今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

思うこと、少し

CIMG0135_R2.jpg


みなさま、こんにちは~!

お盆休み、真っ盛り。

我が家は、父ちゃんがお盆関係なしなので、通常通りの毎日を過ごしております♪

ご旅行されたり、ご実家に帰省されている方もたくさんいらっしゃることでしょうね

みなさま、どうぞ楽しい時間をお過ごしくださいませ~


CIMG0137_R2.jpg



今日は、このことについて少し書きたいと思います。


兄弟犬ZIPPEIが熱中病で死亡…日テレ系「ZIP!」出演

 日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)のコーナー「ZIPPEIスマイルキャラバン」に出演していた看板犬「ZIPPEI(ジッペイ)」兄弟が、9日夕に熱中症とみられる症状で死んだことが10日、分かった。この日の番組で明らかにされた。

 同局によると、飼い主が兄弟を含む9頭の犬を連れて車で外出し、車内に残したまま車を離れた。1時間~1時間半後に戻ると、エアコンが停止し、犬たちは衰弱していた。介抱を試みたが、7頭が息を引き取ったという。

 兄弟犬と全国を巡った歌手のダイスケ(24)は「突然のことすぎて、全く頭が整理できていません。毎日毎日一緒に旅をしてくれたこと、僕と出会ってくれたこと、本当にありがとう」とショックを受けている様子だ。

 人間であれば、保護責任者遺棄致死罪に問われる事象だが、飼い主と契約を結ぶ動物プロダクションは「残念なことです。ビジネスとして(飼い主に対する)法的手段も考えられますが、あくまでも事故という認識。弊社としては法的手段は考えていません」と説明。飼い主については、「『申し訳ないことをしてしまった』と、ショックを受けていらした。直接謝罪も受けました。ご本人がつらい思いをされていると思う」と話した。

 ZIPPEIはサモエド種で4歳の兄弟犬。昨年5月から交代で番組に登場していたが、9日は収録はなかった。同コーナーの今後は未定。後日、お別れの会を開く。

スポーツ報知 8月11日(土)8時3分配信



私は、10日の朝、たまたまテレビで「ZIP!」が流れていて、そこで知り、衝撃を受けました。

みなさん大変なショックで、このことは連日ブログ等でも書かれていますよね。

当初、車に1時間ほど置いて、飼い主とは別の方が車を移動させに行った際、エアコンはついており、それからまた1時間ほど後に飼い主が戻ってみたら、大変な事態になっていた、と報道されていました。

何が真実の情報なのかはわかりませんが、各報道から推察すると、合計2時間近くも車に9頭を置いていたということでしょうか。この真夏に。


犬たちがどれほど苦しんだだろうと思うと本当にやりきれません。

飼い主に対する憤りはもちろんありますが、それ以外に、私が感じたことは、2つ。


まずは、今回のようなことは、決して珍しいことではないのではないか、ということ。

いや、何か統計をとるなどしたわけではありませんから、実際のところはわかりません。

マリリンが我が家に来てから私がこうしてブログを始めるまでの1年半ほど、犬の勉強をしたい思いから、犬種を問わずたくさんの方のブログを拝見していましたが、そういった中で、たびたびこうした理由で亡くなるワンちゃんの話を読んだことがあったのです。

また、そのような話を人づてに聞いたこともあります。

人間が感じる以上に、犬の熱中症の進行は早いのですよね。

人間の子どもの車内置き去りと違って、報道されないだけで、実際には毎年一定数あるのではないかと思います。

悲しい報せを耳にするたび、その飼い主さんを責めるという意味ではなく、自分の戒めとして、よくよく頭に叩き込んでおかなければならないと思っておりました。

マリリンも、頻繁に車でお出かけします。

帰り道にスーパーにも寄ります。

そんなときは、母ちゃんだけが行き、マリリンのことは車で父ちゃんに見ていてもらう、という方法をとっていますが、ひとりにさせることがなくても、いつ何が起こるかわかりませんから、本当に注意深く見ていなければならない、と改めて戒めました。



そして、もうひとつ。

今回の事件で、ものすごい数の非難がテレビ局や飼い主に寄せられているそうです。

実際、この数日は、パソコンを開けば、いたるところで「ZIPPEIかわいそう!」「ZIPPEIのことが悲しくて頭から離れない」「飼い主がひどすぎる、糾弾すべきだ!」といった言葉を目にし、どれほど世の中で大きな話題となっているのかがわかります。

もちろん、私も、苦しんだ9頭の犬たちのことを思うと、やりきれません。

ただ、この国には、今この瞬間にも、毎日のように殺されている犬猫がいるのだということも、同様に知っていただきたいと思ってしまうのです。

知っている命だと、ショックが大きいのは当然だと思います。

それと同じくらい心を痛めてくれとまでは言えません。

しかし、殺処分されていく子、虐待されている子、飼い主に捨てられる子、繁殖のために一生狭いケージに閉じ込められ、身体のケアなどひとつもしてもらえず、子どもを産まされ、愛されることを知らずに終えていく命がたくさんたくさんあるのだと、それだけは知っていただきたいのです。

もし、こうしたことをご存知ない方で、ZIPPEIくん関連でこのブログに辿り着いてくださった方がおられましたら、どうか少しでも目を向けてくださるように・・・と、僭越であることは重々承知の上で、書かせていただきました。


人間の不注意で苦しむ命も、人間の勝手で捨てられる命も、人間のビジネスで辛い生涯を終える命も、本当になくなってほしいと願います。





CIMG0141_R2.jpg


マリリンは、元気にしております♪

こちらは、土曜日の写真。


CIMG0136_R2.jpg
金曜日、都会へのお出かけで大満足のマリリンでしたので、翌土曜日は、一日家でのんびりゆっくりしておりました♪


CIMG0138_R2.jpg
背中の茶色も、順調です(笑)


CIMG0140_R2.jpg
ちょっとなでなですると・・・


CIMG0145_R2.jpg
うれしくてすぐ歯が出ちゃう


CIMG0146_R2.jpg
「きゃはは!母ちゃ~ん、ほらほら、もっとなでなさい!」


CIMG0142_R2.jpg
この命を、精一杯守らなきゃね


CIMG0340_R2.jpg
「そうよ~!あたしたちは、人間が守ってくれなきゃ生きていかれないの!」


CIMG0339_R2.jpg
「イシシッ!そこんとこ、よろしくぅ~!」


読んでくださって、ありがとうございます。
つらい記事ですみません。
動物の命のことを考えると、いつもやりきれない思いが込み上げます。
どうか、どの子もみんな、穏やかな笑顔で生きることができますように。

ポチッと応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

~本日コメント欄お休みしております~

| つれづれ | 09:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。