今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

元気になりました!!

昨日、記事を読んでくださった方、コメントをくださった方、みなさまご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

ああいった症状は気管支炎の時で慣れてはいたものの、今回は新しい治療に挑戦し始めた初日だったので、マリリンの肺や心臓で何が起こっているのか不安で不安で、正直ひとりでは動揺しすぎて対処できなかったと思います。

ですが、みなさまにマリリンの状態をお伝えすることで、なんだかこの家の中でみなさまと一緒にマリリンを看病している気がして、本当に心強く、彼女の身体の状態をよく観察していれば危険かどうかの判断はできるんだから動揺するな!と構えることができました。

本当にありがとうございました

おかげさまで、昨日お昼前に起きてきたマリリンは、だいぶ体力が回復したようで、オムツを替えた後はえへへと笑いながら遊んでおりました。


CIMG8022_R.jpg

CIMG8021_R.jpg


せっかく体力が戻ったところ、また薬を投与するのは鬼じゃないかと思って、かなり躊躇しました。

具合が良くなった今だから直視できる写真ですが、一昨日はずっと



こんなに苦しそうにしていましたから(;_;

またこうなってしまうかもと思うと辛かったのですが、でも、今回の治療がだめならフィラリアは進行するばかり。

だから、本当にこの薬の副作用かどうかを突き止め、副作用ならば病院で相談し、なんとか薬の変更等の対策をしなければなりませんから、もう一度だけ、もう一度だけ挑戦してみようと決めました。

マリリンは神経質で、前回、ご飯に変なもの(薬)を混ぜて食べさせようとしたということが精神を不安定にさせた可能性があるので、昨日は、彼女の大好きなバナナに薬を押し込み、「バナナン バナナン バ~ナ~ナ♪」と歌いながら食べさせたら、大喜びでペロリ

ひとまずホッとし、粉薬のほうはご飯にかけて祈るような気持ちであげると、こちらは気づかず食べてくれました。

さあ、この後どうなるか・・・とドキドキしていると、マリリンが「あれ?」といった感じで立ち上がり、何か違和感を感じてこちらをチラチラ見ています。

あぁ、だめか・・・と思ったのですが、ふと、母ちゃんが心配そうにすると本犬も具合悪い気がしてきちゃうのかも、と思い直し、ここはひとまず母ちゃんがリラックスすることに。

思い立ったのは、よく聴いている音楽をかけること。

大好きな楽曲が聴こえてくると、スーッと緊張が解け、強張っていた身体中の筋肉がほぐれていきます。

すると・・・

違和感を感じて歩きまわり始めていたマリリンが、ふと立ち止まり、母ちゃんと目を合わせ、ストンッと伏せたのです!


CIMG8031_R.jpg


CIMG8028_R.jpg


CIMG8032_R.jpg


「マリ~(>_<)」と大喜びしそうになりましたが、刺激するといけないので、ぐっとこらえてニッコリ見つめる母ちゃん。


CIMG8026_R.jpg


CIMG8034_R.jpg


CIMG8035_R.jpg


CIMG8037_R.jpg


うわ~ん!大丈夫でした~!!


この後、いきなり巨大なゲップをして、あまりの巨大さに本犬も驚いたらしく、目をパチクリパチクリ

CIMG8027_R.jpg
驚いた瞬間が↑コレです

やっぱりちょっと気持ち悪いんですかね、たびたびゴゴゴッという音とともに身体を揺らしてゲップをしておりましたが、でも、一昨日のようなひどい状況と比べたら、全然平気な様子!


CIMG8042_R.jpg
母ちゃんが近づくと、すぐにゴロ~ン。


CIMG8040_R.jpg
目の色や顔色も、いつも通りに戻ったようです。


CIMG8039_R.jpg
「ふぅ~、疲れたぁ~。」

そうだよね、前日があんなだったんだから、まだ疲れが残っているよね。

母ちゃんがずっとついてるから、よく休みなさいね。

この後、

CIMG8044_R.jpg
いつもの姿勢で眠りに落ちてゆきました。

この腕、疲れないのかね^^;


で、マリリンが眠ると、母ちゃんは狭山の病院に電話。

先生はお忙しいでしょうから、受付のおねえさんに、先生への伝言をお願いしました。

ご心配をおかけしたことの謝罪と、今日は問題なかったことのお礼を伝えると、なんだかいきなりホッとしちゃって、電話を切ってからしばらく涙が止まりませんでした。

これから陰転までいろいろあるだろうけど、なんとかここを乗り切ってくれたから、どこかでもう大丈夫という気がしております。

この治療が続けられそうなことに、ありがたい気持ちでいっぱいです。

一緒に見守り、応援してくださったみなさまに、心から感謝申し上げます。

これからまた、彼女の様子をご報告していきますので、どうかマリリンを見守ってやってくださいませ


読んでくださってありがとうございます。
昨日の夜、そして今朝と薬をのませましたが、今も元気にゴロゴロしております
本当にありがとうございました!
今後とも、どうかマリリンの応援、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



| フィラリア | 10:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。