今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< 2013-01- | ARCHIVE-SELECT | 2013-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハイドロセラピー3 ~反射でこんなに歩いたよ!の巻~

前回の続きです。



今回と最終章は、ちらほらと動画を載せようと思いますが、観られない方、本当に申し訳ございません

こういったセラピーは、動画のほうが、よりダイレクトに伝わりやすいもので・・・。

できる限り、写真でも説明してまいりたいと思います!



さてさて、カウンセリングを終えたマリリンは、いよいよ歩行の実践に臨みますよ~!



CIMG7229_R3.jpg
「あ~れ~!!」

マリリンが連れて行かれたのは、



CIMG7223_R3.jpg
こちら

犬の温泉です

温泉の床が滑りにくいので、まずはそこで、歩く練習をしました。



CIMG7228_R3.jpg
チーズに釣られて、エンヤコラ。



先生が、しっぽや後ろ足を刺激し、良いタイミングで、さあ行け!という具合に歩かせます。

やさしいスタッフのお姉さんが、美味しそうなチーズを手に持ち、マリリンを誘導してくださるのです。



マリリンは、背骨がピラミッドのようになってしまっているため、どうしても、腰が下に落ちやすく・・・。

よって、おやつを下の位置でちらつかせながら歩かせるのが大事。

そうすると、自然と腰が上がり、あとは反射で歩くようになるそうです。



その様子を、動画でご覧くださいませ~!

[広告] VPS


こうして実践していただくと、とっても分かりやすいですよね♪

刺激の仕方なども、ひとつひとつコツを教えてくださり、今後の家でのリハビリに、ありがたいアドバイスばかり!

診ていただいて、よかった~!(^^)!




もうひとつ、動画を載せちゃいますね♪

こちらは、本当によく歩いているんですよ~!

[広告] VPS


マリ坊、がんばっています



先生から、家でのリハビリのポイントと注意点を教えていただきました。

まずは、刺激のポイント。

しっぽは、電気を通すような気持ちで、3か所、ツッツッツーッと軽く引っ張りながらおさえます。

すると、しっぽがブンブン反応する!

すかさず、後ろ足の水かき部分を刺激し、反射を起こす。

さあ、行け!

おやつで釣りながら、歩かせます。

私たちがやっても、まだうまくできないのですが、先生がやると、ものすごい効果

こんなにしっかり歩いたのは、初めてです♪

私たちも、少しずつポイントを覚え、家でもやりたいと思います。



リハビリは、数日休むと、また戻ってしまうそうです。

これは、かかりつけ病院の院長先生もおっしゃっておりました。

もちろん、何かゼロの状態になるというわけではないので、また始めれば調子は戻りますが。

一番いいのは、少しずつ毎日行うか、ややじっくり行って、一日休むか、どっちか。

いずれにしても、続けることが大事、ということですね



この反射を利用した「脊髄歩行」は、犬にとってものすご~く疲れるのだそうです。

反射を起こすために、足の筋肉が力いっぱい動き、エイヤ~!という具合に蹴り上げるので、その疲れは尋常じゃないようで・・・。

なので、一日に行うリハビリは、長すぎるとダメ。

あんまり疲れると、ある日突然、まったく腰が持ち上がらなくなることもあって、そのときは、しばらく数日休み、またゆっくりスタートさせるそうです。

何にしても、マリリンの反応や顔つきなどをしっかり見ながら、彼女に合わせた量で行うのが一番ですね♪



ひと通り歩く練習を終えると、今度は、ライフジャケットを装着。

温泉の浅い部分で、足をつきながら、水の中を歩く練習です。



CIMG7259_R3.jpg
「あひゃあひゃ♪」



CIMG7269_R3.jpg
「なんか身体があったかくなってきちゃったじょ~!」



CIMG7261_R3.jpg
ここでもやはり、チーズに釣られてたくさん歩きました。

水中では浮力があるので、後ろ足の疲れはかなり少なくなるそうです。

前足で歩いていくと、後ろ足も反応しておりましたよ~



CIMG7266_R3.jpg
「ふぅぅ~。 あったかいやね~。 極楽、極楽


いきなりお湯の中に入ったら相当ビビるんじゃないかと思っていましたが、マリリンったら、ぜんっぜん普通

「あ~やれやれ」みたいな心地良い顔で、温泉につかっておりました♪



チーズに釣られ、鯉のように口をパクパクしながらどこまでもついていく様子に、おねえさんたちも大笑い



CIMG7272_R3.jpg
いい笑顔するね~!と言われるも、「そんなことどーでもいいから、チーズ~!!」なマリリンでした。



さあさあ、次回は最終章。

ついにマリリン、はじめてのプールに入っちゃいます!(^^)!

あふあふと泳ぐマリリンを、動画でご紹介させていただきま~す



CIMG7276_R3.jpg
「あたし、大健闘だったんだから~!」
スポンサーサイト

| ハイドロセラピー | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハイドロセラピー2 ~マリリンを太らせろ!の巻~

マリリンの背骨の歴史について、温かいコメントをいただき、本当にありがとうございます

どうやってこのブログを見つけてくださるのか分かりませんが、ここ最近は、はじめましての方もいらっしゃるようで、とてもうれしく思っております。

そして、以前からマリリンを見守ってくださっている方、心より感謝申し上げます。

ブログを始めた頃に比べ、マリ坊は、着実にたくましくなってきております!

今回のセラピーも、父ちゃん母ちゃんは、ぼーっと見ているだけ。

マリリン自身が、自分の手で新しい世界の扉を開こうとしているようです!(^^)!



それでは、ハイドロセラピーの続きを書いていきたいと思います。



前回の記事では、マリリンのセルフ手術について書きました。

先生は、背骨と神経の状態の説明を終えると、今度は、「反射」について教えてくださいました




「これ、なんですの。。。人間って、みんな意味不明だぁね。」


いつも、オムツを替えるときに、マリリンはこの体勢でじっとしているので、彼女にとって、横になり何かをされる時間はお手のもの♪

スタッフのお姉さんに笑われるほど、微動だにしませんでした


先生が、後ろ足のポイントを刺激すると、見事にビクーンと反応します!

その反応が、「反射」です。


ちょいとここで、またもや母ちゃんの変な絵を使いますね。



CIMG7344_R3.jpg



マリリンの神経は、Aの部分で、ほぼ断裂状態。

上半身と下半身の連絡はないため、脳からの指令は後ろ足に届きません。

よって、下半身は、本犬としては、何の感覚もありません。

けれど、下半身の神経がすべて死んでしまっているかと言うと、そうではなく、あくまでもAの部分でスパンと断裂しているだけで、後ろ足自身の色々な働きは、まだ残っているものと思われます。

そこで登場するのが、脳からの指令とは別に、無意識で動かせる「反射」という身体の仕組みです。

後ろ足の水かき部分やしっぽにポイントがあり、そこを、ピッピッと手で刺激すると、ビクーンと後ろ足が伸縮します。

これは、イメージとしては、人間の「かっけ」のような感じ。

スコーンと膝を叩くと、無意識に足が持ち上がりますよね。

同じような反応が、犬の「反射」です。

刺激により右足が伸びると、左足が縮み、左足が伸びると、右足が縮む、といった具合に、交互になるので、反射を鍛えれば、無意識の中ではあるものの、前に進もうという気持ちによって歩ける・・・といった状態になります。

すごいですよね~、犬の身体。

神秘です


マリリンは、この2年で、知らないうちに反射を鍛え、立ち上がり、ヨタヨタ歩くようになっていたというわけです。


また、先生が驚いてらっしゃいました。

「この子、気持ちが強い子ですね~。この反射の力はすごいですよ。かなり強いです。」


いや~、気持ちって言うと聞こえがいいけど、マリ坊の場合、気合って感じかも

気合で生きているタイプの犬だと思うので、なんだかよくわからないけど、ど根性で自らの反射を鍛え上げた可能性はあると思います。


反射が強いというお言葉をお聞きして、やったぁ~!なんて喜んだ父ちゃん母ちゃんでしたが、そこへ、冷静なひと言。

「いや、反射が強すぎます。」


・・・・・・え?


強すぎるって・・・いいことじゃないの・・・?

マリ坊、気合入れすぎちまったか


「こうしてすでに十分な反射が出ていること自体は素晴らしいのですが、ただ、強すぎてもだめなんです。」


そうおっしゃった先生のお話は、こうです。


反射が強いと、どうしても後ろ足が跳ねてしまう。

歩くというより、後ろ足がジャンプしながら進むような状態になる。

後ろ足が浮き上がるため、結果的に、逆立ちをしてしまうことが増える。



なるほど~。

確かに、マリリンは頻繁に後ろ足が浮いて、逆立ちのような格好になります。

前足の筋肉が鍛えられている分、そこにすべての体重がかかってしまいます。

もう少し重心を後ろに持っていき、バランス良く体重をかけるようにしなければならないそうです。

よって、問題は、あり余った反射 (笑) を、どうコントロールするか。


そのカギは・・・


なんと、体重でした~!!


先生に、マリリンは痩せすぎです、とズバリ言われました。

我が家に来た頃から、前足の負担軽減のため、体重は少ないほうがいい、と言われてまいりました。

5㎏程度を維持するのが良いんじゃないか、ということで、これまでずっと太らないように気をつけてきたので、意外なお言葉に、私たちは、きょとん。

これまでの経緯をお話したところ、先生がおっしゃるには、最初の段階はそれでいいんです、とのこと。

下半身不随になったら、まず、前足だけで起き上がり、動けるようにならないといけない。

だから、最初にガクンと体重を落とす必要がある。

で、ある程度反射を使って立ち上がれるようになったら、今度は少し体重を増やす。

そうすると、鍛えられてきた反射を適度におさえ、コントロールできるようになる。

マリリンは、これほど強い反射が出ているから、もうとっくに体重を増やす段階に入っている。

今の5㎏では、あまりに軽すぎる。

体重が増えれば、お尻にも重みがかかることでバランスがとれ、反射をコントロールし、格段に安定する。

そんなお話でした。



栄養物質を運ぶ神経も届いていないため、後ろ足そのものは太ることはできないけど、身体を太らせることで、下半身がしっかりしてくるのだそうです。

先生が以前診た柴ちゃんも、ちょうどマリリンと程度が似ていて、同じような状態だったけれど、反射を鍛えたのちに体重を増やしたところ、歩行が安定し、みるみるうちに歩けるようになっちゃったんですって

どうしても後ろ足を擦る瞬間はあるので、ケガ防止のために今もお散歩は車いすだそうですが、屋内のカーペットの上なんかでは、車いすなしでびっくりするくらいスタスタ歩いているそうですよ~!


で、先生のご判断によると、マリリンはもともと8㎏程度の犬だったと推測できるから、最高7㎏くらいまでは増やしていいとのこと。

もちろん、時間をかけて、徐々に、ですが。

どのくらいまで増やそうか・・・。

歩行には7㎏くらいを目指すのがいいのだと思いますが、いろいろな要素を考え合わせたとき、7㎏までいっちゃうのはこわい、というのが、私たちの気持ちです。

マリリンの場合は、歩けるようになることよりも、障害とうまくつきあい、元気を維持することを目標にしているということもあります。

なので、前足の負担や身体の状態を見ながら、ひとまず6㎏弱を目安に、少~しずつ増やしていきたいと思っております。


ちょいと~、マリリン!!

やったじゃん!!

もっと食べたいっていうアンタの夢、かなっちゃうよ~!(^^)!



