今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

手作り食の不思議

CIMG1245_R4_20130622131307.jpg



みなさま、こんにちは~!

前々回の記事、「体質」について、たくさんのお話を寄せていただきました。

人間も、動物も、多くの方々が、体質と向き合っておられます。

原因不明の病気は、本当に多いのですね。

思えば、母ちゃんの群発頭痛も、10年前に突然発症した体質です。

それ以前は、頭痛の苦しみなどまったく知らずにおりました。

みなさん、病気を受け入れるまでは、様々な思いを抱えてらしたと思います。

それでも、体質はその人(その動物)の個性ととらえ、ともに付き合っていこうとがんばっておられる方がたくさんいらっしゃり、励まされました。

マリリンも、今生きているこの瞬間を大事にし、病気とお付き合いしていきたいと思います。






さてさて、ここからは、おさんぽの様子を少し♪

朝から雨が降っていたこの日、お昼過ぎにちょっとした晴れ間が覗いたので、慌てておさんぽへGO~



CIMG1258_R4.jpg
「あはははは~~!!」


いきなり爆笑のマリリンです


ちょっとちょっと、楽しそうなのはいいけどさ、またすぐお天気変わって雨になるみたいだから、急ぐよ~!



CIMG1268_R4.jpg
「あいあいさ~!!」



CIMG1262_R4.jpg
と言ってるそばから、頑として立ち止まり、丁寧に隅々まで匂いを確かめます。



CIMG1263_R4.jpg
「知ってるお友達の匂いがした~!」


あらま、良かったね~♪

雨があがったから、みんな慌てておさんぽしたのかもね



CIMG1265_R4.jpg
「あはははは~! 母ちゃん、おさんぽうれしいね~!」


笑いすぎ~


とっても楽しそうに、ぴょんこぴょんこ歩きます。

おさんぽの間ずっと、笑いっぱなしのマリリンでございました




そしてそして!

がんばるマリリンに、ここへ来て、うれしいことがあったのです!

なんと、おしっこの状態が良くなってきました!

ペーハーがぐんぐんと落ち着いてきたので、試しに病院で尿検査をしたところ、結晶の量も減っておりました!

これまでたまっていた結晶が、流れたり溶けたりしたのだと思います。

また、新しい結晶がつくられている可能性は低い、との診断をいただきました~!

はぁぁ~~~

ようやく、本当にようやく、という思いです。

現段階で膀胱内に残っている結晶が溶けるなり流れるなりしてしまえば、状態はもっと改善に向かうかもしれません。



このように改善されたのは、手作り食にしてから。

タイミング的に、そうとしか思えません。

これほど顕著に効果が表れるとは、ちょっと信じがたい気持ちです。



マリリンがこれまで食べていたフードは数種類ありますが、どれも、しっかり考えられたものです。

それらのフードがだめだとは、思っておりません。

原材料や成分など、納得できるものでした。

栄養バランスに優れ、犬のために様々なことを考慮してつくられており、今でもそれらのフードは気に入っております。

ただ、今回のような顕著な結果が表れるとなると、やはり、マリリンにとっての食事のあり方を考えざるを得ません。




手作り食で水分をとった結果が良かった、というのなら、フードにチキンスープやハーブティーを加え、同じ水分量を飲ませれば、意味は同じ。

手作り食は酸性食材を使い、フードはアルカリ食材だった?

いやいや、そんなことはありません。

手作り食は、極端に酸性を意識してつくったわけではなく、健康に良いバランスで取り組みました。

良質なフードも、わざわざアルカリ尿に傾ける原材料を使っているわけではないと思います。

当然、結石において重要な、カルシウムとりんの比率なども、バッチリ整えられています。

むしろ、そういった比率は、私がつくったごはんのほうが、てんでバラバラだったことでしょう。

なのに、この結果・・・。



ストラバイトをきっかけに、いろいろな本で栄養のことを学びました。

確かに、価値観が変わります。

ズバリ○○だから手作り食がいい!という一言で述べることができずもどかしいのですが、犬の身体にとって手作り食というものがいかに健康に良いか、よく分かりました。

実際にストラバイト体質を手作り食で改善させたという飼い主さんが、本当に多いんですよね。

ほかの病気についても、手作り食で治してらっしゃる方、また、悪化させずに維持してらっしゃる方、たくさんいらっしゃいます。

ただ、病気に対する対応は、その子や飼い主さんに合った方法であることが一番大事。

その子の個性やほかの病気との兼ね合い、家庭の事情など、いろいろな要素から、みんながみんな手作り食が合っているわけではないと思います。

マリリンの場合は、結果が出たことから、どうやらこの方法が合っていたようです。

フードを主としていたときよりも、何倍も喜び、狂喜乱舞してごはんを食べてくれます。

水分摂取をさせる関係で、一日3食に分けていますが、毎食毎食、気がおかしくなったかと思うほどのテンション

本犬が大喜びで、さらに病気も改善されたとあれば、この子にとっては、こんなに良い治療法はないだろう、と思いました♪



災害時の対策として、フードだけを食べさせる日も設けますが、基本的には、これからは手作り食で対応していきたいと思います。

おやつもカフェも、これまで通り。

マリリンには、変わらず楽しい生活を送ってもらえそうで、それが本当にうれしいです。

体質は変わらないし、ストラバイトが治ることはないでしょうけれど、元気に暮らしながらうまく付き合っていかれれば、彼女のクオリティ・オブ・ライフは充実させることができるのではないかと思っております。

