリリンのも、たくさんの贈り物が入っていたけれど、マリリンがいっちばん興奮したのは、



CIMG3896_R3.jpg
やっぱり食べ物でした~



今日もありがとうございます!

買い物のときに、目的の商品を選んでいたはずなのに、気づいたら我が子用のもの見てた…って、きっとみなさんもありますよね♪
うちはそんなんばっかりで、マリリン関連は衝動買い率が高いです。
でも、今回のうさぎさん毛布は、えらい気に入ってくれたようで、出したその日から毎日使ってくれているので、結果オーライ!
母ちゃんの部屋着もそろって、またまた結果オーライ

うさぎさんの毛布の上にいそいそと寝転び、きいろたんを枕にして、すっかりうさぎさん尽くしのマリリンです

うさぎさんと一緒に、厳しい冬を元気に乗り越えようね~♪
マリリンに、ポチッと応援クリックしてやってくださいませ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの暮らし | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

15歳ダックスちゃん ~幸せ犬生、謳歌中!~

前回の続きです。

公園内のおさんぽを楽しんでいたマリリン。

何やら覗き穴に遭遇しましたよ。




こちら。

野鳥観察舎ですって。

ところどころ開いた穴から覗くと野鳥が見えますよってことみたい。

早速マリッペも、父ちゃんの抱っこで穴から覗いてみました



CIMG3676_R3.jpg
「よいこらっしょっと。」



CIMG3674_R3.jpg
「むむぅ~。どれどれ?」



CIMG3677_R3.jpg
「いない・・・。何もいない・・・。」

残念ながら、野鳥のヤの字もありませんでした~


ここで、ふと思い立って、母ちゃんが別の覗き穴に手を入れて、向こう側からマリリンがどんな風に見えているか、撮ってみました。




CIMG3679_R3.jpg
こんなん出ましたけど~



CIMG3683_R3.jpg
「えへへ~、マリリンです。」



CIMG3681_R3.jpg
「んん~、広くて気持ちいいね~!」



CIMG3680_R3.jpg
「野鳥さん、どこかに隠れているの? みんな~、元気~?あたしだよ~!」

野鳥は1羽もいないものの、けっこう楽しんでいたマリリンでございました~



そして、しばらく歩くと・・・



CIMG3702_R3.jpg
芝生ーーー!!

広~い芝生へ、父ちゃんと駆けだして行きました!



CIMG3701_R3.jpg
「冬の茶色い芝生も、味があるわね~♪」



CIMG3706_R3.jpg
父ちゃんと思いきり駆けまわって、楽しむマリリン!

こんなときも、フィラリアをやっつけたことがプラスに後押ししてくれるので、以前よりはいくらか自由に走らせることができ、父ちゃんも母ちゃんもうれしかったです



CIMG3703_R3.jpg
「これからは、一段と爆走しちゃうわよ~

やる気のみなぎるマリリン


と、そこへ。


「あらあらあらあら、どうしましょ。 あらやだ、かわいいわ~! あらまあ、がんばってること!」

怒涛の「あら」連発に、振り返ってみると、



CIMG3707_R3.jpg
1匹のダックスちゃんと、おじいさんおばあさんご夫婦♪

マリリンを見つけて、声をかけてくださったようです。



CIMG3708_R3.jpg
こちらは、ノエルちゃん。

現在15歳ですって!

なんだかここのところ、15歳以上のワンちゃんにたくさんのご縁があって、とってもうれしいマリリン家♪



CIMG3709_R3.jpg
父ちゃんがそっと手を差し出したら、ペロッと舐めてご挨拶してくれました!

やさしい顔立ちで、とってもかわいいおばあさんワンコ



CIMG3716_R3.jpg
ノエルちゃんは、もう目が見えなくて、耳も遠く、お鼻も利かなくなってきているそうです。

でも、お鼻のそばに手を持って行くと、ぼんやりしながらも少しわかるようで、母ちゃんにもペロッとしてくれました



CIMG3717_R3.jpg
「父ちゃん母ちゃん、がんばってるね~ノエルちゃん!」

ほんとだね、こんな風にカートで一緒にお出かけしてもらって、幸せだね~



CIMG3720_R3.jpg
マリリンは、ノエルちゃんのことがすっかり気に入っちゃったみたい♪



CIMG3722_R3.jpg
マリリン 「ノエルちゃん、好き好き~

ノエルちゃん 「困るぅ~。」



CIMG3723_R3.jpg
マリリン 「お友達になってくれる?またここで会おうよ!」

ノエルちゃん 「いいわよ。春になって暖かくなったら、必ずまた会いましょ。」 



CIMG3725_R3.jpg
マリリン 「あのね、あたしのお友達に、15歳の子や16歳の子がいるの。みんなで20歳目指そうね~♪」

ノエルちゃん 「うん、あたしね、まだまだがんばるわよ。」


マリリンとあっという間に意気投合。

長いこと2匹で、鼻と鼻を合わせて、おしゃべりしているようでした


そして、マリリンが車いすでかっ飛ばしているのを、おじいさんとおばあさんに、たくさんほめてもらいました。

穏やかで、素敵なご夫婦。

おばあさんが「あらあらまあまあ!」とおしゃべりをしているのを、おじいさんがじっとそばで聞いていて、足りない部分があると、さりげなく補足する感じ

私たちも、こんな風に、いつまでも仲良く公園を散歩できるような、そんな夫婦でいたいな、と思いました。

やさしいおじいさんおばあさんとずっと一緒に生きているノエルちゃんは、それはそれは幸せそうです。

「幸せ犬生、謳歌中!」とタスキをかけてやりたいくらいに、幸せオーラでいっぱいでした


うれしい出会いにお礼を言って、ノエルちゃんに「またね」をしました。


ノエルちゃんとの出会いで、一層元気が出て来ちゃったマリリン。



CIMG3727_R3.jpg
この後も、気温が下がってくるまで、広い芝生を思いきりかっ飛ばしておりました



CIMG3728_R3.jpg
「あ~、楽しかった~!元気が出ちゃったよ、あたし!ノエルちゃんみたいに犬生を謳歌するんで、よろしくね!!」

はいは~い!

父ちゃんと母ちゃんが、精一杯サポートさせていただきます


読んでくださって、ありがとうございます♪

うれしい出会いに、元気いっぱいになっちゃいました!
ノエルちゃん、大事に大事にしてもらって、本当に幸せですね
春に、この公園でまた会えますように!(^^)!

幸せ犬生、謳歌中!のノエルちゃんとマリリンに、ポチッと応援クリックよろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

ちょいとバタバタしておりまして、週末までコメント欄お休みさせていただきます
元気いっぱいのマリリンの姿を楽しんでいっていただけたら、うれしいです

| お友達 | 08:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリンの、人助けならぬカモ助け

みなさま、こんにちは~!

今日と明日は、土曜日のお出かけのことを書きたいと思います。

よろしければ、ご一緒にお付き合いくださいませ♪


この日は、お日さまが元気に顔を出し、この時期にしては気温も上がり、絶好のおさんぽ日和

これは公園に行くしかないでしょ~!

というわけで、車を走らせること30分。




期待に胸がふくらんで、瞳がキラキラと輝いちゃったマリッペです


公園に到着後、

CIMG3640_R3.jpg
変身シーンを、後ろから隠し撮り(笑)



CIMG3642_R3.jpg
「ちょっとー!今撮ったでしょ!舞台裏は写しちゃダメ!」

以後、気をつけます。



CIMG3643_R3.jpg
「まったくぅ、最近のカメラマンってどーゆー教育受けてんのかしら! あ、今はじゃんじゃん撮っていいわよ、変身完了してるんで♪」



CIMG3641_R3.jpg
「さあみんな~、こんなあったかい日はなかなかないよ! 気合入れて行くわよ~!」



CIMG3647_R3.jpg
キキーーーッ! 「ダメダメ! こーゆーの無し!」

あちゃ

苦手なアミアミに行く手を阻まれ、いきなり無念のストップとなりました。

なんとか越えて、園内に入ると、



CIMG3648_R3.jpg
広々~

今回お邪魔したのは、大宮第3公園。

前に、ライカちゃんとお散歩した公園です♪

広い芝生があって、お散歩コースも歩きやすく、初めて来たとき、マリリンが一瞬で気に入っておりました。



CIMG3657_R3.jpg
「ん~気持ちいい! 暖かいと、身体が楽ね~♪」

毎日寒くてギュッと縮こまっていた筋肉が、ゆっくりとほぐれていくような気がします。

マリリンも、寒さがないと、元気いっぱい!



