今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

母ちゃんのふるさとへ ~サービスエリアにマリリン参上!の巻~

前回の記事に、たくさんの拍手コメントをいただきまして、ありがとうございます。

みなさま、胸に秘めてらっしゃるたくさんの思いがおありなのだと知りました。

動物と暮らしておられる方の多くが、似たようなご経験があること、また、普段の生活の中で、悲しい思いをされる瞬間があること。

その場面場面を想像し、じくじくと胸が痛くなりました。

しまっておられた胸のうちをお話くださり、感謝申し上げます。

また、私たち家族にエールを送ってくださったみなさま、心よりうれしく、力がわいてまいります。

不甲斐ない私への叱咤、育児中のお母さんからのご意見、ひとつひとつ、しっかり拝読させていただきました。

コメントという形ではなく胸の中で思いをめぐらせてくださった方にも、感謝申し上げます。

今回の知人の件は後悔になってしまいましたが、これからは、身体と心を張ってマリリンを守り切らなければと思っております。

マリリンへのたくさんの応援、本当にありがとうございました。






そして、先日、あるワンちゃんがお空へと旅立ちました。

この子は、私が仕事をしていた頃の、お客さんのワンちゃんです。

未熟な私を温かく迎えてご依頼をくださり、ともに様々な思いを共有することになった方。

その方のお宅にお邪魔すると、かわいいワンちゃんがおりました。

仕事の話が終わると、いやその途中でも、何度となく犬の話になってしまい、仕事なのにアレですが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

当時、実家のクルタンの話を延々としてしまった記憶がございます^^;

その後、仕事を完遂し、しばらくして私も埼玉に引っ越してしまったため、そのお宅に通うことはなくなりましたが、ワンちゃんのことなど、お互いの近況報告をするようになり、ありがたいことに、今でもその関係が続いております。

ワンちゃんも年齢を重ね、最近は介護生活をされていたようです。

かわいくてかわいくて仕方がない。

ご夫婦のそのお気持ちが、いつも痛いほど伝わってまいります。

「もうがんばらなくてもいいからね」

いよいよ苦しそうになってくると、そう話しかけてらっしゃったそうです。

それでも・・・とうとう、呼吸がなくなったとき。

ご主人は必死に人工呼吸をなさって。

このお話をお聞きし、たまらず涙がふき出しました。

今は、病院やサロンなど、お世話になった方々へ、お礼にまわってらっしゃるとのことでした。

とてもとても、幸せなワンちゃんです。

お空から、パパとママを見守っていてね。

ありがとう。





人間よりも早いスピードで駆け抜ける犬たち。

マリリンにも、「あんまりかっ飛ばさないでね」と言っておりますが、こればっかりは、いつかその日が来ることを、私たち夫婦が受け止めなければなりません。

それを覚悟して、彼女の生涯に寄り添い、ともに生きてゆきたいと思います。

笑ったり泣いたり、寄り道も多いと思いますが、どうぞ見守ってやってくださいませ。







さあさあ、今回から、松本のご報告をしてまいりますよ~!

それでは、いってみよう~!(^^)!








「どーもみなさん、こんにちは。 あたしですよ。」



CIMG8188_R3.jpg
「今日はね、すっごくいいところに行ってきたお話しちゃうの。 あのね・・・」



CIMG8194_R3.jpg
「おばあちゃん家に行ってきたんだよーーー!!」



CIMG8191_R3.jpg
「え? 知ってた? そうかい、そうかい、知ってたかね。。。」


はいは~い、いきなりマリリンの一人語りから始まっちゃいました

みなさまを驚かそう作戦が失敗に終わった寂しげなマリ坊ですが、そうなんです、先週からご報告しておりました通り、母ちゃんの実家である長野県松本市に行ってまいりましたので、今日から、その様子をブログに綴っていきたいと思います!(^^)!



この日は、朝から絶好の行楽日和

気温もちょうど良く、マリリンにとって、体調ベスト!な状態で出発することができました♪



CIMG8192_R3.jpg
まだどこに行くかは分かっていないと思いますが、この笑顔


マリリン家から松本までは、休憩や渋滞なしで行けば、3時間半~4時間。

マリリンがいるので、体調を見ながら何度も休憩を入れ、いつも大体6時間~7時間のドライブとなります。

この日はとっても元気が良く、出発から2時間以上経っても、



CIMG8208_R3.jpg
「いけいけGOGO~!! 父ちゃん、もっとかっ飛ばせ~!!」

ってな具合に、大はしゃぎでした



首都高を抜けて、中央道に入り、休憩として立ち寄ったのは、



CIMG8215_R3.jpg
談合坂SAです

とっても大きなSAで、犬連れOKのスペースもたくさんあるので、楽しみにしていた休憩ポイント♪



CIMG8200_R3.jpg
「談合坂だか団子坂だか知らないけど、とにかくあたしを降ろしてちょーだい!!」

張り切るマリリンを、



CIMG8209_R3.jpg
ひょいっとスリングへ♪

人が多く、混雑が予想されるので、車いすはやめておきました。



CIMG8212_R3.jpg
こうしてカンガルー親子になると、マリ坊も安心するのか、決まって穏やかな表情を見せてくれます。

さあ、行ってみよう!



CIMG8219_R3.jpg
さっそく目についたのは、こんな道。

どうやら、この部分はペットロードと言って、ワンちゃんの足にやさしいつくりとなっているようです

今は、ワンちゃんと一緒の旅行が当たり前になってきましたから、ワンちゃん連れのニーズにこたえようと、SAもがんばってらっしゃるのですね



談合坂SAは、おさんぽできる場所もあり、ドッグランも設置されているようですよ。


テラスやベンチはワンコOKなので、食べ物を買って、そこで休憩することにしました。



CIMG8222_R3.jpg
たこやき屋さんの行列に並びます!