CIMG7193_R3.jpg
「きゃは~、ほんと~!? ほんとに食べていいの!?」



CIMG7219_R3.jpg
「先生、うちの父ちゃん母ちゃんに素晴らしい助言をしてくれて、ありがとう! いっぱいごはん食べていいなんて、先生は、あたしの恩人だよ。」


ごはん食べていいんだって~!と話した途端、明らかにテンションが上がったマリリンでした




最後に、先生からもうひとつアドバイス。

それは、圧迫排尿を覚えましょう、ということ。

マリリンは、今、たまってくると自然に流れ出る、いわゆる垂れ流しという状態です。

下半身が麻痺している子は、みんながみんな同じではありません。

垂れ流しの子もいれば、まったく自分では出すことのできない子もいます。

私たちは、これまで、まったく自分では出すことのできない子についてのみ、圧迫排尿というやり方で介助するのだと思っておりました。

が。

圧迫排尿は、膀胱炎予防のためにも、垂れ流しの子もやったほうがいい、とのこと。

先生とスタッフの方が実践してくださいました。



セラピーの前に、わりと多めにおしっこが出たので、今はもう出ないんじゃないかと思っていたのですが、かなり出ました。

最後の方は、すごく濃い感じ。

膀胱に長時間たまったその濃いおしっこから、細菌が繁殖し、膀胱炎になるそうです。

なので、できる限りきちんと出してあげたほうがいい、とのことでした。


また、膀胱炎予防のほかにも、良いことがあるようです。

それは、かなりの時間、オムツをしないでいられるようになること。

たくさん出てしまえば、そのあと数時間は、まず出ない。

よって、オムツをせずに過ごせる時間が増えます。

そうすれば、オムツ擦れもなくなるし、何よりも、マリリンの歩きやすさが違う。

うすうす感じてはおりましたが(笑)、オムツをしているときよりも、していないときのほうがはるかに歩きやすく、リハビリになるのだそうです。


んも~、目からうろこの話がもりだくさんで、父ちゃん母ちゃんも記憶するのが大変なくらいでした

ただ、圧迫排尿については、ちょいと心配なこともいくつかあるので、かかりつけの病院で相談しながら、できる範囲で考えていきたいと思います



以上が、セラピー前のカウンセリングでお聞きしたお話です。

もうここで今日は終わり!と言われても十分満足できるほど、たくさんのアドバイスをいただき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。



CIMG7218_R3.jpg
「センセ♪ どーもありがとう。 とにもかくにも、太らせる指示を出してくれて、ありがとう



最後に、ひとつ動画を載せてみますね。

上に書いたことや、反射というものが、動画をご覧いただくとよく分かると思いますので、よろしければご覧くださいませ~!

[広告] VPS


先生の説明、わかりやすいですよね♪

刺激するたび、すごく反応していますでしょ?

「これを利用して、この子、歩き始めているんです」

という先生のお言葉が、なんだかとてもうれしくて


さあさあ、次はいよいよ、実践です。

マリ坊、温泉に入っちゃいましたよ♪

この続きは、次回、動画とともにお送りしたいと思います



書きたいことがたくさんあって、文章だけでどうしても長くなってしまいます。

読んでくださった方、本当にありがとうございます

次回、懸命に足を動かすマリリンを、どうぞ見に来てやってくださいませ

| ハイドロセラピー | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハイドロセラピー1 ~マリリン、セルフ手術をしていた!?の巻~

CIMG7159_R3.jpg
「きゃは~!お出かけよ~!」



CIMG7161_R3.jpg
「平日のお出かけって、久しぶり~♪」


水曜日。

朝からよく晴れたこの日、マリリン家は午後からお出かけをしました。

父ちゃんも、この日のために仕事をがんばってくれたので、丸一日お休みをいただくことができ、家族全員のお出かけです!

マリリンはもちろんのこと、父ちゃん母ちゃんもウキウキ

マリリンは、いつもより長めの車になりそうだと感じとっているようで、すっかりドライブを楽しむモード、全開です!

大きなトラックが横を通ると、おおげさに驚いて目をパチクリさせてみたり、気持ち良く広がる青空を仰いだりしながら、まさに「ルンルン」というような気持ちを全身から発しておりました



CIMG7157_R3.jpg
「あぁ~!気持ちいいわね~! こうやって長く走ると、狭山の病院を思い出すけど、陰転したんだから今日は病院じゃないよね♪」



CIMG7162_R3.jpg
「ねーねー母ちゃん! 今からどこ行くの~? 美味しいもの~?」


ん?

マリリンのプールだよ♪




「は・・・!? プール? あたしが泳いじゃうワケ?」


そうそう、泳いじゃうワケ



CIMG7149_R3.jpg
「ちょいと。。。このあたしが泳げると思う?父ちゃんと母ちゃんの娘だよ。。。」


ポカーンとするマリリンを乗せて、車は首都高を抜け・・・



CIMG7321_R3.jpg
フジテレビが見えてきました。


さあ、着きましたよ~!

お台場です♪

今回、マリリンがお世話になる施設が、ここお台場にある、「綱吉の湯」。

ハイドロセラピーにチャレンジするため、やってまいりました!(ハイドロセラピーについては、今年の目標の記事をご覧くださいませ)



CIMG7168_R3.jpg
人間用の、「大江戸温泉物語」という温泉施設の隣に、犬用温泉施設として、「綱吉の湯」があります。

お台場なんてシャレたところに縁のないマリリン家は、なんだかおのぼりさん状態で、キョロキョロ。

うっかり本来の目的を忘れ、観光しそうになりました


さあ、予約の時間はまだだけど、ひとまず中へ入ってみましょうか



CIMG7171_R3.jpg
「ちわーーーっす!」


温泉の匂いがふわりと漂い、あぁ、待ちに待ったこのときが来たんだな、と実感。

予約の時間になるまで、ロビーを見学しながら、待つことに。

身体に良いおやつや、犬の介護用品がたくさん置いてありました。

やはり、麻痺のあるワンちゃんが多く訪れるのでしょうか



マリリンはと言うと・・・



CIMG7175_R3.jpg
ド・緊・張 (笑)

これから何が待っているのか、ビクビクしております。

マリリ~ン、大丈夫だよ~!

きっとね、すっごく楽しいよ!

マリリンが嫌なことは絶対しない。

もし、嫌な気持ちになったら、今日は帰ればいいんだから

そう言って母ちゃんが撫でるも、


CIMG7176_R3.jpg
「それ、ほんとぉ~??」

疑いの目です


と、ここで。


CIMG7173_R3.jpg
マリリンが思いっきり首をのばして、ピョロピョロ鳴きはじめました!


何かと思ったら、マリリンの前に診てもらっていたゴールデンさんのママを見つめ、猛アピールしていたのです

すると、手があいたところで、ゴールデンさんのママが来て、撫でてくださいました~!

今日が初めてなんです・・・と言うと、いろいろ教えてくださって、マリリンの緊張をほぐしていただいちゃいました♪

「うちはね、もう7年通っているの。

7年前はぜんぜん動けなかったけど、今はね、ほら見て!スタスタ歩いちゃうの!」

そう話しながらママさんが視線を向けた先には、何の違和感もなくロビーを歩きまわるゴールデンさんがいました

ここに通って良かったという思いをいろいろお話してくださって、私たちもうれしくなり、一気にワクワクモードに


楽しみだね~!なんて話していると・・・


マリリンさ~ん!


あ、呼ばれました!


おっしゃ~、行くぞ!



CIMG7184_R3.jpg
「先生、はじめまして。 マリリンです。 このたびは、おてやわらかにお願いしますです。。。」


カチンコチンになりながらも、ちゃんとご挨拶できました♪



CIMG7185_R3.jpg
先生は、50代くらいの女性で、その道では有名な方。

事前に調べたところ、動物のリハビリ第一人者の先生なんですって

普段は、名古屋の動物整形外科病院(整形外科に特化した病院は、全国でここだけみたいです)にいらして、そこで、たくさんの動物たちを診ておられます。

で、1~2か月に1度、この綱吉の湯まで来てくださっているんです。

麻痺を抱えたワンちゃんたちが、この先生に診ていただこうと、遠方からもいらっしゃるようですよ♪


リハビリ第一人者!なんて聞いていたものだから、指導がキビシイのかと思い、若干ビクビクしていた父ちゃん母ちゃん。

ほら、犬にはやさしいけど、飼い主には容赦しない鬼教官になります的な・・・


が!

めっちゃやさしい~~~!!


最初、ロビーでほかの方と話してらっしゃるときなんか、まさか先生だとは思いもよらず。

だって、会話がこんななんですもの。

「○○ちゃんの目の前でおやつをこうやって持ってたらさ、こんな顔で、『それ、ボクのですか?』なんてキョトキョトしてるの~!!かわいいでしょ~!!」


・・・ね?(笑)


えらい先生の雰囲気がゼロで、ものすごく気さくなんです♪

んも~、犬好きオーラが満載!

マリリンのこともかわいがってくださり、一気に和やかムードになりました

これはもしや素晴らしい先生なんじゃないか、という予感で、早くも胸がいっぱいです。




ご挨拶後、まずは、マリリンの身体の状態を確認しました。

かかりつけ医からいただいてきた背骨のレントゲンデータを見ながら、手でいろいろとチェックします。



CIMG7187_R3.jpg
「ぎゃー! 何すんのさ!」



CIMG7190_R3.jpg
「みんなで寄ってたかって!」



CIMG7192_R3.jpg
「た~すけて~~~!!」

先生のほかにも、助手?の方、そして女性スタッフさんが2人ついて、全員でマリリンの身体を診ます。

助手の方はもちろんのこと、スタッフさんも、下半身麻痺のベテランといった感じで、驚きました。

実際にプールで泳ぐときには、先生ではなくスタッフさんが犬と一緒に入るようです♪

先生が細かく指導したり、飼い主さんに説明したりしながら、その横で、スタッフさんと犬が泳ぎます。

なんだか、「専門集団!」といった感じでとても素敵でした



最初は、3~4人に囲まれてあちらこちらを触られたことにお怒り気味のマリリンさんでしたが、こわいことや痛いことをされるんじゃないとわかったら、すっかり安心して、身体を預けておりました



CIMG7193_R3.jpg
「ねーねー、先生とあたし、多分同年代だよね。 最近ど~お? 調子いい?」



CIMG7194_R3.jpg
「しっぽ持たれたって、あたしゃ、全然わかんないんだよねぇ。」


そんな様子のマリリンでしたが、先生がしっぽのポイント部分を刺激すると、ブンブンブンブン反応があったもんだから、さあ大変!

