今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

16歳半キャバリアちゃんと、奇跡の出会い

前回の続きです♪

見沼自然公園の最終章、どうかお付き合いくださいませ~!


初めての場所を気に入り、大喜びのマリリン。



父ちゃんと一緒に、芝生をかっ飛ばします!



CIMG0708_R3.jpg
「ちょっと~!楽しすぎるんだけど~

満開に咲くマリリンの笑顔は、まわりの人たちをも巻き込み、あたり一面、たくさんの笑顔



CIMG0730_R3.jpg
「みんながニコニコしているよ~。やさしくしてくれて、あたしうれしい♪」

よかったね~マリリン、ここの公園、温かい人が多いね



芝生の広場の中に、なぜか銅像があったので、記念に一枚。



CIMG0723_R3.jpg
「これ、何~?この人、誰~?」

んーとね、よくわかんないけど、説明書き見ると、見沼のこの辺りを開発した人だって。


な~んておしゃべりしていたら、「あらあら、この子どうしたの?」との声。

見ると、おじさまおばさまのグループが、こちらに近づいてきます。

簡単にマリリンの事情を説明すると、みなさんが交互に撫でてくださいました!



CIMG0710_R3.jpg
「がんばってるわね~。」とほめられて、マリリンもうれしそう



CIMG0712_R3.jpg
「もっと撫でて~。ついでにおやつちょーだい



CIMG0713_R3.jpg
キューキュー鳴いて、自分のかわいさを猛アピールするマリリン

すると、おばさまの一人が、がんばってるいい子にはおやつあげるわねとバッグをガサゴソ。

マリリンの術中に見事にはまってしまいました!



CIMG0718_R3.jpg
「母ちゃん!それはあたしがもらったものだよ!早くよこしなさい!」



CIMG0715_R3.jpg
ちょっとマリリン!首がのけぞりすぎだよ



CIMG0719_R3.jpg
「あひゃひゃ~!」

マリリン節をさく裂させて、おじさまおばさまを思いっきり笑わせておりました♪



芝生をたっぷりと楽しみ、そろそろ帰ろうか、と駐車場のほうへ歩いて行ったときのこと。

向こうのほうから、飼い主さんに下半身をベルトで支えられながら、キャバリアちゃんが歩いてきます。

すると、その飼い主さんが、「あら?こないだの子じゃない?」とおっしゃるじゃありませんか。

え・・・?としばしお顔を見つめ、母ちゃんは思い出しました!


先日、浦和駅前の里親会へ遊びに行ったこと、覚えてらっしゃいますでしょうか?(こちらの記事です)

この日、里親会が終了し、駅の近くの駐車場へ戻って来たときのこと。

車に乗り込もうとしたら、「あの・・・」と遠慮がちな声が聞こえ、振り返ると、ひとりの女性が。

「さっきからこの車いすを見ていて、よくできてるな~と思ったんですが、どこで手に入るんですか?」

こうした質問、大歓迎です!!

やった!とばかりに、車いすについて説明をさせていただきました。

すると、女性が、「わ~、それはぜひお店に問い合わせてみます!実は、うちに高齢の子がいて。後ろ足が弱くなっちゃったものだから・・・。」とおっしゃっておりました。


で、ですよ!


なんとなんと、このキャバリアちゃんの飼い主さんが、その女性だったのです

ご夫婦とワンちゃんで公園に遊びに来たそうで。

え~!?

何、この偶然!!

んも~、4人でびっくりもいいとこですよ。



しかも、先日お話した後、すぐに「ポチの車いす」さんに問い合わせの電話をされたそうで、近いうちに工場のほうまで車いすを作りに行ってこられるんですって!

父ちゃんも母ちゃんも、この上ない感激。

うまく言葉にならないくらい、うれしい出来事でした。

マリリンの車いすの宣伝活動が実を結ぶ瞬間を目の当たりにした気持ちになり、思わずご夫婦に握手を求めそうになりました


さあさあ、お待ちかねのキャバリアちゃんを、どうぞご覧くださいませ



CIMG0741_R3.jpg
かわいいでしょ~

チャーリーくん、16歳半の男の子です

もうね、すんごくいい顔をしているんですよ!

幸せがお顔にあらわれています♪



CIMG0743_R3.jpg
こうして、ベルトで下半身を持ち上げながらお散歩しているそうです。

私たちも、車いすを知る前は、よくこんな風にリハビリがてらベルトで歩かせました。

が、腰に来ちゃうんですよね~人間の(笑)

そんな話で盛り上がり、マリリンの車いすを知ることができて本当に良かった、とおっしゃってくださいました。

車いすの存在はご存知だったそうですが、やはり重くて身体に負担がかかるんじゃないかという不安や、かなり高額なんじゃないかという不安で、イマイチ乗り気になれなかったそうで。

それも、我が家と同じです

この車いすに出会うまでは、まさか、600グラムの車いすが、良心的なお値段かつフルオーダーメイドでできるとは思ってもみませんでした。


人間たちが盛り上がっていると、



CIMG0744_R3.jpg
チャーリーくんがマリリンに興味を示してくれて、



CIMG0738_R3.jpg
静かにご挨拶

マリリンも、一目でチャーリーくんが好きになったようで、やさしく匂いを嗅いでおりました♪



CIMG0746_R3.jpg
ま、最後はやっぱり飼い主さんにおやつを要求しましたがね



CIMG0748_R3.jpg
チャーリーくん、幸せだね



CIMG0750_R3.jpg
ママに抱っこされて、こんな顔

一緒に年を重ね、ずっとずっと家族に愛されてきたチャーリーくん。

お顔から、その幸せな犬生が見えてきます。


名残惜しくて、何度も何度も撫でさせてもらい、「またね」をしました。


その後も、マリリン家はチャーリーくんの話題でもちきりです。

いつかこの公園を車いすで並んで歩けたらいいな、とその様子を想像し、胸が高鳴る私たちでした♪



読んでくださって、ありがとうございます!

この奇跡的な偶然には、本当にびっくりしました。
マリリンは、この公園は初めての場所。
チャーリーくんは、常連さんのようですが、いつも午前中に行くそうです。
それが、たまたまこの日だけ、私たちが帰ろうとした午後3時半にいらしたんだそうで。
あと3分遅ければ、私たちは車でビューンと出てしまっていたと思います。
こんな偶然って、あるんですね。

マリリンは、今回のような奇跡的な偶然をよく引き起こします。
たまたま行った先で、驚くような出会いをすることが本当に多くて。
父ちゃん母ちゃんはびっくりしてばかりです。

マリリンには、不思議な力があるのかな?
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| お友達 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。