今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

17歳のボーイフレンド♪

みなさま、こんにちは♪

8~11歳になったマリリンも、元気にスタートしたいと思います!(^^)!



今日は、久々に、17歳のボーイフレンドが登場いたします♪

マリリンは、これまで行く先々で、不思議な出会いを引き寄せ、父ちゃん母ちゃんを驚かせてきました。

17歳の彼との出会いも、運命的だったとしか言いようがございません。
こちらの記事に綴っております。)



さあさあ、チャーリーファンのみなさま、おまっとさんでございました~!!!

どうぞ~





CIMG3307_R4.jpg
「は~い、ボクだよ~! 花のセブンティーン。 青春真っ盛りだよ~!」



チャーリーくん、会いたかったよ~

4月に会って以来だったので、体調はどんな感じかな?元気はあるかな?とあれやこれや心配しておりましたが、数か月前と何ら変わらない、あどけないお顔を見せてくれました♪



台風が近づいていたこの日、お天気の様子を気にしつつ、チャーリー家の車に乗せていただき、4人と2匹でお出かけしたのです。



CIMG3298_R4.jpg
「あたしですよ。 軽く緊張してますが、何か?」



広々とした車内と安定感あふれる車に、マリ坊、思わずド緊張。

本犬なりに、粗相があってはいけないと思ったのか、ビシーッ!と姿勢を正し、それなりによそゆきの顔をして、凛々しい佇まいをしておりましたよ



さあさあ、目的地に着きました

毎度おなじみ、Woo Pee Cafeさんです

チャーリーくんとマリリン、ここで改めてご挨拶。



CIMG3302_R4.jpg
チャーリー 「どもども、マリリンさん、また会えてうれしいよ~。」

マリリン 「チャーリーくん、全然変わらないね。17歳とは思えないよ。」



なんやかんやとおしゃべりをする、オムツ戦隊チャーリー号&マリリン号。

互いに腰から下がだいぶ細くなっているので、オムツを履いた後ろ足が、そっくり♪

ちょこんとしたオムツとあんよを見ているだけで、なんだか幸せな気持ちでいっぱいになりました



CIMG3304_R4.jpg
マリリン 「ちょっと母ちゃん、どーでもいいから、早くして。ごはんまだ?」


はいはい、今降ろしますよ。


と、床に降ろしたところで、チャーリーくんのママさんから、熱烈ラブ攻撃!



CIMG3308_R4.jpg
「ちょ…首が…! 前が見えないったら! ママさん、いったん落ち着いて!」


マリリンがもみくちゃの刑を受けている間、私たちは、チャーリーくんとゆっくりおしゃべりをさせていただきました。



CIMG3314_R4.jpg
4月に17歳になった、チャーリーくん。



それから約5か月経とうとしていますが、相変わらずのかわいさに、父ちゃん母ちゃんはメロメロです

お耳の毛がね、すっごく艶がいいの!

思わず「海外の女優さんの髪の毛みたいだね~!」と言ったら、パパさんママさんに苦笑されちゃいましたが、でも、そう見えるんだから仕方がない



夏の間もがんばってくれていたようですが、さすがに今年の猛暑は、チャーリーくんにとってきつかったようです。

7月に、一度大きく体調を崩してしまったとか・・・。

何も食べなくなり、飲まなくなり、ぐったりとした日が続いて。

お水や、高カロリーのアイスクリームをシリンジで口の横から入れながら、いよいよ来たか、と思ったそうです。



しかし!



チャーリー選手、見事に持ち直してくれました!



病院で点滴代わりの注射を打ってもらい、栄養補給をしたら、みるみる元気が出てきたんだって

その後、再びよく食べるようになり、身体を支えながらではあるけれど散歩も行っており、さらには、毎年恒例の家族旅行にも行くことができたそうですよ~!!

すごいぞ、チャーリーくん!(^^)!



CIMG3315_R4.jpg
「ボク、がんばったよ。 もう少し、時間がほしいんだ。 生きたいんだ。」



一番危なかったときは、パパさんもママさんも、どうしようもないくらいオロオロしたそうです。

これまで、十分に覚悟してきたことなのに、まるでだめだった、と。

お守りを握りしめ、その手でチャーリーくんの身体をさすり、お願いします、お願いします!

ただひたすら、神様にお願いして。

チャーリーくんとともに生きてきた2人の娘さんも、大変な動揺だったとか。

離れた町で暮らす長女さんに連絡をしたら、電話口で、お孫さんも一緒に、「わぁ~!チャーリーが死んじゃう~!」と大泣き。

「まだ死んでないっての!」と、そのときだけは笑ってしまったそうです



CIMG3316_R4.jpg
「もう、みんな慌てん坊なんだから。ボクはここにいるよ!って、おっきな声で言ったんだよ。」



チャーリーくんは、小さな身体で、抱えきれないほどの愛に包まれ、今この瞬間を、生きています。



CIMG3318_R4.jpg
かわいいでしょ~

年を重ねると、どうしてみんなこんな風にかわいさを増してゆくのでしょうね。

ぽよぽよんとしたぬいぐるみ的かわいさが、たまらなく愛おしくて。



チャーリーくん、あなたが生きる姿に、たくさんの人が元気をもらっているんだよ。

ゆっくり、自分のペースで、幸せの時を刻んでね。






「ちょいと~!! 今日はあたしの日なんだけど~!」


はいはい、そろそろ怒られると思っていましたよ。


この日、マリリンのお誕生祝いを、ということで、チャーリー家のみなさまがお店を予約してくださっていたのです!



