今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< 2013-12- | ARCHIVE-SELECT | 2014-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

受容

CIMG5048_R4.jpg




マリリンの体調不良が、だらだらと続いている。

穏やかに過ごす日もあるし、調子を見て散歩にも行くのだが、それでも以前とは明らかに違っていて、全体的な不調ぶりが、ぴたりとくっつき、離れない。

ここ数か月、いつもどこか元気がなく、だるそうだ。

うつむいて、落ち込んで、そんなにならなくてもいいじゃないかと途方にくれるほど頭を垂れ、部屋の中をゆらゆら彷徨い歩いている。

体調が悪ければ当然、臆病にも拍車がかかる。

あらゆる音だの気配だのに震えあがり、熟睡できないらしい。

彼女の身体的、精神的な症状に合わせ、ますますマリリンに付きっきりの毎日だ。

調子の悪そうな、その気配を感じるだけで、頭は働かず、何も手につかなくなり、ここ最近、やるべきことができていない。

でも、それでいい。

彼女のつらさを、少しでもこちらに分けてほしい。



いくつか症状がある中で、不安にならざるを得ないのは、下痢だ。

日に何度も、下痢をする。

そのためか、少し痩せてしまった。



彼女は、これまで不思議なほどに腸の強い子であった。

胃腸炎は頻繁に彼女を苦しめるものの、ほとんどの症状が胃のほうに出ているようで、ヒンヒン苦痛にうめきながら、あらま、というような、ころりと良いうんちをしたりする。

要するに、下痢という症状は、この子の身体にまったく馴染んでこなかったのだ。

それが、12月からこの調子。

原因は、わからない。

整腸剤をはじめ、腸に良いとされることはさまざまに試してみたが、イマイチ反応はない。

まるで改善の兆しを見せないため、これは大変な病気なのではないかと、病院に駆け込んだ。

いつもの先生ではなく、どれだけ待ってもいいので!と院長を指名する。

院長は、エコーから血液検査に至るまで、実に丁寧に診察してくださり、長い時間をとって私たちの話に耳を傾けてくれた。

検査結果として浮かび上がってきたのは、肝臓の数値が前回の血液検査に比べ、大幅に悪くなっていることだった。

しかし、この数値が、直接的に腸に影響を及ぼしているとは、考えにくいらしい。

つまりは、下痢以外の症状のほうに、肝臓が関与していることはもしかするとあるかもしれないが、下痢の要因にはなり得ないそうだ。

肝臓の対策はこれまでも行ってきたが、今回の数値の結果、サプリを試してみることになった。

サプリで効果がなければ、熟慮の上、投薬の可能性もある。

ひとまず、肝臓については、院長との相談により、できることを続けていくことにした。



で、下痢のほうである。

これには、院長も頭を抱えていた。

検査結果からは、下痢を引き起こすような要因が、まるで見当たらないのだ。

さまざまな可能性を排除していった結果、最後に残ったのは、私たちがもっともおそれていた、神経の問題であった。

やはり怪我で脊髄を損傷した犬が、冬になると神経系に異常が出て、春になるまで下痢が止まらない、といった例があるそうだ。

以前から、神経については、院長から言われていた。

この子の場合、これから年とともに、神経がさまざまな形で悪さをすることが出てくるかもしれない、と。

彼女は下半身へつながる神経が断裂されており、脳からの指令は届かないが、当然、身体のすべての神経がだめになっているわけではない。

その残った神経が、おそらくは健常犬の神経と違い不完全な状態に置かれているからだと思うが、とりわけ寒くなると、何かしら身体に不具合を起こすらしい。

去年の冬は下痢をした記憶はないのだが、やはり加齢も影響するということか。

神経は、てんかん発作と同様に、ほとんど神の領域であるから、私たちには太刀打ちできない。



どうにもならぬものを前にして、おろおろもするのだが、一方では、根拠のない漠然とした“大丈夫”があり、また受容への覚悟もある。

神経がどんな悪さをして、どんな風に暴れるのか、またそれが症状という形で出現したとき、マリリンをどう苦しめるのか、今の時点ではすべてを予測することはできない。

けれども、暴れたければ暴れてごらんよ、という落ち着いた気持ちがどこかにある。

そりゃあ15歳、17歳、いやいや20歳まで生きてほしいという願望が、ないはずはない。

そりゃあ、どこも痛くなく、どこも不具合を起こさず、老衰で死んでほしいという願望が、ないはずはない。

この子の背骨を撫でさするたび、見えない過去がまぶたに映るのだから、なおさらだ。

これまでの分まで、この子には幸せであってほしい、と思う。

