今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< 2014-01- | ARCHIVE-SELECT | 2014-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

雪に思う

先日の大雪、各地で大変な被害となりましたね。

関東甲信、東北を過ぎ去った後には、北海道の猛吹雪。

各地のみなさまの身を案じるばかりでございました。

私たちの地域では、カーポートが崩壊した家が点在し、それにより車が下敷きとなり壊れてしまっているお宅もありました。

我が家はテレビのアンテナがやられたくらいで、みな無事です。

2万円支払って電器屋さんにお願いするか、決死の覚悟で夫が屋根に上るか、激論の末、業者のおじさんの登場となりました。
(ウソです、迷うことなく2万円支払いましたよ、ええ。)

この辺りは、大雪が降ることを想定した住宅・地域構造になっていないため、ご近所のみなさん本当に当惑しておられました。

たまさかに雪に見舞われますと、首都圏は少しの雪で大騒ぎして、と揶揄される向きがございますが、長野県に生まれ育った私でも、慣れない雪に右往左往している方々を、さも自業自得のように突き放すのは酷だなぁ、と思うのです。

豪雨地域ではその備え、豪雪地帯ではその備え、暑さに寒さ、乾きや湿潤には、その備え。

その土地の特徴に応じて備えは異なりますから、例外的な備えまでをすべて網羅することは難しいように感じます。



それでも、このたびの2週にわたる雪、みなさん明るくたくましく、状況を受け入れ、乗り越えようとしていらっしゃいました。

道路に膨れ上がった雪を前にぼう然としつつも、ご近所総出で協力し合って、えっさほいさと雪かきに汗を流し。

普段あまりお話をする機会のない方々とも無事を確認し合う喜びを得られ、地域のつながりのありがたさに、改めて感謝の思いでいっぱいになりました。



山梨、群馬、長野などの一部の地域で、重大かつ深刻な状況に陥っていることを知ったのは、しばらく後のことでした。

集落一帯が孤立してしまっている地域もあり、凍死する方まで出ていて、命の危険が多くの方に迫っているのだと。

アンテナ工事を済ませ、テレビがつくようになり、オリンピック一色の報道にぼんやりと目をやる中で、天気予報のついでか何か、孤立地域の報せがあったのです。

文章にしてほんのわずか、家族で会話でもしていれば聞き逃してしまうほど、さらりと流されたその報せに、私は愕然としました。

どういうこと? 孤立地域って? 道路が寸断? 何がどうなっているの?

ついでの報せで知り得たキーワードをもとに、すぐにネットで調べてみると。

見捨てないでください、助けてください、という現地の方々の切実な声が、そこにありました。

オリンピック報道に追いやられ、地元以外ではほとんど報道がなされていないことを知りました。

その後、どういう動きがあったのか、おそらくは、物流の停滞による物資の不足が発生し、それほど雪の被害を受けていなかった広範囲にわたる人々にまで、にわかに生活の不利益が現実のものとなってきたからではないかと邪推しますが、ある時から不可解なほど一斉に、これらの関連報道がなされるようになりました。

オリンピック一色だった数日がなかったかのような報道ぶりで、まことに不思議な気持ちがしましたが、とにもかくにも、現実がすくい上げられたことに、ひとつの安堵を覚えました。