スリングの中から顔を突き出してスンスン匂いを嗅ぎまくるマリリン。

後ろに並んでいたお兄さんたちが、「あれ?子犬かな?白柴?おれ、白柴って初めて見たわ~。やっべー、かわいいー!」とささやくので、うれしくて仕方がなかった母ちゃんです。

雑種で年齢は7~10ですよ、とお伝えしようかと思いましたが、あえて夢を壊す(?)こともないと思い直し、そのままにしておきました



CIMG8233_R3.jpg
フレッシュジュースとたこやきを手に、テラス席へ♪



CIMG8224_R3.jpg
「んま~! 大きいわね~! これ、全部食べるの?」



CIMG8230_R3.jpg
「ちょいと、匂いしっつれ~い! スンスンフガフガ・・・」



CIMG8232_R3.jpg
「うみゃいっ!! 匂いだけで、100点満点!!」


見事100点満点をたたき出したたこ焼きですが、マリッペさんは食べられないので、代わりにおやつにがっつきました


少し離れた席には、ミニチュアシュナウザーさんがいて、お母さんと一緒に、団らんのひと時を過ごしています。

ほかにも、お散歩中のワンちゃんがちらほら通りかかるので、見ているだけでうれしくなっちゃいました。



ところが、ここで、シュナちゃんに事件が起こったのです。

一瞬の間の出来事。

5歳くらいの男の子が、突然ダッシュでシュナちゃんに飛びつきました。

同時に、ギャインギャイーン!という大きな鳴き声が響きます。

みな、何事!?っと一斉に注目していました。

席が少し離れていたため、何が起こったのか、はっきりとはわかりません。

腕を振り上げていたので、叩く真似をしたか、叩いたかのどちらかだと思われます。

あっという間の出来事で、私たちも呆気にとられてしまいました。

シュナちゃんは、お母さんの必死の制止で落ち着きを取り戻したものの、ブルブル震え、頭を低くし、怯えた目を男の子に向けています。

男の子は、小躍りしながら、テラス席じゅうを飛びまわり。

近くのテーブルにいた母親らしき女性は、チラリと男の子とシュナちゃんに目を向けるも、「○○~」とその子の名前を呼んだだけで、足を組んで椅子に腰をおろしたまま、スマホに夢中。

まるで慌てる様子がありません。

シュナちゃんが落ち着きを取り戻してから、シュナちゃんのお母さんは、怒りが込み上げたようで、キッと男の子と母親に視線を送っておりました。

その後も、男の子は、シュナちゃんを襲うフリ(シュナちゃんのお母さんがサッと身体をかばうので、襲われることはありませんでした)をして、ダッシュでシュナちゃんに飛びつこうとし、ぐるぐるその周りを走っています。

それでも、親がまるでやめさせようとしないことに、本当に驚いてしまいました。

なぜひとつも注意しないのでしょう・・・。



シュナちゃんのお母さんが、もう無理!とばかりに、テーブルを離れようとしたとき、どこかに行っていたらしい男の子の父親や兄弟が合流し、その家族が帰り支度を始めたので、シュナちゃんのお母さんはホッとし、また椅子に座り直しました。

良かったね~シュナちゃん。

こわかったね

ついでに、私たちも、ホッ。

なんてったって、男の子の勢いに驚いたマリ坊も、



CIMG8235_R3.jpg
すっかり、テンションダウンですもの・・・。

やっぱり、先日と同じようなことになってしまいました。

なんだか続いています、こういうことが。

でも、スリングに入っていると、守られている感じがするのか、先日より震えがおさまるのがとても早かったです。

はぁ~。。。

子どもたちへの苦手意識、いつか克服できるのかな。

犬にやさしく接してくださるお子さんたちと何度かお会いするうちに、少しずつ乗り越えてくれるかもしれないと希望を持っております。



そんなこんなで、テンションだだ下がりになってしまったマリ坊を、なんとかしよう!と、ソフトクリームを買ってきました!

いや、実際のところは、父ちゃん母ちゃんが食べたかっただけです



CIMG8242_R3.jpg
ちょいとお値段は高いけど、とっても美味しそう!



CIMG8250_R3.jpg
「やっぱSAって言ったら、ご当地ソフトでしょ~♪」

ううん、マリリン。

そこは、ほら、先日の記事にあったように、父ちゃんは、古くからあるものが好き、アイスならバニラ!ですから

でもね、ソフトクリーム屋さんには、たくさんの種類があって、ご当地ソフトの巨峰ミックスなんてのもあったもんだから、実は父ちゃん、かなり迷ったの(笑)



CIMG8251_R3.jpg
「ああやって書いておいてバニラ以外は有り得ないでしょって母ちゃんに言われてね、しぶしぶバニラにしたんですよ、父ちゃんは。」


でも、これが大正解!

濃厚ですっごく美味しいし、何より、バニラはマリリンが大好きだもの



CIMG8245_R3.jpg
「早く! 早くちょーだい!」


はいはい、ちょっとだけ、どうぞ~♪


CIMG8273_R3.jpg
「うは~! おいち、おいち!」


先ほどのブルブルはどこへやら。

明るい表情が戻ってまいりました!



CIMG8257_R3.jpg
「ダダン! 衝撃のうまさです!!」


テレビCM並みの顔を見せるマリリンでした~




さあさあ、おなかがいっぱいになったところで、もうしばらくドライブがんばりましょう!

次回は、松本のおばあちゃん家に到着です♪



CIMG8203_R3.jpg
「クル叔父さんのお家だよ~!!」

| ふるさと | 08:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。