「どうしちゃったのさ!」と言わんばかりに自分のしっぽを振り返り振り返りして、目を白黒させておりました。

しっぽも、「反射」によって、大きな反応が出るようです。



CIMG7195_R3.jpg
「はぁ~びっくりした~! お尻に何かいるのかと思ったわよ。」


そして、今度は寝転がり、後ろ足の反射の具合を調べます。



CIMG7216_R3.jpg
先生による少しの刺激で、ビクーンビクーンと動きましたよ


さあ、ひと通り診ていただいたところで、先生から、診断結果のご説明です

お話くださったことを、ひとつひとつ書きたいのですが、いつもこんなとき、背骨の説明が言葉だと難しくてうまくできず・・・。

なので、とうとう、母ちゃん絵を描いちゃいました。



CIMG7344_R3.jpg
これです。

パソコンで絵を描くとか、描いた絵を読み込むとか、そういうこと一切わからないので、絵を描いてそれをデジカメで撮るという原始的方法で載せました。

母ちゃんが天才画伯ぶりを発揮しちゃっていることについては、どうか、何事もなかったかのように通り過ぎてやってくださいましーーー(笑)


背骨が折れているところをAと呼びます。

Aの部分をレントゲンで見ると、背骨は、右上の絵のようになっています。

この絵を使いながら、まとめてみますね。



まず、背骨と神経のこと。

ここまで折れるというのはあまりなく、やはり相当大きな損傷と言える。

神経は、おそらくAの部分で完全に断裂しているため、上半身と下半身の連絡ができない。

本来、こうして背骨が折れると、動くたびにAの部分がギシギシと擦れて、その都度かなりの痛みがある。

下半身には神経はつながっていなくても、Aの部分はちょうど境目なので、神経がある程度働いている場合があり、そうすると、ギシギシ背骨がずれるたび、かなりの痛みを感じる。

また、頻繁にAの部分がギシギシずれていたのでは、ほかにもどんどん影響を及ぼしてしまう。

そのため、必ず手術が必要になってくる。

Aの位置をなおし、コンクリ等の器具を入れ、つないだ背骨がずれないように固める手術となる。

そのようにして、身体を動かしても良い状態になったところで、初めて、リハビリなどを開始するのが通常パターン。


しかし。


マリリンの場合、折れた部分が上下に重なってしまってはいるものの、何はともあれ、折れてから放置されている間に、骨の組織がくっつき、良くも悪くも完全に固定されている。

良くも悪くもの「悪くも」については、やはり重ならずにきちんと骨をつなげて固定できていれば、もう少し良い状態になったはず、ということ。


でも、お話を伺っていると、良くも悪くもの「良くも」の要素がとても大きいことがわかりました!

ガッチリ固定されているので、身体を動かしてもギシギシ背骨がずれることがないし、そのため、A部分に痛みもない。


そして、先生が、驚くべきことをおっしゃいました。

「この子はね~、重なっているのは残念だけど、とにもかくにも固定しているっていうのが素晴らしい幸運よね。

今さら、このくっついた部分を切り離して再度きちんとつなぎ合わせるなんて手術はしなくていいし、できません。

というより、もうすでに、手術しちゃった感じ。

それも、自分でね♪」



・・・・・・は!?

自分で手術!?



折れてからどのくらい放置されたかわからないけど、マリ坊ったら、放置されている間に、骨をくっつけて固定するという手術を、自らの身体の中でやっていたようです

なんじゃそりゃ~!


セルフ手術ってことかい!?


マリ坊ったら・・・

セルフ手術という異例の事態に思わずふき出しつつ、なんだか胸が熱くなってしまいました。

生きたかったんだね。

マリリンの心が生きたいと思っただけでなく、マリリンの身体も、生きたいと思ったんだね、きっと。

深い絶望を経験してもなお、生きたい!と思い、こうして精いっぱい生きのびてくれたことに、ありがとうの気持ちでいっぱいです

痛みがなくなって、本当に良かった・・・。



そして、この後も、先生の診断は続きます。

次回は、マリリンの反射のお話を書きたいと思います♪


写真と動画の整理をしてみたところ、おそらく今回を入れて4回くらいにわたる記事になってしまうと思います

先生のお話がびっくりするくらいの情報てんこもりだったのと、はじめてのセラピーであれやこれや記録しておきたいことがあるもので、どうしても長くなっちゃいそうで

よろしければ、のんびりとお付き合いくださいまし~



CIMG7153_R3.jpg
「えへへ。次回はね、あたしにとって、思ってもみない、うれしいお話です。」

| ハイドロセラピー | 08:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

奇跡を信じて

みなさま、こんにちは~!

マリリンの背骨とあんよのこと、読んでいただきまして、またコメントに思いを寄せてくださいまして、本当にありがとうございます

こうして、ブログを通じてみなさまに見守っていただき、その応援のお気持ちが医学を超える大きな力となって、マリリンに奇跡を呼んでいるのではないか、と思えてなりません




今日の記事は、病院の日の続きです♪

院長先生のお話に、たくさんの希望と元気がもりもりとわいてまいりました、マリリン家

本当は、この後お散歩の予定ではなかったのですが、あのお話をお聞きしたら、いてもたってもいられず、今すぐに車いす散歩をしたくなっちゃった、単純な父ちゃん母ちゃんです。

そんじゃ、散歩いっとく?




「え~!! ほんと~!?」

今の今まで眠そうにしていたのに、「お散歩行く?」の一言で、いきなりこの顔になっちゃったマリリンです

本当に散歩が何よりも好きなんだね、マリリン♪



CIMG5125_R3.jpg
「あ、いっちゃん好きなのは、食べ物だけどね!」

あーはいはい、それは十分わかっているから、あえて言わなかったの!


それにしても、車いすの全身運動が、これほど重要な役割となってくれているとは、知らなかったね~

マリリンに車いすを教えてくださったANDYくんご一家、マリリン号をつくってくださった銀父さんには、感謝が尽きません♪

車いす自体はリハビリ効果はあまりない、と聞いたこともあるので、まあ楽しく過ごせればいいや、くらいの気持ちだったけれど。

なかなかどうして、マリリンにとっては、車いすで歩くことによる全身運動とバランス感覚が、とっても良い影響を与えてくれているようです!



CIMG5127_R3.jpg
「車いす様様なんだよ~!」


お散歩に行くのが、うれしくて仕方のないマリリン。

ワクワクしているうちに、


CIMG5131_R3.jpg
あっという間に家に到着。


さあ、お散歩だ~!(^^)!



CIMG5134_R3.jpg
足取り軽く、ご近所をかっ飛ばすぜ~い!



CIMG5139_R3.jpg
父ちゃんがリードを持つと、わがまま全開になるというマリリン。

こうして、近くに母ちゃんがいると、そのわがままは、ぐっと減るようです

あんまり好き勝手やると、す~ぐ母ちゃんが「マーリー!」って怒るからね(笑)



CIMG5161_R3.jpg
あらま、似たもの親子♪



CIMG5140_R3.jpg
匂い嗅ぎ犬マリリン、参上!



CIMG5146_R3.jpg
「どーもみなさん、あたしですよ。」

おヒゲのカールっぷりが、ブローかけたみたいだよ



CIMG5158_R3.jpg
このあんよ、たくましく、元気になってくれるといいねぇ



CIMG5155_R3.jpg
そんな願いを込めながらの、家族全員さんぽです


マリリンも、車いすがいいんだって聞いて、俄然力がわいてきたのか、いつもは立ち止まりながらの坂道も、



CIMG5172_R3.jpg
ばびゅーーーんと一気に駆け上がっておりました



CIMG5170_R3.jpg
マリリン、これからも、楽しく車いす散歩しようね♪

いつの日か、奇跡が起こるかもしれないよ(*^_^*)



さてさて、水曜日、マリリンは、ついにハイドロセラピーに行ってまいりました~!

次回の更新からご報告させていただく予定でおります♪

てんやわんやのマリ坊を、どうぞ覗きに来てやってくださいね~(^^)/

| あんよのこと | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

背骨とあんよの不思議

みなさま、こんにちは~!

今日は、最初に、うれしい贈り物のご紹介をさせてくださいませ♪

以前からブログを通じて仲良くさせていただいております、メイの心はいつも上天気のメイちゃんマオちゃんのママから、マリリンにたくさんの贈り物をいただきました~!

プレゼント企画に参加させていただいておりまして、そのプレゼントは抽選ではずれてしまったのですが、残念賞をいただけるということで楽しみにしていたら・・・



CIMG7112_R3.jpg
え~! こんなにたくさん!?

ササミ系やケーキ、ゼリーまで、いろいろな種類の犬用おやつがいきなり目の前に現れ、ギャオギャオ~ン!!と雄叫びを上げ、大喜びしたマリリンでございます



CIMG7110_R3.jpg
匂いを嗅いで、袋をフガフガ舐めまくり。

特別に、ゼリーをひとつあげることにしました~!



CIMG7119_R3.jpg
「あひゃ~! 何これ! 初めてだじょ~!」



CIMG7125_R3.jpg
「プルプルして、甘くておいち~!」

大変お気に召した様子のマリリンです


そして、ママさんが活動してらっしゃる「どうぶつ福祉の会AWS」のカレンダーまでいただいちゃいました♪


CIMG7143_R3.jpg
こちらは、母ちゃんが大喜び

かわいい子たちがたくさん載っています



CIMG7136_R3.jpg
「メイちゃん、マオちゃん、ママさん、ありがとう! おやつの時間を楽しみに生きていきます!」


ママさんは、マリリンが我が家に来る前から、マリリンのことを、里親会さんのブログで見ていてくださったそうです。

ずっと見守っていてくださり、本当にありがとうございます





さて、ここからは、マリリンの身体のことを書きたいと思います。


先日、彼女はある場所に行ってまいりました。




外から、一枚。

う~っすら、白いヤツがいるの、分かりますか?

ここは・・・



CIMG5110_R3.jpg
「はい、病院です。 かかりつけ医に連れて来られました。」

そんなムスッとしなくたって、いいじゃんよ~



CIMG5118_R3.jpg
「はぁ~、あんだかね~。」


こんな顔をしているマリリンですが、特に具合が悪いわけではありません。

今回の主な来院目的は、「ワクチンの抗体検査」です。

そろそろ、年に1度のワクチン接種予定日なのですが、マリリンは、てんかん発作予防のため、ワクチン接種は最低限の範囲にとどめております。

詳しいお話は、こちらこちらの過去記事をご覧いただけると幸いです。


去年の抗体検査では、まだ十分抗体が残っており、この先1年間打たなくていいですよ、という診断が出ましたので、接種は見送りました。

今年は、どうでしょうか?



CIMG5120_R3.jpg
「いやだねぇ。 ワクチンもチックンだし、抗体検査もチックンだし、あたしにとっちゃあ、どっちもチックン。チックンから逃れる術はないんだよ。。。」

まあ、そう言わずに。

もしかしたら、ワクチンを打たなかったことで、この1年発作が出なかったかもしれないんだからね。



CIMG5114_R3.jpg
「・・・・・・。」

無視。

最近、母ちゃんの話を無視するというワザを覚えたマリリンです (;´Д⊂)



CIMG5117_R3.jpg
「ふぅぅ~。 やれやれ。」



CIMG5116_R3.jpg
マリリン、こう見ると、なかなかの風格が出ておりますぞ。


と思ったら、



CIMG5119_R3.jpg
「ひーーーん! 父ちゃ~ん! あたし、診察こわいよ~!」

な~んて幼い顔で甘えてみたり

大人と子どもが同居しているマリリンです



「マリリンさん、どうぞ~!」

あ、呼ばれたよ!

いざ!!