CIMG3652_R3.jpg
マラソンコースを、我がもの顔で突っ走ります。



CIMG3653_R3.jpg
「あれ?あれれ?」

どうやら何かを見つけた様子。

マリリンの視線の先には・・・



CIMG3655_R3.jpg
カモさんの大移動~

合計10羽ほどのカモさんが、一列に並んで、お散歩コースを横断し始めました♪

みんなそろって、ヨチヨチヨチヨチ。

思わず、「かわいいね~」と見惚れていると、



CIMG3656_R3.jpg
あれあれ?

1羽だけ置いていかれちゃった

みんながどっちに行ったのかわからなくなっちゃったようで、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。


そのとき。


CIMG3658_R3.jpg
「ほら、向こうだよ。みんなのとこに早く行きな~!」

マリリンがピーピーキューキュー鳴いて話しかけます。

すると、カモさん、何かを思い立ったように、シャキーーーンとなって歩いてゆきました。

向かった先は、先ほどのカモさん一族。

これでもう大丈夫。

ホッと胸を撫で下ろしたマリリン家でした



CIMG3665_R3.jpg
「おほほ。人助けならぬ、カモ助けよ。」



CIMG3670_R3.jpg
その後も、ゴキゲンに歩くマリリン♪

この緑の部分は、マラソンコースになっているようなのですが、マリリン、この緑の部分を気に入っちゃいました。

どうやら、人間に走りやすくつくられた道は、犬にも走りやすいみたい

前足の肉球が軽やかに地面を蹴り上げ、いつもよりもステップが軽快♪

ランナーの邪魔になりそうなときに脇にどいても、いつの間にか緑ロードに父ちゃん母ちゃんを誘導していきます

わかりやすい犬だ(笑)



CIMG3689_R3.jpg
その後も、橋好きのマリリンは、こんな場所を見つけて、ダーーーッシュ!!



CIMG3691_R3.jpg
下を覗き込み、テンション大爆発したものの、



CIMG3695_R3.jpg
「降りれましぇん。。。」



CIMG3697_R3.jpg
最後は、考え込んじゃったマリリンです


そして、この日1つ発見したことがありました♪



CIMG3699_R3.jpg
こんな石畳の部分。

普段は、ちょっとでもこうやって変わった部分があると、怖がって歩かなくなるマリリン。

ですが、何が良かったのか、ここはすごく気に入っちゃった様子♪

とっても楽しそうに歩いていたのです。


それを少し動画に撮りましたので、どうぞ~!

[広告] VPS


リズムをとって、上手に歩いていますでしょ

なぜか芝生のラインを踏まないようにして歩くマリリンでした~


今日もありがとうございます!

この後も、マリリンの興奮は続きます!
次回、その様子を覗きに来てやってくださいませ~

暖かくて、一日ゴキゲンだったマリリン。
カモさん一族の大移動に遭遇し、さらに大はしゃぎでございました♪
置いていかれちゃったカモさんは、その後、無事にみんなと合流していましたよ

うっかりさんの1羽と、カモ助けをしたマリリンに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの特性 | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ミル姉さんで、ご報告めぐり♪

みなさま、こんにちは~!

昨日、マリリン家は、フィラリアに勝ったことをお店の人にご報告するため、カフェを2件ハシゴしました




ワンクルさんでいただいた、牛さん柄の洋服で突撃です



CIMG3775_R3.jpg
「ちょいとー! なんかちょっと恥ずかしいんだけどー!」

マリリンのこの格好、牛は牛でも何かに似ているな、と思っていたら、ふと思い出しました

何年か前に『笑う犬の生活』でウッチャンが演じていた「ミル姉さん」を思わせるのです



CIMG3777_R3.jpg
「ミル姉さんって誰さ!」

風に吹かれながらマリリンが向かったのは、Woo Pee Cafe。



CIMG3779_R3.jpg
「ほうほう、今日のおすすめはボンゴレだって!あたしそれもらうわ!」

お店に入るなり、居合わせたお友達と店員さんみなさんに、「牛さんだ~!あはは~!」と笑いをとったことが、



CIMG3781_R3.jpg
大変不服のマリリンです(笑)

まゆげが下がってきちゃったけれど、この日は、入店のタイミングが良かったようで、すぐにマリリンのごはんが来ました!



CIMG3782_R3.jpg
シャキーーーン!!

もうみんなに笑われてもどーでもいいや!のマリリン



CIMG3790_R3.jpg
ミル姉さんでがっつき始めると、やる気スイッチの入った後ろ足が自然と持ち上がり、スタッと立った状態に。

「おお~!!立った立った!」とみんなにほめてもらいました



CIMG3801_R3.jpg
「後ろ足もがんばっていますが、フィラリアとの闘いもがんばりました。」

虫をやっつけたご報告をし、なっちゃん(マリリンが大好きな店員さん♪)にグシャグシャに撫でてもらって、大満足のマリリンです



CIMG3802_R3.jpg
「えへへ。ほめられるって、くすぐったいの。」


そして、自分のごはんが終わっちゃったことを悟ったマリリンは、静かに伏せ。

・・・たのは良かったんだけど、ミル姉のフードが存在感を発揮し、





CIMG3794_R3.jpg
鏡もち状態(笑)

クリスマスをすっ飛ばし、みんなにお正月気分を届けたのでした~



CIMG3796_R3.jpg
「や~ね~。みんな、な~に笑ってんのかしら。」


みなさんとのおしゃべりを楽しんでカフェを後にし、駐車場に歩いて行く途中、



CIMG3808_R3.jpg
バンダナの似合う、こんなかわいい子に出会いました~



CIMG3811_R3.jpg
飼い主のおばちゃまがとっても楽しい方で、ついつい立ち話♪

なんでも、以前パグちゃんを飼っていたそうで、そのパグちゃん、ヘルニアで下半身麻痺だったんですって

それで、車いすのマリリンを見て、思わず声をかけてくださったようです。

こんなにいいのがあるのね~!!って感激してくださって。

白わんこさんが呆れてげんなりするくらい、たくさんお話してくださったおばちゃまでした



CIMG3812_R3.jpg
「話したわ~!たくさんほめられたわ~!そんじゃ、次はワンクルさんにご報告よ!」


というわけで、これまたマリリンのフィラリア治療を応援してくださっておりました、ワンクルさんへ~♪



CIMG3815_R3.jpg
ここに来ると、「ななこ」になります。(理由は、こちらの記事をご覧くださいませ)


早速フィラリア陰転のご報告をし、とても喜んでもらったマリリン♪

先ほどのカフェでも食べたけど、今日はお祝いなので、こちらでもちょこっと犬ごはんを注文。

夜ごはんを減らされることを、マリリンは知りませんがね


父ちゃん母ちゃん注文のケーキが来て、美味しくいただく横で、



CIMG3819_R3.jpg
ワクワク待っていたマリリン。



CIMG3820_R3.jpg
「ねぇ・・・。」



CIMG3823_R3.jpg
「なんか、変じゃない・・・?」



CIMG3824_R3.jpg
「あたしのごはん、忘れられてないかね・・・。」


そうなんです!

ママさんすごく忙しくて大変で、すっかりマリ坊のごはんを忘れてしまったようです



CIMG3828_R3.jpg
「ひどいんです!わたくし、信じられませんです!」

ちょっぴり怒ったマリリン(笑)

ママさんが、「ひゃ~!!ごめ~ん!!怒らないで~!!」と叫びながら、ごはんを運んできました!



CIMG3830_R3.jpg
「きゃは~!!来たぁ~!!ママさん大好き!!」

ゲンキンだねぇ



CIMG3843_R3.jpg
「はぁ~、来た来た。あぶないトコだったわ。」



CIMG3853_R3.jpg
こ~んな大きな口を開けて、



CIMG3854_R3.jpg
パックンチョ



CIMG3855_R3.jpg
大満足のマリリンでございました~!



