今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリン、花火を克服しちゃったよ

CIMG0602_R2.jpg


は~い、みなさま、こんにちは~!

マリリンのすんごい鼻の穴から始まってしまいました、今日のブログです

不安定な天気の続いた週末ですが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

我が家の地方も、金曜、土曜と雷鳴が轟き、それはそれは恐怖のどん底に陥ったマリリンさんです


ビビリのマリリンですが、少し不思議なこともありまして。

先日、近くで花火大会が行われ、夜2時間ほど、バン!バン!ババーーーンと花火の音が鳴り響きました。

去年は、花火大会の間中、いや、その前の、「今日は花火打ち上げちゃうぜ~い!」という昼間のお知らせ花火の段階から、この世の終わりのような形相で部屋の中を逃げ惑っていたんです。

なので、こりゃあ今年もえらいことになるぞ、と覚悟していたのですが・・・。

あれ?・・・あれあれ?

なんと!

なんだか知らないけど、ぜんぜん大丈夫だったのです

昼間のお知らせ花火の際も、「ん?」と小首を傾げた程度。

そして、夜の本番に至っては、小首すら傾げず、父ちゃんと大はしゃぎでおもちゃ遊びをする始末。

ほ~んと、びっくりでした。

どうしちゃったんだろう?

もしかして、加齢で耳が遠くなってきたんじゃないよね

なんて心配しちゃいました。

で、その後。

この週末に轟いた雷鳴には、いつも通りに大絶叫の大騒ぎ!

あ、耳は大丈夫そうね、とその点では安心しましたが、花火はどうして克服できたのか、また花火と雷でなぜこんなに違いが出たのか、いまだ謎です。

何ら対策はしていないんですが、いつの間にか平気になっちゃったみたい。


マリリンは、日常生活の細かいことでも、こういうことってちょくちょくあるんです。

以前は当然のようにダメだったことを、気づいたら自然に克服しちゃっていたってこと。

マリリンの中でどういった変化があるのかは分かりませんが、父ちゃん母ちゃんとしては、うれしい限りです。

保護犬は、どの子も大抵トラウマを抱えていますから、日常生活で思いもよらない問題が起こることって多いですよね。

しつけの本などにもどこにも書いていない、その子特有の行動。

マリリンも大小問わずいろいろなことがあり、その都度、父ちゃんと母ちゃんでできるだけ向き合ってきたつもりでおります。

もちろん、あれやこれや対策を練ったこともたくさんありますが、振り返ると、その対策が功を奏して問題行動がなくなったというよりは、結局はマリリン自身が自分の力で克服した、ということが多かったと思うのです。

私たちのことを家族だと認識して、気を遣わずに自分を主張してくれるようになり、身を投げ出すような格好で安心して眠るようになったあたりから、様々な変化が起こり始めました。

そして、そのうちに、「あれ?そういえばあの行動って最近ないよね?」といったことが増えていったように思います。

ま、マリリンが心底安心しているらしき状態になるまで、なんせ1年以上はかかっているので、少なくともその間は問題行動を一切解決できなかったわけですが

そんなマリリンを見てきて、何か問題があったときには、対策を練るのと同時に、彼女の思いを感じることが一番大切なんじゃないか、と考えるようになりました。

無理にやめさせるのではなく、マリリンがその行動をしているときの様子をよく観察し、できるだけ彼女と同じ気持ちになれるように、少しでも気持ちを共有できるように、とやっております。

「気持ちはわかるよ」と寄り添うと、彼女もなんとなく納得するような感じがするのです。


な~んて言ってはいるものの、昨日の雷によるワンワンパニックでは、気持ちを共有するどころか、いや、むしろ共有し過ぎて?母ちゃんも一緒になってひたすら右往左往しましたがね

窓を突き破るような雷鳴が轟いて、一時的な停電なんかもあったもので、実は母ちゃん自身がビビりまくりだったのです

最近は、おやつで気をそらすようにしているのですが、昨日はおやつのタイミングが遅れ、失敗に終わりました

花火と同じように、いつか雷も克服して、父ちゃんと平気で遊ぶようになってくれればいいな、と思います

写真は、花火が鳴っている中、余裕のよっちゃんで父ちゃんとおもちゃ遊びをするマリリンです♪


CIMG0600_R2.jpg
「花火?そんなの、聞こえなーーーい!」


CIMG0599_R2.jpg
いい顔して遊んでいますでしょ?


CIMG0551_R2.jpg
連続して、ババン!ババババン!と鳴っても、ぜんぜん平気です。


CIMG0604_R2.jpg
「あたし、へっちゃらだよ!」

この長いベロ

父ちゃんと遊び終わった後も、花火バンバンの中、


CIMG0557_R2.jpg
「ふぅ~~~。」

なんて寛いでいましたよ。


CIMG0553_R2.jpg
「母ちゃん、あたしは眠いの。カメラはやめてちょーだい。」

はいはい、すみませ~ん

でも、ちょっと一枚だけ・・・!


CIMG0559_R2.jpg
かわいいオチリ、撮っちゃいました~♪

おむつのオチリって、かわいくてだ~いすき

マリリン、ゆっくり眠ってね。

おやすみ~♪


今日もありがとうございます!

保護犬の色々な行動って、ほんとその子特有のものが多いですよね。
その子の経験やトラウマが大きく関わっているのでしょう。
一般的ではない行動については、人に聞いても首を傾げられるばかりで、解決方法を見つけるのがとても大変だと思います。
なので、その問題行動をピンポイントで何とかしようとするよりは、土台の愛情や安心感を強化してあげることが意外と近道になるんじゃないかな、と思っております。(私たちも、今となっては、なのですが

なんだか知らないけど花火を克服しちゃったマリリンに、ポチッと応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

コメント欄お休み中です。みなさま、良い日曜日をお過ごしくださいませ

| マリリンの暮らし | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。