勢い込んで診察室へ入ったものの、抗体検査自体はあっさり終了し、あとは1週間ほど待って、結果を聞きに来るだけ。




今回は、久しぶりに院長先生に診ていただいたのですが、それには、もうひとつ、お話を伺いたい事情がありました。


先日記事に書きましたハイドロセラピーに挑戦するに当たって、レントゲン写真が必要となるためデータをいただきたい、ということと、それに伴い、もう一度、背骨の状態と足の状態を伺いたかったのです。


院長先生は、熱心な方なので、かなり長い時間を割いて、丁寧に説明してくださいました。


まず、背骨が折れた原因は特定することができない、とのこと。

やはり、折れてから長い間放置されたらしく、折れた部分が重なり合って、重なった状態のまま結合し、固定してしまっているそうです。

折れた部分は、横にずれているのではなく、縦に上下にずれ、重なっている状態。

その部分によって、神経がかなり圧迫されていると思われる。

詳細な神経の状態を知るためには、MRIを撮らなければならないが、レントゲンから考えると、その神経の圧迫は、深刻かもしれない。

つまり、圧迫ではなく、完全に断裂した状態である可能性が高い、とのこと。

下半身が麻痺する病気として多くあげられるのはヘルニアだと思いますが、状態としては、ヘルニア等の病気よりも、もっと深刻なレベルにあるととらえておいたほうがいい、と言われました。



ズバリそう聞くと、そんな状態なのかぁ。。。と胸が沈む気持ちもするのですが、でも、考えようによっては、それだけ神経が損傷して下半身の感覚が失われているからこそ、背骨が折れた状態でも、マリリンがどこにも痛みを感じずに笑って生活ができる、ということでもあるんですよね。

痛みというのは本当につらいから、マリリンが痛みを感じないなら、それはありがたいことだと思っております。



で、ハイドロセラピーのお話も、少ししてみました。

全身運動にはとても良いですね、とおっしゃっていただきましたが、ただ、リハビリ関係すべてに言えることで、歩けるようになることを目的にやりたいのであれば、週3回以上という回数が目安になってくるそうです。

う~ん。

とてもそんなには通えないし、がんばらせたくはない。

やはり、我が家は、楽しむことと、また家でのリハビリや、普段の生活におけるヒントをいただくことを目的に、ハイドロセラピーに臨みたいと思います



それでですね。

ここから、不思議なお話。

先生の見立てでは、マリリンは、希望が見えないような状態のはずなんです、後ろ足について。

でも、立つんです。

かなり頻繁に後ろ足は立ち上がっているのです。

少しですが、4本足で歩けるようになっているのです。




※ この「歩ける」というのは、脊髄歩行と言って、通常のように、足に感覚があって歩いているわけではありません。

反射という足の反応を利用し、その反射を鍛えることによって、ビクンビクンと足が反応し、歩くような行動ができる、ということ。

スタスタと歩く完全な歩行ではありません。

神経は元には戻りませんので、マリリンの下半身に感覚が戻ることはありませんし、脳からの指令で足が動くこともありません。

よって、マリリンにとってリハビリというのは、反射の力を鍛えること。

反射を鍛え、その反応を使った「脊髄歩行」を、もっとスムーズにできるようにする、というのが最終的な目標となります。





マリリンは、我が家に来た頃は、常にべたーっとお尻を床につけ、ずっとお尻を擦っていくような動きしかできませんでした。

それが、今では頻繁に4本足で動いている状態なのです。

背骨の状態がかなりひどいことと、神経の損傷も大きいことから、リハビリも、それほど効果は出ないというのが、何人かの先生のご意見でした。

しかも、この子の場合、背骨が折れてから長い期間放置されています。

折れてからすぐに手術すれば治った可能性が高いし、もし完全に治らなくても、時間をおかずにリハビリを始めれば、希望があったと思われます。

が、もう完全にこの状態で身体が固まってしまっているのです

よって、この状態でリハビリしても、効果は見込めないだろうというのが、これまで診ていただいた先生方のご意見でした。

しかし、です。

なぜか、立てるようになっております



このことについて、今回院長先生にお話を伺いました。

すると。

この2年数か月でここまで変化があったことに、先生も相当驚いておられました

まれに、ひどい状態でもかなり歩けるようになっちゃう子がいるらしいのですが、その子たちに共通するのは、日常生活がリハビリになっていることだそうです。(もちろん、麻痺してからすぐに対処したとか、いろいろな要因はありますが)

歩くこと、動くことが楽しくて仕方がない、といった具合に身体を動かす子は、自然と家の中でも運動量が多い。

そして、全身のその運動が、リハビリのような効果をうむのだそうで、そういった意味では、車いすによる散歩も、とても良いとのこと。

足だけでない全身運動によって、バランス感覚を取り戻し、脊髄歩行の範囲ですが、歩けるようになった子が以前もいたとおっしゃっておりました。

全身運動やバランス感覚のためには、車いすってすごく良いものだそうです♪


確かに、マリリンは、家の中でも外でも、ちょこまかよく動きます。

基本的には寝てばかりいるのですが、起きているときの運動量はかなりのものです。

それが毎日のリハビリになっていたのかもしれませんね


また、マリリンの場合、やはり精神的な要素も大きいようですよ♪

先生も、さすがに、

「精神力と気合でここまで動かせるようになりました」

な~んて、医学的に何の根拠もないことをおっしゃったりはしませんが、それでも、精神面がプラスに働くことは考え得るとおっしゃっておりました。(←かなり苦し紛れのご様子でしたが

つまり、うれしい刺激や楽しい刺激で精神的に気力が出てくると、「動きたい!歩きたい!走りたい!」といった気持ちがわきますよね。

その結果、それが全身運動を呼び、結果的にリハビリにつながる、といった具合。


う~ん、すごいなぁ。

うれしい、楽しい、そしてその根源を支える生きる喜びなど、そういったプラスの感情って、もしかしたら私たちの想像以上に、大げさに言ってしまえば、医学の想像以上に、身体に影響を与えるのかもしれない。

そんな風に勝手に感じております。

あくまでも「勝手に」私たちが感じているだけなので、医学的な根拠はありません。

一言で言って、院長先生も、マリリンの背骨と神経の状態から、ここまで動かせるようになったことについて、説明がつかずに困ってらっしゃいました

先生方からのそんな反応を見るたび、精神的な力が大きいんじゃないかと思わずにはいられないのです。



長々と書いてしまいましたが、以上、マリリンの不思議なお話でした♪



CIMG5113_R3.jpg
「すみません、母ちゃんがしゃべり過ぎで、主役の本犬が完全に置いていかれてますが。」

ごめんごめん、診察が終わったんだったね

そんなわけで、かなり長いこと院長先生とお話し、新たな発見にじんわりと喜びがわいてきた父ちゃん母ちゃんです。

診察室を後にする際、先生がおっしゃっておりました。

2年数か月でこれだけ変化があったら、今後も日々の生活でのリハビリによって、もっと足が動くようになるかもしれません、と。


おっしゃーーー!!


脊髄歩行を極めたイヌになっちゃうぞ~!

マリッペ!楽しいこと、うれしいこと、たっくさん経験しようね!

がんばらなくていいから、生きることを楽しもう♪

父ちゃんも母ちゃんも、マリリンの犬生、全力でサポートするからね!(^^)!





CIMG5123_R3.jpg
だるーーーん。。。


先生と父ちゃん母ちゃんの長話にうんざりして、生きる喜びとか楽しい経験とか、すっかりどーでもいいです状態のマリリンなのでありました~^^;




後日、今回の抗体検査の結果を受け取りに行きました。
6か月間は接種の必要なし、とのことなので、夏頃にワクチンを打つことになりました。

| あんよのこと | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ザッシュ一族、浦和に突撃してきたぞ~!

さあさあ、今日は、写真がいっぱいですよ~!

とってもかわいい子たちばかりなので、どうぞ楽しんでいってくださいませ~!(^^)!



土曜日のこと。

それは、突然の指令であった。。。

まるで、「私だ。」で始まる『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』のボスからの指令の如く、母ちゃんの携帯にメールが投げこまれたのである。


な~んて、いつもと違う始まりになりましたが、実はですね、ホントにボスの指令か!?ってくらい突然に、犬のいない生活なんて・・・忘れちゃった♪でおなじみの、ザッシュ一族のみなさんから、浦和に突撃すっどーーー!!と連絡が入ったのであります!

そりゃ~行くに決まってるでしょ~!となるわけですが、しかし。

この日、たまたま人間の用事が入っていた父ちゃん母ちゃんは、朝投げ込まれたメールに気づいたのは、午後1時過ぎ

ひょえ~!ボスに怒られる~!とてんやわんやの大騒ぎをしながら、ザッシュ一族の集う、浦和RAINDOGS CAFEに転がり込んだのであります

マリリンを抱えて、いつもの空間に足を踏み入れると・・・

いました、いました!

みなさん、すでに別所沼公園のお散歩を終えて、カフェに到着しておりました~!

それでは、一気にご紹介いたします。

どうぞ~!




「みなさん、こんにちは。ちょいちょい登場、ライカです。」

マリリンと黒白コンビ、いや、リサとガスパールのライカちゃんですよ~

あふれかえる犬たちに、ちょいビビったようですが、カフェに入ったら、そこはライカちゃんのホーム。

いつもの笑顔を見せてくれました~♪


そして、サラロン家の面々は・・・



CIMG6782_R3.jpg
ニパッ!  「オレ、花の15歳。なんか傾いちゃってっけど、ちっちゃなことは気にすんな!」

dazz店長と同い年で、誕生日も一日違いという不思議な縁を持った、ロンくんです♪

昨年11月に、特発性前庭疾患を発症し、緊急入院となってしまったロンくんですが、その後、見事に復活を果たし、こうして浦和まで遊びに来てくれるほど、元気になりました~

病気の影響で、首がヒョコンと左に傾いちゃうけども、なんかもうね、ぜ~んぶひっくるめて、ヤバイっす、このかわいさは

もはや「犬」を超えて、「ロン」という分野をつくり出しつつある、犬国宝なみのおじいちゃん♪



そして、そのロンくんを労わり、後から仲間入りしたピーちゃん、ベンくんの面倒を見て、さらには、破天荒なQさんの面倒まで見るという、サラロンさんとオンナふたり、だ~いぶ苦労しておられるのが、このお方。


CIMG6852_R3.jpg
「ふぅぅ~。数々の悟りを開いてきました、サラです。もうすぐ、瀬戸内寂聴の域に達します。」

とにかくおとなしくてね、サラちゃんは。

ワタワタとこちらで遊んでいて、ふと気づくと、いつもひっそりとそこにいます。

何度、「あ、サラちゃん、いたの?」と失礼な言葉がすべっちゃったことか

そのたび、「私はいましたよ、ずっとここにいましたよ。」とため息をつかれます

犬+人間のオトコたちの面倒をいつも見ている、やさしいサラちゃん♪



そんでもって、もうひとり。

相変わらずのやさぐれっぷりを発揮しておりました、このお方。


CIMG6796_R3.jpg
「っんだよ! オレのことは、ほっとけ!」

うわ~ん、いきなり怒られた~

ザッシュ一族の中に放り込まれた純血パピヨン男子、ピーちゃんです!

サラロンさんのブログをご覧いただくとよくわかるのですが、このピーちゃん、生まれてから8年間も、飼い主から虐待を受ける日々。

そこからレスキューされた子なので、やさぐれていても、当然なんです。

ピーちゃんは、噛むことで必死に身を守ってきたので、ザッシュ一族に迎えられた当初は、かなりのグレムリン状態。

誰ひとり、信じることができず、噛みつきまくっていたのですが、そこは、さすがのザッシュ一族!

ちっちゃなことは気にしない、底抜けに明るく楽しんじゃう精神で、(何度も負傷しながら)ピーちゃんをおっきな愛で包み込んじゃいました

なので、今は、家族には気を許し、また、人によっては、噛まずにいられるようになったのです!



このにぎやかな面々に、つい最近まで、ベンくんという預かり男子が加わっていたのですが、見事、里親希望の方が現れ、1週間前にトライアルに行ったんだとか

会えないのは残念だったけど、でも、もう少しで、運命の赤い糸をガッチリつないじゃうもんね!

ベンくん、幸せをつかむんだよ~!(^^)!



