今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん登場!10 ~保護犬を迎えるということ~

CIMG1558_R3.jpg
おはようございます。

父ちゃんでございます。

平日のブログジャック!!


今日は、かねてから書きたかった「保護犬」について書いてみようと思います。


「保護犬」とは何でしょうか。


ネットで検索すると、
「捨てられてしまったり、逃げてしまった理由から飼い主がおらず、動物愛護センターなどに一時的に保護されている犬のこと。」byはてなキーワード
と、あります。

例えば、

・鎖を噛み切って逃げたり、散歩中にリードが離れて逃げたりして、保護された。

・悪徳ブリーダーが崩壊し、たくさんの犬が生き場を失ったのを保護した。

・「引っ越し先がペット不可のところだった」「噛む癖があって手におえない」「吠え癖が直らない」「子どもが飽きた」「経済的に負担だ」「年をとって、介護が必要な状態になった」などの身勝手な理由で飼い主が動物愛護センター(保健所)に持ち込んだ。

・飼い主が、上のような理由で路上等に放置し、保護された。

といったケースがあります。


このように保護された犬たちは、譲渡会やホームページによって、新しい家族を待ちます。

ただし、動物愛護センター(保健所)が保護した場合、多くの犬が数時間から7日程度で「殺処分」されると言われ、その数は全国で年間8万頭とも16万頭とも言われます。

ちなみに、この「殺処分」は、建前は“安楽死”ですが、実際はほとんどの自治体で「殺処分機への二酸化炭素ガス注入」によるものです。

たくさんの犬を個室に追い込み、二酸化炭素を充満させるのです。

犬たちはもがき苦しみ、倒れていきます。

想像しただけで、息が詰まります。



CIMG3440_R3.jpg



さて、「保護犬」のデメリットとメリットは何でしょうか。

<デメリット>

・過去の経験がわからず、どんな問題行動があるかわからない。

・成犬を引き取った場合、年齢がわからず、フードの切り替え、備える病気についての判断が難しい。


<メリット>

・特徴的な顔立ち、変わった癖など、唯一無二の個性がある。

・保護団体のシェルターや預かりさんで暮らしている子など、すでにある程度のしつけがされている場合がある。

・処分されようとしていた命をつなぐことができる。


飼ってみてわかることですが、この個性ってのはすごく神秘的で、それが面白いし、愛おしいんですよね。

変な癖や鳴き方だったり、ヒゲの具合だったり、長く過ごすほど、そういうのが愛おしく思えます。

また、「徐々に心を開いていく」ってことも楽しみなことだと思います。


マリリンも最初の頃と比べると、顔が全然違います。

出会ったころは、表情もなく、すべてを疑っているかのような目をしてました。

また、吠えることも一切ありませんでした。(悲鳴や絶叫はありましたが)

それがいつしか、犬らしく吠えるようになり(思いのほか激しく吠えるので、今も時々困りますが(笑))、いろんな表情を見せるようになり、信頼しきっているような目をするようになってきました。


たまたま見ていたテレビで浅田美代子さんが「保護犬は自分に心を開いていくのが愛おしい」っておっしゃっていましたが、まさにその通りだと思います。



CIMG1497_convert_20111224200439.jpg



正直、過去のわからない保護犬を飼うことは大変だと思います。

でもその大変さを受け入れ、家族として迎え入れる覚悟が出来たとき、それは自分自身の成長にもつながる気がします。

もしかしたらこれが最大のメリットかもしれません。

私はマリリンに愛情を注いでいるつもりですが、それ以上の愛情をもらっている気がします。



CIMG0131_R2.jpg



たくさんの保護犬が幸せになること、それと同時に保護される犬が少しでも減ることを祈るばかりです。


<参考図書>

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇犬を殺すのは誰か ペット流通の闇
(2010/09/17)
太田 匡彦

商品詳細を見る


犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)
(2009/07)
今西 乃子、浜田 一男 他

商品詳細を見る


<参考ホームページ>
「HOGO犬」
「ペット里親会」



よろしければポチっと応援クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


すみません、飛び込みで失礼いたします、母ちゃんです。
前回の記事に拍手コメントをいただきましたみなさま、本当にありがとうございます。
ご心配をいただいてしまって申し訳ございません。
ブログ自体は、のんびり更新にはなりますが、今後も続けていこうと思っております。
マリリンの様子を覗きに来ていただければ、うれしいです

| 父ちゃんより | 07:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。