今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリンと生きる

CIMG7886_R3.jpg



みなさま、こんにちは~!

不安定なお天気が続いておりますが、体調はいかがでしょうか。

マリリンは、一昨日の夜、鳴り響くカミナリに怯え、徹夜しました

こりゃ~胃腸炎に突入かな・・・と思いきや、昨日の午後よく眠ってくれて、持ち直したようです!



カミナリ関係以外では、元気にしてくれておりますよ~♪

ごはんのたびにジャブジャブ水分をとらされ、おしっこジャージャー。

この生活に慣れて、こまめによくおしっこが出るようになりました。

膀胱に細菌があっても、おしっこで洗い流されるので、出してしまうのが一番。

清潔に保つために、できるだけオムツも避けるようにしております。

ほとんど付きっきりの生活なので、自分の時間は持てませんが、これはこれで、密着度が増し、幸せな日々でございます

密着度が増すのと比例して、母ちゃん飽き飽き、父ちゃん好き好き、の度合が増すという理不尽な事態も発生していますがね(-_-;)




CIMG7871_R3.jpg
「世の中いつだって、矛盾だらけ! しょうがないの!」






平日はこうして母子密着で過ごし、休日は、父ちゃんがあれやこれや積極的にやってくれるので、とても助かります。




CIMG1746_R4.jpg
「ほげ~~~。」



CIMG1751_R4.jpg
「父ちゃん、もうちょい上のとこ、掻いて~。」



それにしても・・・

この幸せそうな顔。

普段、母ちゃんがお世話するときの顔は正面から見ることはできないけど、おそらくこんな顔はしていないだろうと思います。

うわ~ん




CIMG1754_R4.jpg
「父ちゃん♪ 父ちゃん♪」


うっとりしちゃってさ!



試しに、「ちょっと母ちゃんが代わろうか♪」と言ったら、




CIMG1756_R4.jpg
こんな顔になりました。








さて、もうすぐ、マリリンのお誕生日&うちのこ記念日がやって来ます。



先日、いつもうちの白いのがお世話になっているしましまはるかぜさんが、9月限定マリ坊ちゃん画面圧迫カレンダーをつくってくださいました~!!!



IMG_2021f24g0g.jpg



17日のところからほとばしる閃光。

おそろしや~、おそろしや~



そしてね、さらにおそろしい、犬かるたまで!



mrrn.jpg



(lll゚Д゚)ヒィィィィ



みなさん、かるたやってて「き」が出たら、もう終わりだね。



しましまはるかぜさんのところでは、たくさんの仲間たちが、捨て犬ジャパンとして遊んで・・・いや、日々精進しています!

監督さん&素晴らしき犬たちを応援してくださいね~!(^^)!





          





去年もそうでしたが、9月に入ると、なんとなくしみじみとした気持ちがわいてまいります。

マリリンの記念日が近くなり、1年間を振り返って、あれこれ思い出すんですよね。

この1年は、フィラリアとの闘いに勝利したことが、とても大きな出来事でした。

その後、ストラバイトを発症し、日々の生活の中で、少しずつ、老いを感じるようになりました。



今日は、最近父ちゃん母ちゃんが感じている思いを綴らせてくださいませ。



マリリンがストラバイトを発症したことは、私たちにとって、ある意味ターニングポイントとなりました。

前にも少し触れましたが、マリリンのストラバイトの要因のひとつとして、下半身不随が関係している可能性があります。

以前、病院でお聞きした中に、そういったお話がありました。



ストラバイトは、体質や年齢、水分不足、細菌の繁殖、食べ物など、様々な要因が絡んでいるけれど、マリリンの場合、これらの要因に加えて、膀胱機能そのものの問題があります。

泌尿器系の病気は、ストラバイトに限らず、これからも起こりやすいものと考えたほうが良さそうです。



マリリンは、背骨が折れてから、長いこと放置されたと思われます。



b61b8e51.jpg
(保護当時のマリリン)