というわけで、うちのマリ坊、このメンバーに圧倒されているんじゃないかと思いきや、


CIMG6821_R3.jpg
ぜんっぜん!

会うなり、いっちゃんイイ位置をキープ。

そこから離れず、Qさんから「賄賂」という名のおやつをもらい、イヒヒと食べまくったのであります



CIMG6895_R3.jpg
「賄賂くれ~! 賄賂くれ~!」

すんごいでしょ~、この楽しそうな顔


調子に乗っていたら、


CIMG6817_R3.jpg
見事にQさんから洗礼を受けるマリ坊でした。


ライカちゃんは、そういうワチャワチャしたところには、いきません。

うまい具合に、自分をかわいがってくれる人のところへ行き・・・


CIMG6803_R3.jpg
華麗におやつゲット

でもね、その代わり、こんな洗礼を!


CIMG6800_R3.jpg
「ウガーーー!」

これは、病院に行くと凶暴なグレムリンと化すピーちゃんのための、アヒルさん口輪

実際には、すぐに外れちゃって診察室が大惨事になったようですが、被り物として活躍してくれました



CIMG6834_R3.jpg
「みんな、何やってんだ? ちょっと、落ち着け?」


マイペースなロンくんは、みんなの顔にお尻をぶつけながら歩きまわっておりましたよ。

そんで、そのたび、「ちっちゃなことは、気にすんな!」って左に傾げて笑っておりました。


CIMG6844_R3.jpg
母ちゃんがそっと手を出すと、身体を預けてくれて、ぬいぐるみのようなかわいさにハートを打ち抜かれまくりです

目が見えなくなってきているようですが、それさえも、ちっちゃなこと!と流しちゃうロンくんの背中に、かっちょええ~!!と見惚れてしまった父ちゃん母ちゃんでありました。


そして、こちらのサラ内寂聴は、


CIMG6924_R3.jpg
「ふぅぅ~。なんか最近、五十肩でさ。。。」

疲れきったお母さんの風情です(笑)

ライカちゃんやマリリンより年下女子のサラ内さん。

体育会系の精神をお持ちの彼女は、自分より少しでも年上の姐さんには、絶対歯をむかないんです。

なので、マリ坊が、「ちょっとー!!どいてどいて!!」と押しのけておやつを奪っても、「あ、姐さん、失礼しました」みたいな感じで、スッと身をひいてくれちゃいます。

自分より年下の女子相手だと、こうはいかないそうなのですが、どうやって年齢を見分けているんでしょうねぇ。

少しでも年上だと、加齢臭的なものが漂うのかな


さてさて、ピーちゃんはどうかな~?

やさぐれ、おさまったかな~?


CIMG6920_R3.jpg
うわっ! やば!

さらにやさぐれてる(笑)

ピーちゃんは、人間にはガウガウするけど、犬の中では、一歩も二歩も引いちゃって。

8年間まともなごはんを食べて来なかったから、食にはすごく執着はあるそうですが、でも、みんながいるときには、



CIMG6866_R3.jpg

こんな。

常に、後ろのほうで、じっとしています。

↑ いっちゃんイイ位置キープのマリ坊に、さすがのロンじいさんも、ちょい不満(笑)

「あり? おめえ、なんだ?」

目は見えなくても、なんか納得いかない展開になっているのは分かっちゃったようです。


で、こんな風に、いつもおやつに届かないピーちゃんには、Qさん直々に


CIMG6856_R3.jpg
はい、どうぞ。

こんなときは、あどけなくかわいらしい表情を見せてくれました♪



そしてそして、この後、ピーちゃんと父ちゃんがお近づきに!



CIMG6945_R3.jpg
おや?

おやおや~?

噛み噛みピーちゃんが、なんと、自分からうちの父ちゃんにすり寄っていきましたよ

ちょいと動画を撮りましたので、どうぞ~!

[広告] VPS



思えば、初めてピーちゃんにお会いしたときも、気づいたら父ちゃんだけ普通に撫でていたという緊急事態が発生し、母ちゃんは大変悔しかったのです。



CIMG6959_R3.jpg
こんなに寄り添っちゃって、今回もまた同じ展開か~ と嘆いていたら、



CIMG6958_R3.jpg
この白いのが許しませんでしたよ~!

「アンタ、何してくれてんのか、わかってる? それ、あたしの父ちゃんなんだよ。」

と静かなオーラを発しながら、ピーちゃんに近づいちゃったもんだから、もう大変!

ピーちゃんの「怒りスイッチ」、ON

「あんだよ、あんだよ、やんのかコラ!オレはやるぜ!オレは噛むぜ!」とプチパニック状態となり、穏やかに父ちゃんに撫でられる展開は、そこで終了となったのでありました。

それに気を良くした(?)母ちゃんは、今度は自分の番とばかりに、


CIMG6949_R3.jpg
そっと撫でさせてもらいました~!

父ちゃんの場合と違って、サラロンさんが、いやに本気の声で、「ピー!ノーだよ!ノー!ノー!」と連呼していたのが気にかかりましたが(笑)、ピーちゃんの柔らかな毛に触れることができ、うれしくてたまらない母ちゃんでございました♪



CIMG6933_R3.jpg
「母ちゃんが噛まれなかったなんて、驚きです。」

マリ坊ったら、父ちゃんがピーちゃんを撫でているときには、許せないオーラを発していたのに、母ちゃんのときは、100%許してた

んも~、こうしてやる!



CIMG6980_R3.jpg
じゃん。

アヒルさんに変身していただきました~

何か着けられると、カチンコチンに固まっちゃうマリリンは、微動だにせず、みんなの爆笑を誘いました。



CIMG6988_R3.jpg
「あんだかね~。つくづく意味不明だよ、人間は。」



CIMG6917_R3.jpg
「あはは~!マリリンもやられてる~!嫌なときは、暴れるが勝ちだよ!」


ライカちゃんに助け舟を出してもらいながら、てんやわんやと楽しい時間を過ごしているうちに、すっかり夕方になり、お店の中には、私たちだけが残りました。

となれば、もちろん!

みんなでゆっくりと、dazz店長にご挨拶をしましたよ~♪


dazzさんや、調子はどうだい?

同級生のロンくんが来てくれたよ。


CIMG6999_R3.jpg
「え!! はるばる!?」

そう、はるばる^m^

ちょっと驚いたdazz店長でしたが、ロンくんと一緒の撮影に、快く応じてくれました♪



CIMG7008_R3.jpg
「あへ~。オレ、何してんだ?」

15歳同士の、一枚

なんかもう、見ているだけで泣けてくるのは、なぜだろう。

ふたりが15歳を迎えた日のことは、こちらの記事に書いてあります。

マスターも奥様も、この再会をとても喜び、16歳のお誕生日は、ぜひ合同で、盛大にやりましょう!

そう約束したのです。

じんわりとやさしい時間が、犬たちを包んでおりました。



CIMG7009_R3.jpg
「あや? おい、dazz店長、なんだ、あれ?」

ふたりの視線の先には、



CIMG7034_R3.jpg
「あの~、すみません。 やめてもらえませんか。」

Qさんに捕まっちまった、マリ坊



CIMG7031_R3.jpg
「あたしもけっこうおばさんなんだけどね。。。おじさんはちょっとぉ。。。」

前足でエイヤッと突っ張り、おりたがるものの、みんなに、「賄賂受け取ったんだから、ガマンしなきゃ。」と言われ。

ホイホイ賄賂を食べちゃったコトの重大さに気づき、今さらながら青くなるマリリンでありました。


お店の看板犬dazz店長を始め、ライカちゃん、ロンくん、サラちゃん、ピーちゃん、そして、トライアル中のベンくんも、み~んな、それぞれの過去を持ち、命をつないで、幸せをつかんだ子たちです。

今、つらい思いをしている子、悲しい気持ちでいる子たちが、運命の家族と出会い、1匹でも多く、こんな笑顔を見せてくれたら。。。

そう願ってやみません。


おっしゃ~!

マリリンも、今まで以上に犬生を楽しんじゃうぞ♪

元気と気合をいただいたマリリン家でございました

| お友達 | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

りんかちゃんとマリリンの1時間 ~お店を守る歴代ワンコ編~

前回の続きです。




看板娘りんかちゃんのお店にお邪魔しております。


おやつを食べて、おなかが満たされたりんかちゃんは、満足したのか、



CIMG6520_R3.jpg
こんな♪

入口付近の自分のベッドに、すっぽりおさまっておりました。

おててがかわいいね~



CIMG6521_R3.jpg
とろ~ん。

夢の世界へ。。。



そんなりんかちゃんを、ひそかに見つめる視線。


CIMG6523_R3.jpg
マリ坊が、床にへばりついて、じーっとりんかちゃんの寝姿を眺めておりました

こんなとき、どんなことを思っているんだろうねぇ。

同じように苦しい思いをしてきた犬だってのは、お互いになんとなく分かっているんじゃないかと思ってしまいます。

過酷な過去を生きてきた2匹が、こうして安心した顔を見せてくれるのは、本当にうれしいことですね



と、ここで。

まったりを満喫していた2匹を、ガバッと立ち上がらせる出来事が!


CIMG6545_R3.jpg
人間のケーキが登場したのです



CIMG6540_R3.jpg
美味しそうでしょう?


甘い匂いが漂っちゃった日にゃあ、黙っていられませんよね、この子たちも。



CIMG6468_R3.jpg
「よし来た、それ来た! 出番だよ!」

椅子の下から、這い出てきた白いの(笑)


りんかちゃんは、男性が苦手だってことも忘れ、


CIMG6538_R3.jpg
父ちゃんにぐいぐいと近づき、アピールです!



CIMG6547_R3.jpg
「パパさん。パパさんは、やさしいお人だと聞いています。。。くれますよね?」



CIMG6549_R3.jpg
「あの。。。りんか、よだれの洪水があふれてきましたけど。」



CIMG6550_R3.jpg
「あ! その一口、くれるんですか♪」



CIMG6551_R3.jpg
「あ・・・・・・」



CIMG6548_R3.jpg
「あぁ


大変がっかりさせてしまいました~

りんかちゃん、ごめんよ~


しゅんとしたりんかちゃんが歩き出し、どこに行くのかな、と思ったら。。。

なんと!



CIMG6541_R3.jpg
マリリンのところ~!!


りんかちゃんが、自分からマリリンに鼻チューをしに来てくれたんです



CIMG6542_R3.jpg
しかも、初めて、しっぽブンブン振ってくれてる~

いつの間に、こんなに距離が縮まっていたの~!?

犬同士って、お互いがんばって距離を縮めるとか、そういった無理はしないけど、こうやって自然に関係が変化するところが、おもしろいし、素敵なところですよね♪

出会ってからずっと見守ってきた人間たち一同、「おぉ~!!」と歓声。(2匹の気が散らないよう、小声でね


りんかちゃんは、出会ってからの数か月だけでも、表情や行動に大きな変化があることが、よくわかります。

よかったね、りんかちゃん。

運命の家族に出会えて、本当によかった

安心して、幸せに生きるんだよ~!


以前もご紹介しましたが、パパさんママさんは、これまでも、保護犬を迎えております。



CIMG6466_R3.jpg
こうして、大きなパネルとなって、りんかちゃんとともにお店を守ってくれている、かわいい子たち。

2匹とも保護犬で、幸せに生き、最後は介護生活を経て、大好きなパパさんママさんに見守られて虹の橋へいきました。

そしてそして、これまで、お食事のテーブル側からしか見ておらず、気づかなかったのですが、この2匹の裏側に、もう1匹の子がいました!



