今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

共通点ありすぎ!ダックスのマリリンちゃん♪

CIMG7484_R.jpg


今日は、マリリンの不思議な出会いのお話です。


先日、ある方から、ブログのメールフォームを経由して、メールをいただきました。

初めは、ブログに対する厳しいご意見かと思い(笑)、びくびくしながら読み進めた母ちゃん。

すると、たまたまフィラリアについて検索していたところ、このブログにたどり着いたとのことで、大変驚いていると書かれておりました。

マリリンちゃんに、1年前にお会いしているかもしれません、と。

1年前、私たちはマリリンの車いすをつくっていただこうと、ポチの車いすさんの、車いすオフ会に参加いたしました。(それについてはこちらこちらをご覧くださいませ。)

このオフ会は、もう一人の車いす職人さんと一緒に共同開催されているものだったのですが、今回メールをくださったのは、その職人さんの奥様だったのです!

そして、その奥様は、Happy Pawsという動物保護団体の預かりボランティアさんとのこと。

Kiccoさんというお名前で、ブログを書いておられます。

こちら、かん太とマフィンとミーシャの毎日&お預かり犬ステイ日記をどうぞ

思いがけないご縁にうれしくなっていると、さらに驚きの事実が。

なんと、Kiccoさんが3月から預かっておられる子も、「マリリン」というお名前なんですって!

熊谷保健所に収容されていた、ミニチュアダックスの女の子。

しかもしかも、そのマリリンちゃんも、下半身麻痺の状態で保護されたのです!

旦那様が作った車いすでのリハビリの甲斐あって、現在では麻痺から解放され、車いすなしで歩けるようになったとのことでした

オフ会の時にいたうちの子がマリリンという名前とはご存知なかったそうです。

ダックスのマリリンちゃんは、Kiccoさんが初めて暮らしたワンちゃんがマリというお名前だったそうで、そのマリちゃんから名前をもらって付けたんですって。

不思議な偶然とご縁にもうびっくりです。

ちなみに、このダックスのマリリンちゃん、なんと里親様がつきました~!!

明日の日曜日、大阪に旅立ちます!!

よかったよ~

感激で胸がいっぱいです。

すべてを受け止めてくださる里親様のもとで、新しい生活がスタートするマリリンちゃんを応援してくださいね



で、ダックスのマリリンちゃんとうちのマリリン、実はもうひとつ共通点がありました。

これはうれしくないことですが、ダックスのマリリンちゃんもフィラリア陽性なのです。

もう~、そんなところは似なくていいのに~

それでですね、今回Kiccoさんがメールをくださった一番の理由が、フィラリア治療のお話。

以前、我が家はある病院で新しい治療法があるというお話を伺ったのですが、すごく魅力的なお話である一方、不安材料もありまして、その治療法を躊躇していたのです。

大きな不安は、てんかんや肝臓のこと。

その治療法は、1か月薬をのみ続け、2~3か月休み、また1か月のみ続け・・・と繰り返すものなので、てんかん持ちのマリリンがそれに耐えられるかが心配でした。(薬という異物が体内に入ることで、発作が起こりやすくなるということがあるので)

また、肝臓の数値がすぐに上がってしまうマリリン。

薬をのみ続けるというのは、肝臓に相当な負担がかかるのではないか、ということも心配でした。

前にお話を伺った際、その辺りの不安が払拭できず、また、まだ文献や症例も少なく研究段階にある、ということもあり、これまでやっていた消極的な治療法で安全にいったほうがいいだろう、と結論を出していたのです。

しかし、Kiccoさんの保護団体の子たちは、皆その新しい治療法に挑戦して、7~8か月で陰転しているとのことでした。

ダックスのマリリンちゃんも、現在治療中で、大阪に行ってもその治療法を続けるそうです。

身近にこんなに多くの症例があったことに、夫も私も驚くとともに希望の光が見えたような気持ちになりました。

その後、人様のブログをあれこれと拝見させていただき、この治療法に挑戦したというワンちゃんの数こそ少ないものの、どの子もみな陰転した、といううれしい報告がなされていることを知りました。

飼い主さんは、みなさんフィラリア症についてそれはそれは詳しく研究なさっております。

そういったことからも、私ももっとフィラリア症を学びたいという思いが湧いてまいりました。


Kiccoさんが、その治療法に明るい専門医を紹介してくださったので、6月中に一度そちらでお話を伺って来ようと思います。

マリリンの現在の状態を診ていただき、先生のご判断を仰ぎ、また私たちがそれに納得できましたら、治療を開始しようと思っております。

それまでに、フィラリアを一から勉強し直して、疑問点を出し尽くし、診察の際に一通り確認できたらいいな、と思います。

このブログでも、フィラリア症についてご紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ


ふぅ~。

あれやこれやと考える私たちをよそに、当の本犬は、この表情。


CIMG7482_R.jpg
「なんかいろいろ大変そうね~。」

アンタのことをやってんのよ~


CIMG7481_R.jpg
「あっそ。それはごくろうさま。」

キーーーッ


CIMG7483_R.jpg
「母ちゃん、反応がイチイチ大人気ないよ。」

・・・・・・


こんな感じで、今日もマリリンは元気でございやす。

朝から雨ですが、体調が悪い様子もありませんので、一安心です♪


読んでくださってありがとうございます!
同じ名前、同じ境遇、同じ病気と、共通点のありすぎるダックスのマリリンちゃん。
この不思議な出会いに、心から感謝しております。
明日のマリリンちゃんの新たな旅立ちに、どうかみなさん応援をお願い申し上げます!!
マリリンちゃん、幸せになるんだよ~♪
こっちのマリリンも、がんばって虫さんをやっつけるからね!

マリリンちゃんとマリリンに、ポチッと応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



| フィラリア | 13:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。