とっても楽しい時間を過ごしたマリリンですが、ひとつ心配なことがあって。

看板犬のリキくんの調子が悪く、とても大変な状態になっていたのです。



CIMG0763_R3.jpg
こちらは、元気だったリキくん。


二週間ほど前にワンクルさんに行ったときには、まったくそんな様子はなく、元気だったので、昨日のリキくんの姿が信じられませんでした。

腸に、先天性の病気を持っているリキくん。

いろいろなきっかけで反応が起こり、免疫システムが破壊されてしまう病気です。

今は、自分で起き上がることもできない状態で



CIMG3856_R3.jpg
マリリンも、精一杯のパワーをリキくんに送りました。


リキくん、早く元気になって、またマリリンと遊んでやってね。

待っているよ。



読んでくださって、ありがとうございます。

フィラリアに勝ったマリリンが、今度はリキくんにその力を送ります。
生きていると、いろいろなことがありますね。
私たちは、今を生きるこの子たちに寄り添い、ともに精一杯生きていく、それだけです。

闘うリキくんと、パワーを送るマリリンに・・・
ポチッと応援クリックよろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| カフェ | 09:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

虫に勝ったマリリン、筋トレ強化中!

ある夜のひと時です。



CIMG0574_R3.jpg
いつものように、玄関で微動だにせず、父ちゃんの帰りを待つマリリン。

声をかけても、ピクリとも動きません。

すごい集中力です。

忠犬ハチ公ならぬ、忠犬マリ公。



お待ちかねの父ちゃんが帰ってくると、


CIMG0503_R3.jpg
こんなうっとり顔

寒さで散歩が短めになっている分、思いっきり遊んでもらいます!



CIMG0495_R3.jpg
犬が集中しているときの、この下あごの部分ってかわいいですよね~

後頭部と同じくらい、好きなポイントです♪



CIMG0936_R3.jpg
「父ちゃん、きいろたん投げて~♪」

父 「よしきた!それ~!!」



CIMG0938_R3.jpg
いったいった!

きいろたんが宙に舞っているのが写っておりました



CIMG0939_R3.jpg
「とったどーーー!!」

父 「おっしゃ!じゃあ、持ってきて!」



CIMG0943_R3.jpg
「あはは♪えへへ♪」

父 「・・・・・・。」



CIMG0947_R3.jpg
う~む。なかなか持って来ないんですよね~。

投げるのは取りに行くけど、持って来るのは何回かに一度。

まいっか

マリリンは楽しそうだし



CIMG0379_R3.jpg
ひとしきり遊ぶと・・・



CIMG0358_R3.jpg
コテン。

寝る体勢に突入です。



CIMG0362_R3.jpg
目がトロ~ンとして、リラックス状態。

それはいいのですが、この写真、身体の部分がちょっと変なんです。

引いてみますね。



CIMG0363_R3.jpg
こんな。



CIMG0366_R3.jpg
両腕を平行に保ったまま寝ていることは多いのですが、この日はなんだかバンザーイ!的な体勢をとっておりました。

何かの筋トレ?

平行をこえてこんなに両腕を広げているのは初めて。

虫さんをやっつけて、力がみなぎってきちゃったのかね。

虫さんにおさらば、バンザーイって♪

それとも、これからはどんな病気もはねのける!!ってな意気込みで、筋トレ強化?

何だか知らないけども、ただでさえ、肩や胸の筋肉がハンパないのに、これ以上ムキムキになってどーすんのよ~


この体勢で30分近く寝ていて、さすがに心配になったので、そ~っと起こしてみました。

マリリ~ン、ちょっと体勢変えたほうがいいんじゃない?



CIMG0368_R3.jpg
「え?」



CIMG0370_R3.jpg
「何か文句でも?」

いーえ、ただの提案です。


その提案を聞き入れてくれたのか、この後、よいしょと体勢を変えてくれたようです。

が。



CIMG0382_R3.jpg
ねじれとる~



CIMG0383_R3.jpg
「ふぅ~、ゴチャゴチャうるさいわね~。寝られやしない!」

前からお顔を覗いたら、


CIMG0389_R3.jpg
ふてぶてしい(笑)



CIMG0390_R3.jpg
カーペットの毛羽立ちが歯に見えて、イヒヒ顔しているみたいだよ、マリリン



CIMG0391_R3.jpg
「んも~、ひとりにして!寝たいの!」

とは言え、このねじれ状態は良くなさそうなので、まっすぐに直されてから、ようやく眠りに入ったマリリンでございました♪


読んでくださって、ありがとうございます!

みなさまのブログを拝見していても、ワンちゃんの寝姿って、本当に様々ですね♪
マリ坊は、もっぱら両腕広げ派です。
ムキムキすぎて、腕が自然におろせなくなっちゃったんじゃないかと疑ったこともありましたが、真相はわかりません。
ワンちゃんたちの寝姿って、どんなんでも本当にかわいく、癒されますよね

虫さんをやっつけて力がみなぎってきちゃったらしいマリリンに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの暮らし | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おさんぽ時間を変えてみたら・・・





みなさま、こんにちは~!

寒い日が続きますが、体調はいかがでしょうか。

風邪もノロウィルスも流行っているようですから、うがい手洗いでしっかり予防し、元気に師走を乗り切りましょうね~


さてさて、今日は、少し暖かかった日のお散歩の様子を覗いてやってくださいませ



CIMG0320_R3.jpg
スッタカタッタッタ~ッと相変わらずの暴走ぶり



CIMG0333_R3.jpg
「よ!母ちゃん!」


は~い、マリリン♪

元気でいいね~、ありがたいね~



CIMG0297_R3.jpg
「ビャ~ッ!」

この日は気温は高めだったのですが、風が強くて、5キロのマリリンは吹き飛ばされそう。

あ、5キロ+車いす600グラムだった



CIMG0299_R3.jpg
「キキーーーッと赤い車があたしを迎えに来たから、ちょっと乗ってくわね。」

こらこら、風で前に進めないからって、それはだめよ。

乗ってくなら母ちゃんも乗せなさい



CIMG0321_R3.jpg
「母ちゃんは歩きなさい。」

んまっ!

な~んて話しながら歩いていたら、



CIMG0304_R3.jpg
マリリン、なぜか1本だけにご挨拶。

選ばれちゃったね~、葉っぱさん



朝が冷え込むようになった秋頃から、マリリンはお散歩の時間をガラリと変えました。

てんかん発作が起きないようにしないといけないので、寒さはなるべく避けたくて。

お昼かお昼過ぎくらい、一番気温の高い時間帯に行くようにしています。

そうすると、朝行っていた頃に比べて、お散歩中のワンちゃんにあまり会えなくなってしまいました。

この日も、1匹も会えず。



CIMG0302_R3.jpg
「みなさん、元気ですか?」


寂しいけど、身体のことを考えれば、仕方がないよね。

母ちゃんとふたりの散歩、楽しもっか、マリリン♪



CIMG0331_R3.jpg
思いっきり風に吹かれてた(笑)

「ちょっとー!あたしの耳を返しなさい!」

ご立腹のマリリンです



CIMG0307_R3.jpg

またアザラシになっちゃったね



CIMG0338_R3.jpg
「ほほほ。ゴマちゃんと呼んでちょーだい。」


母ちゃんとふたりの散歩を楽しんで、家に帰ると、



CIMG0344_R3.jpg
ゴキゲ~ン


身体を掻いて!との指令を受けて、孫の手…いや母ちゃんの手が登場です!



CIMG0341_R3.jpg
「くーーー!いいね~母ちゃん!」

牙、出ちゃった♪



CIMG0345_R3.jpg
「そこだーーー!」



CIMG0346_R3.jpg
「あ!やめちゃダメ!」



CIMG0349_R3.jpg
「うぉぉ~!ダメだってぇ~!もっとやって!」



CIMG0350_R3.jpg
「それでいいんです。」



CIMG0354_R3.jpg
「サボるなっ!」



CIMG0353_R3.jpg
「えへへ~♪」


このパターンを、10回ほど繰り返しました(笑)



CIMG0342_R3.jpg
この笑顔を見ることができる幸せ

今日も元気に一日が始まります


読んでくださって、ありがとうございます♪

お友達になかなか会えなくなっちゃったけど、母ちゃんとふたりの散歩を楽しみ、こんな笑顔を見せ、元気に過ごしております!
お友達も、み~んな元気に過ごしていますように。

ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの暮らし | 08:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃんとマリリン、無言の攻防





みなさま、こんにちは~!

虫さんをやっつけて、元気いっぱいのマリリンです♪


今日は、少し前のお出かけのお話です


この日、公園さんぽをしようと思っておりましたが、あいにく朝から雨がポツポツ。

それじゃ、予定を変更!

ドッグカフェで、のんびりランチを楽しみましょう


駐車場に車を停めると、


CIMG2516_R3.jpg
ひょいっと抱っこされるマリリン。

あれあれ?不満顔?

