今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フィラリア検査あれこれと、うなだれマリリン




週末、マリリンはかかりつけの病院へ行ってまいりました。

目的は、フィラリアの検査。

近々専門医に診ていただくにあたって、もう一度きちんと検査をしておこうと思ったのです。


CIMG7687_R.jpg


前回の検査からこれまでの間に、まさかの展開でいきなり陰転してたりして!

こんなに気合入れてフィラリアに挑もうとしているところ、もし陰転してたらどうすっぺ~(笑)

な~んて父ちゃんと話しながら、若干いやけっこう期待しつつ、行ってまいりました。


CIMG7686_R.jpg
このうなだれた顔

この日はとっても混んでいて、外で診察待ちです。


CIMG7688_R.jpg
「はぁ~、ここってあれよね。病院よね。」


CIMG7689_R.jpg
「誰か助けてくれないかしら。」


CIMG7708_R.jpg
「あ、隣の人が呼ばれたわ。あたしの順番は永遠に来ませんように。」


CIMG7710_R.jpg
「風さん、風さん、あたしを乗せて、お家に連れて帰ってくださいな。」


CIMG7702_R.jpg
「はっ!あれは・・・!」

突然息が荒くなって暴れ出したマリリン。

何かと思ったら、彼女の視線の先に、1匹のワンちゃんが。

病院が大嫌いのようで、ひゃんひゃん鳴きながら全力で抵抗しています。

必死の抵抗もむなしく、駐車場から飼い主さんにずるずると引きずられてこちらにやって来るワンちゃん。


どうやらあのワンちゃんの鳴きっぷりと暴れっぷりに、マリリンも刺激され、診察こわいぞ~!とビビリに火がついたようです


CIMG7690_R.jpg
すかさず目隠し。

見なかったことにしようとする父ちゃん。

いや~あの騒ぎを見なかったことにするのは、さすがに無理でしょう、と思ったら、


CIMG7705_R.jpg
見なかったことになっちゃったみたい

うわ~、単純って素晴らしい!

ビバ単純!


そうこうしているうちに、中の待合室が空きました。


CIMG7712_R.jpg
「もうだみだ~無念なり・・・。」


CIMG7713_R.jpg
情けない顔しちゃって~。

大丈夫よ、あっという間に終わっちゃうんだから♪


というわけで、ほんとにあっという間に検査終了。

陰転してたらどうすっぺ~の淡い期待もむなしく、やっぱり陽性でした。

うん、そうだよね、世の中そんなに甘くないさ。


マリリンがやっていただいたのは、フィラリアの抗原検査というもの。

このほかに、ミクロフィラリア(フィラリアの幼虫の中で、L1子虫と呼ばれるもの)の有無を調べる検査方法もありますが、精度が低いため、現在の多くの病院では、抗原検査の方法がとられているようです。


CIMG7711_R.jpg
一番上の青いポチひとつが陰性。

マリリンの場合、右下のポチも青く出ていて、写真ではわかりずらいですが、左下のポチもやや色が出ています。

右下のポチで、弱陽性。

左下のポチも色が出ていると、強陽性。

よって、強陽性に若干足を踏み入れている状態ですな、うちのお嬢様は。

ただ、強陽性だからと言って、必ずしも状態が悪いというわけではございません。

なぜなら、この検査キットは、フィラリア成虫の「メスの」分泌液に反応を示すから。

成虫のメスが出す分泌液は、1匹1匹量が違います。

なので、分泌液を大量に出すメスがいれば、数が少なくても、強陽性が出ちゃうこともあります。

逆に、分泌液の量が少ないメスがある程度の数いても、弱陽性の反応しか出なかったり。

よって、虫の数とは比例しない検査というわけです。

こわいのが、「メスの」分泌液に反応する検査だから、オスだけ数匹いても、それは陰性の反応が出ちゃうということ。

同様に、メスがいたとしても、それがまだ子どもを産める段階まで成長していない場合、陰性の反応になります。

とにもかくにも、子どもを産める状態のメスの分泌液の有無を調べる検査、ということです。

だから、陰性=虫が1匹もいない、という意味ではないのですね。

また後日書きますが、今度挑む予定の治療は、メスの生殖能力を低下させ、不妊化させる性質を持っております。

つまり、分泌液を出すメスを、オス化させてしまう、ということですね。

よって、この先マリリンが陰転したとしても、それでやった~!ではなく、油断せずに用心していこうと思います。



あっという間に診察が終わったマリリン。

大好きな先生に優しく撫でてもらって、ゴキゲンになっちゃいました♪

ね?そんなにこわがらなくても大丈夫だったでしょ?


CIMG7719_R.jpg
「フンフンフ~ン♪ルンタッタ~♪」

帰り道は、鼻歌を歌うマリリンでした


今日もありがとうございます♪
フィラリア陰転の夢はあっさり破れましたが、みんなで頑張ろう!の気持ちを改めて強く持った一日でした。
マリリンに、応援ポチよろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| フィラリア | 07:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。