今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリン、年下彼氏に夢中♪

みなさま、こんにちは~!

過ごしやすい季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

マリリン家は、連休中、大好きなお友達のお家にお邪魔してまいりました~!






「呼ばれて飛び出て、ぼかぁ~ね~。 みなさん、元気ですか~! ぼくは相変わらずの苦労犬ですよ。」


うそばっかり~!!

かわいがられて、ぬくぬく育っているくせにぃ~



このブログでは何度か登場していただいております、ブルーくんです!

前回お会いしたときのことは、素晴らしきしょぼくれたちに、愛を♪で綴っております。



先日、17歳のボーイフレンドとイチャイチャしたマリリン。

今度は、年下彼氏とデートです

なかなかにストライクゾーンが広いマリリン。

やりますなぁ~



車を停めると、ブルーくんとママさんが大歓迎で迎えてくださいました

が。

はい、毎度おなじみこのタイミングで、マリリンのトイレタ~イム!

その場でサッとオムツ替えです♪



ブルーくんが心配そうに覗き込んでおりますよ~。



CIMG3409_R4.jpg
ブルー 「姐さん、大丈夫ですか。 ぼくにできることはありませんか。」

車中のマリ 「心配無用! ちょいとアンタ、誰にも言うでないぞ。」



CIMG3413_R4.jpg
「親分のお役に立てず、すんませ~ん。 ぼかぁ~、ちょっと抱っこされてます~。」


この2匹、年の差カップルのようでありながら、ブルーくんのマリリンに対する慎重で丁寧な心配りを見ていると、親分と子分の関係に見えてくるのです。

で、子分のブルーくん、この日は何やら、ゴキゲンいっぱい!

えらい元気ね~と思ったら、それもそのはず、一日ママさんをひとり占めしているんだって!

パパさんとユキチくんは用事があり、朝から出かけ、あと2時間ほどで帰って来られるのだそう。

それをママさんにお聞きして、ブルーくんのゴキゲンぶりに合点がいきました。



ブルーくんは、ナイーブ犬生一直線。

ガラスのハートの持ち主で、いつもママさんパパさんが自分に注目し、気にかけてくれていないと、たちまちしょぼくれてしまいます。



CIMG3456_R4.jpg
「ぼかぁ~もう必要ないイヌなんですかね。 ぼかぁ~なぜここに存在しているのでしょう。 生きるって、一体どういうことなんでしょうか。」

な~んて哲学的な方向に突っ走っちゃって大変!

そんな感じなので、ブルーくんに人間の弟であるユキチくん(ブログ上の愛称です♪)が誕生したことで、「世界は終わったぁぁぁ~~~!!」的なモードに突入しちゃったのです。

だけどね、周りから見れば、ちょっとアータ幸せ過ぎるよ、と呆れるくらい、愛情たっぷりの生活をしているんですよ。

ご夫婦は、犬という種族であるブルーくんが最も暮らしやすい環境をつくり、いつも気にかけ、弟ユキチくんにやさしく対応する姿に、最大級の感謝をしておられます。

それなのにブルーくんときたら、ママさんいわく、「ぼかぁ~世界中の不幸を背負ってます」ってな感じでいるので、定期的にマリリン姐さんが、「どりゃ~!ふざけたこと言ってっとアタシが承知しないよ!」と喝を入れるのであります



CIMG3429_R4.jpg
「てへへ。 とりあえず不幸の中にいるぼくじゃないと、しっくり来ないんです。」



というわけで、ユキチくんがお出かけしているのを良いことに、これ幸いとママさんにべったり甘えるブルーくんでありました♪



さてさて、姐さんのこっそりとしたオムツ替えが終了し、いよいよお家にお邪魔します!



CIMG3416_R4.jpg
マリ坊、「はいはい、ここでしょ、アタシの子分の家でしょ。」ってな気軽さで、余裕の匂い嗅ぎ。


そして、



CIMG3446_R4.jpg
いきなりの添い寝。


この2匹、どういうわけか、本当に仲が良いんですよね。

ブルーくんとマリリンを見ていると、確かに相性ってあるのかも、と思わされます。

保護犬同士だから?とも思いますが、ママさんのお話だと、保護犬でも会った瞬間にまずいモードになることもあるようで、イマイチ理屈がわかりません。

ま、仲良しに理屈なんていらないのかも♪



ひとしきりご挨拶をすると、



CIMG3451_R4.jpg
ブルー&マリ 「あ~!!! 犬メニューですね~!!」



2匹の熱視線の先には、何やらキッチンで盛り付けをするママさんの姿。



なんと、


CIMG3461_R4.jpg
こんな素敵な犬ごはんをつくってくださいました~


マリリンの暴れたおヒゲまで再現されており、父ちゃん母ちゃん爆笑!!