雨でマリリン号の出番がなく、正義の味方に変身できないのが非常に不満のようです。



CIMG2520_R3.jpg
「マリリン号がないと、自信が出ないの。抱っこはビミョーな気持ちになるの。だって、あたし赤ちゃんじゃないもん。」

そうだよね、人間で言ったら50~60代?

抱っこされる年齢じゃないよね(笑)

極めつけは、母ちゃんから「よちよちいい子でちゅね~!」なんて赤ちゃん言葉を投げられ、不満最高潮となったマリリン

カフェまでの道を、完全に母ちゃんから顔をそむけておりました



CIMG2522_R3.jpg
さあ、到着です!

今回お邪魔したのは、Woo Pee Cafeさん。

なんだか↑この写真、いやにマリリンがちっちゃく見えますね

でもまあ実際、下半身は痩せちゃっているので、オチリなんかは父ちゃんの手のひらにすっぽりなんです。



この日は、雨のせいか時間帯のせいか、ほかのお客さんがいなかったため、マリリンも、我が家のような気楽さで「ちわーーーっす!!」と店長さんにご挨拶。

自分でいそいそと一番良い席(奥のほうのゆったりできる席)まで歩いていきました

やさしい店長さんが、マリリンいらっしゃ~い!と言いながら、器を置きます。

中は、お水。

器を見て一瞬目がギラついたものの、水だとわかり、一気にテンションが下がったマリリン。



CIMG2526_R3.jpg
「ちょっと店長さ~ん!間違ってる、間違ってる!あたしがほしいのは水じゃないよ!」

シーーーン。



CIMG2535_R3.jpg
「あれ?」



CIMG2529_R3.jpg
「丁寧に指摘してあげたのに、なんかアタシ無視されちゃった?」



CIMG2531_R3.jpg
「んも~っ!!」 ジタバタジタバタ

「水じゃないっつの!食べ物よこせってのっ!!」

興奮が抑えきれなくなってきました。



CIMG2543_R3.jpg
厨房に一点集中!

ご飯を待っている間、期待に胸がふくらみ過ぎて、だんだんブルブルと震えてくるのです。

その様子を動画に撮りましたので、よろしければご覧くださいませ~!

[広告] VPS


ブルブル震えているの、わかりますか?

もう本犬にはどうしようもないみたいです


そして、今日はもう一つ動画を載せさせてください。

携帯等により動画が観られない方、申し訳ございません

2つ目の動画は、

厨房に一点集中のマリリンの視線を父ちゃんが遮り、若干イラ立ちながら抵抗するマリ坊です

それでは、どうぞ~!

[広告] VPS


父ちゃんとマリリンの、無言の攻防でございました~



さあ、そんなイラ立ちマリリンに、お待ちかねのご飯が来ましたよ~



CIMG2556_R3.jpg
あまりの勢いに、人間たちは「マテ」が言い出せませんでした(笑)

それにしても、なんだろう、この左腕。



CIMG2561_R3.jpg
オヤジ座りに突っ張った腕。

もはや何の生き物かわかりまへん。



CIMG2565_R3.jpg
「完しょーーーく!!」



CIMG2570_R3.jpg
「あー食べた食べた。でもまだ腹2分目!」



CIMG2564_R3.jpg
「店長さん!おかわりちょーだい!」



CIMG2569_R3.jpg
「あれ?シーーーンとしてるけど、まさかおかわり無しじゃないわよね。」



CIMG2572_R3.jpg
「あれぇ~?そのまさかなの~?」



CIMG2562_R3.jpg
「ばか!自分のばか!なんでもっとゆっくり食べなかったんだよぉ~!」



CIMG2575_R3.jpg
その後も、何度もお皿を見てはうなだれるマリリンなのでした。



10分ほどして、やっと諦めがついたのか、



CIMG2546_R3.jpg
静かに伏せをするものの、


少しでも厨房に動きがあると、



CIMG2547_R3.jpg
ハッとして一縷の望みをつなぎます。

そして、自分のご飯じゃないことが分かると、



CIMG2548_R3.jpg
「はぁ~。。。」

切なげなハの字眉毛で落胆するマリリンでした



そしてそして、今日は、みなさまにご覧いただきたいデッサンがありまして♪

こちら!


f0179061_1122596_convert_20121206231726.jpg

じゃ~ん!!

素敵でしょ~

実は、マリリンの車いす友達であるANDYくんのご家族が描いてくださったのです!!

ANDYくんご家族は、マリリンに車いすを教えてくださった、恩人。

現在、椎間板ヘルニアの治療をしており、最先端医療である再生医療に挑戦しております

これまで、ANDYくんは再生医療を、マリリンはボルバキア治療を、というように、お互いに新しい分野に挑み、励まし合ってきました。

そして、このたびマリリンが虫をやっつけたことで、お祝いの贈り物をいただいたのです!

んも~最高の贈り物に、母ちゃん大感激♪

昨夜、仕事から帰った父ちゃんに見せたら、「おおーーー!!」と珍しく大きな声をあげて感動しておりました(笑)

ANDYくんのママさん、息子さん、本当にありがとうございました



CIMG1975_R3.jpg
「あたしがデッサンになっちゃったの~♪ どう?似てるでしょ


読んでくださって、ありがとうございます

マリリンにデッサンを見せたら、きょとんとして、デッサンと母ちゃんの顔を交互に見ておりました
自分だってこと、わかったかな?

素敵なデッサンと、カフェではいつだって真剣一直線!のマリリンに・・・
ポチッと応援クリックよろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| カフェ | 09:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

100%のお祝い ~マリリンが伝えられること~

前回の記事にたくさんの温かいコメントをいただき、本当にありがとうございます

どれだけ感謝しても、尽きることがありません。

心より、みなさまにお礼を申し上げます。



一昨日、狭山の病院にさよならをし、フィラリアに勝ったマリリンを乗せ、車はいつものRAINDOGSへ。




ボルバキア治療のことを応援してくださっていたマスターに、早くご報告がしたくて、お祝いを兼ねて立ち寄りました♪



CIMG3541_R3.jpg
「マスター!あたし、やりました!虫さんに勝ちました!!」


マスター 「えぇ!ほんとですか!?」

普段大きな声を出さないマスターが、とっても驚き、喜んでくださいました

報告を聞いたdazz店長は・・・



CIMG3511_R3.jpg
寝てた~(笑)



CIMG3540_R3.jpg
「ちょいと!こんな重大ニュースを寝てやり過ごすってどーゆーこと!?」



CIMG3536_R3.jpg
「なんだい、うるさいなぁ~。何?フィラリアに勝った?」



CIMG3537_R3.jpg
「ほぉ~~~。」



CIMG3538_R3.jpg
「寝るっ!!」

相変わらずのdazz店長に、爆笑です



CIMG3525_R3.jpg
「なんだかな~、まったく。」

気分の盛り下がったマリリンは、ひとりで店内の探検開始!



CIMG3514_R3.jpg
おなかはこわしていたものの、とっても元気で、後ろ足が持ち上がる瞬間も続出です♪



CIMG3515_R3.jpg
「念入りにチェックしないと~!怪しい匂いは嗅ぎ逃さないわよ!」



CIMG3517_R3.jpg
「黙々と仕事をするあたしの後ろ姿、見てちょーだい。」



CIMG3520_R3.jpg
「たまに開脚になっちゃうけどね

楽しそうに歩くマリリンを見て、ようやく、フィラリアの治療は終わったんだという実感がわいてきました。



CIMG3521_R3.jpg



よくがんばってくれたねぇ、マリリン。

何一つ責任なく、こんな病気を背負わされて

なのに、「がんばれ、がんばれ」って言わなきゃいけなくて、父ちゃんも母ちゃんも、それがつらかったよ。



それにしても、5か月半で陰転するとは、ボルバキア治療ってすごいですよね。

今はまだ、一部の病院や一部の先生しかこの治療をご存知なくて、やりたくてもなかなか難しい子もたくさんいます。

マリリンも遠方の病院に通いましたが、それでも、この治療に明るい先生と出会うことができたというのは、本当に恵まれていたと思っております。



まだまだ知られていないこの治療をがんばり、マリリンが良い成功例のひとつになってくれれば・・・とずっと願ってきました。

保護犬は、フィラリア症の子がとても多いです。

その子たちの未来が少しでも明るいものとなるよう願いながら、これまでブログに治療やその経過を綴りました。

ひとりでも多くの方にボルバキア治療を知っていただき、ぜひ選択肢のひとつに加えてもらいたいと思っております。

何より、もっともっと多くの獣医さんにこの治療を知っていただきたいです。



また、毎度しつこいようですが、予防の大切さ!

