今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏の終わりの保護犬トリオ♪

みなさま、こんにちは♪

いや~参った参った。

また群発頭痛にやられておりました~

空っぽの胃から吐き続けるのって、なんであんなに苦しいんでしょうね

2日ほどで終わりが来ましたが、その頃には、もはや←こんな感じ。

最近は、ぐるんぐるんとめまいも併発し、床に這いつくばって耐えるのですが、これが気持ち悪くて苦しくて、終わりの見えない恐怖に支配されます。

いい年して「助けてぇ~~~」ともがき苦しむのを、マリ坊ちゃんが非常に冷めた目で見ているワケですが(笑)

この状況になると、毎度ひたすら神頼み。

「今までやらかした色々については全部謝りますから、このへんで許してください」って。

いざ治っちゃうと、ケロリとして謝るのを忘れているのが、いけないとこでしょうか

それと、頭痛と関係あるのかないのか、今回は、意味不明に首のリンパがボコ~ッと腫れちゃって、痛いやら見た目カッチョ悪いやら。

おたふく風邪のようになっておりました。(診察の結果、おたふくではありませんでしたが)

でも、それも徐々に治りつつあるので、だいじょーブイです!

情けなし~な母ちゃんをご心配いただきまして、本当にありがとうございます




さてさて、今日は、体調不良なんかぜ~んぶ吹き飛ばすような、うれし楽しのお話♪

早速、この子に登場していただきましょう!





「みなさん、久しぶり~! 元気してた~?」


あらやだ、なんてかわいいの~

ちょいとアンタ仔犬かい!?ってな魅惑の推定10歳越えかも犬、ライカちゃんです

ライカ嬢をお連れして、会いたいあの子のところへ行ってまいりましたよ~♪



半径1メートル以内に近寄ったらどの犬も即刻ガウガウの刑に処す!でおなじみのガウラーライカちゃんですが、この3年の間に、マリリンには“おおよその”許しを与えてくれているので、



CIMG3163_R4.jpg
大喜びで車に飛び乗り、こんな。

互いにほとんど意識せず、ドライブ満喫です♪

マリ坊がこっそりしっぽの匂いを嗅いでも、平気。

これは!

もはやこの子たちの中では、すべての壁が取っ払われたんじゃあ!?と思ってしまいます。




CIMG3165_R4.jpg
「それはどうかな! 甘いぜ、母ちゃん!」



そんなこんなでしばしのドライブを楽しみ、目的地にとうちゃ~く!

と同時に、マリ坊ちゃん、トイレタイムに突入しやした



CIMG3169_R4.jpg
「あひ~、やっちまっただよ~。 いつもね、どっかに着くと、出るワケよ。」


おむつ交換をして、


CIMG3171_R4.jpg
「スッキリ~~~



CIMG3174_R4.jpg
さあさあ、行きますよ~!


こんにちは~♪



CIMG3276_R4.jpg
「は~い、いらっしゃ~い!」



そうです、りんかちゃんのお店で~す!



以前から、ライカちゃん親子に一度会ってもらいたいと思っておりまして、先週末、それが実現いたしました



CIMG3277_R4.jpg
「マリリン姐さん、一週間ぶり~!」


てへへ、実は、この前の週にもお邪魔していたのです



CIMG3278_R4.jpg
りんかちゃん、相変わらず幸せそうなお顔しているでしょ~

このやさしい瞳で、みんなを笑顔にしています♪



CIMG3283_R4.jpg
「あら?今日は、姐さんのほかに、黒いお客さんがいるわ~! 挨拶してこようかしら。」


あ、りんかちゃん、ゆっくりお願いね、1メートルの境界線を越えないようにね。



CIMG3281_R4.jpg
「え!!」


かわいくお耳を持ち上げて驚くりんかちゃん。

こんなやりとりがあったからというわけじゃないでしょうが、不思議なことに、りんかちゃん、しっかりお客さんの対応を使い分けているんですよ~!



普段、マリリンがお店に入って行くと、ひと通り挨拶を済ませ、「いらっしゃ~い!」とテーブルのほうへ行ったり来たりし、ホールの接客を担当してくれます。

なので、ちょっぴり心配していたのです。

ライカちゃんの近くへ「いらっしゃ~い!」とやって来ると、少なくとも1度はガウリングになってしまうんじゃないかと。

が!

りんかちゃん、自分の定位置から一切動きません。

お出迎えの瞬間から、ずっとそこにいて、2匹の動きを見守っているのです。

こんなことは初めてだったので、人間たちも驚きました。

結果、ライカちゃんもまるで興奮せず、落ち着いてテーブルに着くことができました。



すごいぞ、りんかちゃん!

