今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

動物愛護法の改正案について

先日、動物愛護法の改正案骨子が公開されましたね。

今回の改正、もう少し早く議論が進められる予定でした。

しかし、昨年、菅内閣から野田内閣へ交代したことにより、大幅な人事異動や組織再編があったため、愛護法の会議が何か月も休止してしまい、議論の時間が十分でなかったようです。

動物たちにとっては、一日、また一日と苦しみが続くのだから、政治のゴタゴタで議論が不十分とか、ほんとやめていただきたいです。


今回の改正案で注目されているのが、こちら。

『犬や猫の殺処分ゼロに…民主WTが愛護法改正案』

犬や猫の殺処分ゼロを目指すため、民主党の動物愛護対策ワーキングチーム(田島一成座長)は31日、自治体がペット業者などから犬猫の引き取りを求められた際、理由や状況を判断して拒否できる規定などを盛り込んだ動物愛護法の改正案をまとめた。

今後、党内了承と野党との協議を経て、議員立法で今国会への提出を目指す。

環境省によると、2010年度の犬猫の引き取り数は24万9474匹、殺処分されたのは20万4693匹にのぼる。こうした状況を改善するため、現行法は「所有者から求められた時は、自治体は引き取らなければならない」という引き取り義務規定を、改正案では、十分な理由がない場合や業者などが譲渡先を探す努力をしていないと判断した場合、自治体側が拒否できるようにする。
(5月31日読売新聞より)

殺処分、2010年度だけで20万4693匹ですよ。

これほどの犬猫たちが、苦しみながら命を終えていったという現実に、言葉がありません。


そして、この改正案ですが。

行政が引き取りを拒否すれば、動物を持ち込んだ業者が、里親を探すか、もしくは最期まで責任を持って飼うかするだろう。

飼い主からの持ち込みについても、棄てるのを考え直し、里親を探すか自分で面倒をみるかするだろう。

そんな風に考えて、この改正案になったのでしょうか。

でも、業者や動物を棄てに来る飼い主が、改心するとはとても思えないのですが。

行政が引き取ってくれないなら、山などに棄てられる子が増えないでしょうか。

大量の動物が、その辺に放置されることにならないでしょうか。

その子たちが避妊去勢をしていなければ、悲しい命が増え、惨い死に方をする命が増えるのではないでしょうか。

その辺に棄てなかったとしても、ご飯を与えず餓死させるような業者もあるでしょう。

彼らは、そのようなことをやりかねません。

業者や一般市民に対する教育、そしてぎゅうぎゅうに締め付けるくらいの規制をしなければ、いつまでたっても日本は変われないのではないでしょうか。

今回、出口にストップをかけるならば、蛇口のほうにも必ずストップをかけていただきたいと思います。



そして、もうひとつ。

『生後56日未満の犬猫は販売禁止=動物愛護法改正案―民主』

民主党の動物愛護対策ワーキングチームは31日、動物愛護管理法改正案の骨子案をまとめた。生後56日未満の子犬・子猫の販売禁止などが柱。与野党協議を経て、今国会に議員立法での提出を目指す。

骨子案では、子犬・子猫を親から引き離す時期が早過ぎると「ほえる」「かむ」などの問題行動が起こりやすくなるとの専門家らの指摘を踏まえ、欧米などに倣い生後56日未満の販売禁止を打ち出した。 
(5月31日時事通信より)


またこんな曖昧なこと言って~(>_<)

どうして素直に、56日未満は親と引き離さない、としないの?

販売だけ禁止したのでは、きっと変わりませんよ。

たくさんの人が、ありったけの思いを込めてパブリックコメントしたんだけどな。

どうして?なぜなの?

今こうしている間にも、動物たちは苦しんでいます。



さらに、もうひとつ。

これは、『AERA』の最新号に載っていた記事です。

書いたのは、太田匡彦記者。

この方は、『犬を殺すのは誰か』の著者ですね。

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇犬を殺すのは誰か ペット流通の闇
(2010/09/17)
太田 匡彦

商品詳細を見る



今回のAERAには、「削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗」というタイトルで記事を書いておられます。

改正案で大きな論点のひとつだった、実験動物の問題。

与党の改正案骨子から、「動物実験の3R原則の義務化」や「第三者機関による監視制度あるいは行政に立ち入り権限を付与」、「実験者・施設の登録と情報公開の義務化」  は削除され、動物実験に関する条文については手をつけないという結論に至ったそうです。
(3R原則とは、代替法の使用、使用数の削減、苦痛の軽減)

日本では、医薬系ほか、化粧品やシャンプーなどの日用品に至るまで、あらゆるものに対して動物を使った実験が行われております。(動物実験を自主的に廃止している会社もあります。)

しかし、動物実験を規制・チェックする法制度がまったくありません。

どんなやり方でどういった実験が行われているか、その情報を公開する義務もなく、闇の中で、野放しに行われています。

登録または資格が不要で、情報公開の制度もないのは、先進国の中では日本だけだそうです。

今回の当初の改正案には、「動物実験の3R原則の義務化」と、「第三者機関による監視制度あるいは行政に立ち入り権限を付与」、「実験者・施設の登録と情報公開の義務化」となっていたけれど、議論が進んだところへ、医系議員を中心に猛烈な抵抗が出たようです。

その結果、医系議員が、動物愛護系議員を黙らせ、実験動物についての法改正は何も行われないことになりました。

1999年、2005年にも同じ議論がなされましたが、毎回見送りになっているようです。

これだけ抵抗し、実験に関する一切の情報公開をしないということは、日本において、いかに凄惨な動物実験が行われているかを示しているのと同じです。

また世界中から非難の声が強まるでしょうね。

メディアももっと報道してください。

まずは、知ることから。

どうか、お願いします。





マリリンは、今日も元気にしておりますよ~♪

CIMG7472_R.jpg
昨日は雨でしたが、体調は悪くならなかったようです。


CIMG7477_R.jpg
甘えん坊が炸裂


CIMG7478_R.jpg
「政治家の人たち~!あたしたちの命のこと・・・」


CIMG7479_R.jpg
「考えてよ~~~!!」


CIMG7480_R.jpg
「しっかりしなきゃ、お尻ぺんぺんよ~!!」


読んでくださってありがとうございます。
無垢なこの子たちの命を、守らねばなりません。
諦めずに、地道に訴えてまいりましょう。

応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| つれづれ | 08:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。