今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヤンキー少年の意外な素顔


「みなさ~ん、元気ですかーーー!! えへ。風が強いんです。」

向かい風にしょんぼりしちゃったマリリンから始まりました、今日のブログです♪


先日のお散歩のこと。


この日は風が強く、夕方前の時間だったこともあり、いつものお散歩より少し寒く感じたので、マリリンもしっかり防寒。

警備員服を着て、地域のパトロールです


それでですね、強風でコートの袖から手を出すのがつらくて、写真はわずかしか撮れていないのですが(笑)、ちょっとうれしい出来事がありましたので、ご報告させてくださいませ♪



CIMG4135_R3.jpg
「寒いよね~。こんな日は、もういろんなこと、ちゃっちゃと終わらせちゃうんだから!」



CIMG4137_R3.jpg
「はいはいはいはい、そーですか。わかりました。さようなら。」


早く切り上げたくて、ほかのワンちゃんからのお便りを受け取るのも、雑

やけっぱちのような、おざなりな情報交換に、思わず笑ってしまいました。

そんなに雑なら、嗅がなきゃいいのにねぇ(笑)



CIMG4139_R3.jpg
「いいの! やるべきことをやらないと、気が済まないタイプなの! とりあえずやった感が大事なの!」



CIMG4141_R3.jpg
「ひゃ~!風が強くなってきた~! 母ちゃん、もう帰ってあげてもいいよ。」

そうだね、早めに帰ろうか、と簡単コースを選択しました。



早足で黙々と歩き、住宅街のとある小さな路地を曲がったときのこと。

曲がった先に、明らかにヤバそうな少年集団が。

18歳前後でしょうか。

地面に座り込み、周囲にはでっかいバイクが数台とまり、狭い道を占領しています。

今にも盗んだバイクで走り出しそうな彼らの空気に、母ちゃん真っ青。

これはヤバイ。

見るからにヤバイ。

相当とんがっちゃってる



びえ~ん!どうしよ~!と半泣きになり、道を変更しようかという考えがよぎったのですが、そこは家々が立ち並ぶ、狭い一本道。

すぐそこに、彼らがたむろしています。

今その彼らの目の前で、来た道を引き返すのは、あまりにもあからさま過ぎる。

かえって彼らを刺激してしまうんじゃないかと判断し、何でもない顔をして横を通り過ぎようと決めました。

心臓はバックンバックン跳ね上がっていますけどね。



リードを短く握りしめ、狭い道なりにも、なるべく彼らから離れて横切ろうとした瞬間、「かわいい犬・・・。」と小さな声が。

集団の中の一人の少年が、導かれるようにこちらにフラフラと近づいてきたのです。

えぇーーー!!ヤバイーーー!!

すると、話しかけてくれた人は必ず撫でてくれると信じているマリリンが、スンスン甘えた声を出して少年にすり寄ろうとしました。

んも~母ちゃんは、必死でリードを握り締め、「ヤメナサイ。ヤメナサイ。」と極小の声で連呼。

しかし、少年はそのままゆっくりと近づき、ついにマリリンを撫ではじめました。

ド緊張で身体を硬直させながら、とにかく早く立ち去ろうと策をめぐらせていると、ふと、あることに気づきました。

その彼、先ほどまであのコワイ集団に属していた少年とは思えないほど、優しい優しい笑顔になっちゃったんです。

いい人オーラ満載

撫で方がうまいから気持ちいいらしく、マリリンがこれでもかと甘えます。

少年はさらに喜んじゃって、「なんだよ~、かわいすぎるな、オマエ。」とはじける笑顔。

エンドレスのふれあいです。



ふと向こうを見ると、彼の仲間たちが一斉にポカンと口を開けてこちらを見ていました。

しばらくマリリンと戯れた少年は、そのとき初めて気がついたかのように母ちゃんに顔を向け、「かわいいッスね、この犬。車いすでがんばってて、すげーッス。」とはにかみながら言いました。

恐怖から解放された安堵で、「はい!ありがとうございます!がんばっています!」

直立不動で口走る母ちゃん。

最後まで優しい笑顔で、「またな、がんばれよ。」と言い残し、集団のほうへ戻って行きました。

仲間たちが、「なに、オマエ犬が好きだったのかよ。そんな顔初めて見たわ。マジびびった。」と言っているのが聞こえます。

安堵やら喜びやらで、どっと身体の力が抜けた母ちゃん。

その後、リードをピンと持ち直して、ルンルンとその場を去ったのでありました。



CIMG4147_R3.jpg
「えへへ。お兄さん、やさしかったの。あの人、すごくいい人だよ。わかるの。」

そうだね、見た目がコワイからって、悪い人間とは限らないよね。

それに、思い出したよ。

中学のときに一緒に遊んでいた女の子、市内で有名な暴れん坊だったけど、母ちゃんが困っているときは、いつも全力で助けてくれた。

どんな相手でも、ひとりで乗り込んで行って、守ってくれた。

そんな、すばらしく情に熱い、心のやさしい女の子だったな。


強風でしょぼくれていた気持ちもどこへやら。

マリリンとふたり、すっかり元気になって、心ぽかぽか、お散歩を楽しんだのでした♪


読んでくださって、ありがとうございます

みんなを思わず笑顔にさせちゃうマリリン。
ヤンキー少年の心の中にある、やさしい素顔を引き出しちゃったようです。

エンドレスで触れ合っていた一人と一匹に・・・
ポチッと応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

~お知らせ~
今度の日曜日に1周年を迎えます、マリリンブログ。
また日曜日当日、私の思いときちんとしたお知らせを書きますが、1周年をもって、ブログ村を卒業することにいたしました。
いつも、ランキングからこのブログをご覧いただいている方には、本当に申し訳なく思っております。
いきなり消えているとびっくりしちゃう方がおられるかもしれませんので、事前にお知らせだけさせていただきました。

ブログ村を通じて、たくさんの方に応援いただき、本当にありがとうございます。
卒業することになって、父ちゃんは、明日、自分が一番書きたかった保護犬のことを慌てて書くようです。
多くの方に見ていただけるうちに書かないと~!なんて言って(笑)
よろしければ、チラと読んでやってくださいませ。

日曜日まで、最後の応援クリック、よろしくお願いいたします

| マリリンの特性 | 08:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。