とは言え、天気予報のついでとして適当に扱われていた間のことは、やはり黒いしこりが胸に残ります。

山梨などの孤立地域の中には、普段10センチの積雪でも大慌てになるほど雪に慣れていない地域もあったようです。

経験したことのない悪夢にさらされ、どれほどの恐怖に身を震わせておられたことでしょう。

それを思うたび、胸が沈んでゆきました。

国のために、個人が切り捨てられる。

ようやく手放しで得られるようになった現地の情報を見守りながら、奥田英朗さんの小説『オリンピックの身代金』が、脳裏にちらついたのでした。



国家を揺るがす大規模な災害であれば、たとえそれがオリンピックの最中であろうとも、おそらく報道は事態の発生当初からすでに切実な色を見せていたことでしょう。

今回のように限られた一部の地域の被害ならば、物流の停滞などの大規模な不利益が現実に発生していない限り、当事者以外には、まったくの他人事だということでしょうか。

結局のところ、大きいか小さいか、センセーショナルかそうでないか、ということでしょうか。

しかし。

大きな災害と、小さな災害。

人の命ということにおいて、そこに一体いくばくの違いがありましょう。

小さき声を切り捨てる報道ならば、私には必要ありません。



今回の件だけでなく、ミスリードや偏向、媚び、作為的な扇動、差別に逆差別、弱者の置き去り、いじめの体現とも言える構造など、昨今の報道姿勢や想像力を欠いた世の中の風潮には、次世代、次々世代へとつなぐ未来に不安を抱かざるを得ないものがございます。

弱者や少数者の切り捨ては、いずれ、戦争の精神を生み出す種となるでしょう。

優先されるべきは、国家であり、多数の関心事なのでしょうか。

東京がオリンピックの開催地に決定した際、ひそかに憂えた私は、ややもすれば非国民と言われるやもしれません。

しかしながら、オリンピックの陰には必ず多くの犠牲が強いられてきた歴史を、やはり知っておく必要があるのではないかと思います。

2020年、被災地が置き去りにされ、弱者や動物たち、末端の労働者が当然の如く犠牲を払わされたあげく、それらの事実が表に出ることのないまま蓋をされるようなことにだけはならぬよう、拭いきれない不安の中で祈ります。

私に何ができるわけでもなく、おろおろとうろたえるばかりではございますが、声の届きにくい少数者や弱者に心を寄せる者でありたいと、子どもの時分より唱え続けてきたその思いを、改めて胸に刻む一週間でありました。



そんな折。

マリリンはと言うと、雪に覆われた日々は、やはり具合を悪くしておりましたが、その後ぐっと気温が上昇したある日の昼中、元気な表情を見せてくれました。

下痢は相変わらず治らないものの、久しぶりにのんびりとお散歩にも出かけることができました。



CIMG5451_R4.jpg



ところどころに盛り上がる雪の塊を避けながら歩いていると、向こうから杖をついて歩いて来たおばあさんが、私たちの前で、腰を反らせて立ち止まります。

きれいな真っ白い髪をふわりと揺らし、しわしわの目尻を下げて言いました。

「んまあぁ~! なんてやさしいお顔をした子なの。」

無視を決め込むマリリンの代わりに私が立ち止まり、ゆっくりと頭を下げました。



CIMG5458_R4.jpg



行く先々で「あたしゃ~ね!!」とエバリ散らしているマリ坊に、やさしい顔という表現が何だかとてもおかしくて、思わずふき出しそうになりましたが、いろいろな思いで胸のふさいでいるときに、こうした出会いは本当に救われます。

おばあさんの背中を見送りながら、覚えずまぶたが熱くなり、慌ててお散歩を再開させたのでありました。



スポンサーサイト

| つれづれ | 09:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お父さんは心配症

『お父さんは心配症』という漫画がありました。

20年以上も前の作品でしたでしょうか。

妻に先立たれた中年男性が、大事に育ててきた娘を思うあまり、娘とボーイフレンドの恋路を徹底的に妨害しまくる、というお話。

この妨害というのが、とんでもない。

正気の沙汰とは思えないやり方で、とにかくもうハチャメチャ。

病的なまでの心配性だから、おそらく「性」じゃなくて「症」なんじゃないかと思います。

私がこの漫画を知ったのは、小学生の頃。

当時大好きだった漫画『ちびまる子ちゃん』の中で、コラボ企画として『お父さんは心配症』のお父さんがゲスト登場したことがきっかけだったと記憶しています。

もはや犯罪のオンパレードであるお父さんの狂態に、「何なんだ、これは!」と衝撃を受け、以来、少しずつコミックスを集めるようになりました。



初めはお父さんだけが異常だったけれど、ほかの登場人物もだんだんキャラが濃くなり、最終的には、さわやか好青年だったボーイフレンドまで、お父さんの世界に引きずり込まれます。

