今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

伊豆の旅1 ~マリ坊、和の旅館になじむの巻~

CIMG0591_R4.jpg
「みなさ~ん、元気ですかーーー!!」



CIMG0595_R4.jpg
「今日から、あたしの旅のお話をするね~! 気合入れてついてきてちょーだい!」


はいは~い、みなさま、こんにちは~♪

マリリンのご挨拶通り、本日から伊豆の旅行記を書いていきたいと思います

大体で写真を分けてみると、5回ほどの記事になりそうですが、よろしければご一緒にお付き合いくださいませ



5月2日。

この日、父ちゃんはお仕事でしたが、定時であがり、すっ飛んで帰ってきてくれました。

夜に移動する人たちもけっこう多いらしいとの情報を得て、こりゃ~少しでも早く出発して渋滞を避けねば!

というわけで、バババッと最終準備を整え、いざ、しゅっぱ~つ!!



平日のこんな時間に父ちゃんが帰ってきたというだけで、大混乱のマリリン。

さらに車に乗せられたことで、完全に頭の中がとっ散らかっているようでした

車が高速に入ると、何かを悟り、状況を理解し始めた様子。

これからどこへ行くとか、どのくらい車に乗るとか、そういったことを伝えられない分、犬は人間よりもはるかにストレスを感じるでしょうね。

自分なりに状況を把握し、順応しようとしてくれる彼女に、私たちはいつも感謝をしております。



CIMG0594_R4.jpg
「ちょいと、あたしゃ眠くなっちゃったよ。」



途中のジャンクションで少し渋滞したものの、おおむね順調。



CIMG0599_R4.jpg
夜の首都高を、ぐんぐん進みます。


マリリンが来てから、めっきり夜のお出かけがなくなった我が家。

分離不安の防止のため、たまに友人と会うのも、ランチの時間のみになりました。

なので、夜の時間帯に外にいること自体が新鮮で、とてもワクワクしてまいります♪



今回の旅の目的は、伊豆。

本当はまっすぐに伊豆まで行きたかったのですが、犬連れの宿泊施設では、どんなに遅くても22時までのチェックインのところが多いので、間に合わないといけないということで、伊豆直行は断念。

この日は、途中の箱根で宿泊です。

御殿場インターを降りると、峠道に入りました。

昼間は木々が揺れる中を気持ち良く走れるのでしょうけれど、夜の峠道は、予想以上にこわかった~

灯りがほとんどなく、ライトをハイビームにして、目をこらしながら進みました。
(あ、もちろん、運転は父ちゃんね

動物をひかないように、全員で集中して前を見ます。

マリリンも、ただならぬ気配に、緊張気味。

そして、峠道を越えた先に、予約した宿が見えてきました

一同、ホ~ッと息をつきます。



さあ、マリリン、宿でゆっくり休もうね~!



CIMG0615_R4.jpg
「何ここ~!! あたしのお部屋~!?」


今夜だけ、マリリンのお部屋だよ♪



CIMG0611_R4.jpg
用意してくださったのは、こんな素敵な和室。

マリリンが後ろ足をひきずって移動してもいいように、どこかに泊まる際は、和室を選びます。

私たちが、ベッドだとなかなか眠れないという理由もありますけどね



CIMG0621_R4.jpg
早速、お部屋をチェック♪

たくさんの犬の匂いがするのでしょう、スンスンやる勢いがハンパなくて、後ろ足もぐんぐん持ち上がります。

刺激を受けているんだね~



CIMG0644_R4.jpg
畳の上でうろちょろする白犬が、なんとも不思議な光景です



CIMG0660_R4.jpg
床の間も似合っちゃいました。


ひと通りチェックを終えると、


CIMG0616_R4.jpg
「あたくし、気に入りました!!」


それは、何よりです。



マリリンがゆっくり休めるように、いつも使っている毛布やらハウスやら色々持って行きましたが、


CIMG0637_R4.jpg
「イマイチしっくりきませんなぁ。」



CIMG0646_R4.jpg
やっぱり、テーブルの下が一番落ち着くようです



CIMG0632_R4.jpg
しばらくすると、しろたんで遊ぶ余裕も見せてくれました


これはもしや、いい感じにリラックスし始めているかも!とうれしくなり、よしよしと母ちゃんが抱っこすると、






どよ~~~ん。。。


とたんに消え失せる表情。





「なんだって箱根に来てまで、こんな試練を与えられなきゃなんないのかねぇ。」

この見事なまでの、どよんどよん。

まったく、なんなのさ!




さあさあ、明日のために、早めに休まないとね。

布団を敷くと、


CIMG0681_R4.jpg
「ウオォォォ~ッ!!」



CIMG0680_R4.jpg
「あへ!?」


とっても気に入った様子です。


父ちゃんに撫でられて、

CIMG0686_R4.jpg
この顔。



CIMG0689_R4.jpg
母ちゃんが加わろうとすると・・・



CIMG0692_R4.jpg
「くわっ!! 母ちゃんはお呼びでないよ!」

怒られました

ま、長時間ドライブで具合が悪くなることもなく、こうして母ちゃんをどつく余裕があるんだから、良しとしようか。。。あはははは。。。



しばらくすると、


CIMG0676_R4.jpg
眠くなってきたようで、布団に埋もれながら、うとうと。



CIMG0678_R4.jpg
この寝顔を見て、父ちゃん母ちゃんは、心からホッとしました。

なぜなら、マリリンが寝てくれるかどうか、ということが、旅行の際の一番の問題だからです。

彼女が我が家に来てからちょうど1年経った頃、私の実家の母と一緒に、みんなで群馬に初旅行しました。

マリリンのパニック症状でご迷惑をおかけするといけないので、離れのお部屋を予約し、とても素敵な空間で過ごすことができたのですが・・・。

やはり、まだ完全には落ち着いていなかった頃なので、いつもと違う場所に戸惑ったマリリン。

私たちの心配を裏切ることなく、見事に一睡もしなかったのでした。

今回の旅は、初めての2泊。

もし眠れないとなったら、確実に2泊目には具合が悪くなるだろうと思ったので、彼女が眠れるように、あれやこれやの対策を練っておりました。

が、その対策を実施するまでもなく、眠ってくれました~!

物音には敏感になっていますし、眠りは浅いようでしたが、それでも、朝まで寝ていてくれたことに、感激。



そして、翌朝起きると、目の前には



CIMG0705_R4.jpg
美しい景色が


到着したのは夜だったので、まったく気が付きませんでしたが、とても風情のあるお部屋だったのですね



CIMG0700_R4.jpg
マリリンも、じっと見入っていました。



さぁ~て、今日は、うれしいお出かけがあるからね、張り切っていきましょ~!

宿をチェックアウトし、出発です!(^^)!

この続きは、次回書いていきたいと思います♪



CIMG0592_R4.jpg
「あたしね、伊豆ってところではじけちゃったの~! みんな、見に来てね~!」

| | 08:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。