陰転したというめでたい時に書きたくないことですが、一度フィラリア症に罹ってしまったら、もう蝕まれた臓器は決して元に戻ることはありません。

なので、いかに予防が重要であるか、すべての飼い主さんに知っていただきたいです。

いろいろな方がブログで書いてくださっておりますが、何より、予防について飼い主さんに直接伝えられることができるのは、獣医さんです。

フィラリア症の犬を一度も診たことのない先生においては、予防を軽んじてらっしゃる方が、実際に存在しているようです。

予防を軽んじたために、このおそろしい病気に罹ってしまったなどといった事態は、あってはならないと思います。

もし、「先生~、ネットで見たけど、室内犬に予防はいらないんだって?」

「節約したいから、予防薬はやめにしたいんです。」

「予防薬って言っても、リスクあるんでしょ?罹ったら治療するってほうが犬には良いらしいじゃない。」

な~んて言ってくる飼い主さんがいれば、それはもう正座させて小一時間お説教するくらいの勢いでお願いしたいです、獣医さんには。



フィラリア治療の検索等で初めてブログにお越しくださった方、どうか、こちらこちらこちらの記事を読んでいただければと思います。

ボルバキア治療が、いかにリスクが少なく、そしていかにフィラリアの進行を抑えながら早期陰転が望めるか、わかっていただけるんじゃないかと思います。

早期陰転、リスク少、これは本当に画期的なことであると思っております。

ちなみに、ボルバキア治療の費用については、こちらの記事に書いてありますので、あくまでもマリリンの場合のお話ですが、よろしければご覧くださいませ。



まだまだ診てくださる獣医さんは少ないですが、良い先生だと、文献を取り寄せ、自ら一緒に勉強しながら進めてくださる方もいらっしゃるようです。

いずれにしても、飼い主さんと先生が、お互いにすべて納得した上で、治療法を選択すること。

それが一番ですよね。



マリリンは、たくさんの方々に支えられ、こうしてフィラリアをやっつけることができました。

この治療法を広めることで、少しでもご恩返しができればと思っております。



CIMG3523_R3.jpg



意味がわからないまま、ひたすら毎日の投薬と毎月の病院通いをがんばってくれたマリリン。

ありったけの「おめでとう!」と「ありがとう!」を込めて、まずはRAINさんでお祝いです



CIMG3560_R3.jpg
この日は、いつものテリーヌではなく、チーズケーキを注文しました



CIMG3556_R3.jpg
いい顔だね~マリリン!

やり遂げたイヌの顔してるよ!



CIMG3563_R3.jpg
前回の診察の後は、エコーで虫が見つからなかったものの、まだ陽性であるということで、半分のお祝いでした。(こちらの記事です。)

あれから1か月。

や~っと、100%のお祝いをすることができました~(*^_^*)

大喜びしてくれたマリリンです



帰り際、うれしくって、マリリンに高い高いをした母ちゃん。



CIMG3586_R3.jpg
「ぎょえーーー!!」



CIMG3591_R3.jpg
「何これ。いきなりテンションガタ落ちなんだけど。」

そんなこと言わないで~!

母ちゃん、うれしくってしょうがないんだよ♪


マスターとお話をしていて、「赤飯とか炊いたらいいじゃないですか。」という提案があり、父ちゃんも、「確かに!こんなにめでたいことはないですもんね♪」とノリノリ。

料理が得意でない母ちゃんひとり、「なんかめんどくさいことになってきたな~」と口ごもったのでした(笑)



CIMG3587_R3.jpg
「あ~れ~~~!!」



CIMG3588_R3.jpg
「おい!おろせ!あたしゃいい年なんだから、高い高いなんかうれしかないよ!それより、赤飯炊け!赤飯!!」



というわけで、昨日の夜は、お赤飯を炊いてお祝いしましたよ~

考えてみたら、今炊かなきゃ一体いつ炊くんだ!?って感じですものね(笑)



CIMG3620_R3.jpg
「それは何ですか?」



CIMG3621_R3.jpg
「あたしのお祝いごはんなの?」



CIMG3619_R3.jpg
「は、早くください!よだれがあふれちゃって大変なんだから!」



CIMG3618_R3.jpg
「フガフガ!匂い食べてます!」



CIMG3631_R3.jpg

とっても喜んでくれたマリリンでした


読んでくださって、ありがとうございます!

100%のお祝いをすることができて、本当にありがたいひと時となりました

フィラリアで蝕まれた臓器は、元には戻りませんので、やはり元気なワンちゃんと同じレベルでの運動等はできないと思います。
でも、気をつけて生活をすれば、必ず長生きできると信じております。
精一杯生きるマリリンを、どうぞ見守ってやってくださいませ

応援クリック、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| フィラリア | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フィラリア、陰転しました~!!

今日は、みなさまに、とってもうれしいご報告ができます!

順を追って書きますので、よろしければお付き合いくださいませ♪



朝から冷たい雨が降っていた昨日、マリリンは1か月ぶりに、狭山の病院へ出発しました。



CIMG3431_R3.jpg
「雨だよ~。寒いよ~。」




「ねぇねぇ、なんかフィラリアの診察の日って大抵雨じゃない?」

そうなんだよね。

初日は車が進むのが困難なほどの嵐だったし、その後も不安定な天気ばかりで、前回の診察も、急に冷たい雨が降った日だったよね。



CIMG3437_R3.jpg
「なんかこの天気、今回はまだ陰転していない気がする。。。」

大丈夫だよ、マリリン!

今回まだだとしても、もう1か月したら陰転するはずだよ


前回、エコーによる検査で初めて虫が見つからなくなりました。(前回の記事はこちらです。)

これは、マリリンの身体の中にいた虫はおそらく死に、その死骸が肺動脈の末端にとどまっている状態と思われます。

その後、死骸がゆっくりと分解され、体内に取り込まれていくまで、死骸から出る成分により、抗原検査は陽性の反応のままとなります。

エコーで虫がいなくなってから、陰性に転じるまで、2か月前後と言われておりました。

よって、今回の診察もしくは、年明け1月の診察までに陰転してくれるのではという判断をしていました。

なので、今回はまだ1か月しか経っていないから、ちょっと難しいだろうという思いのほうが、父ちゃんと母ちゃんの中では強くあったのです。

欲を言えば、年内にスッキリ陰転してもらいたいけど、そんなにうまくいかないよね・・・と。



約2時間の雨のドライブを経て、お馴染みの病院に到着です。



CIMG3446_R3.jpg
「はぁ~、やだな~。」



CIMG3450_R3.jpg
「あのね、あんまり文句言ったことないけどね、ほんとはね、あたし検査キライなの。」

うん、知ってる。

よくわかってるよ。

いつも、ただただ必死に耐えてくれているんだよね。



CIMG3464_R3.jpg
マリリンは、がんばりすぎるくらい、がんばる子。

ちょっと疲れちゃったね、病院。

フィラリアに勝ったら、がんばること、少しお休みしたいね。


今回もしくは次回で、なんとかフィラリアを卒業させてあげたいよ。

無力な父ちゃん母ちゃんの精一杯の祈り、届くかな。



CIMG3461_R3.jpg
「あとちょっと?もう少しがんばれば、あたし卒業できる?」



CIMG3460_R3.jpg
「父ちゃん、母ちゃん、行ってくる!がんばってくる!」


マリリンは、先生に連れられ、検査室へ入って行きました。


この子にどれだけ「がんばる」って言わせちゃったかな。


ふとそんな思いが込み上げ、マリリンの背中に「ごめんね」とつぶやいたのでした。



CIMG3472_R3.jpg
検査待ち中の父ちゃん。

普段から無口な人ですが、こういう時間は一層無口に拍車がかかります。

母ちゃんのように、感情的な問題で言葉を口にできないのかな、と思っていましたが、それとは違うらしい。

もし今回陰転していたらあれとこれを聞こう、であるとか、もしまだ陽性だったらあのことも加えて聞いておかないと、であるとか、そういったやるべきことを整理しているようです。



しばらくして、先生から声がかかりました。

いよいよ、検査結果です!



先生 「えーっと、陰性になってますね。」


え!?

何!?