そして、彼女に危険が迫ると、これまで反目し合っていたお父さんといきなりタッグを組んで、彼女を守ろうと暴走を始めるんですよね。

天才的なまでの馬鹿さ加減。

その世界に当時の私は見事にはまってしまい、次から次へと容赦なく襲ってくる笑いに、息を吸うのが間に合わなかったほど。

病気でふさぎがちだった気持ちを、ひょいと救ってくれた漫画でありました。



とても少女漫画とは思えないこの作品が、あの雑誌『りぼん』に掲載されていたのだから驚きです。

小学生ながらに、「こんな破壊的な作品を世に出していいのか?集英社は一体どうしちゃったんだろう。」などと本気でその行く末を案じたものであります。

作者の岡田あーみんさんは、今は漫画を描いておられないのかな?

長い年月が過ぎて、今では集めたコミックスの行方もわかりませんが、思い出したら猛烈に読みたくなってきました。

果たして、今の私が読んでも、あの頃の爆笑はよみがえるのでしょうか。




CIMG5298_R4.jpg




で。

だいぶ前置きが長くなりましたが、ま、「うちのお父さんも心配症」という話ですよ。



最近こそ、病院に行くか様子を見るかの判断を冷静に自分たちでできるようになりましたが、マリリンが家族になってから1年くらいは、まあひどいものでした。

ちょっとしたことを発見しては、異常事態!異常事態!と青ざめて。

父ちゃんは、マリリンを撫でたり一緒に遊んだりしながら、彼女に関する問題を、びっくりするくらい頻繁に見つけるのです。

問題と言っても、父ちゃんの中で引っかかったこと、というだけなんですけどね。

あれは大丈夫か。これはおかしいんじゃないか。

しまいには、いつもより長い時間寝ているだけで、一体どうしちゃったんだろう・・・とソワソワ。

眉間にしわを寄せてじっくり観察し、膨大にあふれる犬の本を手当たり次第に引っ張り出して、あーでもない、こーでもない、と一人で会議をしています。

あのひどい犬嫌いだった彼がそんな風に変貌してしまうとは、あきれた衝撃でした。

そして、本で回答が得られないとなると、すぐにでも病院へ。

先生に、あれやこれやと聞くわけです。

かかりつけの先生は、マリリンも慕っている女性の先生で、何でも優しく教えてくださいます。

しかし、その頻度がハンパないことと、ひとつひとつの質問のくだらなさからでありましょう、当時、どうやら私たちはヤバイ夫婦だと思われていたようです。

先生は、診察室のドアの中央にくり抜かれた小窓からチラッと待合室を覗き、私たち夫婦を発見すると、明らかに笑いをこらえておりました。



そんな風に、マリリンという存在にまだ慣れず、あたふたと暮らしていた、ある日のこと。

口の奥のほうにピンク色のできものがある!!と病院に駆け込みました。

「どれどれ・・・」

口の中を覗き込む先生。

ゴクッと唾を飲みこむ私たち。



・・・・・・。



「あ、模様です。」

「・・・は!?」

「あの・・・口の中の模様みたいなものですよ。」



うつむいて視線をそらし、緩んでくる口もとを必死に抑えながら、小さな声でそうおっしゃいました。

私たちは、あまりの恥ずかしさに、「あ、やっぱりね。」と涼しい顔でつぶやくと、「えへへ。じゃ、また~!」と一目散に待合室へ駆け戻ります。

帰りの車内では、いま病院に行って来た事実などなかったかのように、違う話題で取り繕い、ぎこちなく会話を交わし合った父ちゃん母ちゃんでありました。




CIMG4224_R3.jpg
「父ちゃんね、あたしのことが心配でたまらないんだって。 や~ねぇ。」




ま、そういう母ちゃんも、マリリンが家族になったばかりの頃、「先生!顎の下にシコリができてます!!」と血相を変えて飛び込んで、「あ、ヒゲの毛穴ですよ。」と言われたことがありますがね。