CIMG6528_R3.jpg
じゃん。

なんか・・・マリリンと似ていませんか~

びっくりです!

この子も先代のワンちゃんですか?とお聞きしたところ、1代目の子なんだそうです♪

13歳の犬生をまっとうし、今は、パパさんママさん、りんかちゃん、そして、このお店を守ってくれています



ママさんといろいろなお話をさせていただき、とても楽しい時間に、ついつい長居してしまいました。

うれしい気持ちをたくさんいただき、大満足で帰りの支度をするマリリン家。



CIMG6553_R3.jpg
厨房に興味津々のマリリンをひっぺがし、りんかちゃんに、「またね♪」をしました。


すると、りんかちゃんと仲良くなれたことがうれしかったのか、パパさんママさんに撫でてもらったのがうれしかったのか、はたまた、おやつをいただいたことが忘れられないのか(←これが有力)


CIMG6554_R3.jpg
「や~だ~!!」

出ました、駄々っ子マリリン



CIMG6555_R3.jpg
「ねぇ、りんかちゃんのママ~。あたし、さびしい。」



CIMG6557_R3.jpg
はいはい、また来てねとなだめられ、しぶしぶお店を後にしたマリリン


駐車場横の路地裏を流し、寂しさを紛らわせたのでした♪

[広告] VPS



りんかちゃんとマリリンの再会にお付き合いいただいて、ありがとうございます!

運命の家族に出会って1年。

これからのりんかちゃんに、幸あれ~!(^^)!

| りんかちゃん | 08:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

りんかちゃんとマリリンの1時間 ~再会後いきなりの・・・編~

みなさま、こんにちは~!

少し前に、りんかちゃんのところへ遊びに行ってまいりました

2回に分けてご報告させていただきますので、よろしければご一緒にお付き合いくださいませ~(^^)/


※ りんかちゃんのお店は、ドッグカフェではありませんので、ワンちゃん連れで行かれる方がいらっしゃいましたら、事前にお店にご連絡を入れてみてくださいね~♪ 混んでいないときは、ほかのお客様に配慮した席をとっておいてくださいます 春や秋は、テラス席もいいですよ~



さあ、それじゃ、行きましょうか~!



「ちょいと!こっちだってばぁ~!」

駐車場に降り立ったものの、いきなり意思疎通が図れない父ちゃんとマリリン


お店の近くを通ると、マリリンはもうすっかり覚えている様子で、私たちを引っ張って行きました♪



CIMG6406_R3.jpg
「り~んかちゃん♪ あ~そ~ぼ!!」



CIMG6408_R3.jpg
「はぁ~い

いたーーー

いい顔しているね~!



お邪魔したお店は、プラデジュール・サカシタさん。

りんかちゃんは、看板娘です。

香川の多頭崩壊現場からレスキューされ、愛護団体さんを通じ、運命の家族にめぐり会うことができました。

詳しいことは、こちらの記事をご覧くださいませ。

自分だけの家族ができてから、1年近くの月日が流れ、表情がぐーんと変化したりんかちゃん♪

最初は、いろいろなトラウマを抱えていたようですが、パパさんママさんが、少しずつ、固まった心と身体をほぐしていってくださいました

今じゃ、立派な看板娘です!(^^)!



CIMG6410_R3.jpg
「そ~お?」

うんうん、そうだよ~!

だって、最初の頃は、母ちゃんが撫でようとしても、ビクビクと緊張して逃げようとしていたものね。



CIMG6446_R3.jpg
今では、ぜんぜん平気♪



CIMG6447_R3.jpg
こんな表情を見せてくれるようになりましたよ~


そしてそして!

なんと、お店に入るやいなや、びっくりな出来事が!



CIMG6409_R3.jpg
お鼻でチュッ

えぇ!?

挨拶できた~


は?それが何なの?って思いますよね。

いやいや、これ、すごいことなんです!

りんかちゃんは、犬との交流も控え目なので、マリリンのことも、最初ビクビクこわがっちゃって。

半径1メートル以内には、決して近づこうとしなかったんです。

で、何度か会っているうちに、少~しずつ、少~しずつ、距離が縮まり、前回会ったときには、ようやく自然に並べるようになりました!

それに感激していたら、なんと!

今回は、マリリンがガチャガチャとお店に入って一直線にりんかちゃんのところへ突進しても、まったく逃げない。

しかも、お鼻でご挨拶することができちゃったのだから、びっくりです

父ちゃんも母ちゃんも、そしてママさんも、2匹の邪魔をしないように、固唾をのんで見守ってしまいました(笑)



CIMG6414_R3.jpg
「ふぅぅ。あたしをこわいって、どーゆーこと? こんなにやさしい犬、なかなかいないわよ。」

いや~、自分のお店でもないのに、その堂々たる感じが、ね

右側のおヒゲがてんでバラバラなのは、気にしないでください(笑)


この堂々たる犬を、後ろから見ると、


CIMG6418_R3.jpg
こんな感じ。

スーパーマンが飛んでいるみたいでしょ


いつもは、入口付近の定位置におさまっているりんかちゃんですが、マリリンがいると、やはり気になるようで、時折、


CIMG6473_R3.jpg
こんな風に覗きに来ます

なんだかんだ言っても、マリリンのこと、嫌いじゃないんじゃないかって気がして、うれしいです♪


と、そこへ。



CIMG6421_R3.jpg
ママさんが、お水とおやつをくださいました~!!

りんかちゃんも一緒に~♪って、2匹分持ってきてくださったのですが、



CIMG6424_R3.jpg
「うおりゃ~~~!!」

マテをする間もなく、すごい勢いで食らいつくマリリンに、りんかちゃんが完全に圧倒されちゃって

「あたし、こわい。。。このちっちゃい犬にこわいことされるくらいなら、オヤツいらない。。。」

ってな表情で固まっているので、



CIMG6427_R3.jpg
母ちゃんが、そっと差し出してみました。


すると・・・


CIMG6432_R3.jpg
食べてくれた!



CIMG6431_R3.jpg
「んま!んま!」

りんかちゃんのこんな表情を間近で見られるとは、父ちゃんも母ちゃんも、とってもうれしかったです


さあさあ、人間のごはんがやって来ましたよ~!


CIMG6463_R3.jpg
父ちゃん注文、「ポークミルフィールカツレツ」



CIMG6461_R3.jpg
母ちゃん注文、「ホタテプロヴァンスソース」

素敵でしょ~

つけあわせも野菜がもりだくさん、玄米に野菜のスープと、いつも本当に美味しいんです


お料理の匂いにつられて、トコトコとりんかちゃんがやってきましたよ。

この展開って・・・



CIMG6456_R3.jpg
「わぁ、パパさん、りんかにくれるの!?」



CIMG6457_R3.jpg
「わ~ん!!だまされたぁ~!!」

やっぱり

前回と同じパターンにはまる、りんかちゃんでございました。。。



CIMG6485_R3.jpg
「りんかちゃん・・・覚えておきな。この人たち、絶対くれないよ。」

悟っているマリリンです。


なので、私たちが食べている間は、


CIMG6477_R3.jpg
「はぁ~どっこいしょっと。」



CIMG6479_R3.jpg
「のどかだねぇ~。」

自分の世界に入っているのでした~



私たちの隣のテーブルに、おじさんとその息子さんらしき方がいらして、少しお話をさせていただきました。

そして、帰り際、おじさんがマリリンをたくさん撫でてくださって♪



CIMG6454_R3.jpg
「お~よしよし。かわいいなぁ~!また会おうな!」

かわいがってもらってうれしかったマリリンは、


CIMG6455_R3.jpg
「あひゃ

こんな顔


楽しい時間となり、とってもうれしかったです(*^_^*)


ところで、このおじさん。


お食事中から、とにかく犬の話でもりあがり、「オレ、犬が好きでな~!大好きなんだよ~!」と、りんかちゃんとマリリンを見て大はしゃぎ!

その様子が、すごくかわいらしくて♪

りんかちゃんがこちらに来るたびに、手を差し出し、「ほら、おいで~!おいでおいで~!」と大変な呼び込みをかけるも、りんかちゃんは、その都度おじさんをスルー。

それほど犬が好きってわけじゃないかも、という感じに落ち着いている息子さんのほうへ、スンスン行っちゃうんです(笑)

「ぜんぜんそっちいかないね。」

と息子さんにサラリと言われ、「おっかしいな~??」と頭を抱えるおじさんに、私たちはふきだしてしまいました

りんかちゃんは、何かトラウマがあるのでしょう、特に男性が苦手。

なので、ぐいぐい来られると、こわくて引いちゃうんだと思います。

犬好きって、犬を見かけると我を忘れて愛を振りまいちゃうところ、ありますよね。

そして、結局、穏やかに落ち着いている人に人気を奪われる うちの父ちゃんみたいな。

なんだか、おじさんの必死な姿が自分と重なって、切なくなった母ちゃんでございました


この続きは、次回まとめたいと思います。

りんかちゃんとマリリンがさらに接近しますので、その様子、どうぞ見に来てやってくださいませ~



ところで・・・

余談ですが、前回の記事、ライカちゃんとのお出かけをご覧くださった方から、2匹が『リサとガスパール』に似ている!とコメントをいただきました

実は、前にも、ほかの方から、マリリンは『リサとガスパール』のリサに似ていませんか?とのお言葉をいただきまして

すっかり調子に乗り、オコジョに次ぐ似たもの同士として、リサに仲間意識が芽生えております(*^_^*)

かわいいですね~、リサもガスパールも♪


こんな風にいろいろなことを感じながら、マリリンをかわいがっていただいて、とてもうれしく思っております

いつも見守ってくださっている方、拍手コメントでお話くださる方、みなさま本当にありがとうございます




そして、もうひとつ余談。

毎年、1月下旬から2月15日あたりまで、てんかん注意報の期間です。

今朝、いつもは寝ている時間にピーピー鳴きながら起きました。(調子の悪いときしか、こういったことはありません)

その後も、そわそわ落ち着かずにいたので、何か身体が変な感じがしたのかもしれません。

発作は起きなかったので、ひとまずホッとしました。

バレンタインデーあたりは危ないと言われていて、こんな風に、見事にマリリンの様子に変化が起こっているので、驚きます。

今後危ないのは、季節の変わり目である3月。

春に向けて、気温差が激しくなり、気圧も変化するので、要注意とのことです。

天気予報をチェックし、要注意の場合は家の中で安静にして、発作が起こらないようにしたいと思います。

全国のてんかんをお持ちのワンちゃんたちが、どうか元気に乗り切ってくれますように。

早く、完全に春が来てくれるといいですね

| りんかちゃん | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

黒白コンビ、「お犬様指定席」に参上♪


「きゃは~!!」


そんでもって、こっちも・・・



CIMG6597_R3.jpg
「うひょひょ~!!」


思いっきりうれしそうな黒白コンビの笑顔で始まりました、今日の記事です。

昨日、マリリンは、ライカちゃんと一緒に、初めての場所に行ってまいりました~♪

2匹の張り切りっぷり、どうぞご覧くださいませ~



CIMG6602_R3.jpg
じゃ~ん。

なぬ~!!

お犬様指定席だとぉ~!?


今回お邪魔したのは、ブランジェリーカフェ・小麦さん。

人様のブログでは、何度かお目にかかったことがありましたが、まだ伺ったことはありませんでした。

ライカちゃんが、少し前にお店に偵察に行き(笑)、何やら「お犬様指定席」なる聞き捨てならないものが存在するってわけで、マリリンを誘ってくださったのです!(^^)!