CIMG3319_R4.jpg
「これ、あたしのだよ~! 」


ちょ!マリリン!

躾けの悪さが露呈してる

もらう前から、自主的にプレゼントを発見し、要求してしまいました(恥)



CIMG3341_R4.jpg
結石予防のクランベリーのおやつと、手作り食応援グッズ


今すぐ使える品ばかりで、本当にありがたいです!!

マリ坊、良かったね~!



CIMG3344_R4.jpg
「あたしゃ、いま食べるよ! 寄越しな!」


欲望一直線のマリ坊に、さらにうれしいことが!



CIMG3321_R4.jpg
店長さん手作りの、特製バースデーケーキ



CIMG3335_R4.jpg
「チャーリー家のみなさん、店長さん、ありがとう!!」


思わず笑顔が飛び出した坊ちゃんです



CIMG3337_R4.jpg
「あひゃ~! いい日だわ~! 極楽dayになっちゃったわ~!」



CIMG3339_R4.jpg
「それ、ボクも食べますよ。 めきめき食欲出てきましたから。」


うんうん、チャーリーくんも、たくさん食べてね♪


みんなでバースデーソングを歌い、写真をバシャバシャ撮る中、だんだんイライラしてきたマリ坊。



CIMG3340_R4.jpg
「歌とか写真とかさ~、いい加減にしてくんないかねぇ。 あたしの喜びは、食べることに限る!」



あと数秒でマリ坊が暴れそうなので、慌ててケーキを贈呈です。



CIMG3365_R4.jpg
「おほほ~ このケーキ、たまんないのよ~! 世界中の犬に食べさせてあげたい気持ちはやまやまなんだけど、今日のところはアタシがいただくわね。」



CIMG3359_R4.jpg
「よしキターーー!!!」



思いきりかぶりつくも、父ちゃんのちまちましたお給仕にまたしても苛立ちます



CIMG3364_R4.jpg
「あたしゃ~ね! 人間年齢みんなより年上なんだよ! 好きにさせろ! 年功序列! 終身雇用!」



喜んでんだか、お怒りになってんだか、わけがわからないマリリンです。



マリリンがフガフガとケーキに食らいついている間、チャーリーくんは、



CIMG3345_R4.jpg
「ふむぅ~。これは4月に食べた、あの素晴らしき食べ物かな?」


じっくりと確認した後、



CIMG3349_R4.jpg
「うみゃい!!! ついでに言っとくけど、年功序列ならボク一番だよ。」


大喜びで完食してくれました



帰りがけには、店長さんが、わんこパンをプレゼントしてくださいましたよ~



CIMG3383_R4.jpg
「はいや~! こんな幸せってあるかいな! 帳尻を合わせるように明日アタシが捨てられるとかないよね、まさか。」



ケーキを食べて、パンも食べて、みなさんに「おめでとう」を言ってもらい、とても幸せな一日となったマリリンでした






前回、お誕生日の記事にたくさんのお気持ちを頂戴し、本当にありがとうございます!

おひとりおひとりにお返事ができず申し訳ないのですが、いただいたお言葉は、泣いたり笑ったりしながら、とてもうれしく家族で拝読させていただきました。

記事を読んでくださった方、また拍手で応援してくださった方、すべての方に、心からの感謝を申し上げます。



こうして、ともにマリリンを見守り、私たちの思いを共有してくださる方がいるというのは、なんと心強いことでしょう。

日本のどこかで、また海の向こうから、マリリンという5キロの存在を気にかけていただけるなど、ブログを始める前は想像もしませんでした。

父ちゃん母ちゃん以上に、マリリン自身が想像もしなかったと思います(笑)

数年前には、この世から消されようとしていた存在ですから。



そのマリリンが、今は、こんなにたくさんの方にかわいがられ、保護犬や車いすの宣伝をしております。

与えられた身体と与えられた環境の中で、精いっぱい生きる喜びを伝えながら、多くの人を巻き込んでしまうマリリン。

巻き込まれた筆頭である父ちゃん母ちゃんは、これまでの人生における価値観や生き方が大きく変わりました。

そして、何にも代えがたい幸せを知りました。

私たちは、これからも、マリリンに全力で巻き込まれながら、一瞬一瞬を胸に刻み、この日々を歩んでゆきたいと思います。



CIMG3372_R4.jpg
「あたしゃ~ね、まだ食べられるんだよ。 ケーキもパンも肉も魚も寄越しなさいってことなのよ。むにゃむにゃ。。。」


| お友達 | 07:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。