今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

悩ましきブルー事情

みなさま、こんにちは~!

3連休だった方、お休みを満喫されましたでしょうか♪

我が家は、いつも通りの近場のお出かけを楽しみました~

昨日は、久しぶりに別所沼公園に車を停め、おさんぽを楽しみながらRAINDOGS CAFEに行きましたよ~!



CIMG2856_R3.jpg
木々が紅く色づき、水面をも紅く染め、吸い込まれそうな美しさを見せておりました。

もう一週間ほどすると、銀杏の落ち葉で絨毯ができるそうですよ

この公園の景色は、いつもそっと心を落ち着かせてくれます。



CIMG2862_R3.jpg
ま、マリリンは景色なんかお構いなしですけどね!

バビューーーンとかっ飛ばし、園内を走るランナーと競争です!



CIMG2880_R3.jpg
RAINDOGSに着くと、門の横の看板が、ひっそりとクリスマス仕様になっておりました

ひっそり加減が、マスターらしい(笑)


そして、店内に入ると、偶然大好きなお友達に会えました!!



CIMG2901_R3.jpg
ブルーくんで~す



CIMG2903_R3.jpg
もう母ちゃんは一瞬でノックアウト。

ブルーくんのかわいさは、トンデモナイ破壊力を持っているんです

ブルーくんとは、このRAINDOGS CAFEで知り合いました。

もともと私がブルーくんのブログを見つけて、ずっと拝見しており、カフェで初めてお会いした際に、「ブルーくんですよね!」とお声をお掛けしたのがきっかけで、仲良くさせていただいております。

ブルーくんも保護犬です。

どういった過去を歩んできたのか分かりませんが、今のご家族に迎えられてからも、色々と困った行動があったようです。

それらと向き合い、彼のすべてを受け入れようと奮闘するご夫婦の姿をブログで拝見しておりました。

当時は、ちょうどマリリンが我が家に来た頃で、戸惑うことばかり。

一歩も外に出られず、ギリギリのところで精神を保っていた私は、ご夫婦の奮闘にどれほど救われたことかわかりません。


そんなブルーくんも、今や堂々たる存在感!



CIMG2907_R3.jpg
「ぼく、ちょっとナイーブで甘えん坊だけどね。」


そして、ブルーくんとマリリンの関係はと言うと、初めてカフェで会ったときには、めちゃめちゃ

マリリンが(笑)

まだカフェで絶叫をあげていた頃なので、当然の如く、ブルーくんに対しても、この世のものと思えない悲鳴と、犬ってこんなにひどい顔になるんだ~なんて感心しちゃうほどの般若顔。

こりゃ~仲良くなるのは難しいかな。。。と寂しく思っていたのですが、なんのなんの、見事に犬同士の呼吸で仲良くなっちゃったのです!

その様子がよくわかっていただけるんじゃないかな、という記事を、以前に書いておりますので、よろしければご覧くださいませ♪

こちらの記事です。

その記事の中の動画でもよくわかるのですが、ブルーくんとマリリンは、お家の中だとワシャワシャ戯れて遊ぶんですよ~

マリ坊なんか、大はしゃぎ!

あんな風にガウガウ転げまわって遊ぶのは、ブルーくんだけなので、父ちゃんも母ちゃんも、2匹の戯れを見るのがうれしくて仕方がありません。

でも、家の外では、お互いによそゆきの顔になるようで、あれだけしっちゃかめっちゃかに遊んでいたのが嘘のような素っ気なさ。



CIMG2972_R3.jpg

仲が良いことをみんなにバレないようにしている男女のような空気に、人間たちはまたまた笑ってしまうのです。



そしてそして、ブルーくんは、今年お兄ちゃんになりました!

人間の弟、ユキチくん(ブログ上の愛称です)が誕生したのです

前回お会いしたときよりも、とっても大きくなっていたユキチくん♪

母ちゃんが抱っこしたら、びぇ~ん!

父ちゃんが抱っこしたら、



CIMG2893_R3.jpg
きょとん。



CIMG2894_R3.jpg
「あれ~?ぼく、なんかこの感じ、知ってるぅ~。」

生まれて2か月くらいの頃、遊びに伺った際に、うちの父ちゃんの抱っこでウトウト寝ちゃったユキチくん。

まるでそのときのことを覚えているかのように、ピタリと泣き止んで、腕の中におさまっておりました


おもしろかったのが、マリリンの反応。

父ちゃんがほかのワンちゃんを撫でると、トンデモナイ形相でお怒りになるマリリンさんが、ユキチくんに関しては、



CIMG2924_R3.jpg
見上げていただけ

ヤキモチを焼く存在とは違う、とでも思っているのか、まったく怒りませんでした。

そして、ユキチくんがアウアウしながらマリリンに近づき、顔や身体に触れても、遠慮がちに避ける程度で、これまた怒らず

もちろん、何があるかわかりませんので、マリリンの様子を注意深く見ながら、危ない感じがあったらすぐに引き離そうと準備していたのですが、その出番もまるでなし。

マリリンは、「あの~、このお方の対応はどのようにしたらいいのでしょうか?」という戸惑いの目をこちらに向けながら、ユキチくんからほんのり漂うミルクの匂いを、おっかなびっくり嗅いでおりました


