今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ザッシュ一族、浦和に突撃してきたぞ~!

さあさあ、今日は、写真がいっぱいですよ~!

とってもかわいい子たちばかりなので、どうぞ楽しんでいってくださいませ~!(^^)!



土曜日のこと。

それは、突然の指令であった。。。

まるで、「私だ。」で始まる『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』のボスからの指令の如く、母ちゃんの携帯にメールが投げこまれたのである。


な~んて、いつもと違う始まりになりましたが、実はですね、ホントにボスの指令か!?ってくらい突然に、犬のいない生活なんて・・・忘れちゃった♪でおなじみの、ザッシュ一族のみなさんから、浦和に突撃すっどーーー!!と連絡が入ったのであります!

そりゃ~行くに決まってるでしょ~!となるわけですが、しかし。

この日、たまたま人間の用事が入っていた父ちゃん母ちゃんは、朝投げ込まれたメールに気づいたのは、午後1時過ぎ

ひょえ~!ボスに怒られる~!とてんやわんやの大騒ぎをしながら、ザッシュ一族の集う、浦和RAINDOGS CAFEに転がり込んだのであります

マリリンを抱えて、いつもの空間に足を踏み入れると・・・

いました、いました!

みなさん、すでに別所沼公園のお散歩を終えて、カフェに到着しておりました~!

それでは、一気にご紹介いたします。

どうぞ~!




「みなさん、こんにちは。ちょいちょい登場、ライカです。」

マリリンと黒白コンビ、いや、リサとガスパールのライカちゃんですよ~

あふれかえる犬たちに、ちょいビビったようですが、カフェに入ったら、そこはライカちゃんのホーム。

いつもの笑顔を見せてくれました~♪


そして、サラロン家の面々は・・・



CIMG6782_R3.jpg
ニパッ!  「オレ、花の15歳。なんか傾いちゃってっけど、ちっちゃなことは気にすんな!」

dazz店長と同い年で、誕生日も一日違いという不思議な縁を持った、ロンくんです♪

昨年11月に、特発性前庭疾患を発症し、緊急入院となってしまったロンくんですが、その後、見事に復活を果たし、こうして浦和まで遊びに来てくれるほど、元気になりました~

病気の影響で、首がヒョコンと左に傾いちゃうけども、なんかもうね、ぜ~んぶひっくるめて、ヤバイっす、このかわいさは

もはや「犬」を超えて、「ロン」という分野をつくり出しつつある、犬国宝なみのおじいちゃん♪



そして、そのロンくんを労わり、後から仲間入りしたピーちゃん、ベンくんの面倒を見て、さらには、破天荒なQさんの面倒まで見るという、サラロンさんとオンナふたり、だ~いぶ苦労しておられるのが、このお方。


CIMG6852_R3.jpg
「ふぅぅ~。数々の悟りを開いてきました、サラです。もうすぐ、瀬戸内寂聴の域に達します。」

とにかくおとなしくてね、サラちゃんは。

ワタワタとこちらで遊んでいて、ふと気づくと、いつもひっそりとそこにいます。

何度、「あ、サラちゃん、いたの?」と失礼な言葉がすべっちゃったことか

そのたび、「私はいましたよ、ずっとここにいましたよ。」とため息をつかれます

犬+人間のオトコたちの面倒をいつも見ている、やさしいサラちゃん♪



そんでもって、もうひとり。

相変わらずのやさぐれっぷりを発揮しておりました、このお方。


CIMG6796_R3.jpg
「っんだよ! オレのことは、ほっとけ!」

うわ~ん、いきなり怒られた~

ザッシュ一族の中に放り込まれた純血パピヨン男子、ピーちゃんです!

サラロンさんのブログをご覧いただくとよくわかるのですが、このピーちゃん、生まれてから8年間も、飼い主から虐待を受ける日々。

そこからレスキューされた子なので、やさぐれていても、当然なんです。

ピーちゃんは、噛むことで必死に身を守ってきたので、ザッシュ一族に迎えられた当初は、かなりのグレムリン状態。

誰ひとり、信じることができず、噛みつきまくっていたのですが、そこは、さすがのザッシュ一族!

ちっちゃなことは気にしない、底抜けに明るく楽しんじゃう精神で、(何度も負傷しながら)ピーちゃんをおっきな愛で包み込んじゃいました

なので、今は、家族には気を許し、また、人によっては、噛まずにいられるようになったのです!