そんな父ちゃんは、今年の節分も、



CIMG5364_R4.jpg

鬼をがんばりました。






CIMG5362_R4.jpg
マリ 「父ちゃん、どしたの? なんかつらいことでもあったの?」



| マリリンの暮らし | 08:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

神社の犬

初詣に行く神社は、境内に犬が入れないため、毎年マリリンに留守番をさせている。

この留守番が、私たちの中で、精神的になかなかの負担だった。

遠方からも参拝客のある、大変混雑する神社であるため、順番待ちなどで時間がかかると、どうしてもマリリンのことが気にかかる。

正直なところ、順番がまわってきた時点では、お参りよりも何よりも、マリリンに会いたい、早く帰りたい、とにかく今すぐ帰らせてくれ、という思いで頭を占められてしまうのだ。

そのようなぞんざいなお参りをするくらいなら、いっそのこと違う神社に変更して、マリリンも連れて行ったほうがいいじゃないか、ということになった。

で、今年の初詣は、犬も入れる神社を探し、訪れた。

外の道路まで延々と伸びる長い列に並び、ようやく境内に入ると。





CIMG5160_R4.jpg

神社の犬が寝ていた。



この日は元旦とあって、ものすごい混雑。

警備員さんの指示に従い、みな列に並んで自分の番を待つ。

長い時間をかけてようやく参拝を終えた人のほとんどが、お守りなどの売り場へ、順繰り歩みを進める。

売り場のすぐ横に犬がいるため、目的のものを買い終えた犬好きが、初詣を無事に済ませた解放感も手伝ってのことか、次から次から撫でまくる。

素性の分からぬ人間たちに、好き放題に手を伸ばされ、彼らの連れた犬たちからは、キャンキャンと吠えたてられて。

その明らかにうんざりした様子に、少し笑ってしまった。

私たちも厄介な参拝客の一員であり、触れはしないものの、挨拶せずにはいられない。

マリリンは、神社の犬(略して神)に同情し、ため息まじりに声をかけているようだった。



CIMG5164_R4.jpg
マリ 「アンタ、これじゃ大変だね。疲れが全身に出ちゃってるよ。」

神 「まあね。もう、うんざりです。これから1週間は地獄だと思ってます。」



CIMG5167_R4.jpg
マリ 「神なのに?」

神 「神だって何だって、地獄だなって思うときくらいありますよ。」



CIMG5168_R4.jpg
マリ 「あたしもアンタをうんざりさせる、元旦に押し寄せた一匹でごめんよ。」

神 「犬はまだいいんです。そこにいるだけだから。人間なんか見てごらんなさいよ。あれやこれやのお願いばっか押しつけて。お願いって言うかね、もはやお願いを通り越して、ぜってー叶えろよ!みたいな脅迫じみてるやつとか、おまえそれただの欲だろってやつとか、いろいろでね。毎年この時期になると考えちゃうんですよ、神って何なんだろうなんて、アイデンティティ的なこと。やっぱね、神も寝なきゃだめ。大晦日から不眠不休だからね、マイナス思考が染みついちゃって、鬱々とするばかりなんですよ。」



CIMG5165_R4.jpg
マリ 「あのね、そんなときに悪いんだけど。」

神 「ヤな予感。」



CIMG5166_R4.jpg
マリ「今年も美味しいものいっぱい食べられるようにね、ひとつお願いしたいわけ。」

神 「・・・・・・。」



CIMG5139_R4.jpg
一瞬にして心のシャッターをピシャリと閉めた神、いや神社の犬に、軽い不安を覚えるマリリンであった。



1月も終わりを告げ、今頃はあの犬も思う存分、身体をのばしているだろうか。







さて、我が家のマリリンは、お察しの通り、火曜日からの寒波の影響をダイレクトに受けている。

期待を裏切らない犬だ。

再び下痢の気配がもたげてきたところへ、どうやら今度は、腸内で出血を起こしているらしい。

それは、ようやく下痢が止み、しばらくぶりに訪れた安堵に満たされていた私たちを、いりいりと指先で弄ぶが如く、目の前に、新しい不安を連れて来た。

あらゆる暗鬱な予感は、ひとまず、胸の外に置いておこう。

私たちは、黙して受け入れ、静かに闘いの準備をするまでだ。


| マリリンの暮らし | 10:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

春を恋う

メッセージを頂戴しておりますみなさま、本当にありがとうございます。

お返事を差し上げておりませんゆえ、毎度毎度、無視しているような感じになってしまって心苦しいですが、この形で今後もやってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

