今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリン家、今年の目標!

じゃんじゃかじゃ~ん!

新年明けてだいぶ経っちゃいましたが、今日は、マリリン家の今年の目標を発表したいと思います!

誰も人の家の目標など興味ないと思いますが、よろしければお付き合いくださいませ

ではでは、ある日の休日、父ちゃんに朝のお世話をしてもらっているマリリンの様子を覗きながら、いってみよう!(^^)!



CIMG4451_R3.jpg
「どーもみなさん、こんにちは。」



まずは、マリリンの今年の目標。

マリリンったら、新年早々、「今年の抱負は、一日一美味だ!」とか、「今年の目標は、マテの制度撲滅だぁ~!」とか、勝手なことをみなさんにお話しておりましたが、本当の目標は違うんです!

彼女の今年の目標は、父ちゃん母ちゃんが決めました! はっはっは!


それは、「ハイドロセラピーに挑戦すること」です♪



CIMG4443_R3.jpg
「ちょっと~、何すんのさ~。」



ハイドロセラピーとは、水泳療法のこと。

水の中で負荷を軽くしてあげることにより、筋肉をつけ、麻痺した部分に刺激を与えるリハビリ療法です。


水中のリハビリには、様々な効果があるようです。

・水の温度を変化させることで関節や筋肉を柔らかくする効果

・水の圧力で浮腫や腫れを軽減する効果

・マッサージ効果

・水の粘性を利用して短時間で筋肉を維持、増強する効果


ヘルニアなどで後ろ足が麻痺してしまっているワンちゃんが、リハビリとして挑戦しております。

マリリンは、これまでチャレンジしたことはありません。

ずっと前に、近所で水中トレッドミルをやっている病院に相談しに行ったことがありますが、「マリリンちゃんの場合はあまり効果は望めないと思う」と判断され、落胆して帰ってきました。



CIMG4446_R3.jpg
「あんだかねぇ~。」



以来、マリリンにはダメなものとばかり思っていたのですが、少し前に、ある方のコメントで、ハイドロセラピーの話が持ち上がって。

その方のお話だと、ハイドロセラピー=水中トレッドミルではない、と。

私は、すっかりこの2つを同じものだと思っておりましたが、違いがあるようです。



トレッドミルというのは、スポーツジムにあるようなウォーキングマシーンみたいなもので歩かせる運動のことを言います。

リハビリの場合は、水中トレッドミルと言って、水を入れた大き目の水槽に犬を入れ、水中を歩かせる方法。

水槽の底が、ウォーキングマシーンになっています。

リハビリやダイエットなどで、よく使われるようです。

マリリンに効果が望めないと言われてしまったのは、まさにこの水中トレッドミルというもの。


それが、ハイドロセラピーとなると、もう少し広い意味になるようです。

犬用のプールに入り、専門の先生と一緒に身体を動かし、その子に合ったリハビリをしていく、といったイメージでしょうか。

歩くだけでない全身運動ができ、楽しみながらリハビリできちゃうんですね。

また、心肺機能の強化にもつながるそうです。



CIMG4448_R3.jpg
「眠いんです。。。」 マリリン、老けた



お話をお聞きしてから、あれやこれや調べてみました。

最初は、水遊び程度にプールに入ってみるのもいいかも~♪なんて軽い考えでいたのですが、知っていくと、その子に合ったやり方をしなければ意味がないし、また危険も伴うことがわかりました。

そこで辿り着いたのが、とある施設。

そこは、遠方から動物のリハビリ第一人者の先生が来てくださり、丁寧に診ていただけるのです。



ひとまずそちらにお電話をしてみると、とても感じの良いところ。

夫婦で検討した結果、一度行ってみようかな、と決まりました。

ただ、予約の際、年齢で若干の疑義が持ち上がりました

本来、そこの施設では、プール関係は7歳まで。

でも、先生のセラピーということで、もう少し年齢のいったワンちゃんでも受けてくださるとのことで、ひとまず、ホッ。

最初は、「10歳の可能性があるとなると、けっこうギリギリかもしれませんね。。。」と心配され。

大慌てで、「いや、でも! 全然そんな年に見えないんです! 若々しくて、元気ハツラツだしっ! 見た目は7歳!いや、6歳です!」な~んて、どーでもいい見た目の若さを受話器の向こうのスタッフさんに切々と訴えちゃった母ちゃんでした(笑)

とにもかくにも、2月下旬に予約がとれましたので、背骨が折れた部分のレントゲン写真等を持参して、出かけてまいります。



先生がいらっしゃる日が月に一度とかなので、通うとしても、こちらの都合も兼ね合わせると、2か月に一度程度になってしまうかもしれません。

でも、その程度がちょうどいいかな、なんて思っております。

私たちは、歩けるようになることを一番の目的とは考えておりません。

あくまでも、遊びながらマリリンの後ろ足に刺激を与え、筋肉の強化を図り、障害から来る足の硬直やけいれん等、そういった現象を少しでも緩和させられたら、という目標でおります。