私たちの根っこを引き剥がせば、その狂気じみた生々しい願望が、たちまち目を光らせるであろう。

しかし、それほどまでに望みながらも、どこかでやはり、すべてを受容する静かな思いもあるのだ。

もともと、その犬生の半分は、苦しみの中を這っていたであろう子だ。

今こうして命があるだけで、十分じゃないか。

もしも身体が悪くなり、痛みを生じるのなら、病気を治すよりも、まずそれを取り除くための治療に専念すればいい。

幸い痛みが出ないのなら、可能な限りの治療をめざし、けれどこの子が安穏に楽しく生きられることを一番に、その道を探ればいい。

私たちの力が必要ならば、いくらでも使ってくれ。

マリリンが生きたいように、生きればいいのだから。



こうした障害を持つ犬との生活は、世の中において、なかなか理解されづらい。

身体的、精神的に消耗する部分は非常に大きいが、それでも多くの家族は、とても充実して、障害や、そこから派生する病気と向き合っている。

その日々が、どのように素晴らしく、どのようにしんどく、どのような思いで、この瞬間、瞬間を生きているのか。

犬との生活経験がなければ特に、理解できない生き方かもしれない。

おそらく、老犬介護と同種の分かりにくさをはらんでいる。



しばしば思いも寄らぬところから、冷水の如き言葉を浴び、さっと青ざめる思いをする。

そうして心臓がひりつくたび、分からないものを決して認めない、という人間の持つ性質をまざまざと見せつけられ、ぼう然としてしまう。

このブログでも折に触れて書いて来たことだが、分かり合う、理解し合う、といった観念はほとんど有り得ないものであり、はなから望んでもいない。

人間が思考を持ち合わせている限り、分かり合う世界など、絵空事であろう。

分からなくてもいい。

理解できなくてもいい。

けれど、相手が大事にしている思いを想像し、その価値観や生き方を、互いに“認め合う”ことはできる。

認め合うことさえできれば、世の中の悲しみの多くは消えてゆくだろう。

そう信じている。

残念ながら、人間の根元的な性質が、現実にはそれを難しくさせているわけだが、しかし一方で、マリリンとの生活については、それでもいいや、とも考えるのだ。

今の生活を、この生き方を、私たちは大事にしたい。

子どもひとり生み出さず、社会で働きもせず、障害を持つ犬にかかりきり、何の生産性もなく、社会貢献もしていないが、これが私の精いっぱいだ。

認められない生き方だとしても、それでいい。



常識人ぶったしたり顔に、乱暴されてなるものか。

この手に慈しみ守ってきた、繊細で濃密な彼女との生活を。

簡単に分かられてたまるものか。

この切なくも愛おしい日々を。



スポンサーサイト

| つれづれ | 09:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不完全を愛す

正月三が日も過ぎ、世の中がゆっくりと新しい年に馴染み始めた頃、マリリンを夫に預け、久しぶりに電車に乗った。

わりと近くに停留所があることもあり、バスは日常的に使うが、電車はそう機会がない。

普段、ちょっとした買い物や病院を除くと、マリリンに付きっきりの生活なので、ひとりで出かける時間は、それがたとえ憂鬱な用事であろうとも、どこかウキウキと足取りが軽くなる。

その日も、きちんと自らを律していなければ危うく人前でスキップでもしてしまいそうに、新鮮で楽しい気分だった。

電車に乗り込むと、浮き足立つかかとをなだめながら、空いていた座席に座る。

マリリンとの生活を始める前は、電車や人ごみにうんざりすることが多かったのに、それらが今はうれしい存在となってしまうのだから、不思議なものだ。

かずかずのうんざりポイントが、妙な刺激に変わる。



とある駅に電車が停車すると、ひとりの青年が、颯爽と乗り込んできた。

大学生風の彼は、180cm以上であろう長身をピンと伸ばし、毛先を遊ばせた髪を揺らしながら大きな歩幅で歩いてくると、長すぎる足を丁寧に折り曲げ、私のいる7人掛けシートの通路を挟んだ向かいに座った。

正面から顔を見て、びっくり。

つるりと滑らかな陶器のような肌に、整った目鼻が行儀良く並び、なんとまあ、一言で言って、美しいのだ。

最近俳優に復帰されたという水嶋ヒロさんをどこか思わせる、その出来すぎた風貌に、男女問わず車内のみなさん、思わず二度見。

私とヒロさんの間の通路を通る人も、一瞬彼に目をやると、みな一様に、ハッとして立ち止まりかけ、慌てて自分を取り戻し、通過していく。

身に着けるものに至るまで、すきがなく、ザ・オシャレ!という感じ。

マフラーにジャケット、細身のパンツが、どれも非常によく似合っていた。



最初はみなさん穴の開くほど彼を見ていたものの、電車が発車し、しばらくすると、スマホやゲーム、または眠気のほうがよほど興味の対象となるようで、まもなく通常の空気に戻った。

