今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリ坊ちゃんの切ない事情




一昨日の日曜日、父ちゃんは休日出勤でした。

このところ忙しくて平日の夜もゆっくりできず、ちょっぴり寂しそうなマリリンです。


CIMG8275_R.jpg
「父ちゃん、日曜日なのにお仕事なの?」


CIMG8273_R.jpg
「あたしを置いて?」

父ちゃんね、大変なんだよ。

7月いっぱいくらいで落ち着くみたいだから、もうちょっと我慢してね。


CIMG8280_R.jpg
「やだ!って言ったらどうなるんだろう。」


CIMG8277_R.jpg
「あたし職場に乗り込んじゃおうかしら。」

こらこら、やめなさい。

ただでさえ、すでに乗り込んでいるらしいよ、マリリンの「毛」が

スーツや鞄にくっついているようで、椅子とかにけっこう散らばっているんだって(笑)

でも、マリリンがいきなりヒョコヒョコと職場に登場したら、衝撃的だろうねぇ。


CIMG8285_R.jpg
「そうかなぁ。あたしけっこう役に立っちゃうかもよ?肉球でハンコ押したり、会議に出てみんなを和ませちゃったりさ。」

和ませるって意味では、最高に力を発揮するだろうねぇ、マリリンは

昔、長野県の高校で生活し、職員会議にまで出席していたクロというワンちゃんがいたけれど、マリリンも同じように会議に出席したら、活躍しちゃうかもね


ところで、マリリンには日頃、少々切ない事情があるんです。

それは、身体がかけないこと。


犬は、後ろ脚を使って、背中や首や脇腹をかきますよね。

マリリンは下半身が動かせませんので、自分ではどこもかくことができません。

彼女が来たばかりの頃は、イマイチよくわかりませんでしたが、最近は、どこかが痒いらしいといったことが何となくわかるようになってきました。

なので、それを察知すると、父ちゃんか母ちゃんが彼女の代わりにかいてやるのです。


CIMG8287_R.jpg


もっと右とか、もっと左とか、いろいろとあるようで、彼女の反応を見ながら、痒い場所を探っていきます。


CIMG7607_R.jpg
「もうちょっと右だよ~!あと、もっと下!」


そして、ピタリとくるところを探し当ててかいてやると、


CIMG7605_R.jpg
こんな気持ち良さそうな顔に


CIMG8286_R.jpg
黒い唇をイーッと思いっきり引いて、ふは~~~って顔をするんです。

頃合いを見てこちらがやめると、


CIMG8289_R.jpg
「ちょっと、もう終わり?」と目で訴え、ガブガブ空中を噛むマネをして、「もっと~!」とアピールします。

痒いのにかけない不快さったらないと思うので、要求が止むまでかいてやる父ちゃんと母ちゃんなのであります。


もし後ろ脚が使えるようになったら、思いっきりかきたいね。そんな日が来るといいね、マリリン♪


CIMG8295_R.jpg
「え?こうやって父ちゃんと母ちゃんにかいてもらうから、あたしは別にいいんだけど?」

いや、こっちもね、そんなにいつでもどこでもかけるわけじゃないし、カユカユ信号の察知態勢も万全じゃないもんで


マリリンと出会って生活を共にするようになり、腰から下が動かせないというのは、日常生活の中で様々な影響を及ぼすんだなぁ、ということを実感しております。

もちろん、五体満足であれば生活にも身体にも支障が出ず一番いいのですが、こうして自分に与えられた運命を丸ごと受け入れ、清々しい顔で生きる彼女を見ていると、どんな状況でも明るく過ごすことのできる犬のたくましさを思わずにはいられません。

自分がおかれている環境や現実を率直に受け入れるって、人間にはなかなか難しいことだと思うんですよね。

母ちゃんもそうですが、ひどく辛い思いをすれば、「なんで自分ばかり・・・」って思っちゃう。

進学、就職、結婚など、様々な人生の岐路においてスムーズに歩みを進めている人を羨んでしまうし、自分の生活や身体に対し、なぜ自分はこんな状況に置かれているんだ、と思ってしまう。

何年か前まで、そんな風に考えてしまうことの多かった母ちゃん。

でも、父ちゃんと結婚し、「すべては自分が選択してきたこと。自分が決めたことに責任を持たなきゃいけない。」ということを教えられ、そしてマリリンがやって来ることで、その眩しいほどの明るさに、自分の運命を丸ごと受け入れ、その中で精一杯輝いて生きることを教えられました。

彼女と生活するようになってから、マイナス思考に陥ることがぐーんと少なくなった母ちゃんです

マリリン、あなたの姿にこうして人間が勇気をもらっているよ。

背中ならいくらでも母ちゃんがかくから、ずーっと元気な姿を見せてちょーだいね


CIMG8285_R.jpg
「じゃあ、今ちょっと首の後ろかいてくれる?」

はい・・・


今日もありがとうございます♪
自分が五体満足でいられるのも、たまたまその身体を与えてもらっているだけ。
それを当然だと思っちゃいけないなぁ、と思う今日この頃です。

痒いところを探し当てた瞬間の、「そこだーーー!」というマリリンの目の輝きに(笑)ポチッと応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの特性 | 08:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。