今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

歯医者の思い出





少し前から、歯医者通いをしています。

歯医者通いをしていない時期のほうが少ないんじゃないかというくらい常にお世話になっているので、歯医者の雰囲気には慣れておりますが、しかし治療の痛みはこの年になってもこわく、イヤなものです。

昨日も歯医者の治療台に乗り、まな板の上の鯉状態で身を任せていると、ふと、子どもの頃に通っていた歯医者の先生のことを思い出しました。

私のふるさとである長野県の歯医者です。

歯が弱く虫歯が多かったので、乳歯が生え始めた頃からずっとその先生にお世話になっておりました。

歯磨きは昔からかなり丁寧なほうだったと思います。

大人になった今も、特に夜の歯磨きは相当念入りです。

そうやって注意していても、子どもの頃から常に虫歯がつきまといます。



その先生は、私が子どもだった当時はまだ若かったですが、とても人気があり、いつも地元の患者で待合室があふれておりました。

冗談を飛ばすようなタイプではありませんし、特別ニコニコと優しいというわけでもありませんが、とにかくひとりひとりの歯を自分の歯のように考え、大事にしてくださいます。

子どもがお好きなようで、私のこともいつもかわいがってくださいました。

が、そこは泣き虫の私。

先生のことは大好きだけれど、いざ名前を呼ばれて診察室に入ると、「こんにちは」と迎えてくださる先生の目を見つめたまま、うぅ~~と立ち尽くし、恐怖で涙がとまりません。

「そんな切ない顔されたら、先生もつらいなぁ」とやさしく声をかけられると、さらに涙がぽろぽろぽろぽろ^_^;

申し訳ないとは思うけれど、どうしても怖いのです。

やさしい助手のお姉さんに頭を撫でられながら治療が始まると、頭の中は真っ白。

先生は、「痛かったら手をあげてね」と声をかけてくださいますが、治療が上手なのか実際には我慢できないほどの痛みを味わったことはないので、一度も手をあげたことはありません。

あ、いや、一度だけありました。

真剣に治療をする先生の厚くて大きな手が、私の顎を押し、それがどうにも痛くて遠慮がちに手をあげたことがあります。

「え!今痛い?痛い治療していないけど・・・」と驚く先生に、「これが痛い・・・」と顎の上の先生の手を指さし、思いきり笑われたのでした。

そんな風に、治療はいつも順調に終わり、先生は私の手をつないで、待合室で待つ母のもとまで連れて行ってくれるのです。

困り顔の先生に手を引かれながら、涙で顔をぐしゃぐしゃにした私を見て、母は苦笑しながら「よしよし」と迎えてくれました。



そんな私も年を重ね、小学校、中学校、高校と進学し、高校卒業と同時に上京。

いつしかその先生の治療を受けることはなくなりました。

上京してからこれまでに、引っ越すたび数々の歯医者に通いましたが、やはりあの先生のような方にはなかなか出会うことができずにおります。

実家で暮らす母は、今も変わらず先生に診てもらっているようで、30年以上のその信頼が、母の歯を見事にきれいに保ってくれています。



子どもが大好きな先生が、私と似たような年齢のお子さんを事故で亡くされていたと知ったのは、私が高校生の頃でした。

先生、元気かな。

今も、大きなあったかい手で、小さな子どもの手を引いているのかな。

定期的に歯医者通いが始まると、いつもそんなことを思い出すのです。




さて、マリリンですが、おかげさまで昨日の夜から身体を動かすようになり、今朝は元気に起きてくれました!

朝ごはんを食べる頃には、こんな顔!


CIMG9726_R.jpg
母ちゃん、いつもなんも考えないで写真撮るので、逆光的な?変な暗さで見づらくてすいやせん^^;


CIMG9727_R.jpg
「ごはんだーーー!母ちゃん、はよ持ってこーーーい!」


CIMG9733_R.jpg
「昨日は無表情だったあたしだけど、今日は笑顔も見せちゃうわよ!」


CIMG9728_R.jpg
「あらよっと!見事なひねりっぷりでしょ?体操選手になれるかしら


CIMG9731_R.jpg
「あたしも行ってみたいな~、ロンドン♪」


CIMG9737_R.jpg
「今日は監視業務も再開しちゃうわよ。」


CIMG9738_R.jpg
「ロンドン行ったら、どんなワンちゃんがいるんだろ~。」


CIMG9745_R.jpg
「犬同士も英語で話すのかしら。ジェスチャーでいけるわよね。」

朝からロンドンに思いを馳せるマリリンでした



読んでくださってありがとうございます。

いくつになっても、歯医者さんってこわいものですよね。
記事に書いた先生の治療は上手でそれほど痛かった経験はないのですが、ただひとつ、幼心に不満だったことがありまして。
それは、「あと3つ数えたら終わるよ~」と言いながらウィーンとやっているときの、「3」が来るのが遅いこと遅いこと(笑)
「い~ち、に~い、さ~~~~~~~・・・」ってどんだけの肺活量じゃい!と思わず突っ込みたくなりました。
今も、治療中に時折そんなことを思い出し、うっかりふき出しそうになるのです。

おかげさまで、マリリンは元気が戻りましたので、大丈夫だと思います♪
とっても気持ちよさそうに外の匂いを嗅いでいるマリリンに、ポチッと応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

~本日、コメント欄お休みしております~

| 私のこと | 09:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。