今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

趣味は、犬です





突然ですが、みなさま美容院は、ずっと決まったところに通われるほうでしょうか。

それとも、気分などで、いろいろな美容院に行かれるほうでしょうか。



私は基本的に担当さんが決定したら、ずっとその方にお願いするタイプです。

埼玉に越して来る前は、約10年ほど、同じ方にお願いしておりました。

10年の中で、何度か引っ越しはしたものの、どのアパートも、その美容院に通えないほどの距離の場所ではなかったので、多少電車やバスを使っても、同じ方のところへ通っておりました。

10年の間に、その方にも私にもいろいろなことがあり、それを共有してきた同士のように思っております。

その後、同時期に彼女も私も結婚し、私は埼玉に引っ越すこととなり、いよいよその美容院には通えなくなりました。

最後の日には、お互いに涙の別れとなりました。



埼玉での生活が始まり、この土地で新しい担当の方を見つけようと、何件か美容院に行ってみたものの、なかなか落ち着きませんでした。

私は、昔から男性の美容師さんにやっていただくことが苦手で、どうしても、「すべて女性にお願いします」という条件がついてしまうため、それもあって、難しいのだと思います。
(男性美容師の方、お気を悪くされたら申し訳ございません。個人的な事情であって、男性のほうが技術がどうだとか、そういった意味では全くございません。)

最近は、男性美容師さんがメインという美容院も多いので、すべて女性にやっていただけるところを探すのは、けっこう大変です。

で、いろいろと調べてみて、交通の面で通いやすく、同年代の女性が担当してくださるところを見つけ、そこに落ち着きました。



けれど、その方との会話が、最初の頃はちょっと微妙な空気になってしまったのです。



初回に、「趣味はありますか~?」と聞かれ、その瞬間ピタリと固まってしまった私。

思えば、昔は「ドラムを少々」などと冗談まじりに言っておりましたが、現在、いわゆる趣味というカテゴリーに入るものは、読書くらい。

映画も好きですが、「映画鑑賞」なんて言うほどまでたくさん観てきているわけではありません。

本の話を少ししてみましたが、その美容師さんは、あまり本がお好きでないようで、会話は発展しませんでした。

で、ついに言ってみました。



「趣味は、犬です・・・。」

「は!?」



今の自分の生活では、マリリンとの散歩やお出かけ、また犬関連のことをするのが一番楽しいし、ほとんどの時間をそれに使っております。

「もはや犬は、一番の趣味だ!」と堂々と言ってもいいんじゃないか、と思いましたが、やはり、美容師さんを面食らわせてしまう事態となりました。

残念ながら、動物にはご興味がないようで、「へぇ~。」で流され、終了です(笑)



この美容師さんは、とてもよくしゃべる方。

初回に、大きく相槌を打って彼女の話を聞いていたので、それで私も会話好きと思われてしまったのかもしれませんが、ひと時もぼーっとする間がありません。

とにかくしゃべりっぱなし。

非常に多趣味の方で、休日も絶対に家にいることはないとおっしゃっており、そのため、彼女の趣味の話がメインです。

アウトドアスポーツや身体を動かすことが大好きだそうで、最近遊びに出かけたことなどを話し続けるのですが、疲れているときは、相槌を打つのもなかなか大変です。

で、たまに思い出したように「○○さんは、最近どうですか?」と聞いてきます。

しつこいようですが、犬のことしか身近な話題がないもので、仕方なく犬の話をしてみます。

「へぇ~。。。」

やはり、興味は皆無。



前に、「ご主人がお休みの日はどういうところにお出かけされるんですか~?」

と聞かれたので、

「犬がいて長時間の留守番ができないので、自然と犬連れのお出かけになっちゃって。最近は、専らドッグカフェばかりです。」

と答えました。

すると、「あぁ!いますよね~、なんかこないだ行ったお台場とかも犬連れがうじゃうじゃいて~。ドッグカフェとか買い物とかで来るんでしょうけど、正直なんでこんなトコ犬連れてくんの?とか思って~。おしゃれな空間を楽しみたいのに、なんだかなぁなんて。ほんと意味わかんないんですよね~。」

