今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリンが父ちゃんの身代わりをしたの?

CIMG0962_R2.jpg

どーも、オコジョマリリンです♪ (前回の記事を参照してくださいね




胃腸炎の悪化によって、狭山の病院をがんばったことのご褒美がお預け状態だったマリリン。

この週末はカフェめぐりをし、思いっきり美味しいものを食べるぞ~!と意気込んでいたのですが・・・。

またまたお預けをくらってしまったマリリンさんです

今度は夫が調子を崩してしまい、金曜の夜、病院に寄ってから帰ってきました。

症状は、胃痛です。

この胃痛は、以前からたびたびあり、ひどくなると動けないほど。

やはり、ストレスが原因かな、と思われます。

そのストレスをつくり出している原因を、本人はもちろん把握しており、私も事情を知っております。




夫は、愚痴というものを言うことがありません。

我慢しているわけではなく、愚痴を言うという発想がないようです。

私と大違い(笑)

何も話してくれないので、当初はどうして胃痛が起こるのかわからなかったのですが、妻として心配で仕方がないので、あるとき説得して、出来る限りのことを話してもらいました。

私はてっきり、仕事が超多忙だとか、上司とのいろいろとか、お客さんに厳しく当たられるとか、そういったことがストレスの原因だろうと思っていたので、夫の話を聞いて、びっくりしてしまいました。

お客さんのために働こうとしない人間と一緒にいるのが、最大のストレスだ、と言うのです。

夫が、いつもお客さんのことを第一に考え、そのためなら自分がどれほど大変になろうとも喜んで働く、という精神の人間であることは、昔からよく知っています。

ですが、ここまでとは驚きました。

こうしたほうがお客さんのためにはいいことだとわかっていても、自分の仕事量が増えるからやらないとか、お客さんが待っているものがあるのに、平気で早く帰っちゃうとか、クレームがついたときに、それを反省して次に活かそうとするのではなく、みんなでかばい合ってお客さんの文句を言い、傷をなめ合うとか、そういった環境が一番ストレスになるそうです。

どうしたら改善できるんだろう、もっと良くなるんだろう、といつも考えています。

私が結婚前に働いていたところは事務所だったので、民間の会社ではありません。

その事務所勤務時代もそうですが、その後独立してからは特に、すべての責任が自らにかかってくるので、悔やんでも後の祭り的なことは絶対に許されないため、全力で仕事をしました。

その道は自分が望んで進んだ道だったから、一生懸命やろうという気持ちが常にありましたしね。

が、問題はそれよりももっと前。

大学卒業後に入った会社では、とてもそんな働き方はしていませんでした。

どん底の就職氷河期の中で苦しい就活をし、ようやく唯一内定をいただいた会社だったので、正直なところ特にその仕事がやりたかったわけではなく、私はそれを言い訳にして、会社勤めの当時は愚痴ばかり言っていました。

自分の仕事量が増えるのはいやだと思いましたし、何よりお客さんよりも職場の人とうまくやることのほうが重要でした。

組織の中にいるので、何かあっても自分個人が損害賠償等の責任を負うわけではないから、それほど強い責任感など持っておらず、ただひたすら自分がやるべき仕事をこなすだけ。

お客さんのためにもっと改善できることはないか、なんて考えたこともありませんでした。

間違いなく、当時の私は、夫にストレスを与える側の人間であった、と思います。

そんな自分なので、夫と結婚して、彼の誠実な精神に触れるたび、心が洗われるような気持ちになります。

そして、当時のお客さんや同僚に謝罪をしたい、といった思いに駆られます。

なんだか夫自慢の記事になっちゃいましたね、申し訳ございません

ただ、本当に不思議なんですよね、なんで私みたいな人間と結婚したのだろうって…。

私は、自分のことばかりが大切で、自分が傷ついたり辛い思いをするのは極力避けたいと思っている、そんな人間です。

だから、夫の考え方に触れるたび、自分の精神を恥じています。

そして、心から尊敬してしまうのですよね、夫のことを。



まあそんなわけで、今回も夫は、とある件で、「オレは自分の仕事が増えることだけはいやだ。ましてや自分が矢面に立ったり、責任を負うことになるのは絶対いやだ。とにかく最低限のことだけやって、あとは早く帰りたい。」という同僚と一緒に仕事をすることになったため、じくじくと胃痛が始まってしまったようです



で、ですよ。

その一番の原因となった日が先週の月曜日だったようなのですが、それが不思議なことに、これはひどくなるな~と覚悟していた胃痛が、月曜は一番治まってしまったそうなのです。

え?

ちょっと待って。

月曜って・・・マリリンの胃腸炎が勃発した日じゃない!?

もしかして、マリリンったら、父ちゃんの胃痛を代わりに引き受けてくれちゃったの・・・?


そういう話って、これまでにも聞いたことがあります。

飼い主さんに降りかかるはずの災難を、身代わりになって犬が引き受けることがあるって。


本当のことは誰にもわかりませんが、今回のこの偶然に、思わずふたりでマリリンをじっと見つめてしまいました。


マリリン、父ちゃんの代わりに、胃痛を引き受けてくれちゃったの?


CIMG0992_R2.jpg
「え~、なんのこと~?」

ヒンヒン鳴いて、本当に苦しかったよね。

ごめんね。

そして、ありがとう、マリリン。



というわけで、カフェで美味しいものをたくさん食べようという計画は日曜日に繰り越しにし、父ちゃんの胃痛が少し残っていた昨日は、一日みんなでゆっくりすることにしました。

夕方は、久しぶりにお散歩に行きましたよ~!


ここ数日てんやわんやだったマリリンは、約一週間ぶりのお散歩です


CIMG1019_R2.jpg
「外だわ!久しぶりの外の空気だわ~!」


CIMG1001_R2.jpg
一週間ぶりの匂いチェックは、ハンパないです!


CIMG1009_R2.jpg
「一週間分のお便りを受け取るって、けっこう大変よ~。」


CIMG1004_R2.jpg
「むんっ!」

この力強い前足


CIMG1017_R2.jpg
残暑はいつまで続きますかね~。


CIMG1020_R2.jpg
「みなさ~ん!!マリリンが一週間ぶりの散歩ですよ~!!」

暗くて写真がブレちゃって、車いすかっ飛ばしているところは撮れませんでしたが、マリリンは絶好調に散歩を楽しんでおりました



さ~て、今朝は父ちゃんの胃痛も治まってきたようだから、カフェで美味しいもの食べられるかな


CIMG0996_R2.jpg
「あったりまえよ~!ご褒美まだなんだから、頼むわよ~!」



読んでくださって、ありがとうございます♪

今回、マリリンが父ちゃんに代わって胃痛を引き受けたのかどうかはわかりませんが、なんとも不思議な偶然でした。
動物と暮らしていると、時折こんな不思議と出会いますね。
どこまでも健気な天使たち。
本当に胸を締め付けます。

大好きな父ちゃんを守ろうとしてくれたマリリンに、ポチッと応援クリックお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

コメント欄お休みしております。みなさま、良い日曜日をお過ごしくださいませ

| つれづれ | 09:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。