今、なんとおっしゃいました!?


先生 「え?だから、陰性になってます、結果が。」


えぇ~~~!!!


うそでしょ、うそでしょ、と母ちゃん大騒ぎ!

父ちゃんが、冷静に、「エコーでも虫はいないわけですよね?」

先生 「いませんね。念のためエコーでも見ましたが、きれいな状態です。」

父ちゃん 「抗原検査キットの写真を撮らせていただいてもいいですか?」

先生 「えぇ、どうぞ。」



ちょいちょいちょーーーい!!

診察室の中で、母ちゃん思いっきり大声でツッコんじゃうとこでしたよ!

何、この男性2人!

父ちゃんが冷静で感情を表さないタイプなのは知っているし、先生も相当そっち系だな、とは思っていたけども。

いたけどもさ、いくらなんでも落ち着きすぎ

不安になった母ちゃん、思わず、「え?あの…なんか手放しで喜べない事情とかありましたっけ?これって、喜んでいいんです…よね…?」


先生 「はい、いいですよ。これで治療はすべて終わりました。」


あっさり過ぎでしょーーー先生!!(笑)


良かった・・・本当に良かった




こちらが、検査キットによる結果です。


CIMG3479_R3.jpg
Tの横に赤い線が入ると、陽性。

前回は、赤い線がありました。


ずっとこの結果を出すためにがんばってきたんだ・・・。

そう思ったら、思わず検査キットを拝んでしまいました


母ちゃんが感傷に浸っている間に、父ちゃんが先生にこれからの相談をしておりました。


なんと、今回でもう病院には行かなくていいそうです!

ここまで治療が済めば大丈夫、とおっしゃっていただきました。

肺高血圧症も、エコーの診断から考えて、それほど心配しなくていいとのことで、もう薬はすべてのまなくて良いそうです

新たな感染を予防するための予防薬(我が家はモキシデックを選択しております)を毎月服用するという、一般的なワンちゃんと同じ状態になりました。

念のため、少なくとも今年は冬でも通年投与します。



そして、今回は、内臓関係を含めた血液検査も診ていただきました。

異常なし、とのこと。

毎日の投薬による腎臓や肝臓への負担を心配していましたが、そちらも問題ありませんでした。

すべてのお話をお聞きして、ホッと全身の力が抜けていきました。



終わったのね。

本当に終わったのね。



先生に何度も何度も頭を下げて、診察室を後にした父ちゃん母ちゃんです。



病院を出ると、朝から降り続いた雨が止み、



CIMG3492_R3.jpg
気持ちの良い青空が顔を出しておりました

途端に熱いものが込み上げ、腕の中のマリリンをぎゅっと抱きしめ、青空に向かって頭を下げました。



CIMG3496_R3.jpg
「もうこの病院にはさよならなの?」

うん、一緒にありがとうを言おうね。



CIMG3504_R3.jpg
「あたし、やったの?虫さんに勝ったの?」

そうだよ~!

マリリンは、勝ったんだよ!!



CIMG3501_R3.jpg
「もうがんばらなくてもいい?」

うんうん、もういいよ。

よくがんばったね、マリリン

治療は、終わったんだよ。



CIMG3442_R3.jpg
「あたし、ちょっと疲れたみたい。」


車が出発すると、スーッと眠りに落ちていったマリリンでした。


読んでくださって、ありがとうございます♪

6月20日から治療を開始したので、5か月半で陰転することができました!
これまでずっと応援してくださっていたみなさまのおかげで、フィラリアに勝つことができたのです!
たくさんの応援のお気持ち、本当に、本当に、ありがとうございます。
感謝の思いが尽きません。

マリリンは、昨日、移動中に、珍しくおなかをこわしました。
この子はおなかは強く、胃腸炎になっても胃の不調がほとんどで、同時に便秘が起こるくらい。
おなかをこわすことは滅多にありません。
きっと、何も言わずにがんばってくれているけど、やはり病院はつらかったのだと思います。
今朝、元気に起きてきましたが、おなかが緩いのは続いているようなので、よく休ませたいと思います。

何はともあれ、本当に良かった。。。
もう、ただただ、それだけです。

フィラリアに勝ったぞ~!(^^)!
マリリンに、ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| フィラリア | 09:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

黒白コンビ、ふっか~つ♪

前回の続きです。

dazz店長の目の前で、堂々とテリーヌを味わったマリリン。

満足そうに口周りを舐めていると、お客さん登場!

どんな子かな?




「あーーー!!ライカちゃんだぁ~

んも~見つけた瞬間に、マリリンったらお耳ぺったんこ!

喜んじゃって喜んじゃって大変です!



CIMG3308_R3.jpg
ライカ母さんに、「マリ~!会いたかったよ~!」と撫でてもらい、うれしくてジタバタ


とっても久しぶりにライカちゃんに会えました

実は、お家の事情で、ここ3週間ほど、お留守番が多くなったライカちゃん。

この日は、ライカちゃんのストレス発散のため、カフェをはしごしていたんだって~♪



CIMG3317_R3.jpg
「あたち、大変でした。。。」

ラ、ライカちゃん!?

そんなにしょんぼりしちゃって

と慌てふためいたら、



CIMG3314_R3.jpg
ニカッといつものライカスマイル

ホッ。

な~んだ、ライカちゃん元気そうだぁ~

犬が苦手なライカちゃんだけど、マリリンのことはすっかり大丈夫になってきました。

鼻先と鼻先で目が合っても、平気!

「この白いの、ピーピーギャーギャーうっさいけど、ヤなことはしないらしい」って思ってくれているのかな(笑)



CIMG3323_R3.jpg
久々のカフェを満喫するライカちゃん♪

よかったね、うれしいね

テリーヌが来るのを待っている間、こんな2匹のやりとり。



CIMG3318_R3.jpg
マリリン 「ライカちゃん、大変だったんでしょ?ほらほら、吐いちゃいなよ。楽になるじょ~!」

ライカ 「うっ。そんなにじーーーっと見つめられると、打ち明けるしかないじゃない。」



CIMG3320_R3.jpg
チラッ。

ライカ 「あのね、ここんとこお留守番が多くてね、あたち。。。捨てられたかと思ったのーーー!!」



CIMG3319_R3.jpg
マリリン 「な~に言ってんのさ、このすっとこどっこい!ライカちゃんのママがあんたのこと捨てるわけないでしょ!人間はね、いろいろなことがあるの。大変なの。あたしたちは、ちゃんと信じてついていくのよ!!」



CIMG3311_R3.jpg
「なんか・・・マリリンには言われたくない。」

そりゃそーだ。

つい先日も、車いすオフ会で捨てられると勘違いして、猛烈に怯えていたの誰だっけ



CIMG3327_R3.jpg
マリリン 「知らん。」


さあさあ、ライカちゃんにテリーヌが来ましたよ



CIMG3330_R3.jpg
「わきゃ~!!」

襲いかかる小熊(笑)

この小熊姿、久しぶりにブログに載せられてうれしいです



CIMG3336_R3.jpg
もっと!もっと!と、ママの足をたたきます。

食べ終わる頃、それでももっと欲しいとライカちゃんが催促していると、



CIMG3334_R3.jpg
「まだ食べる気かーーー!!」とばかりにマリっぺが立ち上がり、猛抗議

自分は食べちゃったんだからと必死にガマンしていたけど、おかわりを催促するライカちゃんを見て、瞬間的にイライラが爆発したようです(笑)


じたばた騒いでいるところへ、はじめましてのお友達がやってきました!



CIMG3343_R3.jpg
華子ちゃんで~す!

なつこくて、とってもかわいいの

あどけない表情に、マロがちょこん。

たまりません



CIMG3345_R3.jpg
おとなしい華子ちゃん、マリリンの暴れん坊にちょっぴりびっくりしながらも、やさしくご挨拶してくれました♪

華子ちゃんに続いて、もうひとりお友達が



CIMG3348_R3.jpg
わお~!チッチちゃん

久しぶりだね~!

以前から仲良くさせていただいている、チワワさんです♪

パパ命のチッチちゃん。

この日も、パパにしっかり抱っこされておりました



CIMG3338_R3.jpg
マリリン 「あたしも父ちゃんっ子だけど、チッチちゃんもなかなかのものね~。」


女子4匹そろっちゃって、なんだか女子会のよう


途中、可憐なチッチちゃんが珍しく積極的に!



