今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちょっぴりやっつけた可能性!

みなさま、こんにちは~!

お誕生日のお祝いのコメント、重ね重ねありがとうございます

みなさまからの心強い応援を胸に、昨日は狭山の病院へ行ってまいりました。

1か月ぶりのフィラリアの診察です!


お誕生日モードでハッピーになっているマリリンは、昨日もどこかイイところに出かけるものと思っていたようで、車に乗った瞬間から大はしゃぎ。


CIMG1996_R2.jpg
「やったやった~!お出かけだぁ~!!」


CIMG1992_R2.jpg
「ふぁ~っとね!よっしゃ、気合入れるわよ~!」


CIMG1994_R2.jpg
「ねーねー、今日はどこ行くの?ヒント教えて~♪」

ん?ヒント?

えーっとね、虫さん・・・。



CIMG1990_R2.jpg
「・・・・・・は?」


CIMG1985_R2.jpg
「おやすみなさい。」

フィラリアの診察だとわかった瞬間、明らかにテンション急降下


CIMG1986_R2.jpg
「どうぞ私はいないものと思ってください。」

そうはいきませんよ~!

さぁ、病院到着です!!


CIMG1997_R2.jpg
ひどいテンションです(笑)


CIMG2000_R2.jpg
これまでの何度かの診察で、いよいよイヤな場所だという認識を強めてしまったのでしょうか。

昨日のテンションの低さは過去最高記録でございました。


「マリリンさ~ん!」

あ、名前が呼ばれましたよ。

いざ!!






えーっと。

結論から申し上げると、まだいました、虫さん。

でも!

少し良いことがありました

エコーで確認したところ、虫が少し減った可能性があるようなのです!!

エコーに映るのがすべてじゃないし、あくまでも可能性の話なのでアレですが、でも、前回まで見えていた虫の数が減っているそうです。

フィラリア成虫は死んでも血管の中から抜け出せないので、体内に残りますが、死骸は肺動脈の末端のほうへ移動し、留まります。

場所的に、エコーに映るものは生きている成虫と思われますが、その数が減っているということは、死骸となって末端に移動した成虫が少しでもいるということでしょうか。

可能性の話ではありますが、初めて成果を実感し、父ちゃんも母ちゃんもパァ~ッと心が明るくなりました


で、先生と話し合い、明日から2クール目の治療に入ることにしました。

投薬内容については、以前書いたものを、以下に改めて載せておこうと思います。


1.抗菌剤であるビブラマイシンを朝晩1か月。(これでボルバキアをやっつけます)

※ビブラマイシンについては、一般的に気管支炎などでもよく使われる抗生物質ですが、フィラリア治療においては投与する量が多いので、下痢の副作用が起こる可能性が高いため、一緒にビオフェルミンを処方されております。

2.月1でモキシデック。(新たな感染を防ぎ、さらに、ボルバキアがいなくなって弱っている成虫にもある程度のダメージを与えられるそうです!)

3.ドメナン(すでに起きているであろう肺動脈の炎症や血栓を抑える薬)を朝晩ずーっと、ビブラマイシンを休憩する期間ものみ続ける。

4.ノバルティスフォルテコール5を1日半錠ずーっと、ビブラマイシンを休憩する期間ものみ続ける。(フィラリア症により血栓ができて、血流が阻害されていることが予測されるため、この薬で血管を拡張します)



この治療で1クールと呼んでいるのは、以下の流れです。

新たな感染を防ぐための予防薬モキシデックのほかに、1か月間、ビブラマイシンとビオフェルミン、ドメナン、フォルテコールを服用。

1か月後、休憩期間に突入。ビブラマイシンとビオフェルミンはお休みし、ドメナンとフォルテコールのみ服用を続ける。(ビブラマイシンの効果は、休憩期間中も続くそうです。)

休憩期間は、2~3か月。

これら3~4か月の期間が、1クールとなります。



休憩期間については、2か月にするか3か月にするか、判断はまちまちですが、今回、マリリンは2か月の休憩期間を経て、明日から2クール目に入ることにいたしました。

この治療をしたワンちゃんの多くが2クール終了後、8か月~10か月くらいで陰転しているようですので、マリリンももうしばらくがんばってみようと思います。





すべての診察を終えたマリリンは、ぐったりと疲れているかと思いきや・・・


CIMG1999_R2.jpg
この目の輝き!

診察前と一転、力がみなぎっております!


CIMG2010_R2.jpg
「父ちゃん母ちゃん!あたしゃ、やったよ!虫さんちょっとだけやっつけたよ!」


CIMG2002_R2.jpg
「うんうん、よくがんばったね。えらいよ、マリリン!」

虫をやっつけた「可能性」があるだけだということは、この際言わないでおこうかな


CIMG2020_R2.jpg
帰りの車の中でも、凛々しく、どこか胸を張った様子だったマリッペ。

2クール目に入るに当たり、改めて気合を入れているように見えたのでした。


読んでくださってありがとうございます!

今月もマリリンがんばりました

今日から、いよいよ2クール目!
また1か月間、大量の薬をのませなければならないと思うと正直気持ちが沈んでしまいますが、これで悪さを完全にストップさせることができるのだという強い気持ちを持ってスタートしたいと思います。
家族3人、力を合わせてがんばるぞ!

虫さんをちょっぴりやっつけた・・・かもしれないマリリンに、もうちょいがんばれ!と応援クリックしてやってくださいませ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| フィラリア | 09:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。