どのくらい放置されたか具体的な期間は、レントゲンを見ても判断がつかないようです。

仮に折れてから数か月放置されたとすると、その後2010年1月に保護されているので、4年近く下半身不随の身体で生きていることになります。

4年もの間、ストラバイト以外で泌尿器系の病気が出なかったのは、それだけで、よくがんばったほうかもしれません。





以前もこちらの記事で書きましたが、下半身不随であることは、将来的に、様々な影響を及ぼしていくだろうと思います。



外側の部分では、前足について。

ほぼ前足で生きているマリリンは、健常犬に比べると前足への負担が大きいということ。

また、下半身が動かないことは、身体全体の運動機能に影響を与えていくということ。



そして、内側の部分。

膀胱などの正常でない内臓機能を身体が補おうとし、ほかの臓器の負担が増え、様々な病気が引き起こされる可能性について、考えておかなければなりません。



それらをど~んと抱き締める覚悟は、持っているつもりです。







マリリンを迎える際、将来のことを、たくさん話し合いました。

彼女の身体が衰えてゆくスピードは、少しばかり早いかもしれない。

そうじゃないことを願いますが、悪い想定もした上で、ひとつの覚悟を決める必要があります。

全面的に彼女を支え、ともに生きていく生活ができるだろうか・・・。



我が家は、子どものいない夫婦です。

マリリンを迎えるにあたっては、それがラッキーに働きました。

そして、母ちゃんが体調を崩し、結婚を機に仕事をお休みしたこと。

これも、ラッキー。

仕事は、自分ひとりで行う職種ですので、始めようと思えば、すぐに始めることができます。

逆に言えば、始めようとしなければ、いつまでたっても始めなくていい。

というわけで、体力的にも精神的にも、すべてをマリリンに捧げることができます。

よって、全面介護の状況が訪れたとしても、環境は整えられるのではないか、と思いました。



身体の問題で母ちゃんが頼りないのが非常に申し訳ないのですが、父ちゃんと協力し合えば大丈夫だ、という自信がありました。

どんな状況になっても必ず道がある、という考えを持っている父ちゃん。

母ちゃんの頭にはチラリとも浮かばないような理系のアイディアで、あれれ?というくらい簡単に物事を整理し、状況を明るくしてくれます。

いつも淡々と前向きに困難に向かっていく父ちゃんと一緒なら、環境の工夫はいくらでもできると思いました。




あとは、気持ちの面で、彼女を支える覚悟ができるかどうか。

これはもう、神様に仕組まれていたようなものだと思っております。

マリリンの存在を知ったその瞬間、強い思いを感じた子。

かわいくてかわいくて、実物に会う前から何度も夢に出てきた子。

気持ちの面の覚悟は、すぐに定まりました。



自分が決めたことに対して、責任を持つ。

決して揺らぐことのない根を心に生やし、彼女のすべてを受け止める。

家族になってからも、悩むことはたくさんありましたが、この根だけは、いつもどっしりと私たちを支えてくれています。




愛おしい子と暮らすことのできる喜びと、少々の照れ、そして、ぎこちなさをはらみつつ始まった、彼女との毎日。

その月日も、もうすぐ丸3年が経過しようとしております。

これまで、フィラリアという大きな闘いはありましたが、これと言って、下半身不随から来る目立った病気はありませんでした。

今回、先生と、ストラバイトについてお話をしながら、父ちゃんと母ちゃんの頭をよぎったのは、同じ言葉でした。

「とうとう、始まったかな。」

それが、率直な気持ちです。

下半身不随の影響が、少しずつ身体の機能に出始めているのだと感じました。

かと言って、何か悲観しているわけではありません。

そろそろこういったことが始まる時期がやってきたのかもしれないね、というだけ。

父ちゃんと母ちゃんは、今までと同じように、マリリンのクオリティ・オブ・ライフを考えていくこと。

シンプルに、それを求めたいと思います。



と言いつつ、ちょびっとだけ、神様にお願い。



どうか、この子に痛みや苦しみを与えないでください。

過酷な半生を生き、フィラリアを乗り越え、みなさんにつないでもらった、この命。

今ようやく、羽ばたき始めたところなのです。

これから、その犬生が花開くとき。

どうか、この子に、一日でも長く楽しい時間をください。

父ちゃん母ちゃんの、唯一の願いです。




CIMG1706_R4.jpg
「神様~! ついでに美味しいもの、たっぷりちょーだい!」




出会ったあの日からスタートした、ふたりといっぴき。

この愛おしい毎日は、まだまだ、始まったばかりです。



| つれづれ | 08:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。