CIMG3357_R3.jpg
「チッチにひとつ、くださいな

どうやら、華子ちゃんのママにおやつをおねだりしているようです

マリリンよりも素早くおやつを察知し、アピールするとは



CIMG3359_R3.jpg
↑出遅れたイヌ。

「ちょいと。まさかあたしの上を行くんじゃないでしょうね。食欲キャラは、このブログではあたし1匹で間に合ってます!困るわよ~、商売あがったりなんだから!」


焦りを感じたマリリンさん。次の瞬間、



CIMG3361_R3.jpg
見事に察知しました!



CIMG3362_R3.jpg
ミルクの匂い~

ライカちゃんからおすそわけです



CIMG3366_R3.jpg
食欲キャラ枠は渡さん!とばかりに、すごい勢いで舐めまわします。



CIMG3367_R3.jpg
「ックーーー! んまい!!」



ところで、この日、発見したことがひとつ。

マリッペの警備員ジャケットですが、うっかり、



CIMG3202_R3.jpg
マスターとおそろに(笑)



CIMG3303_R3.jpg
「ほら、これこれ!おんなじ!」とマスターに言われ、マリリンは、雄叫びをあげて猛抗議しておりました

なんか、不愉快だったみたいです(笑)

その後も、マスターが「同じだよ!」と言うたびに、ギャイーーーン!!と鳴いて暴れるマリリンでございました。



CIMG3368_R3.jpg
dazz店長 「はぁ~。くだらん、くだらん。」


読んでくださって、ありがとうございます!

久しぶりにお友達に会えて、マリリンはとってもうれしそうでした

今日は、これから1カ月ぶりのフィラリアの診察。
お馴染みになりました、狭山の病院へ行ってまいりま~す!
さあさあ、どうかな?陰転しているかな?
期待半分、期待しないようにする気持ち半分、です。

ここはひとつ。
どーか年内陰転させてください~!

マリッペ、がんばれ~!
ポチッと応援クリックよろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

雨、止まないかな~

| お友達 | 08:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おふたりさん、15歳おめでとう!!




前回の続きです♪

銀杏の絨毯を楽しんだ後は、


CIMG3188_R3.jpg
近くのRAINDOGSへ行ってまいりました。


昨日は、なんと、dazz店長のお誕生日!!

15歳になりました~



CIMG3221_R3.jpg
「よ!マリリンじゃん!」

いつも眠りながら出迎えるという方針をとっているのに、昨日はいきなり目を開けてご挨拶してくれました♪



CIMG3189_R3.jpg
「何の用だ!」

みんなで一緒に、せ~の!

dazz店長、お誕生日おめでと~!!



CIMG3191_R3.jpg
「へ?誕生日?オレの?」



CIMG3192_R3.jpg
「おい、マスター! そうなのか? え!何!? 15歳!? オレが15歳…。」



CIMG3194_R3.jpg
「ほぉ~。それはなかなか感慨深いぞ。」



CIMG3197_R3.jpg
「で、あんたら、オレにプレゼントは?」


えっとね、dazzさん食べ物はアレなんで、ちっちゃなお花を持ってきました



CIMG3199_R3.jpg
「くだらん!!」



CIMG3200_R3.jpg
「実にくだらん!!」

自らの意思を示すように、ガバッとベッドに顔をうずめたdazz店長でした



CIMG3212_R3.jpg
「ほら~。だから言ったじゃん。ぜったい食べ物のほうがいいって~。」



CIMG3249_R3.jpg
「あたしが正式に謝罪しておくから、父ちゃん母ちゃん見ていなさい。」



CIMG3242_R3.jpg
「dazz店長!うちのやつが気が利かなくてすみません!改めて、15歳おめでとうございますっ!!」



CIMG3238_R3.jpg
「あらやだ。無視だよ、このイヌ。」


dazz店長にあれやこれや話しかけるも、思いっきり無視されるマリリン。

その様子を、動画でどうぞ~♪   ※鳴き声が出ます。

サークルの向こうに、ひっそりとdazz店長がいますよ~  

[広告] VPS




CIMG3216_R3.jpg
「完全無視~!なんかプライドが許さな~い!」



CIMG3209_R3.jpg
「マスター、dazz店長に、無視しちゃだめだよって言ってください!」

マリリンよ、マスターは厨房だよ。

あんたのテリーヌを一生懸命準備していると思うよ



さて、こ~んな感じのdazz店長ですが、この日はいつもと違う様子がちらほら見られました♪



CIMG3203_R3.jpg
なんと!dazzが立ったぁ~!

このお方が立っているところは、お客の我々はなかなか見ることができません。



CIMG3204_R3.jpg
この後も、普段は見られない活発な動きを見せ、ほとんど眠ることのなかったdazz店長。

私たちは、ひそかに思ったのです。

dazzさんったら、誕生日を意識してる~~~(笑)

なんだかうれしくなっちゃって、そわそわそわそわしているように見えたのです

本犬にそんなこと言ったら、カーーーッと赤くなって「てやんでぇバーロー!」的なセリフを吐きながら引っ込んじゃうと思うので、我々は気づかぬフリ。

浮き足立ってウロウロするdazz店長がおかしくて、笑いをこらえるのに必死でした。



CIMG3259_R3.jpg
「ちょっとみんな。あたしゃ、ぜんぜん笑えません。」



CIMG3264_R3.jpg
「だって、テリーヌが来ないから。」

まだご飯が来ていないことに気がついちゃったマリリンさん。



CIMG3232_R3.jpg
いそいそと厨房の前へ。



CIMG3233_R3.jpg
「ねぇ、あからさまに鳴いて催促していい?」

だめ

な~んて母ちゃんの言葉を聞くはずもなく、ピロピロ鳴いてマスターを急かしていると・・・

テリーヌ登場です!



CIMG3283_R3.jpg
銀杏の絨毯での撮影では見せなかった、このウルウル!

やっぱ100%食べ物の子なんだねぇ。



CIMG3292_R3.jpg
魚のようにパクパクと喰らいつき、



CIMG3275_R3.jpg
「んま!んま!」

なぜかベロがハート型になっちゃったマリリンでした~


ものすごいガッツキを見せる白犬に向けられる、黒犬の視線。


CIMG3297_R3.jpg
「おい!誕生日の犬の前で見せつけて!ちょっとは気を遣え!」



CIMG3291_R3.jpg
「・・・・・・



CIMG3294_R3.jpg
「だめだこりゃ!」

思わずズッコケちゃったdazz店長でした~



今日もありがとうございます♪

この後、お店に次々にお友達がやって来ました!
その様子は次回に

そして、実は、dazz店長と同い年である、ザッシュ一族サラロンピーさんのロンくんが、一日違いでお誕生日を迎えました~!

同じ15歳で、誕生日は12月1日(dazzさん)と2日(ロンくん)。
しかも、先日ロンくんが発症してしまった特発性前庭疾患という病気、なんとdazz店長も持っているのです。
黒犬という部分も同じだし、共通点がありまくりの2匹。

特発性前庭疾患以外にも、2匹とも小さな身体にいろいろな疾患を抱えています。
そして、先日入院したロンくんは、新たに拡張型心筋症であることが判明しました。

でも、2匹とも、前向きに今を生きようとしております。
彼らに、ありったけのエールを送りたいと思います。

おふたりさん、15歳おめでとう!!
dazz店長とロンくんのこれからに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| お友達 | 08:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

大御所マリリン、撮影を拒否る

みなさま、こんにちは~!

悪夢にうなされたマリリンですが、昨日、午前中いっぱい眠り、すっかり元気。

起きたらケロリとしておりました♪

温かい応援や拍手コメントをいただき、本当にありがとうございます

今日の記事は、元気なマリリン節をお伝えしますね~♪



たっぷりの睡眠の後は、いつものカフェで、マリリンに「うなされてもがんばったで賞」のテリーヌをあげることにしました。

が、カフェの前に、近くの別所沼公園に立ち寄り、落ち葉の様子を見ることに

車を停めて、外に出ると・・・


CIMG3106_R3.jpg
わ~キレイ!



CIMG3105_R3.jpg
金色に輝いております

先日の強風で、全部葉が落ちちゃったかな、と思っていましたが、まだがんばっていて、木にも地面にも銀杏がいっぱい♪


ぜひここで写真を撮ってから、カフェに行こう!


というわけで、マリリン号を身に着けたマリリンに登場してもらいましたよ~!