もちろん、良い効果がつながり、もしも最終的に歩けるようになったなら、それは本当に素晴らしいこと、とんでもない幸せです♪

でも、その結果というのは、あとからついてくるものでいい、というのが私たちの思いです。

なぜこんなに慎重な物言いをするかと言うと、なるべくマリリンにがんばらせたくないから。

おそらく、「歩けるようになること」を目的にしてしまうと、やはりどこかで私たちもがんばってもらいたくなっちゃうと思うのです。

そして、父ちゃん母ちゃんのその思いを敏感に感じ取ったマリリンは、きっと無理をしてでもがんばってくれてしまう。

フィラリア治療のときのように・・・。

それは望まないので、ハイドロセラピーも、少しでも楽しく足の刺激ができて、身体が強くなったらいいな、という気持ちで臨もうと思っております。

フィラリアをやっつけたマリリン、これからは楽しくリハビリ生活です♪



CIMG4450_R3.jpg
「あたしゃ、眠いんだよ。」



とは言え、こんなに書いておきながら、初回のハイドロセラピーであっさり脱落という可能性もありますけどね

フィラリア症による心臓のダメージを持っているので、セラピーを受けても大丈夫なのか。

マリリンの体力で、セラピーの負担が大きすぎないか。

そういったことを、先生にしっかり判断してもらわなければなりません。

また、マリリンが極度に嫌がったり、もしくは、マリリンの身体にあまり合わない場合には、無理はさせたくないので、そこで終了です。

それにね、ここだけの話・・・なんせ父ちゃんも母ちゃんもカナヅチですから

このふたりの血を引いた(?)マリリンが泳げるとは思えないんだけど~

な~んてふたりで笑っております(笑)



とまあ、そんなわけで、マリリンの今年の目標は、ハイドロセラピーに挑戦してみることです!

2月下旬なので、だいぶ先になりますが、チャレンジしたら、またご報告させてくださいませ♪



さて、ちょいとここで、眠い中を迷惑そうにお世話されていたマリリンの様子、その続きを覗いてみましょう。



CIMG4453_R3.jpg
コロン。 「えへへ、転がっちゃったの。」

眠気に負けて、ついにコロンとなったマリリン

こう見ると、柴犬っぽい感じがしますね~♪



CIMG4458_R3.jpg
「母ちゃんって、話長いよね~。 よくそんなにしゃべることがあるもんだ。」

んも~!

あんたのハイドロセラピーの説明をしてたのっ!



CIMG4461_R3.jpg
「ほぇ~。」

寝転びながらのブラッシングタイムです



CIMG4460_R3.jpg
あら?

寝ちゃった・・・?

この状態で、すやすやと眠りに入っていったマリリンでした~



それじゃ、マリリンには夢の世界を楽しんでもらって、こちらは、どーでもいい私たち夫婦の今年の目標です。


まずは、母ちゃんの目標。

それは、「ひとりで運転できるようになること」です!


以前からブログを見てくださっている方は、「えぇ~!?まだ運転できてないの!?」と驚かれるかもしれません。

えぇ、そうですよ。

なんか文句ありますか?(笑)

10年以上のペーパードライバーを何とかしようと、去年の4月にハンドルに触れてから10か月近く。

毎週末、父ちゃん教官に助手席で指導してもらい、運転の練習をしてまいりました。

その結果・・・

いまだにひとりで運転できませんよーーーだ

いや~、言い訳させていただくと、父ちゃん教官が、とっても厳しいんです。

「だろう運転」など、決して許されません。

運転が終わるたび、父ちゃん教官にあれやこれや指導されます。

で、最終的には母ちゃんが、「前から思ってたけど、アンタってほめたことないよね!あたしはほめられて伸びるタイプなのに!」というくだらない捨てゼリフを吐いて怒り、父ちゃん教官をシュンとさせる始末。

そんなことを繰り返し、少しずつ練習をしてきました。

最近は、カフェまでは母ちゃんが運転することが多く、また、フィラリア治療のときの狭山の病院も母ちゃんの運転で行くことができました。

しかし、それは父ちゃんによる助手席からの指導があってこそです。

危険予測が完璧という段階になるまで、ひとりで運転するのは許されません。(それは母ちゃんもその通りだと思います。)

これから地道に練習を積んで、なんとか今年、ひとりで運転できるようになりたいな、と思っております。


ふぅ~、書き終えた~。

我が家の今年の目標にお付き合いいただき、ありがとうございます!


え?

父ちゃんの目標は何かって?


「母ちゃんに意見すること」だって!


不愉快なので、完全スルーでいかせていただきます(笑)

| あんよのこと | 07:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。