1か月以上、ずっと緊張の日々で、落ち込むことばかりでしたが、やっとかすかな光が見えてきた思いです。





ところで、「母ちゃんがまともな手作り食をつくれるの・・・?」と心配されてらっしゃる方もいらっしゃるんじゃないかと。

はい、そうです、肉料理ができませんから!(笑)

いや~、正直なところ、この2週間は四苦八苦でした。

栄養素や犬のごはんについて学ぶと、魚ももちろん重要ではあるものの、基本的には、肉を中心とした食生活が良いことが分かります。

牛、豚、鶏、ラム、馬、などなど、たくさんの種類の肉や、その内臓を食事に取り入れなければなりません。

しか~し!

母ちゃん、肉が一切食べられません。

よって、肉を使った料理もできません。

これについては、1年ほど前に書いたものですが、ベジタリアンじゃないけれどという記事に、思いを綴っております。

考えてみたら、肉が食べられないのも、何ら原因もきっかけもありませんから、これまた原因不明の体質と言えるかもしれません。



結婚した当初、鶏のから揚げに挑戦したことがありますが、それはもう戦いのような調理となってしまいました。

以来、我が家では、肉料理が一切ありません。

父ちゃんは、肉が食べたくなったら、社食やマクドナルドで食べてきます。

マリリンにも、野菜や魚を食べさせることはありましたが、肉は基本的にフードにお任せしておりました。

でも、今回のストラバイト発症により、覚悟を決めたのです。

日に日に悪化していくストラバイトは、このままいくと危険な状態で、肉料理ができないなどとふざけたことを言っている場合じゃありません。

そんなわけで、父ちゃんのためにはやらなかった肉料理を、マリリンのためならあっさり始めることにした母ちゃんです



かくして、肉料理との格闘の日々が始まったわけですが、スーパーで肉を買うところから、ゴングが鳴らされたのです。

肉の種類はおろか、どこにどんな風な名前で売っているかも分かりません。

先ほどリンクした過去記事にも書いています。

スーパーの肉コーナーに行ったら、あまりの挙動不審で、万引きGメンに捕まりそうだ、と。

捕まりはしなかったものの、まさにその状態となりました。

次々に肉を手にとっていく人たちをキョロキョロ見つめ、険しい顔で肉のラベルを読み、困り果ててまたキョロキョロ。

口の開いたバッグでも持っていたら、アウトだったと思います。

最終的に、品出しをしているおじさんに聞いた日もありました。

あの~。。。鶏の胸肉というのを煮たいんですけど、煮る用にイイ感じの肉はどれですか?と。

ポカーンとこちらを見つめ、しばし沈黙があったものの、親切にアドバイスしてくれて、涙がちょちょぎれる思いでした。



で、家に帰ってから、キッチンでまた格闘。

命をありがとうございます、と念じ、深呼吸してから、顔面蒼白で調理です。

匂いがダメなので、洗濯バサミで鼻をつまんでマスクをする勢い。

父ちゃんがいる休日は、代わりに切ってくれますが、父ちゃん自身、料理ができないので、全部をやってもらうわけにはいきません。

先日、ふたりで相談し、フードプロセッサーを買うことに決めました。

これで、少しでも苦がなく、手作りご飯をつくることができたら・・・と期待大です♪

こんな情けない母ちゃんですが、マリリンが健康でいられるように、肉料理を克服したいと思います。




ペーハーと結晶の量が落ち着いたことで、当面の方向性が定まりました。

手作り食とともに、水分摂取一日400cc以上、おしっこをためず頻繁に出させ、細菌の繁殖を防止、そして、ハーブティーで免疫力強化と全体力のアップ、これらをしっかりとやっていきたいと思います!




拍手コメントを通じて、アドバイス、経験談など、これまでにたくさん寄せていただき、とても心強かったです。

そして、いつもパソコンの向こうでそっとマリリンを見守ってくださっている方々、本当に、ありがとうございます。




マリリンの残りの犬生が輝いたものになりますように、父ちゃん母ちゃん、ますますがんばります!(^^)!

みなさま、どうぞ良い週末を

| ストラバイト | 08:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。