が、私ひとり、目が離せなくなった。

ヒロさんに、というより、ヒロさんの行動に。

おもむろに彼がバッグから取り出した本の表紙に、目が釘付けになったのだ。



『とにかくモテる男になれる本』



驚きのあまり、表紙とヒロさんの顔を行ったり来たり、何度も視線を上下させた。



この人、モテたいの!?

この容姿を持ちながら、それ以上に?

今だって、十分過ぎるほどモテているでしょう?

毎日、何人もの女性があの手この手で愛をささやいているだろうに。



理解の範囲を超え、若干パニックに陥った私の頭の中などお構いなしに、ヒロさんはモテる本に熱中し始めた。

涼しい顔をして読んでいたのが、次第に本を覗き込むように頭を垂れ、まばたきも惜しんで文章を追っている。

こうなると、私の興味スイッチは連打されまくり。

外見と行動のちぐはぐさに、脳内が支配されてゆく。

先ほどまでその世界に入り込んでいた宮本輝さんの小説も、同じページで止まったまま、本の感触だけが手にあった。

主人公の男が打ちひしがれている場面から先へ、進めなくなってしまったのだ。

男が苦しみから解放されるように早くページをめくってあげたいのはやまやまなのだが、いかんせん、モテ本ヒロさんの威力たるや、ハンパなし。

ついにヒロさん、バッグから蛍光ペンを取り出し、ラインマーカーを引きはじめた。



そんなにかい。。。

そんなにモテたいのかい。。。

一体、あんたに何があったのさ。



次第に姉のような気分になってくる。



再びバッグに手を入れるヒロ。

なんだい、違う色のペンでも取り出そうってのかい、と切ない気持ちで見守っていると、手にしたのは、ポケットティッシュ。

次の瞬間、1枚をカッコよく取り出したヒロは、左手で本を持ったまま、右手ひとつで思いきり鼻をかみ始めた。

右手の親指を右小鼻に押し当て、ドビーーー!!!

続いて右手中指を左小鼻に押し当て、ビヒャーーー!!!



呆気にとられるとは、このことだ。

鼻をかむ表現としてよく用いられる、チーンなどといった生易しいものじゃない、モテ本ヒロは。

肺を痛めるんじゃないかと心配するほど思い切った鼻かみで、周囲を圧倒した。

決して本からは目を離さずに。



あんた。。。



切なさに、胸がきゅう、となる。



ちょいとあんた。。。それだよ、それ。

それをまず、おやめなさいな。

周囲に意識を置かぬ大胆さから察するに、ほかにも何かしらありそうな気もするけれど。

まずはさ、まずは、片手ドビーーー!!をおやめなさいな。

話はそれからだよ。



そう声をかけてやりたい衝動をぐっとのみ込み、目的の駅で電車を降りた。



きっと、ヒロのその不完全さを愛おしく包み込む素敵な女性が、いつか現れるだろう。

ホームを満たす都会の殺伐とした空気の中、胸の奥にほのぼのとした温かさがにじみ、雑踏へ大きく一歩、踏み出した。






CIMG4897_R4.jpg
「Mr.Childrenも『Hallelujah』の中で、歌っているよ。“優雅に暮らしていこうとするよりも、君らしい不完全さを愛したい”ってね。」




| つれづれ | 10:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

胃腸炎中

明日から仕事始めだぞっという日曜の夜から、絶賛胃腸炎中のマリリンです。

父ちゃんと密着する日々が終わることを感じ取ったのでしょうね。

ほんっとーに敏感な子です。

日曜の夜は、一晩中苦しんで鳴き叫びながら、ひたすら歩きまわっておりました。

小さな身体で徹夜の運動なんて、胃腸炎じゃなくたって具合が悪くなるだろうに

父ちゃんいわく、「なんだってマリはこうもアンタと似てるんだろう。」だそうです。

さーせん。

出直してきます。



昨日も一日苦しんでいたけど、今朝になってようやく落ち着いてきたかな。

マリ坊や、これから母ちゃん病院が入っているんだけど、行かせてくれるかい。

だめかな、どうかな。

早く胃腸の反乱がおさまって、穏やかな時間が戻るといいね。

母ちゃんが苦しみのすべてを代わってあげられたらいいのに。

マリリンは何もがんばらなくていいんだよ。

そこに存在してくれる、それだけでいいんだから。


| マリリンの暮らし | 14:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

新しい年、健やかに


「みなさ~ん、あけましておめでとうございます。 ボクだよ!」



はいは~い!