このにぎやかな面々に、つい最近まで、ベンくんという預かり男子が加わっていたのですが、見事、里親希望の方が現れ、1週間前にトライアルに行ったんだとか

会えないのは残念だったけど、でも、もう少しで、運命の赤い糸をガッチリつないじゃうもんね!

ベンくん、幸せをつかむんだよ~!(^^)!



というわけで、うちのマリ坊、このメンバーに圧倒されているんじゃないかと思いきや、


CIMG6821_R3.jpg
ぜんっぜん!

会うなり、いっちゃんイイ位置をキープ。

そこから離れず、Qさんから「賄賂」という名のおやつをもらい、イヒヒと食べまくったのであります



CIMG6895_R3.jpg
「賄賂くれ~! 賄賂くれ~!」

すんごいでしょ~、この楽しそうな顔


調子に乗っていたら、


CIMG6817_R3.jpg
見事にQさんから洗礼を受けるマリ坊でした。


ライカちゃんは、そういうワチャワチャしたところには、いきません。

うまい具合に、自分をかわいがってくれる人のところへ行き・・・


CIMG6803_R3.jpg
華麗におやつゲット

でもね、その代わり、こんな洗礼を!


CIMG6800_R3.jpg
「ウガーーー!」

これは、病院に行くと凶暴なグレムリンと化すピーちゃんのための、アヒルさん口輪

実際には、すぐに外れちゃって診察室が大惨事になったようですが、被り物として活躍してくれました



CIMG6834_R3.jpg
「みんな、何やってんだ? ちょっと、落ち着け?」


マイペースなロンくんは、みんなの顔にお尻をぶつけながら歩きまわっておりましたよ。

そんで、そのたび、「ちっちゃなことは、気にすんな!」って左に傾げて笑っておりました。


CIMG6844_R3.jpg
母ちゃんがそっと手を出すと、身体を預けてくれて、ぬいぐるみのようなかわいさにハートを打ち抜かれまくりです

目が見えなくなってきているようですが、それさえも、ちっちゃなこと!と流しちゃうロンくんの背中に、かっちょええ~!!と見惚れてしまった父ちゃん母ちゃんでありました。


そして、こちらのサラ内寂聴は、


CIMG6924_R3.jpg
「ふぅぅ~。なんか最近、五十肩でさ。。。」

疲れきったお母さんの風情です(笑)

ライカちゃんやマリリンより年下女子のサラ内さん。

体育会系の精神をお持ちの彼女は、自分より少しでも年上の姐さんには、絶対歯をむかないんです。

なので、マリ坊が、「ちょっとー!!どいてどいて!!」と押しのけておやつを奪っても、「あ、姐さん、失礼しました」みたいな感じで、スッと身をひいてくれちゃいます。

自分より年下の女子相手だと、こうはいかないそうなのですが、どうやって年齢を見分けているんでしょうねぇ。

少しでも年上だと、加齢臭的なものが漂うのかな


さてさて、ピーちゃんはどうかな~?

やさぐれ、おさまったかな~?


CIMG6920_R3.jpg
うわっ! やば!

さらにやさぐれてる(笑)

ピーちゃんは、人間にはガウガウするけど、犬の中では、一歩も二歩も引いちゃって。

8年間まともなごはんを食べて来なかったから、食にはすごく執着はあるそうですが、でも、みんながいるときには、



CIMG6866_R3.jpg

こんな。

常に、後ろのほうで、じっとしています。

↑ いっちゃんイイ位置キープのマリ坊に、さすがのロンじいさんも、ちょい不満(笑)

「あり? おめえ、なんだ?」

目は見えなくても、なんか納得いかない展開になっているのは分かっちゃったようです。


で、こんな風に、いつもおやつに届かないピーちゃんには、Qさん直々に


CIMG6856_R3.jpg
はい、どうぞ。

こんなときは、あどけなくかわいらしい表情を見せてくれました♪



そしてそして、この後、ピーちゃんと父ちゃんがお近づきに!



CIMG6945_R3.jpg
おや?

おやおや~?

噛み噛みピーちゃんが、なんと、自分からうちの父ちゃんにすり寄っていきましたよ

ちょいと動画を撮りましたので、どうぞ~!