天然酵母のパン屋さんなのですが、カフェが併設されていて、ランチが人気みたい♪



そしてそして、先ほどのお犬様指定席は、テラス席はワンちゃん連れでどうぞってことなんだそうです!



テラス席は、奥のほうにたくさんありました。


CIMG6607_R3.jpg
こんな風に、お庭で広々、ランチがいただけるようになっています。


こりゃあもう、行かなきゃでしょ~!!

と突撃し、


CIMG6608_R3.jpg
さっそく他の犬の匂いを確認しまくる黒いの。


あれ~?

白いのは~?



CIMG6612_R3.jpg
「はっはっは! みなのもの、待たせたな!」


えらそうに遅れて登場か!?と思いきや、なんのことはない。

お店の門をくぐった瞬間にうんちが出て、慌てて車に引き返し、オムツを替え、涼しい顔で再度登場したのであります



母ちゃんふたりが店内で注文をしている間、


CIMG6621_R3.jpg
「・・・・・・。」

忠犬ハチ公の如く待つライカさん。



CIMG6640_R3.jpg
「まだかねぇ。 暇はいやだよ。 歩くか食べるかしたいんだよ。」

待つとか、立ち止まるって行為が、めっぽう苦手なマリリン。

そんな2匹は、


CIMG6637_R3.jpg
けっこうな頻度で、同じ動きをします。

な~んか似ているんですよね~この黒白



外でごはんが来るのを待っていると・・・


CIMG6645_R3.jpg
お店のご主人が、ストーブをつけてくださいました~♪ (↑マリリンの向こうでガチャガチャやってくれています)

このご主人が、話好きのおもしろい方で。

18歳のミニチュアダックスちゃんがお家にいるんですって!

その子のことを、とっても楽しそうに話してくださいました。

ワンちゃんが大好きなご主人だから、こんなに広々とお犬様指定席を設けてらっしゃるのですね



かわいがってもらえるのがうれしくて、マリリンは、


CIMG6647_R3.jpg
ご主人の行く手を阻み、スンスン鳴いて甘えておりました♪



CIMG6631_R3.jpg
「かわいがるとかストーブ出すとかどーでもいいから、とりあえず早く食べ物を持ってきてほしいんです。」

そんな気持ちが全身に表れちゃっているライカちゃん



さあ、ご主人みずから、お料理を運んでくださいましたよ~!

「おまち~」なんて言いながら、いそいそと(笑)



CIMG6657_R3.jpg
「来たーーー!!」

小熊、襲いかかる。



CIMG6656_R3.jpg
「みんな、あたちのためにありがとう! おいちくいただくわ♪」


ライカちゃ~ん!

すんごくイイ顔しているところ悪いんだけど、キミたちのはないのよ~。

わんこパンってのがあるんだけどね、売り切れちゃったって


そんなことは聞いてくれるはずもなく、大変な喜びようで、しかも、「お犬様指定席」なのに何も食べられないってのはアレなので、人間用パンの何もついていない部分を少しあげることにしました


お人間様ランチは、

CIMG6661_R3.jpg
チーズフォンデュと


CIMG6662_R3.jpg
キッシュプレートの2種類。


パンのおかわりができるということに、いちばん胸を弾ませたのは、



CIMG6666_R3.jpg
CIMG6668_R3.jpg

もちろん、こちらのお犬様2名。



CIMG6665_R3.jpg
ライカちゃんは、ママの膝を押さえこみ、すごい気迫で食べておりました



CIMG6670_R3.jpg
白いほうも、負けていませんよ~!



CIMG6672_R3.jpg
「はむ



CIMG6673_R3.jpg
「んまいっ! もっとちょーだい!」


母ちゃん、ちょっとごはん食べたいから、父ちゃんにバトンタッチね



CIMG6674_R3.jpg
「ふぅぅ~。 父ちゃんは、マテが長いことが欠点なんです。」


うんざりした顔になるものの、たっぷり待った後の



CIMG6676_R3.jpg
「ヨシ!」は格別~



CIMG6677_R3.jpg
「はむはむ~

お口いっぱいに、幸せをほおばるマリリンでありました



CIMG6678_R3.jpg
「来てよかったね~。」

「次は、わんこパン食べなきゃだよ。」


そんな話をしていたか分かりませんが、黒と白は、大変喜んでくれたようで、帰りの車の中は、笑顔さく裂



CIMG6599_R3.jpg
「マリリ~ン! 楽しいね~! あたち、ドライブ大好きだよ~!」



CIMG6600_R3.jpg
「ライカちゃ~ん! あたしもドライブ大好き~! お出かけ大好き~!」


うんうん、そっかそっか~

お~し!!

母ちゃんがバシバシ運転できるようになったら、あんたたちまとめて乗せちゃる!!




ライカ&マリリン 「・・・・・・ Σ (゚Д゚;)」




CIMG6596_R3.jpg
「わたくしたちの貴重な犬生に、そんな恐怖のスパイスいりません。。。」

| お友達 | 08:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん、こわい~!

みなさま、こんにちは~!

3連休中の方も多いでしょうね♪

どうぞお休みを満喫してくださいね~


ちょいと数日パソコンが開けませんでしたが、おかげさまで、体調は回復いたしました。

いつもの群発頭痛と、なんだか首が痛くて動かせなくなったり、激しい咳がとまらなかったり、なんやかんや重なってしまいました。

咳は、風邪をひいたわけでもなく、1か月近く前から、突然始まって。

しばらくしたら治るだろうと思っていましたが、どんどん悪化する一方となり、病院へ行きました。

検査をしてもらいましたが、原因はよくわからず

大人になってから起こる喘息という可能性を言われたものの、はっきりしません。

まさか、中国の大気汚染・・・

なんて言いながら、処方していただいた薬を使っているうちに、昨日あたりからようやく楽になりました!

激しい咳が続くって、本当に苦しいものなのですね。

喘息をお持ちの方は、これが数倍ひどくなった状態でしょうか・・・。

その苦しみが、初めて、少しだけ想像できるような気がいたします。

元気に動くことができる、普通の日々のありがたさを、改めて感じます。

群発や首痛も、完全におさまりましたので、本当に楽になりました。



マリリンはと言えば、母ちゃんがどんな状態でも、まるでお構いなし!

寝ている母ちゃんのところへ、暇だ暇だと抗議に来て、匂いを嗅ぎ、フンッ!と鼻汁を飛ばし、立ち去るときには、お尻を顔にぶつけていく始末

咳についても、1か月前は、何事!?と驚いていたのに、今となっちゃあ、すっかり慣れ、非常に迷惑そうにしております。

でも・・・やはり具合の悪いときには、この子の存在が、とても心強いですね

落ち込んでいく気持ちを吹き飛ばしてくれます♪

迷惑そうにため息をつかれても、お尻をぶつけられても、通りがかりに踏みつけられても、なんてありがたい存在 ヽ(´▽`)ノ



みなさまからも、お気遣いや温かいお言葉をかけていただいて、心より感謝しております。

本当にありがとうございました

父ちゃんの記事にも、いろいろな思いを頂戴し、ありがとうございます!

マリリンも一緒に、みんなで拝読させていただきました。

またぼちぼちやっていきますので、マリリンに会いに来てやってくださいませ~



さてさて、今日の記事は、完全に時機を逸してしまいましたが、節分の日のマリリンです。

水曜に書こうと思っていたお話ですが、お休みしちゃったので



日曜日、節分の夜。

この日、休日出勤だった父ちゃんを、マリリンが首をなが~くして待っておりました。

父ちゃんが帰って来ると、


CIMG6143_R3.jpg
「はふーーーん!!」

おめめキラキラ、大喜び

でも、喜びすぎてオムツがとれちゃったので、遊ぶ前に、オムツ装着タ~イム!



CIMG6138_R3.jpg
びよ~~~ん。

遊びがおあずけになって、ちょっとムッとするマリリンです



CIMG6160_R3.jpg
さあ、遊び開始!!



CIMG6150_R3.jpg
「くわーーーっ!」



CIMG6147_R3.jpg
マリ坊、父ちゃんにおもちゃを奪われ、



CIMG6151_R3.jpg
この不満顔(笑)

遊んでいる時は、コロコロと表情が変わるので、それがすごくおもしろいんですよね♪



CIMG6167_R3.jpg
「父ちゃん! 投げてぇ~!」



CIMG6153_R3.jpg
それ~~~!!

いったいった!



CIMG6170_R3.jpg
必死に駆けて来ます



CIMG6171_R3.jpg
後ろ足も、めいっぱい動いてくれていますよ~



CIMG6164_R3.jpg
さあ、たっぷり遊んだところで、例のヤツ、いきますか

マリリ~ン、節分だよ~、豆まきするよ~!



CIMG6174_R3.jpg
「はにゃ? セツブン? マメマキ?」

きょとんとするマリリンをよそに、父ちゃんは鬼のお面をかぶります。

さあ、鬼の登場です、どうぞ~!



CIMG6181_R3.jpg
ぬぼ~~~。


ちょっと。。。

鬼なんだからさ、もうちょっとないのかね、なんかこう、「ガオーーー!!」的なもの。

「え。。。」

父ちゃん、戸惑いながら、一応「ガオーーー!!」的なセリフを言って、マリリンに近づきました。


だめだめ、それじゃ。

ぜんぜんこわくないよ。


・・・と思ったら、



CIMG6186_R3.jpg
「母ちゃん、こわい。。。変な人いる。。。」

えぇ!?

しょぼい鬼に、見事ビビったマリ坊が、普段まるごと無視している母ちゃんにすがりついてきました



CIMG6188_R3.jpg
「うぎゃー! 母ちゃん、助けてぇー!」

なんだか知らないけど、まあとりあえず、鬼、大成功!


ほんとは、この後、父ちゃん鬼に豆を投げたかったのですが、予想以上のマリリンのビビリように、それどころじゃなくなり、撤収(笑)

普通に豆まきをすることにしました。



CIMG6194_R3.jpg
どよ~~~ん。

「おには~そと!」

とやるも、マリリンは、


CIMG6197_R3.jpg
「ふぅぅ~。何なのかしら。」

ため息ついちゃった



CIMG6198_R3.jpg
今度は、ふくは~うち、だよ。



CIMG6200_R3.jpg
「何やってんの、これ。」



CIMG6201_R3.jpg
「意味不明。 人間って、ちょいちょいワケわかんないことするよね。」

マリ坊、完全に冷めきっておりました


そんなわけで、むなしい豆まきとなったのですが、じゃあ豆を食べようか、という展開になると、案の定、おめめキラキラ、張り切りはじめるマリリンでありました~



CIMG6175_R3.jpg
「あひゃ~!年の数だけ食べられるの? 確か、あたしゃ、今年でハタチかねぇ。」


アンタ・・・

| マリリンの暮らし | 06:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん登場!13  ~障害犬タローの毎日~

CIMG3679_R3_20130120212955.jpg
おはようございます!
父ちゃんです!

母ちゃんが寝込んでいるので、そのすきに・・・ブログジャック!!


