今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

診察こわいよ、カレンちゃん

みなさま、こんにちは~!

今日は、前々回書きました病院でのお話の続きです



ストラバイトが改善せず、ちょっぴり肩を落としてしまった、ふたりといっぴき。

そんな私たちの肩を、びよ~~~んと持ち上げる、うれしい出会いがあったのです!

待合室でのこと。





CIMG1713_R4.jpg
あひ~!!

こんなかわいい子がいました~

診察がこわくてハァハァ息が荒いものの、ほかのワンちゃんが吠えている中、ひとりじっとママさんに寄り添い、とってもお利口さんなのです♪

この子が目に入った瞬間、ビビビ婚の如く、電流に打たれて立ち止まった父ちゃん母ちゃん

はい、早い話が、ひとめぼれですよ



CIMG1721_R4.jpg
「あたし、緊張してます。」


迫りくる診察時間を前に、私たちとの出会いだの何だの正直それどころじゃない様子



CIMG1731_R4.jpg
でも、父ちゃんに撫でられて、自然に顔が柔らかくなりました



このかわいいワンちゃんは、カレンちゃんというお名前の、女の子♪

おいくつですか?

とお聞きしたところ、

「推定で5歳くらいかな。 この子、保護犬なのよ。」

ありゃま~!!

ちょいとマリ坊、あんたと同じ保護犬さんだってよ!



CIMG1732_R4.jpg
マリリン 「そうなのかい!?こりゃ、奇遇だねぇ。お宅も色々あったんだね。」

カレンちゃん 「そうです、大変でした。でもとりあえず今が大変です。あひあひ。」


とにかく診察がこわくて仕方がないカレンちゃん。

それ以外は、すべてどーでもいい感じです



CIMG1733_R4.jpg
カレンちゃん 「とりあえず帰っていいですか。」

マリリン 「アンタ、せっかちだねぇ。 いったん落ち着きなよ。」



カレンちゃんは、とある多頭崩壊現場からレスキューされた子。

60頭近くの犬が、苦しんでいたそうです

カレンちゃんも、保護された当時は、ガリガリに痩せ、顔は骨張って、肉という肉がそがれてしまっていたとか・・・。

毛はぼろぼろ、歯もひどい状態で、一度病院できれいにしてもらったそうです。



CIMG1736_R4.jpg
マリリン 「あれま、同じだね。あたしもさ、歯ァひどくて、口臭かったらしいよ。」

カレンちゃん 「あひあひ。そうですか。それはよござんす。あひあひ。」


カレンちゃん、もはや話を聞いちゃいません。

大丈夫だよ、今日はね、痛いことしないんだってよ、安心してね♪




カレンちゃん 「そうですか! それは何よりです。 でも帰りたいです。」

マリリン「まったくしょうがないねぇ。あたしが代わってやりたいよ。ウソだけど。」



こんな風に、診察で頭がいっぱいのカレンちゃんですが、それを見ていて、変な話ですが、なんだか幸せな気持ちになりました。

多頭現場にいた頃は、きっと、食べることも飲むこともままならず、ケンカに怯え、いつも生きるか死ぬかだったはずです。

人間から思いきり抱きしめられ、その温もりの中で深く幸せなため息をついたこともなかったでしょう。

それが、今はこうして、診察に怯えて、ママさんに甘えている。

幸せな暮らしができているからこそ、診察ひとつをこわがることができるんだと思うと、そのアヒアヒ怯えている姿が、うれしくなってしまったのです。




カレンちゃん 「過去とかどーでもいいんです。 早く帰らせて!」

マリリン 「あはは! 母ちゃんがしんみり話してるの、聞いちゃいないね!」



ちょいちょい、おふたりさん。

ツーショットで一枚撮らせてくれない?

はい、こっち向いて~!



CIMG1741_R4.jpg
マリリン 「あー! あたしが見切れてる!」

カレンちゃん 「あの…ほんと、写真とかどーでもいいんですが。あひあひ。」



はい、もいっちょ、よろしく~!




ふたりで目ぇつむっちゃった~

でも、なんだかとっても、イイ感じ♪


うれしい出会いに、すっかり病気の悶々を忘れたマリリン家でございました。


そして、カレンちゃんは、この後、「イヤ~!!やめてぇぇ~~!!」と診察室へ引きずられていきましたとさ





ところで。

先日、腎臓の冷えやすい子はストラバイトになることが多いかも、という興味深いお話をいただきました。

コメントくださった方のワンちゃんは、あんよの骨の一部が短く、左右のバランスが悪いため、常に身体が歪んだ状態、とのこと。

肋骨の下にある腎臓辺りから後ろ足まで血液のめぐりが悪く、冷えやすい。

腎臓は冷えに弱く、腎臓内に十分な血液が巡っていない。

よって、おしっこの滞留時間が長くなるなどの問題が生じ、ストラバイトになりやすいそうです。



マリリンは、背骨が折れ、少しずれた形でくっついている関係で、折れた部分を中心として、前後左右に身体が歪んでいます。

神経の断裂もありますし、やはり日頃から、下半身の血液のめぐりは悪いと思うのです。

少し前の血液検査では、腎臓に問題はありませんでした。

今度エコーを受けますが、おそらく今の時点で大きな病気を患っているわけではないんじゃないかと思っています。

ただ、今後のマリリンの生活において、腎臓の負担というのは、ひとつのキーポイントになってくるかもしれません。



暑い日のハーハーは心臓に良くないので、エアコンは欠かせませんが、冷えは腎臓に負担がかかります。

下半身の血流を良くするため、今まで以上にマッサージに力を入れたいと思います♪

腎臓に直接届いてくれるマリリンブレンドのハーブティーも、大きな力となってくれるでしょう!




また、腎臓は、「恐怖」の感情を受け止める臓器とのこと。

強い恐怖は、腎臓に影響を及ぼすそうです。

マリリンの過去の体験が、こうして身体に表れているのかもしれません。



マリリンが恐怖を身体にため込んできたなら、それを丸ごと引き受けたいです。



父ちゃん母ちゃんが、守るからね~!(^^)!




「あはははは~~!!!」

| お友達 | 08:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。