マリリンにこんな大人な一面があったとはね~!と新鮮な驚きに感激している中、ひとり、どよ~んとした空気を放っている方がおりまして。



CIMG2935_R3.jpg
はい、ブルーくん(笑)

どうした?と聞くと、



CIMG2902_R3.jpg
「ぼくの話を聞いてくれるんですかぁ~!」

いきなり、どーーーんとアップで突っ込んでまいりました

「どうした、どうした?」

うちの父ちゃんが聞き役に徹します。



CIMG2913_R3.jpg
「うんとね、あのね。」



CIMG2919_R3.jpg
「なんでぼくがこんな目に遭わなきゃいけないんだぁ~!!」



CIMG2915_R3.jpg
「と、いつも嘆いているのです!」

そうなのです。

ユキチくんがお家にやって来て1年近く経ちますが、ブルーくんは、ユキチくんによって、大変な迷惑を被っている様子(笑)

どうしてもそれまでのように自分だけが家族とべったり、いつもちやほやされる、というわけにはいきませんから、放っておかれる時間ができたこと。

ユキチくんの行動が理解できないこと。

そして何より、みんなが大事にしているユキチくんに変なことをしないように、細心の注意を払って生活しなきゃいけないこと。

これらが、ブルーくんにとって大変な迷惑のようです

特に、ユキチくんのおもちゃを踏むことさえしないように細やかな配慮をしている様子は、私たちが見ていて感心してしまいます。

何か起こると厄介だからとにかくユキチくんに近くに来ないでもらいたい、そんな心境でしょうか(笑)


お!

ここで、ユキチくんがブルーくんのところへ遊びに行きましたよ~!



CIMG2938_R3.jpg
「うわぁ~、来たぁ~。」



CIMG2941_R3.jpg
「どうぞそのままお引き取りください。」



CIMG2942_R3.jpg
「ひゃ~!暴れてる~!」



CIMG2943_R3.jpg
「知りません。何も感じません。ぼくは感情をなくしました。」



CIMG2944_R3.jpg
「ぎゃ~!限界~



CIMG2945_R3.jpg
「うわ~~~ん!!みなさ~ん!助けて~!今ぼく大変な目に遭いましたぁ~!!」



CIMG2910_R3.jpg
「ヤバイ。。。これは絶対に巻き込まれないようにしないと。。。」

自分に火の粉が降りかからぬよう、必死で気配を消すマリリンでした


こんな楽しいブルー家が、父ちゃんも母ちゃんも大好き!

母ちゃんだったらこうはできない、という部分が、たくさんあるのです。

知識は持った上で、あえて神経質になりすぎない子育ては、最近ではなかなか難しいんじゃないかな、と思いますが、ママさんは気持ちよ~くそれを実践し、思いきり楽しんでおります。

ブルーくんへの配慮、犬と赤ちゃんの生活、という意味でも、こんなに自然に楽しむことができちゃうんだ、と目から鱗です。



CIMG2896_R3.jpg
いまどき、自宅以外の場所で肩車して歩きまわっちゃうお母さんって、いますか(笑)

子育てや生活を楽しむ視点がとてもおもしろく、すぐに無駄を省略したくなるタイプの私が持っていない感性ばかりで、学ぶべきところがたくさん!

なんだかんだ言って、ブルーくんもそんな今の暮らしが楽しそうです


そして、今回改めて思ったのは、ブルーくんとマリリンがなぜか似ている、ということ。

「なぜか」というのは、外見はまったく違うから。

同じ雑種だけれど、体格も顔のつくりも、特に似ているところはありません。白いところくらい?

なのに、なんか似ているんですよ~!

そんな写真がいくつか撮れましたので、ちょっと並べてみますね♪



CIMG2967_R3.jpg


CIMG2930_R3.jpg


CIMG2932_R3.jpg


CIMG2956_R3.jpg

ハイ!おわかりでしょうか?

そう、性格がそっくりなんです!

楽しげなみんなをテーブルの下からじとーーーっと見ていたり、危険を察知するのが早く、ビビリで臆病、そして何より、辛いことにすこぶる弱く、神経質でナイーブで、ガラスのハートを持っております(笑)

こんなに神経質な子たちが、捨てられて過酷な日々を経験したかと思うと、ほんとよく生きてくれたねぇ、と思わずにはいられません。



楽しい楽しい時間はあっという間に過ぎ、外はもう真っ暗。



CIMG2974_R3.jpg
この後、ブルーくんと並んで駐車場まで歩かせていただきました♪

ブルーくん、マリリンと仲良くしてくれて、ありがとうね~!!



CIMG2920_R3.jpg
「ふぅぅぅ~~~。またぼくの愚痴を聞いてください。」



読んでくださって、ありがとうございます!

マリリンは、いつの間にかブルーくんのことが大好きになったようで、会うなりそばにくっついて、同じ行動をとっておりました
ユキチくんに対する対応もなかなかのもので、父ちゃんも母ちゃんもびっくり。
顔や身体をつかまれても、遠慮がちにそっと身を引くだけ。
あとは、やさしくお顔の匂いを嗅いでおりました。
ミルク大好きのマリリンは、赤ちゃんの匂いって大好きなのかもしれませんね♪

ビシッと大人の姐さんであるところを見せてくれたマリリン、そして日々悩み、憂い、もうすぐ悟りの境地に達しそうなブルーくんに・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

| お友達 | 09:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。