今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

母ちゃんのふるさとへ ~クル叔父さん、お久しぶり♪の巻~

前回の続きです。


なが~いドライブを楽しみ、ようやくここへ到着しました。




「着いたのね~! 松本の匂いだわ!」



CIMG8276_R3.jpg
「はふーーーん!! あたしだよ! 孫のマリリンだよ!」


お耳ぺったんこで飛び込んだのは、おばあちゃんのおうち~!


母ちゃんの母ちゃん、つまり、マリリンにとってはおばあちゃんにあたります。

おばあちゃんは、マリリンがやって来るのを、ずーっとずーっと楽しみにしていてくれて、マリリンのためにあれやこれや準備をし、迎えてくれました

車が家に近づいたとき、庭で手を振っているおばあちゃんを見つけて、びっくり

「もう着くよ」とかの連絡もしていないのに、一体いつから、そうして庭に出て待っていたの!?


良かったね~、マリリン♪

孫としてこんなに歓迎してもらって、本当にうれしいね



CIMG8283_R3.jpg
「おばあちゃん、孫と思ってくれて、ありがとう! 孫だけど、おばあちゃんと同年代なの、あたし。」


あ、考えてみたら、そうだよね。

マリリンの年齢を人間に置き換えると、ふたりは同年代かも!

おばさんがおばさんをかわいがってるってんで、みんなで笑いました

笑われる横で、マリリンおばさんはというと。

旅の疲れはどこへやら、うずうずジタバタし始めましたよ~!

松本の家をかっ飛ばしたいみたい♪

よ~し、遊んできな!

お家の中、どこをかっ飛ばしてもいいってよ~



CIMG8278_R3.jpg
「そんじゃ、遠慮なくぅ~!!」



CIMG8279_R3.jpg
ダッダッダ! ダッダッダ!

はしゃぎ過ぎて、後ろのあんよがこんがらがっております!

しっぽも元気よく持ち上がって、車いすなしでも、縦横無尽にかっ飛ばすマリリン。



CIMG8282_R3.jpg
「ちょいとー! どうしましょ! 楽しくってしょうがないんだけどー!」


そりゃ、何よりだよ、マリ坊



そして、おもむろにマリリンが向かって行ったのは・・・



CIMG8295_R3.jpg
やっぱり♪

マリリンがいつも使っている長座布団とまったく同じものを、おばあちゃんが2枚も用意してくれていました



CIMG8296_R3.jpg
「あらあら、なんだか馴染みの品があるねぇ。」


ヨタヨタとよじのぼり、


CIMG8298_R3.jpg
ストン。


いい具合におさまったようです



CIMG8301_R3.jpg
環境が変わった緊張とか、まるでありません。



CIMG8302_R3.jpg
いつも家でくつろぐのと同じ顔して、こんなです。



CIMG8346_R3.jpg
「グーグー。。。」


一度腰をおろしたら急に疲れが出た、なんてよく人間が言いますが、それは犬にも当てはまるんじゃないかというくらい、一度ふかふかにおさまったら、どっと疲れを感じたようで、ぐっすり眠り始めました


いや~しかし、慣れたもんです。

こんなにリラックスしてくれるとは



CIMG8344_R3.jpg
ま、父ちゃんがお風呂に入った途端、飛び起きて、コレですけどね



CIMG8342_R3.jpg
「はにゃ? はにゃにゃ??」



CIMG8337_R3.jpg
「ねぇ、母ちゃん。 父ちゃんが消えちゃったよ。 お願い、返して。」


だ~いじょうぶだって、お風呂入ってるだけなんだから!

ほら、その投げ出したあんよ、しまいなさい



さあさ、父ちゃんが出て来たらまた遊びに集中しちゃうんだから、その前に、ご挨拶しておきなさいね。

クル叔父さん、今きっと、この家にやって来ているよ。



CIMG8286_R3.jpg
「クル叔父さん、お久しぶり~! 松本のお家に遊びに来たよ。」


そうです。

散々松本の家を踏み荒らして遊んじゃった後でアレですが、改めてマリリンがご挨拶をしたのは、クルタンです。(クルタンのご紹介は、こちら

16歳で旅立つまで、この松本のお家で暮らしていた、黒い雑種犬、クルタン。

母ちゃんの弟であり、マリリンにとっては、叔父にあたります。

マリリンが我が家に来てから1か月後に旅立ってしまい、クルタンとマリリンは、顔を合わせることができませんでした。

けれど、2匹は時折、会っているようです。

以前も書いたことがありますが、マリリンの様子がおかしくなり、壁に向かって一生懸命にお話していることがあるのです。

呼びかけても、父ちゃん母ちゃんの声は、マリリンに届きません。

そんなとき、あぁ、クルタンが来ているんだな、と確信めいた気持ちが、するりと胸に落ち着きます。

なあ~にをまた、そんなこと言って~!と笑われても、確信しちゃうんだから仕方がない、としか言いようがありません

クルタンが、懸命に過去を生きてきた姪っ子を気にかけ、心配し、会いに来てくれるのだと思います。

クルタンは、きっと、知っているのでしょう。

この子の過去に、何があったのか。

この2年半、マリリンのことで様々な悩みが訪れたとき、母ちゃんは、何度もクルタンに問いかけました。


「ねぇ、クルタン、教えて。 この子の過去に、何があったの?」


もちろん、返事はありません。

けれど、感じるのです。

クルタンの思いを。

八方塞がりに思えていたことでも、とてもシンプルに考えられるようになります。

あぁ、そうか、ただただ、愛するだけでいいのだ、と。

マリリンの2年半は、クルタンを感じながら、ともに歩んだ2年半でもあります。



クルタンや。

クルタンが私たちに託してくれた命、大事に大事にするからね。






あれこれクル叔父さんとお話をしているうちに、父ちゃんがお風呂から出てきましたよ~!


そして、マリリンは母ちゃんが刺激することでおしっこをたくさん出せましたので、オムツをはずし、すっぽんぽんでOKタイムで~す!



CIMG8357_R3.jpg
「きゃは~! 自由だぁ~!」


ハイドロセラピーでアドバイスをいただいてから、オムツをとっている時間を極力長くしております。

その分、カーペットなどが汚れる確率は高くなりますが、でも、やはり歩きやすいようで、マリリンがうれしそうなので、いいやいいや~!という感じ♪



はしゃぐマリリンをどかしながら、お布団の準備をしました。



CIMG8370_R3.jpg
それを、全力で邪魔するマリ坊



CIMG8378_R3.jpg
「ん~、むにゃむにゃ。。。」



CIMG8366_R3.jpg
「ちょっとあたし、眠気が限界に達しました。」


長いドライブ、お疲れさまだったね、マリリン

父ちゃん母ちゃんも疲れたから、みんなでゆっくり寝ましょうかね。



CIMG8314_R3.jpg
「それじゃあ、みなさん。 この続きは次回です。」



CIMG8317_R3.jpg
「あのね、あたしね、歴史あるあの場所へ行っちゃったの。 ん?夢かな・・・?」


夢じゃないよ~♪

一晩明けて、観光気分を楽しんじゃったマリリン家。

はっちゃけマリリンを、どうぞ見に来てやってくださいませ~!(^^)!



最後に、今日の一枚。



CIMG8391_R3.jpg
布団乾燥機のふくらみの上でがんばるマリリンでございました




<私信>
ジャムちゃん、ルナちゃん、拝見させていただきました!
おふたりとも、とってもかわいいです
歌にも、胸を打たれました

| ふるさと | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。