今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

生きてりゃ、必ずいいことあるさ

みなさま、こんにちは~!


土日の大荒れは大丈夫でしたでしょうか。

我が家の地域は、覚悟していたほど荒れることはなかったので、マリリンも落ち着いて過ごすことができました♪

嵐は平気だったのですが、ここのところ、ちょっと体調がイマイチの日が多いもので、無理しないようにしているマリリンです。

そんなわけで、今日は、まだ記録していなかったお散歩の様子をご紹介していきたいと思います

少し前のお散歩ですが、よろしければお付き合いくださいませ~!

寒い日が何日か続き、この日は久しぶりにやわらかな春の日差しが降り注ぎました



CIMG1961_R3.jpg
「イシシ! あたし、うれしいじょ~!!」

お天気の良い日は、あからさまなゴキゲンマリリンです


かと思うと、突然


CIMG5686_R3.jpg
ピタ。

道の真ん中で立ち止まってみたり。

こういうとき、何を言いたいのでしょうね~。

言葉がわかればな~、と思う瞬間です。



CIMG5689_R3.jpg
「母ちゃん! 今日は、あたしの好きな道を行かせていただきますっ!」

だそうです



CIMG5696_R3.jpg
「まずは、匂い嗅ぎからね♪」

そっちかい!



CIMG5715_R3.jpg
マリリンの熱心な匂い嗅ぎを、アップでお伝えしたいと思います。



CIMG5712_R3.jpg
アゴ~♪



CIMG5714_R3.jpg
ヒゲ~♪

熱心で熱心で、カメラのことなどまったく気にとめません。

黒々と濡れたお鼻で、何の情報を集めているのでしょうね~



CIMG5717_R3.jpg
ついでに、マリリンのおなか~♪

後ろ足は、こんな風に、柔らかなコットン生地の上に乗せています。

マリリンは、外の刺激により後ろ足が反応してけっこう動くので、こうしておくと、輪っかで擦れてしまうのを防ぐことができます。



CIMG5705_R3.jpg
「さ、母ちゃん、走るよ!」

ラジャー!!



CIMG5753_R3.jpg
びゅーーーん

ぐんぐんスピードをあげます!

しっぽがふわりと持ち上がっているの、分かりますか?

青空の下、太陽の光を浴び、風を切って、本犬の中ではテンションあがりまくりなのでしょう



CIMG5707_R3.jpg
ブルブル~ッ!も、いつもより威勢良くやっております



CIMG5730_R3.jpg
「気持ちいいぜーーー!!」


少し足をのばして、お友達の家の前へ。



CIMG5742_R3.jpg
ダイゴくん、いるかな?



CIMG5741_R3.jpg
「いない。。。」

残念ながら、お家の中です。

冬になってから、ずーーーっと会えていないので、寂しいマリリンです。



CIMG5743_R3.jpg
なかなか諦めきれずに、ダイゴくんのお家を見上げておりました。



トボトボと歩き始めると・・・

「あら、かわいいわね~♪」

女性が撫でてくださいました。



CIMG5722_R3.jpg
「えへへ~、あたしね、寂しかったの。」

やさしい人へのすり寄り方を心得ているマリリンです



CIMG5724_R3.jpg
「こんな瞬間を、待ってたんだよ♪」



CIMG5725_R3.jpg
「あひゃ

んも~満足、満足、大満足のマリ坊ちゃん



CIMG1954_R3_20130127103805.jpg
「やさしい人がいた~



CIMG1963_R3.jpg
一気にテンションアップ!!

笑いっぱなしで家まで帰ってきたのでした



マリリンは、こんな風にやさしく声をかけられると、本当にうれしそうな顔をします。

つい先日も、こんなことがありました。



道路の端で、プロパンガスの大きな缶をトラックからおろし、汗だくで仕事をしているおじさんがいました。

通り過ぎる際、目が合ったので、「こんにちは♪」とご挨拶。

マリリンを見たおじさんは、手に抱えているプロパンガスを横に置き、笑顔で近づいてきました。

車いすの事情を聞かれたので、簡単に説明します。

おじさんは、かわいそうだというような言葉は、まったく口にしませんでした。

日焼けした茶色い顔に浮かぶ細い目を、さらにギュッと細めて、鶴瓶さんを彷彿とさせる佇まいです。

目尻に刻まれたいくつもの皺が、やさしくマリリンを見おろしていました。

マリリンも、おじさんをじっと見ています。

おじさんは、マリリンを撫でようと伸ばした手を、頭に触れる寸前で、慌てて引っ込めました。

「あれ?」という表情をしたマリリンに、もう一度笑顔を向けると、真っ黒になった軍手をはずし、改めて頭を撫でてくださいました。

そんなやわらかなやりとりに、思わずこちらも笑顔になります。



「お~よしよし。いい子だな~。いい目をしてる。」と言いながら、おじさんは、マリリンをわしゃわしゃと撫でてくださいました。

力強いわしゃわしゃに若干よろめきながらも、マリリンはうれしくてたまらない様子。

ピーピーキューキュー鳴いて甘えました。

ごつごつとした大きな手は、マリリンの顔をすっぽり包みます。

そして、ひとり言のように、つぶやきました。

「生きてりゃな、必ずいいことあるんだよな。 生きてるってことが、大事だ。」



マリリンは、何かほめてもらったと思ったようで、ピュルル、と甘えた声を出しました。

おじさんは、軍手をはめると、額にふき出す汗をぬぐい、仕事に戻りました。






マリリンは、働くおじさんに応援していただくことが、けっこうよくあります。

おじさんがおばさんをかわいがっていると思うと、ふふっと笑ってしまうこともあるのですが、本犬は、大変満足に、みなさまの好意を受け入れているようです。




「おじさんの手ってね、あったかくて、やさしい汗の匂いがするんだよ。」

| マリリンの特性 | 08:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。