今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん登場!3 ~気をつけていること~

CIMG9478_R2.jpg
どうも!ごぶさたです!
また遊びに?来ました!

さて、今日はマリリンと一緒に生活するにあたって“気をつけていること”を書きたいと思います(自分の再確認も含めて)。


1.踏まない

これは犬と一緒に暮らしている方なら誰もが気をつけていることではないでしょうか。
やはり人間に比べて体格が圧倒的に小さいので、うっかりしていると踏んでしまいます。いつの間にか自分の足元にいたり、行こうとする方向にサッと現れたりするので、気を抜くとほんと危ないです。
マリリンの場合、さらに、(下記写真のように)足が横に投げ出されていたりするので、よく見ていないとほんと踏みそうです。しかも感覚がないから踏んでも逃げたり、吠えたりしてくれないでしょう。
CIMG9852_R2.jpg


2.ケガさせない

これもみなさん気をつけていることでしょう。
マリリンの場合、まず腕のケガに気をつけます。腕に大きなケガをしてしまったら、車いすがあっても、今のように颯爽と走ることは難しくなってしまうと思うので、そんな状態にはさせたくありません。
さらに、足のケガも気をつけます。家では車いすは外しているので、前足だけで走ったりするのですが、下半身は上半身に“引っ張られてついていく”状態なので、障害物があったとき、上半身はよけるけど、腰や足はぶつかったりすることがあります。
生物学的にどうかはわかりませんが、なんとなく自分の意思が通っていない足などは特にケガの治りが遅いのではないか、と思うのです。
実際、一年以上前に、足が角にぶつかってケガをしたことがあり、獣医には「時期治りますよ」と言われましたが、結局黒い痕になって残ったままになってしまっています。
やはりケガをしない環境をということで、今はぶつかりそうなところはフェルト生地などやわらかいもので覆うようにしています。

CIMG8079_R2.jpg

3.太らせない

これは、体重を維持する、ということです。今はほぼ5kgですが、これ以上太らせないようにコントロールします。これは、体重が増えることによる前足への過度な負担を避けるためです。きっと体格的にはやせ気味でしょうが、これを維持するようにしています。


4.過度な運動は控える

これは、フィラリアにかかっているからです。現在治療中ですが、やはり心臓の負担となるような状態は、さけるようにしています。


5.気温、気圧の変化に気をつける

これは、てんかんになったことがあるからです。気温、気圧が急激に変化するときに起こることがあると聞いたことがあるので、特に季節の変わり目などは注意するようにしています。


一緒に暮らす中で、特に気をつけていることとしては以上でしょうか。

他にも、小さいものを落とさない(誤飲に気をつける)、ネギ類を与えない、といった当たり前のことを始め、テレビの効果音に気をつける(最近、ピンポーンという音がダメで、そういった効果音を多用する番組は見れません…)、風になびく木を見せない(やたら鳴きます)、散歩中長く立ち止まらない(やたら鳴きます)など、いろいろありますねぇ。


こう書くとたくさんある気もしますが、それが一緒に暮らすということなのでしょう。
それ以上にもらっているものがあるのですから、負担だとは思いません。
CIMG7101_R2.jpg


きっと皆さんもいろいろ気をつけて(気を遣って)らっしゃることでしょう。
小さくても大きな命、たくさん気をつけてあげて、お互い楽しく暮らしたいものですね。
よろしければポチッとお願いします!!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| 父ちゃんより | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。