看板娘として、お客さんそれぞれの接客法を心得ているのかと思いましたが、いやいや、これはきっと、多頭崩壊現場において、生きる術だったのでしょうね。

弱肉強食の中を、なんとか命をつないでゆかねばなりません。

そのため、犬の空気を読む、みたいなことに長けているのかも。

で、マリリンについては、ただのエバったおばはんとして認識。

ライカちゃんのことは、挨拶する前から、犬が苦手なんだよ~という空気をしっかり受け取っていたんじゃないかと思います。



CIMG3283_R4.jpg
「私、いろいろあったもんで、まだ若いけど老成してます。」



そんな様子に、思わず「りんかちゃあ~~~ん!アンタほんとに、苦労しただね~!」と抱きしめたくなりました。
(実際抱きしめたら逃げられたけど)



そして、りんかちゃんに一目置かれたライカ嬢は、



CIMG3177_R4.jpg
はい、もうコレ。


初めてのお店なのに、なぜか一瞬で厨房の方角をキャッチ!

こりゃ、特技の域ですよ。



CIMG3179_R4.jpg
「ライカちゃんさ~、あたしよりお姉さんのはずだけど、こういう時の元気はすごいんだよね~。あたしゃ、もうダメ。」


マリ坊は、この日はいつも以上にダルそうで。

3日前に、深夜のカミナリで徹夜をしたため、それからまだ疲れがとれていないようです。

こんな風に、疲れを何日も引きずるようになったのも、年を重ねているということでしょうかね。



でもでも!

ぐったりしていた坊ちゃんが、目をランランと輝かせ、飛び起きましたよ~!



はい、それはもちろん、


CIMG3190_R4.jpg
ごはんが登場したからです!!



ひゃ~!!!

狂喜乱舞の黒と白。

りんかちゃんのお店は、ドッグカフェではないため、犬メニューはありません。

が、もうすぐマリリンのお誕生日&うちのこ記念日がやってくるということで、この日は、特別大・大・大サービスで、犬ごはんを準備してくださったのです!

りんかちゃんのパパさんママさん、本当にありがとうございます



CIMG3194_R4.jpg
「やった~! あたちの出番!!」


いっちゃん張り切る小熊っ子

このあどけなさが、たまらんねぇ~




CIMG3206_R4.jpg
マリ坊は、丸飲み怪獣になっちゃうため、父ちゃんの手により、一口一口のお給仕。


が。


だんだんイライラしてきて、



CIMG3201_R4.jpg
「チッ! 父ちゃん、手が邪魔だよ、邪魔!」



CIMG3202_R4.jpg
「オラオラ! その手をどかせっつんだよ!!」


気合とド根性と脅迫で、自由を手に入れたようです




そんな黒白の勢いに完全に気圧され、


CIMG3196_R4.jpg
「すいません、すいません、なんかすいません・・・。」


ビクビクしながらごはんを食べるりんかちゃんでありました。。。



マリ坊は、あっという間に食べ終え、



CIMG3213_R4.jpg
じと~~~っとライカちゃんに視線を送ります。



CIMG3212_R4.jpg
ライカ 「だめだかんね! あげないわよ!」

マリリン 「ふんだ! ほしいなんて言ってないもん!」



相変わらずのコンビです。





CIMG3217_R4.jpg
「んまかった!!」



CIMG3241_R4.jpg
「満足したわ~。 もう何もいらない。 ウソだけど。」


犬たちの食べっぷりに、りんかちゃんのパパさんママさんも、ほくほくと顔をほころばせておりました



嵐のような犬時間が過ぎると、ようやく人間たちのランチです。



CIMG3265_R4.jpg
9月からの新メニュー

野菜たっぷりで、本当に美味しかったです



CIMG3267_R4.jpg
手作りデザートもいただきました



尽きないおしゃべりと、美味しいお料理。

心身が満たされる、何とも心地良いひと時です。

そんな人間たちの空気を感じ取り、保護犬トリオも、ゴキゲン♪




CIMG3246_R4.jpg
ライカちゃんは、終始ニコニコ


とっても楽しんでくれたようです。



CIMG3274_R4.jpg
マリリンは、ますます先代わんこさんに似てきたし(笑)



CIMG3273_R4.jpg
りんかちゃんは、頭がこぼれ落ちておりました



りんかちゃん、ライカちゃん、マリリン。

保護犬トリオは、みなそれぞれ、自分の家族を見つけ、今を楽しんで生きております。

この子たちに、ずーっと穏やかな時間が流れますように



CIMG3259_R4.jpg
ライカ 「100歳まで生きます!!」

マリリン 「なら、あたしゃ、101歳だよ。」



あの…人間たちの年齢を考えますと、ここはひとつ40歳ほどで手を打ってください。


| りんかちゃん | 07:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。