さすがに固まりました。

おそらく、あまり考えずに発言されたのだと思います。

固まった私を鏡越しに見て、「あ!やば!」みたいな顔をされておりましたので




新しいことにチャレンジするのが大好きな彼女が、よくこちらに向ける質問があります。

「○○さんは、前回お越しになったときから今日までに、何か新しいことにチャレンジしましたか?」

とか、

「最近、旅行やアウトドアスポーツ、何かしましたか?」

とか、

「年内の目標は何ですか?」

とか。


えーっと・・・・・・。


そのたび、答えに詰まります。

仕方なく、「う~ん。。。チャレンジかぁ。車の運転くらいかなぁ。アウトドアスポーツはしないし、旅行も、犬と一緒に行かれる範囲なので、実家に帰省するか、近場に行く感じですかね。目標は・・・うーん、やっぱり車でしょうか。。。」

毎回、苦し紛れに絞り出す回答。

そして、お決まりに、「あぁぁ」と大変がっかりされて、終了します(笑)



こういった会話が続く中、今考えると、自分も懲りずに通い続けるんだから世話ないわ、と思うのですが、面倒だったんですよね、女性が全部担当してくださる美容院を、また一から探すのが・・・。

その面倒さを考えたら、1時間ちょっとの会話なんか我慢しちゃえ、という具合に、やり過ごしておりました。




今の自分の生活だと、マリリン中心、マリリンと夫がすべてです。

犬以外の楽しみと言えば、やはり読書くらいのものでしょうか。

現状で、なかなか大々的なチャレンジはありません。

ましてや、彼女が求めているような、アウトドアスポーツのチャレンジなど、かすりもしません。

毎回、つまらない自分ですんません。。。と頭を垂れて美容院を後にします。




ため息まじりに家に帰ると、愛おしい子が待っていて、その存在に、しゅんとしていた母ちゃんは一気に元気爆発です!



CIMG3005_R3.jpg
「母ちゃんよ、ちっちゃなことは気にすんな!」



CIMG3001_R3.jpg
「あたしがいれば、問題なし!」



CIMG3000_R3.jpg
「ほら、向かい風だって、へっちゃ・・・いや、ちとキツイっす



CIMG7631_R3.jpg
「風を切って走ってごらん! これも立派な、アウトドアよ!」



CIMG7496_R3.jpg
「ふぅ~。 すぐ疲れるけどね。」


うんうん、そうだね!

母ちゃん、なんか元気が出てきたよ!



CIMG7867_R3.jpg
マリリンとのこんなに素晴らしい毎日。

これ以上ないくらいに幸せいっぱいだもの。

趣味が犬でも、いいよね

気後れする必要なし!

犬に興味のない人から見れば地味かもしれないけど、犬との暮らしは、最高に幸せだぞ~!!



マリリンと一緒に風を切って走ったら、垂れた頭はぐんぐん空に向かい、丸まった背筋もピシャッと伸びて、すっかり元気100%になった母ちゃんでございました






個人の美容院事情なんて、みなさまにとってはどうでもいいお話ですみません

せいぜい2~3か月に一度のことなので、なんということもないのですが、そのたび少々憂鬱になってしまって。


ところが。


最近になって、ある変化が現れました。

美容師さんのほうから、犬の話もしてくださるようになったのです。

質問されるたびにそっと犬の話をし、いろんなワンちゃんのエピソードなどをご紹介するうちに、少しずつ興味を持ってくださったようです。

先日は、ついに保護犬の話をすることができました。

うまくない私の話し方でも、いろいろと感じてくださったようで、とてもうれしい気持ちになりました。



ところで、この美容師さん、最近では「空を飛びたい」と言い始め、今度パラグライダーに挑戦するそうです。

ここまで来ると、ある意味おもしろくなってきました。

彼女の報告をお聞きするのが、楽しみです♪





そうそう、美容院での憂鬱と言えば、もうひとつありました。

靴です。

シャンプーの際、動くベッドに乗りますよね。

よいしょと腰かけ、足をベッドに乗せた瞬間、愕然とするのです。

ヨレヨレのスニーカーに。

「わちゃ~!! 次回はきちんと違う靴を履いてこようって、前回あれほど心に誓ったのに! 自分のバカ!」

そう頭を抱えますが、悔やんだって後の祭りです。



マリリンが来てからというもの、専ら犬連れの外出ばかりなので、必然的に、転ばないような動きやすいスニーカーを履くことが増えました。

というより、もはやスニーカーしか履いておりません。

なので、感覚が麻痺しており、自分ひとりの外出でも、何も考えず、玄関に転がっているスニーカーをつっかけて出てしまいます。

そして、出かけた先で、顔を赤くするはめになるのです。

美容院のおしゃれでキレイな空間の中、ヨレヨレのスニーカーを隠したくて、思わず足にギュッと力が入ってしまうのでありました

| 私のこと | 08:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。