始まりました、2014年。

いきなりチャーリーくんの登場です♪



CIMG4958_R4.jpg
マリ 「2014年、1枚目の写真を奪われたあたしですよ。」

チャーリー 「ご、ごめんよ…。お願いだから後ろ足の反射で蹴飛ばさないでね。」



マリリン家は、いつも通りの朝を迎え、いつも通りの一日を過ごしています。

昨日はドカンと大きな頭痛がやって来ましたが、三が日は体調も良く、うれしい日々を過ごすことができました。

マリリンも元気にしております♪

穏やかで、満ち足りた新年です。



年末、チャーリーくんにお会いすることができ、その澄んだ瞳にめいっぱいの幸せをいただきました

17歳8か月のチャーリーくん、本当に、よくがんばってくれています



CIMG4963_R4.jpg
「みなさんに、ウィンクあげる。ボクね、食べることが大好きなんだよ。前のあんよも立てなくなっちゃったけどね、車いすとバンドに支えてもらって、お散歩もしてるんだ。まだまだ、やりたいことがたくさんあるんだよ。」



チャーリーくんは、ご家族の思いにふわりと包まれて、やさしい時間を生きていました。

お水が飲みたいときや、トイレのときなど、ちゃ~んと鳴いて知らせてくれるそうです。

ご家族の時計は、彼を基準にまわっています。

彼の目に映るのは、いつだって、大好きな人たちの姿です。

透き通った瞳の中に、ご家族の姿が揺れるたび、私たちは幸せな気持ちでいっぱいになりました。

チャーリーくん、ずっとずっと、みんなの中心にいてね



CIMG4989_R4.jpg
マリ坊は、今年も変わらず、片腕上げて寝るそうです

クリスマス頃、体調を崩していたマリリンですが、おかげさまで、元気に新年を迎えることができました。



今年はどんな一年になるのでしょう。

マリリンと過ごすことのできる、小さなきらめきの瞬間を、ひとつひとつ取りこぼさないよう、大事に噛みしめてゆきたいと思います。







チャーリーくんのお家に遊びに行った日、偶然の出来事がありました。

さあ出発しよう!と車に乗り込んだところで、目の前の道に1台の車が止まりました。

何だろう?と車内に目をやると、ミミちゃんチビちゃんご一家でした。

パパさんがいつもと違う表情で何かおっしゃっていたので、私たちも車を降ります。



「チビが…チビが昨日亡くなったんです。

今から、火葬場に行くところなんです。」



突然のことに、声が出ませんでした。



「ちょうど今、後ろの座席にチビがいるんですよ。」



パパさんの視線をたどった先には、小さな頭をちょこんと寝かせた、天使の姿がありました。

とても静かで、穏やかな寝顔でした。

口角がやわらかに上がり、私たちの話を笑って聞いているようです。

よくがんばったね。

父ちゃん母ちゃんマリリンみんなで、お別れの挨拶をしました。

マリリンは、チビちゃんの姿に一瞬ハッと目を見開き、そして、熱心ににおいを嗅いでいました。

ミミちゃんは、ママさんに抱っこされ、ちょこんと寂しそうに小首を傾げておりました。

ちょうどパパさんママさんのお仕事がお休みになったときに、旅立ったチビちゃん。

最期まで、本当にやさしい子です。



ミミちゃん、チビちゃんのことは、以前こちらの記事でご紹介しております。

10歳頃までのチビちゃんの犬生がどのようなものであったのか、それはわからないけれど、ミミちゃんのお家に迎えられてからは、幸せいっぱいに暮らしました。

卵巣嚢腫、フィラリアなど、とてもたくさんの病気を抱えていましたが、パパさんママさんが、そのすべてを受け止めたのです。

眠るチビちゃんの表情が、大満足の犬生であったことを、私たちに教えてくれました。



私たちがあの時間に出発しようとしていなければ、チビちゃんたちがあの時間に火葬場に行こうとしていなければ、また我が家の前の道を通ってくれていなければ、チビちゃんの最期にお会いすることができませんでした。

チビちゃんが贈ってくれたお茶目な偶然に、感謝したいと思います。



チビちゃん、パパとママとミミちゃんのこと、見守っていてね。



| マリリンの暮らし | 09:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。