今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハイドロセラピー第3回~お水は口に入れません!の巻~


「ども~!!」



みなさま、こんにちは~♪

さあさあ、行ってまいりました。

ハイドロセラピー第3回目



CIMG2700_R4.jpg
「前はね、プールってことは隠されて、騙しうちで連れて行かれたの。 でもね、今はもう大丈夫。 大好きな場所になったんだよ。 なんでかってーと・・・」



CIMG2694_R4.jpg
「温泉があるから~~~!!」



CIMG2703_R4.jpg
「あたしゃ、自分がこんなに温泉好きだったなんて、知らなかったよ。 なんだかんだ言って、熟女に足を踏み入れつつあるってことかねぇ


ほらほら、自分語りはその辺にして、外の景色を見てごらん♪



CIMG2710_R4.jpg
気持ちいい青空だよ~



CIMG2690_R4.jpg
「ほんとだぁ~! お空がキラキラしてる~!」


思い返せば、初めてセラピーに訪れた日も、そして2回目も、いつも最高の青空が迎えてくれました。

澄みわたったブルーの中、首都高をスイスイとかっ飛ばします♪

なんだか、おてんとさまにセラピーを応援してもらっているみたい

「おら、気合入れて行ってこいや~!!」って言われてんのかもね、マリリン。



CIMG2693_R4.jpg
「ふあぁ~~あ。 早く温泉入りたいわ~♪」


プールに気合入れんかいっ



ま、そんなこんなで、温泉を第一目的に設定したマリ坊は、



CIMG2712_R4.jpg
終始、爆笑のドライブとなりました




今日は首都高すいているから、ちょっと母ちゃん運転してみよっか~♪




CIMG2713_R4.jpg
「・・・・・・・・・終わった・・・



もちろん、そんな暴挙には出ず、おとなしく助手席でお菓子を食べておりましたよ



CIMG2719_R4.jpg
さあ、お台場「綱吉の湯」に到着です!!


早めに着いたので、ロビーでしばし待ちます。



CIMG2732_R4.jpg
「あたしゃ、ヨユーだよ!」


いい感じだね~マリリン♪

そのテンションでプールに臨もうね!



CIMG2733_R4.jpg
「あいあいさ~~~!!」


と張り切っていたマリリンですが、時間が来て、「マリリンちゃ~ん♪」と名前を呼ばれると、やはり緊張が押し寄せた様子。





CIMG2741_R4.jpg
「みなさん・・・無事を祈っていてください・・・いってきます・・・。」


まるで、地獄の研修に臨む新入社員のごとく、朦朧とした顔つき。

明るい笑顔のお姉さんに、容赦なく連れて行かれました



CIMG2751_R4.jpg
まずは、圧迫排尿で、おしっこうんちを全部出しちゃいます。


これは、難なく終了。



CIMG2758_R4.jpg
「スッキリしちゃったよ。」



CIMG2760_R4.jpg
「さあ、温泉につかりましょう!」


だめだめ。

この後、きれいにお尻を洗ってもらうのですが、シャワーが苦手なマリリン・・・



CIMG2761_R4.jpg
ダッ!!


逃げたぁ~~

いや、首にひもをつけられているから逃げられはしませんが、ちょこまかと必死の抵抗を示します。

でも、そこは手慣れたお姉さん。

あっという間にとっつかまり、シャワーで流され、プールへ強制連行。



CIMG2768_R4.jpg
「ちょいと! アンタ何すんのさ! あたしにこんなことして、ファンが許さないわよ!」



CIMG2781_R4.jpg
「あ~~~~~れ~~~~~



さすがお姉さん。

マリ坊の必死の抵抗を浴びるも、1ミリもブレませんでした。





CIMG2790_R4.jpg
さあ、スタート!

マリリン、がんばれ~!!



CIMG2792_R4.jpg
「んぐんぐ。 あひあひ。 助けとくれ~!」


毎回そうなのですが、マリリンは、口に水が入ることが断じて許せないらしく、泳いでいる間、んぐ~っとキツく唇を閉じています。

鼻だけで必死に呼吸するので、スースーハーハーものすごい鼻息音。

お姉さんに、「だいじょぶ、だいじょぶ! お口開けてごら~ん! お水入ってこないよ。 ま、ちょっと入るかもしれないけど。

と声をかけられると、「だまされるか~! 最後の一言、しかと聞いたよ!」とばかりに、いっそう頑なに口をつぐんでおりました(笑)

で、あんまりギュッと閉じすぎて、





CIMG2788_R4.jpg
だんだん鼻が曲がります

黒々とした鼻が、右に向いたり左に向いたり、精いっぱい上を向いたりするので、父ちゃん母ちゃん爆笑。

それを見て、「何笑ってんのさ!」と、大層ご立腹のマリリンでありました。



ちょっとここで、その様子を動画でご覧くださいませ~♪


[広告] VPS




さあ、いったん休憩です。



CIMG2772_R4.jpg
「えらい目に遭ったよ。。。もう、これで終わりだね?そうだね?」


マリリンや、あともう少し。

がんばっておくれ~!



CIMG2775_R4.jpg
「まだ続くのね。。。いってきます。。。」



プールの端から端まで泳ぐパターンを、何度か繰り返しました。

お姉さんがおっしゃっておりましたが、毎回、スタート地点ではあまり後ろ足が動かず、ゴールが近くなると、俄然動きはじめるそうです。

これは、「ゴールが近い~!」と気持ちが上がって、そのうれしさが身体に反応を起こしているのかも、とのこと。

毎度毎度、医学の常識を打ち破るマリリン。

お姉さんも、「精神的な刺激がこんなに後ろ足に影響を与えるワンちゃんって、マリちゃんくらいだよ~!」と苦笑しておりました。

さすが、気合とド根性でここまで命をつないだだけあります。

気合で世の中なんとかなるってことを、身体を張って教えてくれるマリリンです



とは言え、気合とド根性の彼女も、5回ほど泳ぎを繰り返したあとは、もうヘロヘロ。





CIMG2794_R4.jpg
「あ~たし~のい~ぬせ~い、ラ~リラ~リホ~~~。。。」




すっかり魂を抜かれました

が、最後の力を振りしぼり、明日への、いや、10分後への希望をつなげます。





CIMG2798_R4.jpg
「お・ん・せ・ん・・・



魂を持っていかれつつ頑張ったプール。

さあ、マリリンに、極楽が待っているのでしょうか。



この続きは、次回書いていきたいと思いま~す!(^^)!


| ハイドロセラピー | 07:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。