[広告] VPS



思えば、初めてピーちゃんにお会いしたときも、気づいたら父ちゃんだけ普通に撫でていたという緊急事態が発生し、母ちゃんは大変悔しかったのです。



CIMG6959_R3.jpg
こんなに寄り添っちゃって、今回もまた同じ展開か~ と嘆いていたら、



CIMG6958_R3.jpg
この白いのが許しませんでしたよ~!

「アンタ、何してくれてんのか、わかってる? それ、あたしの父ちゃんなんだよ。」

と静かなオーラを発しながら、ピーちゃんに近づいちゃったもんだから、もう大変!

ピーちゃんの「怒りスイッチ」、ON

「あんだよ、あんだよ、やんのかコラ!オレはやるぜ!オレは噛むぜ!」とプチパニック状態となり、穏やかに父ちゃんに撫でられる展開は、そこで終了となったのでありました。

それに気を良くした(?)母ちゃんは、今度は自分の番とばかりに、


CIMG6949_R3.jpg
そっと撫でさせてもらいました~!

父ちゃんの場合と違って、サラロンさんが、いやに本気の声で、「ピー!ノーだよ!ノー!ノー!」と連呼していたのが気にかかりましたが(笑)、ピーちゃんの柔らかな毛に触れることができ、うれしくてたまらない母ちゃんでございました♪



CIMG6933_R3.jpg
「母ちゃんが噛まれなかったなんて、驚きです。」

マリ坊ったら、父ちゃんがピーちゃんを撫でているときには、許せないオーラを発していたのに、母ちゃんのときは、100%許してた

んも~、こうしてやる!



CIMG6980_R3.jpg
じゃん。

アヒルさんに変身していただきました~

何か着けられると、カチンコチンに固まっちゃうマリリンは、微動だにせず、みんなの爆笑を誘いました。



CIMG6988_R3.jpg
「あんだかね~。つくづく意味不明だよ、人間は。」



CIMG6917_R3.jpg
「あはは~!マリリンもやられてる~!嫌なときは、暴れるが勝ちだよ!」


ライカちゃんに助け舟を出してもらいながら、てんやわんやと楽しい時間を過ごしているうちに、すっかり夕方になり、お店の中には、私たちだけが残りました。

となれば、もちろん!

みんなでゆっくりと、dazz店長にご挨拶をしましたよ~♪


dazzさんや、調子はどうだい?

同級生のロンくんが来てくれたよ。


CIMG6999_R3.jpg
「え!! はるばる!?」

そう、はるばる^m^

ちょっと驚いたdazz店長でしたが、ロンくんと一緒の撮影に、快く応じてくれました♪



CIMG7008_R3.jpg
「あへ~。オレ、何してんだ?」

15歳同士の、一枚

なんかもう、見ているだけで泣けてくるのは、なぜだろう。

ふたりが15歳を迎えた日のことは、こちらの記事に書いてあります。

マスターも奥様も、この再会をとても喜び、16歳のお誕生日は、ぜひ合同で、盛大にやりましょう!

そう約束したのです。

じんわりとやさしい時間が、犬たちを包んでおりました。



CIMG7009_R3.jpg
「あや? おい、dazz店長、なんだ、あれ?」

ふたりの視線の先には、



CIMG7034_R3.jpg
「あの~、すみません。 やめてもらえませんか。」

Qさんに捕まっちまった、マリ坊



CIMG7031_R3.jpg
「あたしもけっこうおばさんなんだけどね。。。おじさんはちょっとぉ。。。」

前足でエイヤッと突っ張り、おりたがるものの、みんなに、「賄賂受け取ったんだから、ガマンしなきゃ。」と言われ。

ホイホイ賄賂を食べちゃったコトの重大さに気づき、今さらながら青くなるマリリンでありました。


お店の看板犬dazz店長を始め、ライカちゃん、ロンくん、サラちゃん、ピーちゃん、そして、トライアル中のベンくんも、み~んな、それぞれの過去を持ち、命をつないで、幸せをつかんだ子たちです。

今、つらい思いをしている子、悲しい気持ちでいる子たちが、運命の家族と出会い、1匹でも多く、こんな笑顔を見せてくれたら。。。

そう願ってやみません。


おっしゃ~!

マリリンも、今まで以上に犬生を楽しんじゃうぞ♪

元気と気合をいただいたマリリン家でございました

| お友達 | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。