やさしいお言葉、寄り添うお気持ち、本当にありがたく、いつもパソコンの前で頭を下げながら大切に拝読させていただいておりますことを、心からの感謝を込めて、ここに記させてくださいませ。



自分の中でブログのあり方を変え、各方面への制限をできるだけなくし、この場所を解放と自己研鑽の場と位置づけ、自由な思いを書くようになって以来、言葉に救ってもらう瞬間が増えてまいりました。

つらいときほど、目を背けずに、ずいと自分の内へ踏み込んで、それを言葉に映し、紡ぎだす。

そうすることで、内在するあらゆる混沌が、初めて昇華されてゆくように思います。

胸の奥に生まれたある種の充実した思いが、身体のすみずみをゆっくりと満たし始めました。

今の私にとって、必要な場所であり、必要な過程であるのだろうと感じております。




CIMG5330_R4.jpg




マリリンは、一進一退の状態を過ごしておりました。

前回の更新からしばらくして、ますます症状がひどくなり、奇妙に変色した下痢便が、四六時中おむつを濡らしました。

具合悪い~!と歩きまわることすらなくなり、ぐったりと一日じゅう横たわるばかりで、一時はとても心配し、おろおろうろたえ、何度も病院へ。

その後、暖かい日が続いたことが良かったのでしょうか、下痢がようやく落ち着きを見せ、マリリンにも表情が灯ってまいりました。



最も悪化した日などは、鷹揚に構える余裕が失われ、この手から次第に“大丈夫”が離れてゆこうとするのを感じておりました。

けれども、そのたび自分を奮起させ、しっかり母を取り戻し、どしりと構えます。

途中、私もいつもの頭痛に見舞われ、嘔吐の限りを尽くし、なんだか目もあてられない状況となりましたが、今朝は、嵐が過ぎ去ったように落ち着いております。



神経、肝臓、胆のうなど、いろいろな症状が、我も、我も、と顔を出し、この子を苦しめているようです。

しかし、それも、この冬という季節がたぶんに関係しているように思えてなりません。

てんかんはありがたいことに落ち着いておりますが、体調不良の影響か、尿のペーハーが高くなり、結晶も目にするようになってしまったので、石に変化しないよう、用心しております。

具合の悪い状況でも、相当量の水分を毎日とらせなければならず、それが非常につらいところでした。

とりあえず、内臓関係やストラバイトは、月一のエコーで状況を把握しながら対応するとして、とにかくマリリン自身の体力のために、このまま下痢がぶり返さないことを願います。

また強い寒さが戻るとだめかもしれないので、油断せず、けれど楽観した望みをもって、前に進みたいと思います。



マリリンの表情が和らぎ、こうして回復の兆しが見えてくると、家の中の温度まで違ってくるようです。

穏やかな時間のありがたさが、しんしんと沁みてきて。

すっかり軽くなってしまった小さな身体を、両の腕ですっぽりくるみ、せつない温もりに顔をうずめます。

生を実感し、噛みしめる毎日です。



ある方から、いつもマリリンを見るたびにアンパンマンの歌が頭を巡ります、とのお言葉をいただきました。

「そうだ うれしいんだ 生きる喜び たとえ 胸の傷がいたんでも」

どくんと胸を突かれる思いに、思わず視界が滲みます。

マリリンがのびやかに、のどを震わせ歌っている様子が、ありありと目の前にひろがるようです。


| マリリンの暮らし | 09:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。