CIMG3471_R4.jpg
じゃがいもやヨーグルトを使い、中にはこんな風にお肉が入っています!



前にお邪魔したときにも、素敵な犬メニューをつくっていただき、マリリンは、すっかりカフェと勘違い

今回も、「ブルーカフェ」にやって来たつもりでいるようです



CIMG3466_R4.jpg
「このカフェ、好きなのよ~! アタシの好み通りのものが出てくるワケ。」



マリリンや、お誕生日週間は、幸せ一色だね



ブルーくんは、待ち切れなくなり、


CIMG3468_R4.jpg
こんなにしょぼくれちった!


背中が曲がっちゃって、おじいちゃんのようだよ、ブルーくん。



さあ、一斉にお食べ!



ブルーくんは、一気食い。

マリリンは、



CIMG3474_R4.jpg
毎度おなじみ、いらだちのお給仕です



CIMG3473_R4.jpg
ものすっごく美味しかったようで、大興奮で食べておりました



CIMG3478_R4.jpg
「姐さん、まだありますね。 ぼかぁ~食べたいけど、姐さん相手に強奪をするワケにはいきません。 大丈夫、大丈夫、ぼかぁ~ガマンできますよ。 悲しいけれど・・・切ないけれど・・・。」


先に食べ終わったブルーくんは、またしても、世界の不幸を背負っちゃいました(笑)



犬たちが大満足になったところで、


CIMG3511_R4.jpg
人間には、手作りシフォンケーキの登場


こんな素敵なデザートがサッとつくれるって、憧れます!

お料理上手なだけじゃなく、人のために動く気持ちとフットワークの軽さがないと、できないことだと思います

美味しくて美味しくて、人間も大満足



ゆったりと心地良い空間で、楽しいおしゃべりをしていると・・・。



始まりましたよ~、2匹のガウガウ遊び!


ひとつ動画を載せさせてください♪

[広告] VPS




ブルーくん、やさしいでしょ~

マリリンのティラノザウルス的な顔は、ブルーくんとのガウガウ遊びでしか見せません。



CIMG3439_R4.jpg
マリ 「ちょいと~!あたしの3倍あるからってエバんじゃないよ!おなか出しな!」

ブルー 「はい! お好きにどうぞ!」



CIMG3438_R4.jpg
マリ 「きゃは~! みんな見て見て~! モテるって困っちゃうわ~!」

ブルー 「姐さん、いま踏んじゃったかもしれやせん。どこか痛くありませんか。」



こんな感じで、マリリンはひとりで全力の大はしゃぎ。

それに付き合いながら、いろいろなことに気を配り、姐さんが楽しめるよう、努力を惜しまないブルーくん。



そりゃ好きでしょ、ブルーくんのこと(笑)

こんなに自分を尊重して、上手に遊んでくれるんだから

マリリンはそうだろうけれど、ブルーくんについては、本当に楽しいのかい?と思わず首を傾げてしまいます。

気を配りながらの遊びで楽しめているのか心配になってしまうのですが、何と言いますか、イイ感じなんですよね

マリリンが何をしても、許してくれるブルーくん。

ママさんのお話だと、ブルーくんも、誰とでも遊べるわけじゃないそうで。

年を重ねるごとに、ケンカモードになることが増えたとおっしゃっておりました。

そんなお話が信じられないくらい、マリリンに対しては、徹底してオトナな対応をしてくれます。

年下なのに。



CIMG3519_R4.jpg
マリ 「ちょっと嗅がせなさいよ。」



おなかじゅうの匂いをスンスン嗅ぎ、お尻の匂いも好きなだけ嗅いだマリリンですが、ブルーくん、嗅がれるのは得意じゃないそうで。

特にお尻を嗅がれると、大変にお怒りになって、ケンカになるんだとか。

でも、マリリンがいくら嗅いでも、↑の写真のように、「ぼかぁ~大丈夫、我慢できますよ」とばかりに、一度も怒ることなどありません。

犬って、本当に不思議で、おもしろい生き物ですよね♪

ブルーくんが考えていること、感じていることを、文章にしてぜひ提示してほしいと、心から思う母ちゃんです。



CIMG3434_R4.jpg
「はひ~、遊んだ、遊んだ! 尊重されるって、いいわね~!」



CIMG3523_R4.jpg
ブルー 「姐さん、楽しんでますか。 次は何をいたしましょう。」

マリ 「うむ、だいぶ満足した。 さらに満足させてくれるなら、それも歓迎する。」


もはや、接待・・・



年上の姐さんを接待しまくったブルーくんは、最後にはやっぱり甘えたくなったようで、



CIMG3524_R4.jpg
父ちゃんにたっぷりと撫でてもらっておりました♪



さてさて、この後、ユキチくんとパパさんが帰ってまいりますよ~!

この続きは、次回に~!(^^)!

| お友達 | 07:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。