今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリンのお誕生日 ~2年間の歩み~

本日、9月17日は、マリリンが我が家の家族となった「うちの子記念日」であり、また同時に、私たちで決めた誕生日でもあります。

マリリン、7~10歳になりました~!!

この曖昧さ(笑)

彼女を迎えてから何人かの獣医さんに診てもらい、一番多かった意見が5~8歳だったので、そのまま一年ずつ年を重ねております。

曖昧すぎるから私たちで○歳と決めちゃおうか、と思ったこともありましたが、○歳と一度決めると、どうしても自分たちの中で○歳だという感覚が染みついてしまい、いざ病気等で年齢が必要になった際に、7歳の可能性もあるし10歳の可能性もあるんだ、ということを忘れて対応してしまいそうなので、常にこの幅の年齢で行動することにしております。

7歳と10歳では、病気の可能性も違いがあるし、またその対応も違ってくると思うので、病院でも毎度すべての可能性を考慮していただいております。



というわけで、晴れて7~10歳となったマリリン。


CIMG1425_R2.jpg
しっかりお誕生日プレゼントをゲット!

この連休中は、お友達にもお祝いしてもらい、本当に幸せな子でございます。


今日は、この2年間を少し振り返ってみたいと思います。

過去の記事にも載せたことがありますが、よろしければ、昔の写真を見てやってくださいませ♪

※保護されてから私たちがマリリンと出会うまでの写真は、しっぽのなかまさんとペット里親会さんのブログからお借りしたものです。




捨てられて、茨城のセンター負傷棟に入れられているところを、しっぽのなかまの方が引き出し、病院へ連れて行ってくださいました。

なんだかマリリンじゃないみたいですね。




後ろ足はふにゃふにゃで、毛もゴワゴワ。

満身創痍だったマリリン。



40885e8b.jpg
背骨が折れてから長いこと放置されたようで、すでに折れた原因は判断がつかない状態、折れた部分が結合してしまっており、今の時点からの手術は不可能でした。

これだけ痛みに弱い子が、背骨が折れて放置されたなんて、胸が張り裂けそうです。



d54cd1c7.jpg
今よりずい分太っているように見えます。



b61b8e51.jpg
誰も信じない、そんな意思を感じる目。

後ろ足が痛々しいです。



784b24b6.jpg
お世話になったしっぽのなかまさんを卒業し、里親会のシェルターへ。




お散歩隊のお兄さんお姉さんにかわいがってもらい、少しずつ元気に。



66a1de47.jpg
リハビリ中。

この頃でしょうか、偶然見つけた里親会のブログで彼女に出会い、その瞬間、雷に打たれたように強い運命を感じたのです。



2c47ff2b.jpg
みなさんに見守られて、毎日がんばって歩きます。



CIMG1497_convert_20111224200439.jpg
楽しそうな表情をするようになりましたね。

この頃には、体重が落ち着きました。



f0aac638.jpg
だんだんと今のマリリンに近づいてきましたね。



snap_maririn0917_2011126202235.jpg
そして、緊張のお見合いです。

壊れそうに繊細な身体を、おそるおそる抱いたときの感触は、今も腕に残っております。

父ちゃんと母ちゃんの子になってもいいよって、認めてくれたかな?



CIMG1536_R.jpg
そして、我が家での生活がスタート。



CIMG1539_R.jpg
排泄をどうしたらいいか悩み、この頃はいつもサークルの中で生活。

ごめんね、マリリン。

途方に暮れていた父ちゃんと母ちゃんを許してね。



CIMG1738_R.jpg
最後の手段として、オムツをつけてもらいました。

マリリン、まだカチコチに緊張していますね

ここから数か月は、様々なことに悩みました。

分離不安がひどく、母ちゃんは一歩も外に出られず、半ノイローゼ。

でも、一番苦しかったのは、マリリンなんだよね。

また、トラウマでしょうか、犬も猫もスズメも、舞い落ちる木の葉でさえも、動くものすべてに尋常でない恐怖があり、カートやスリングに入れて散歩に連れ出そうとするものの、一歩外に出れば、発狂に近い鳴き叫び。

何事かと近所から人が出て来てしまうほどで、散歩も難しくなりました。

車には黙って乗ってくれたので、週末にみんなでドライブし、ドッグカフェで人や犬に慣れてもらおうとがんばりました。



CIMG2296_R.jpg
初めてのドッグカフェ。

ほかのお客さんがいなかったので、スリングの中でなんとか落ち着いていてくれましたが、顔は警戒していますね



日常生活の中で、何をやるにも問題発生、そのたびみんなで試行錯誤です。

マリリンも一生懸命に自分の置かれた運命やトラウマと闘ってくれました。



CIMG1760_R.jpg
数か月経つと、こんな穏やかな表情を見せてくれるように。



CIMG1649_R.jpg
少し甘えてくれるようになったかな♪



CIMG1666_R.jpg
ドライブとドッグカフェは良くても、お散歩にはなかなか行くことができず、当時はよくこんな風に一緒に窓から外の空気を吸っていました。



CIMG1794_R.jpg
母ちゃんが少し外に出て帰ると、こんな明るい顔で迎えてくれるようになりましたよ。

分離不安は相変わらずなので、しっちゃかめっちゃかになっておりますが



CIMG2731_R.jpg
去年の9月、初めての旅行。

私の母とマリリン家で群馬の旅館に宿泊しました。



CIMG2754_R.jpg
その旅館で、初めてのお誕生日会です♪



1年を過ぎたあたりから、


CIMG2626_convert_20111228223035.jpg
こんな笑顔が飛び出すようになりました!



CIMG2513_R.jpg
安心した様子で眠ってくれるようになり、



DSC_0885_R.jpg
車いすで走る喜びを覚え、



CIMG4095_R.jpg
父ちゃんのことが大好きに



CIMG6397_R.jpg
今年の5月には、ひいおばあちゃんにも会ったよ♪

食べ物を奪い合ったね(笑)



CIMG6777_R.jpg
いつの間にか、うれしいときには歯が出るようになりました。



CIMG8611_R.jpg
車いすを使って自分の足で歩くことで、犬としての自信が出てきたマリリン。

舞い落ちる木の葉にまで怯えていたのが嘘のように、たくさんの人や動物と交流できるようになりました



CIMG1628_R2.jpg
そして、「瞳うるうる攻撃」という技を習得



CIMG0544_R2.jpg
こんな風に、感情を思いきり表現してくれるようになりましたよ


そして、今。


CIMG0181_R2.jpg
「みんな~!あたしはがんばって生きてるよ~!!」

全身で「マリリン」を表現し、運命を丸ごと受け入れ、今この時を精一杯生きております




今日から、マリリンとの生活は3年目に突入します。

率直な気持ちとしては、もう3年目!?という感じです。

マリリン特有の様々な行動に四苦八苦していたのが、本当に昨日のことのようで・・・。

でも確実に、年を重ねているのですね。

彼女の今を、これからを、一時も見逃さず、抱きしめていきたいと思います。


いつも応援してくださっているみなさま、本当にありがとうございます。

パソコンの向こうから感じる温かい思いに励まされ、元気をいただいております。

マリリン家一同、心から感謝申し上げます。


マリリンと出会えたこと、彼女と過ごす毎日、またこうして無事にお誕生日&うちの子記念日を迎えられたことが、すべて奇跡のような気がしてなりません。

マリリンや、これからもその純真な瞳で、あなたの犬生を思いきりまっとうしてね


よろしければ、応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| マリリンの記念日 | 08:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。