今日は、ある本の紹介をさせていただきたいと思います。


それは、「障害犬タローの毎日」という本。



障害犬タローの毎日(文庫)障害犬タローの毎日(文庫)
(2010/01/25)
佐々木 ゆり【文】、三島 正【写真】 他

商品詳細を見る




この犬は、捨てられた雑種で、4本の足を失った犬の話です。

たまたまあるドッグカフェに置いてあるのに目がいき、手に取ってしまった本です。

きっとマリリンも持っている“障害”というものに引っかかったのでしょう。

“4本とも足がないってどういうことだろう”

“マリリンのこれからになんらかのヒントをくれるかもしれない”

という思いから手に取りました。

それからは、そのドッグカフェに行くたびに少しずつ読み進めましたが、本を読むのが遅い父ちゃんはなかなか進まないので、結局購入して読みました。





以下、ネタばれ(?)です。







この本の主人公「太郎」は、神社の境内に捨てられた雑種犬です。

生後1カ月と経たないような姿で、段ボールに入れて捨てられ、ある動物病院を介して、おじいさんが里親になりました。

しかし、1年ほどすると、奇妙な現象が始まります。

食欲が落ち、耳が欠ける。

前足から血を流し、壊死。

それが、全ての足に起こる。




動物細胞病理研究会も「まれな病変で、自己免疫に関係があるのではないか」とまでしか答えられません。

つまり、原因不明の病です。



前例のない病気、この中で飼い主と獣医はそれぞれ葛藤します。



「足をすべて切断する」か「安楽死」か。



獣医の強い覚悟の末、前者が選択されます。

獣医が、太郎を引き取ることにし、それとともに、足をすべて切断する手術を行ったのです。




足が全てない・・・。

想像を絶します。

でも、太郎は全く気にしない様子でした。


朝になれば吠えて飼い主を呼ぶし、外に出たければ腹ばいで玄関まで移動します。
庭でほかの犬ともじゃれるし、マーキングもします。

何度もの大手術を乗り越えたとは思えない、元気っぷりです。



CIMG2504_R3.jpg

CIMG0777_R3.jpg

CIMG1981_R3_20130120213303.jpg



こういう話を聞くと、「障害」って何なんだろうか、と思います。

周りが勝手に、障害とか不自由という言葉を当てはめて、色眼鏡で見ているだけのような気がしてなりません。




本人は何にも気にしてない気がしてしまいます。

元気であること、それが一番大事なんだと思います。

| 父ちゃんより | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちょい休み

すみませ~ん

今日は、別の記事を書く予定だったのですが、ちょいと具合が悪くなっちゃったので、また後日書こうと思います

3~4日、パソコンお休みさせていただきますね

週末には、元気なマリリンを登場させられたらいいな~!

そんなわけで、ちょい休み、よろしくお願いいたします。

あ、父ちゃんがなんか書きたそうなので、ブログを奪われるかもしれましぇん。。。


マリリンは元気ですよ~!!



「みなさん。あたしが写真一枚しか登場しないとは、大変遺憾です。うちの中で暴れてやろうと思います。」


ひぇぇ~~~

| 私のこと | 07:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おめかしマリリン、式場カフェに潜入♪


ばーーーん!!

どうですか、この堂々たる姿!


マリリンに何が起こったのかと言いますと、この日、ついに一番好きなお姉さんにシャンプーしてもらったのです



CIMG5266_R3.jpg
「やりました! あたし、やりました!」


お姉さんに抱っこされてサロンから出てくるときの、マリリンの得意そうな顔ったら!

それはもう見事なまでのドヤ顔で、父ちゃん母ちゃんは、こみ上げる笑いをのどの奥に押し込むのに必死でございました

ドヤ顔の犬を車に乗せ、家に帰ると、



CIMG5264_R3.jpg
「おりゃーーー!! 父ちゃん、遊ぶよーーー!!」

もちろん、テンション大爆発



CIMG5267_R3.jpg
「ちょいとー! どうしたらいいのさ、この喜び!」

良かったね~、マリリン。

今日は偶然あのお姉さんが担当してくれたの?



CIMG5282_R3.jpg
「ククッ。 最近あの娘がこっち来てくんないから、ちょいとスンスン鳴いて甘えてやったら、あっという間に来たんだよ。 人間を振り向かせるなんて、あたしたち犬にとっちゃあ、ちょろいんだから!」


悪い顔すんね~アンタ(笑)



CIMG5271_R3.jpg
「きゃはは~! お姉さんね、うーんとやさしかったよ! 朝からいい日になっちゃった!」


よしよし、そんじゃ、キレイになったところで、今日はオシャレな場所に突撃してみよっか♪

ほら、行く前に、そのリボンの姿でシャキッと立って、ポーズくださいな!



CIMG5275_R3.jpg
シャキーーーン!

お!

後ろのあんよ、よく立ったね~

首につけてもらったリボンも、いい感じ



CIMG5280_R3.jpg
「ねーねー、オシャレな場所って、どこ~?」


カフェだよ~



CIMG5268_R3.jpg
「はひーーーん



テンション上がりっぱなしのマリッペをお連れしたのは・・・



CIMG5381_R3.jpg
カフェボスケさん。


ここはね、ちょっとおもしろい空間なんです。

同じ敷地内に、チャペルや結婚式場、イベントスペース、さらには保育園まであるらしい

今回マリリン家がお邪魔したのは、式場の入り口付近にある、ベーカリーカフェ

式までのくつろぎでゲストの方々がお茶するための場所かと思いきや、ここは一般に開放されていて、式とは関係ない人が、普通にカフェとして楽しめちゃうのです♪

なので、マリリン家も、当然ふつうの私服。

本当に大丈夫なのか、ちょっとドキドキしたけど(笑)



CIMG5394_R3.jpg
いい雰囲気の空間でしょう?

マリリンと父ちゃんが所在なげに座っているの、見えますか?(笑)



CIMG5397_R3.jpg
カフェから向こうを見ると、式場があります。

店内には、焼きたてのパンがいっぱい。

広い空間にひとつひとつゆったりと席が設けてあり、とても落ち着いて過ごすことができそうです。

満席状態でも窮屈でないので、みなさん思い思いの時間を楽しんでおられました。



さて、我が家はマリリン殿がいますからね、当然お店の中には入れません。

テラス席が2席あり、そこは犬連れOKとなっております♪

テラスと言っても、近くに大きなストーブがあるので、この時期でもくつろぐことができます。



CIMG5404_R3.jpg
父ちゃん母ちゃんは、パンとスープをいただきました

どのパンも素朴でとってもやさしい味♪



お料理を運んでくださった店員さんが、「わ~!かわいい白柴さんですね~!」とおっしゃってくださって

「あ、雑種なんです~」なんて返しながら、心はいきなりぽっかぽか

ほめられると料理の味も数倍おいしくなっちゃうのは、どの飼い主さんも同じでしょうか


噂の本犬マリッペは、ほめられるとかどうとかよりも、



CIMG5409_R3.jpg
とにかく目の前のごちそうが気になってしょうがない!

犬用メニューはないので、人間のパンに狙いを定めるマリリン。

でも、こんなとき父ちゃんは、マリリンにあげることはありません。

なぜなら、どっちみち母ちゃんがあげちゃうから(笑)


そのパターンを、マリリンも思い出したようですよ~!


CIMG5419_R3.jpg
「あ、母ちゃん! こんなとき、母ちゃんはくれますよね!」



CIMG5423_R3.jpg
「あたしのうるうる瞳に負けて、くれちゃいますよね

ガ、ガマン、ガマン・・・!!

ここのパンが美味しくて、ひとりで全部食べたかった母ちゃんは(←そういう理由?)、ぐっと耐えました。

が。



CIMG5426_R3.jpg
「スンスンスン


ヨヨヨとくずおれんばかりの切ない鳴き声に負けて、結局あげることに。



CIMG5433_R3.jpg
「イヒヒ。ね、みなさん、必ずこうなるんですよ。待ってました、この展開。」



CIMG5434_R3.jpg
「あひゃ~!!! んまい~!!!」

ちょうどカフェから出てきたお姉さんが、こんなマリリンの姿を見て、にっこりとかわいらしい笑顔を向けてくださいました



CIMG5436_R3.jpg
オシャレな空間で、一度も騒ぐことなく、落ち着いていてくれたマリリン。

やさしい店員さんと、感じの良いお客さんに恵まれ、とてもうれしいひと時を過ごすことができたのでした

こんな日は、帰り道もゴキゲン!



CIMG5374_R3.jpg
笑いっぱなしのマリリンでございました~(*^_^*)

| カフェ | 07:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

左のおててに迷いあり

みなさま、こんにちは~!

冬が来たと思ったら、あっという間に、もう2月。

本格的な寒さは、あと少しでしょうか。

早く春になりますように

12月にフィラリアをやっつけたマリリン。

てんかん予防のこともあるので(2月はてんかんの要注意期間のひとつです)、陰転後も、これと言って生活は変えず、なるべく穏やかに過ごしております。

でも、せっかく虫をやっつけたことだし、暖かくなったら、どんどん外での遊びを増やしてみようかな、と思っております♪

ただ、やはりダメージを受けた心臓はそのままの状態で、健康に戻ったわけではありませんので、ほかのワンちゃんと同じレベルでの運動は難しいですが・・・。

その辺は、父ちゃん母ちゃんが様子を見ながら遊ばせたいと思います



さてさて、そんなマリリンですが、冬の間も、元気にお散歩は行っておりますよ~!

最近のお散歩の様子、ちょいと覗いてやってくださいませ~♪



CIMG5218_R3.jpg
「ども~!」



CIMG5196_R3.jpg
電柱にチュッ



CIMG5205_R3.jpg
お昼の、気温の高い時間帯に行くので、なかなかお友達には会えません



CIMG5204_R3.jpg
でも、こうして念入りに、たくさんのお便りを受け取って、マリリンなりに交流しているようです



CIMG5203_R3.jpg
「母ちゃん! 今日はとっても気持ちいいぞなもし!」



CIMG5230_R3.jpg
この日は、冷たく澄んだ空気の中、きれいな青空が広がっていて

なんとも気持ちの良い日でした♪



CIMG5221_R3.jpg
「こんな日はね~、走っちゃうよ!」



CIMG5216_R3.jpg
ばびゅーーーんとすごい勢いで、飛ばす、飛ばす

暖かいと、身体がよく動くんだね。



CIMG5212_R3.jpg
存分に走って、休憩中



CIMG5206_R3.jpg
ゆ~らりゆ~らりと揺れる、この後ろ姿が大好きなんです


いつもは進行方向もしくは地面を見ながら黙々と歩くマリリンですが、この日はなぜか、



CIMG5207_R3.jpg
あっちへ向いたり、



CIMG5220_R3.jpg
こっちへ向いたり。




CIMG5208_R3.jpg
なにそれ(笑)




CIMG5225_R3.jpg
「母ちゃん、背中がぽっぽする。」


お日さまって、うれしいね。

冬でもこうして、身体をやさしく温めてくれて



CIMG5228_R3.jpg
「あったかいうちに、帰ろっか。」

そうだね、早く帰って、おやつでも食べましょ


なんて歩き始めたものの、


CIMG5231_R3.jpg
すぐに嗅ぎ捨てならない匂いを発見



CIMG5232_R3.jpg
「むむ!」



CIMG5234_R3.jpg
「むむむむむ~!!」

思いっきり突っ込んで行きました(笑)


マリリン、無理さ~。

マシンがつかえちゃってますぜ


奥の方まで嗅げなかったマリリンは、家に着くと、



CIMG5235_R3.jpg
「なんとなく、もう少し歩きたい気がします。」

ギリギリのところで立ち止まり、家に入るのを躊躇。

でも、寒いから暖かい部屋に入りたいことは入りたいんでしょうね。



CIMG5236_R3.jpg
左のおててに、迷いが表れているマリリンなのでした~(笑)


みなさま、良い週末をお過ごしくださいませ~!(^^)!

| マリリンの暮らし | 07:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。