「マリリンさん、入りま~す!!」

カメラアシスタントの父ちゃんに丁寧に抱きかかえられ、マリリンさんが現場に入りました



CIMG3107_R3.jpg
「はいはい、あたしですよ。ちょっと何なのよ、寒いのよ!」

ひゃ~、大物女優のマリリンさん、ゴキゲンななめってる~

昨日のマリリン地方、日差しは降り注いでいたものの、気温が低めで、冬の寒さを感じました。

で、寒いところに出ると、途端にご立腹のマリリンは、車を降りて登場するやいなや



CIMG3109_R3.jpg
「ちょっと!あたしゃ、寒いのはいやだよ!」

マリリンさ~ん、すんません!

1年に1度の機会だから、ちょっとだけ撮らせてもらえないでしょうか~

ほんの2~3分!

終わったら、すぐに車で暖かいカフェに直行しますから~



CIMG3110_R3.jpg
「いやだよ!今すぐカフェに連れて行ってちょーだい!」



CIMG3111_R3.jpg
「こら!アシスタント!あたしを引っ張るなんて100万年早いんだよ!」



CIMG3112_R3.jpg
「やだっつの!!ちょっと問題だわ、この撮影クルー。ねぇマネージャー!あたし、この仕事降りる!」

マリリンさ~ん

そこを何とか!

あの~、ごはんのほうは弾んでおきますんで



CIMG3108_R3.jpg
「・・・・・・マネージャー! 2~3分ちゃちゃっと撮っちゃうわ。」



CIMG3114_R3.jpg
「ちょっとアシスタント!一番いい現場まであたしを抱っこしなさい!」

はい、ただいま~!



CIMG3117_R3.jpg
ひょいっと抱えられ、移動中。



CIMG3118_R3.jpg
こうして高い位置にいるときは、一気に自信がみなぎるマリリンさん。



CIMG3119_R3.jpg
大御所の風格です(笑)



CIMG3124_R3.jpg
じゃ、この辺で。



CIMG3127_R3.jpg
銀杏の絨毯ができているところに連れてきたら、途端にスイッチが入りました♪



CIMG3129_R3.jpg
たくさんの匂いが、好奇心を刺激しまくっている様子



CIMG3133_R3.jpg
「さんぽとは違う匂いがするわ~



CIMG3132_R3.jpg
「イタッ!ちょっとぉ、葉っぱさん気をつけて!」



CIMG3134_R3.jpg
「あたし、なんだか楽しくなってきたわ♪」

ゴキゲンになったマリリンさんに、撮影クルーは、ホッ



CIMG3123_R3.jpg
「おほほ。撮りなさい。」

のってきたマリリンさん。



CIMG3153_R3.jpg
こんなポーズや



CIMG3161_R3.jpg
あんなポーズをサービスし、



CIMG3148_R3.jpg
ついに、最高のお顔を向けてくれました~



CIMG3149_R3.jpg
大御所マリリン、ありがとう

あっという間に撮影は終わり、最後は、



CIMG3157_R3.jpg
「おなかがすいたわ。移動!!!」

鋭い一言で、慌てて撤収した撮影クルーでございました~


読んでくださって、ありがとうございます!

この後、おなかをすかせたマリリンを、カフェにお連れしました
そこには、お誕生日を迎えた大御所が待っていましたよ~♪
その様子は、次回の記事で書きたいと思います。

ほんの2~3分の撮影でしたが、声をかけるたびにマリリンの表情が変わり、楽しい撮影会となりました。
車に戻ると、


CIMG3186_R3.jpg
「まったく、えらい目に遭ったよ!ギャラごはん、奮発しなさいよ!」


オヤジ座りでエバっていた大御所マリリンに・・・
ポチッと応援クリックしてやってくださいませ~!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

良い日曜日をお過ごしください

| マリリンの暮らし | 08:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

昔の記憶と悪い夢

CIMG2888_R2.jpg



みなさま、こんにちは~♪

今日から12月ですね。

寒くなってきて、体調を崩されてらっしゃる方も多いことと思います。

どうぞ、お身体ご自愛くださいね。


マリリンは、11月の最終日にかけて、てんかんに要注意と言われておりました。

寒い日は散歩に行かないようにし、用心して過ごしていましたが、なんとかこうして11月を乗り切り、元気に12月を迎えることができました!(^^)!

毎日、何も起こらずに過ごすことができると、よしっ!とガッツポーズ



気温が上がった日の、マリリンです♪

CIMG1952_R3.jpg
「気持ちいいわね~!」



CIMG1979_R3.jpg
「あったかい日は、風さんの匂いも違うの!」



CIMG1956_R3.jpg
出会う人、出会う動物、出会う植物に愛想を振りまきながら、ゴキゲンに歩くマリリンです




こんな笑顔でお散歩してくれるマリリンですが、昨夜は一晩中うなされておりました。



CIMG1973_R3.jpg



犬って、寝言を言ったり、足をビクンビクンと動かしたりすること、ありますよね。

マリリンも、前足をクイックイッなんてやるときがあって、そんなときは、走っている夢でも見ているのかな、と見守るこちらも幸せな気持ちになるのですが・・・。

定期的にあるんです、明らかにうなされているとき



昨夜は、ギャンッギャンッという渇いた悲鳴で飛び起きました。

見てみると、眠りながら眉間にしわを寄せ、苦悶の表情で鳴いているマリリンがいました。

あ~、また来ちゃったかな。。。

少し様子を見ましたが、鳴き声が大きくなり、身体が揺れ、「助けて~!」と言っているように見えたので、そっと起こしました。

「マリリ~ン、マリちゃ~ん」

やさしく声をかけると、ハッとして目を開け、一瞬の戸惑いの表情の後、母ちゃんに気がつき、くふーーーっと安堵のため息。

穏やかな顔になりました。

大丈夫だよ、と身体をなで、再び眠らせると・・・

またもや、ギャヒンッギャヒンッ

このパターンを繰り返します。


これまでも何度かこういったことがあって。

一度悪夢を見ると、その後起き、再び眠ってもまた見てしまうようで、そのたび起こし安心させる、その繰り返し。

見ているこちらも、つらい夜になります。

苦悶の表情と叫び声に胸が締めつけられ、しばらく頭から離れません。



CIMG2012_R3_20121130142408.jpg



昔のことが、夢に出てくるのでしょうか。

どんなつらい目に遭ったのか、私たちにはわかりません。

ただただ、見えない過去を、一緒に抱きしめてやることしかできません。




マリリン、何があったの?

生まれてから5~8年のあなたのことを、私たちはひとつも知らない。

知る術もない。



CIMG3002_R3_20121130142409.jpg



どうして下半身不随になったのか、5~8年どんな生活をしていたのか、何もわからないけれど、それでいいと思っていました。

私たちとこうして出会ってくれたのだから、それだけでいい、と。

でも・・・こんな風に苦しむマリリンを見ていると、この子が背負ってきたものが、どうしようもなく気になり、胸を締めつけるのです。



つらかったね、苦しかったね。

そう言って、何度も抱きしめた夜でした。



眠りが浅かった分、マリリンはまだ寝ております。

母ちゃんが起きたときには、ぐっすりよく眠っておりました

今朝はこのままお昼頃まで寝ているんじゃないかと思います。

父ちゃんに抱っこされて起きてくる頃には、すっかりいつものマリリンに戻っていることでしょう



そして、さんぽに行けば


CIMG1954_R3.jpg
きっとこんな笑顔を見せてくれるはず


太陽の光を浴び、



CIMG1576_R3_20121130205245.jpg
ばびゅーーーん!とマシンを転がす姿を見ていると、あの悪夢にうなされている姿は、別犬のよう。



CIMG1565_R3.jpg
「きゃはは~! あくむぅ~? あくむなんて踏んづけちゃえ!!」


起きている間は、トラウマを呼び起こす事象がない限り、おそらく過去のことは思い出さないんじゃないかと思います。

でも、普段、マリリンの中では忘れている記憶でも、身体が覚えているのかな

早く、彼女の身体から、苦しみをエイヤーッと取り去ってあげたい・・・そう願うばかりです。



CIMG3547_R2.jpg
「もう忘れたいよ。」


読んでくださって、ありがとうございます。

てんかんに用心していたら、悪夢がやって来ちゃったマリリン
でも、逆に考えれば、てんかん発作が来るよりずっといい♪
結果オーライ!と思っておくことにします

マリリンの身体から、昔の記憶が過ぎ去ってくれますように。
ポチッと応援クリックよろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| 保護犬のこと | 09:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。