今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

車いすオフ会2013春 ~会いたかったお友達♪~

CIMG1523_R4.jpg



みなさま、こんにちは~!

車いすオフ会、前回の続きです。



チャーリーくんと会い、仲良しのシュナちゃんとお話できて、元気いっぱいのマリリン。

お日さまの下で、ウキウキと歩きまわります

人や犬が少ない広々としたスペースを見つけ、わ~い!と歩いていると・・・






CIMG1499_R4.jpg
じゃ~~~ん!!



CIMG1498_R4.jpg
「おい! おめえさん誰だ? ここはオレのくつろぎスペースだぞい。」


あひ~!

かわいい雑種犬さん、登場~



CIMG1501_R4.jpg
足の長いこちらのワンちゃん。

近くに飼い主さんがいらしたのでお聞きすると、14歳の男の子だって。

この日が、車いすデビューなんだとか。

とてもそうは思えないほど、車いすが身体と一体化しておりました♪

おもむろに向こうのほうへ歩きだし、どこへ行くのかな~と見ていたら、




CIMG1506_R4.jpg
「おい、またアンタか! オレをパパラッチすんのは、やめろや。」


日陰で休憩してた~

小回りきかせて障害物をよけながら歩き、ちゃ~んと涼しい場所を選んでいましたよ♪

もうすでに、内輪差とか感覚でつかんでいる感じ。

この調子で、明日から、ガンガン車いす散歩してね。



さあ、マリリンはと言うと・・・




ひとりでえっちらおっちら歩いていました(笑)



CIMG1524_R4.jpg
途中、きれいなお姉さんにすり寄り、撫でてもらって、元気注入です!!


父ちゃん母ちゃんを無視し、ひとりで思いっきり楽しむマリリン。

前回のように、まさか捨てないよね!?と怨念のこもった視線をぶつけてジリジリとくっついていられるのもアレだけど、今回のように、ひとりで満喫しちゃってるのも、それはそれで寂しいような・・・(笑)

でも、マリリンは私たちのことを忘れているわけじゃなかったようです。

「マリリ~ン!!」と呼ぶと、




「は~い! 父ちゃん、母ちゃん、呼んだ~?」




「今行く~!」 ドッドッドッドッド・・・




ばびゅーーーん!!


ちょ! マリリン!

通り過ぎてるよ、アンタ!

勢い余っちゃったマリ坊でした




自由気ままにマリリン号を走らせていると・・・





CIMG1478_R4.jpg
「みんな~、お待たせ~!」


きゃ~!!

ココアちゃんだぁ~!!

すごくすごく会いたかったよ



ココアちゃんは、前回のオフ会でお友達になったコーギーさんです。

現在、変性性脊髄症と向き合いながら、がんばっております。

変性性脊髄症のこと、前回のオフ会のときには、私はまだよく分かっておりませんでした。

家に帰ってから、調べてみて、どういった病気か把握することができました。

痛みを伴わず、ゆっくりと進行する、脊髄の病気。

コーギーさんによく見られ、10歳くらいから発症する子が多いようです。

後ろ足から症状が出て、だんだん脊髄の前の方にも広がり、首、声、呼吸にも影響を及ぼしていきます。

はっきりとした原因は、解明されていないようです。

前回のオフ会のレポに、この病気と闘うコーギーさんのことをまとめておりますので、よろしければこちらの記事をご覧くださいませ。


ココアちゃんの病気は、首やのどのほうにも進行してきており、現在、自力で身体を動かしたり、声を出したりすることはできません。

4本足を支えられる車いすに乗り、ご家族が持ち手を押す形で、一緒におさんぽしているそうです。

車いすがやって来てから、ココアちゃんの表情が変わったんですって♪

寝たきりだったのが、車いすに乗せることで起きている時間をつくることができ、病気の進行が遅くなったとか。

いつもお世話なさっているママさんのお身体も、とても楽になったそうですよ



ママさんが、車いすの仕組みを見せてくださいました!



CIMG1624_R4.jpg
暑い日は、おなかの部分に、冷たい水で濡らしたトイレシーツを敷いておくと、地面からの熱を回避できるそうです。

経済的だし、簡単に取り替えられるし、ナイスアイディアですよね



CIMG1625_R4.jpg
車いすの持ち手の部分は、取り外し可能。

持ち手を外せば家の中でも使いやすく、車いすに定期的に乗せることで、寝たきりになるのを防いでいるそうです。



CIMG1626_R4.jpg
おしっこはそのまま絞り出せるし、うんちは後ろの網にポトリと落ちる。

なんて便利なんでしょう

犬にとっても、人間にとっても、やさしい車いすですね




そして、車いすがあることで一番良いのは、何と言っても、お散歩ができること!

これは、大きいですよね。

犬にとって、風にあたり、いろいろな匂いを嗅ぎ、心身に刺激を受けることは、最大の喜びであると思います。

ココアちゃんは、自分ではあんよを動かせませんが、ご家族が車いすを押して移動することで、地面を歩いている感覚を味わうことができます。

それがどれほど素晴らしいことか、ココアちゃんの表情を見れば、よく分かっていただけると思います



CIMG1476_R4.jpg
マリリン 「ココアちゃん、本当に良かったね。 アンタ、素敵だよ。 輝いてるよ。」

ココアちゃん 「ありがとう。 生きてるってね、すごくうれしいよ。」



と、ここで、何やらラブラブの気配が漂ってきます。

なんだなんだ?と見まわすと、



CIMG1588_R4.jpg
リトルちゃんが、父ちゃんに甘えてた~


リトルちゃんは、ココアちゃんとともに暮らしているコーギーさんです!

実は、前回のオフ会でも、父ちゃんにすり寄って甘え、マリ坊に大騒ぎされました。

ほらほら、そんなにくっついていたら、また騒がれるぞ~



CIMG1589_R4.jpg
「きゃはは~! えへへ~。 撫でて撫でて~♪」


リトルちゃん、聞いちゃいない(笑)



CIMG1592_R4.jpg
マリリン
「ちょいと、アンタいい度胸してんじゃない。あたしが誰か知ってんのかい。」

リトルちゃん
「きゃは~、知ってるよ! マリリン総長でしょ? 怒ると車輪でズギャッと轢いちゃうんでしょ? ねーねー、轢いてみて~!」

マリリン 「・・・・・・

  
調子が狂いまくりのマリ坊

リトルちゃんったら、明るくて、本当にいい性格

誰に対しても、とってもなつこいんですよ♪



むむぅ~となったマリリンは、ココアママさんのもとへ向かいます。

すると・・・



CIMG1618_R4.jpg
「あひ~! 仔犬がいる~!!」


違う違う

お人形だよ~!


よくできていますでしょ~♪

箱の中を見て、みなさん驚くのです。

え!仔犬がいる!って(笑)



このかわいい子たちは、ココアママさん手作りの、フェルト人形。

本を見て、独学でつくっちゃったそうですよ~

母ちゃんはこの手の才能ゼロ、センスもゼロ、の人間なので、心から尊敬です。



CIMG1613_R4.jpg
マリリンは、こういうお人形がなぜか大好き。

RAINDOGS CAFEに飾ってあったお人形たちにも、強い興味を示しておりました。
こちらの記事にそのときの動画があります)

母性が目覚めちゃったの!?なんて思うほど、キュンキュン鳴きながら匂いを嗅いで。

本物の仔犬に見えるのかもしれません。



CIMG1621_R4.jpg
ココアママさんが、箱からひとり取り出してくださいました。

マリリン、やさしくご挨拶していましたよ



CIMG1622_R4.jpg
「何なの、このかわいさ~! あたしの子かと思ったわ~!」


それを聞いていたココアちゃん、



CIMG1606_R4.jpg
「ちょっと、笑わせないでよ~!」


思いっきり爆笑しておりました



ココアちゃん、最高の笑顔

きれいな瞳をしていますよね。

病気を受け入れ、悲観することなく、今を精いっぱい生きています。

こうしてご家族と過ごせる時間が、幸せで仕方がないのだと、全身で伝えてくれます。

ココアちゃんに、一日でも多く、穏やかな日々が訪れてくれますように。

これからも、元気におさんぽしてね



CIMG1599_R4.jpg
「あたしも元気もらっちゃったの~!」



ところで。

前回のオフ会レポで、ココアちゃんをご紹介したところ、同じ病気を持つコーギーさんの飼い主さんが見てくださり、こんなことをお話くださいました。



病気で後ろ足はだめになり、前足もどんどん動かせなくなってきて、どうしようもなくふさぎ込んでいました。

そんな折、ココアちゃんの姿を見て、雷に打たれたような衝撃です。

4本足が動かせなくても、楽しくおさんぽができるんだ。

こんなに素晴らしい表情をするんだ、と気持ちが救われました。



ココアちゃんに感激してくださったその方は、さっそくご自分のコーギーさんに、4本足の車いすを注文されたそうです。

銀父さんの車いすは、こうしてたくさんのワンちゃんの世界を広げております。

それを見たほかの飼い主さんが、うちも!となり、つながってゆくのです。

いつか、犬の車いすが当たり前の時代になるように。

そして、1匹でも多くのワンちゃんが、おさんぽを楽しめますように。

その願いを込めて、各地で車いすが活躍しています




次回、オフ会最終章。

またまたお友達のかわいい笑顔が飛び出しますよ~!(^^)!

| 車いす「マリリン号」 | 08:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。