今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

犬の刺激は、若返りの薬?

前回の続きです。



ブルーくんのお家にお邪魔したマリリン。

年下彼氏であり子分であるブルーくんの気遣いに、思いきり気を良くしておりました

と、ここで。

用事で出かけていたユキチくんとパパさんが帰ってきましたよ~!!





「ウオォォォォォ~~~ン!!! 不審者、不審者!! 大変です!!」



なぜかマリ坊が大騒ぎ

背中の毛をゾワワ~ッと逆立てて、侵入者を撃退しようと必死に暴れました。

ちょいと・・・侵入者は、マリリン、あんただよ



車で寝ながら帰ってきたというユキチくんは、寝起きでぼぉ~っとしておりました

部屋に入り、私たちを見て、きょとん。

でも、相変わらずのゴキゲンさん♪

「どもども。」と、はにかんだ笑顔でご挨拶してくれました



で、ですよ。

驚いたのが、ブルーくんの対応。

前にお会いしたときと、様子が少々変わっておりました。

まず、ユキチくんが帰ってくると、サッと駆け寄り、



CIMG3532_R4.jpg
「我が家の坊ちゃん、お出かけ疲れたでしょう。 楽しかったですかい。」



父ちゃん母ちゃん、思わず顔を見合わせてしまいました。

続いて、パズルを始めたユキチくんに、



CIMG3539_R4.jpg
お鼻でチュッ♪



ユキチくんが帰って来てからずっと、ブルーくんはユキチくんのそばにいて、さりげなく寄り添っているのです。

何と言いましょう、顔つきが違うんですよね。

大事にしよう、守ろう、というお兄ちゃんの表情が見てとれました。



すごいね、ブルーくん。

ナイーブなあなたなりに、こうしてオトナになり、ユキチくんを守ろうとしているんだね

こうして久しぶりにお会いして、1匹の犬の成長、心境の変化を目の当たりにし、じ~んとしちゃいました。




一方、マリリン姐さんは、一気にブルー家の人口が増えたことに圧倒され、アウェイ感が満載。

「やっべ~、ブルーくんをいいように従えて命令していた仕返しが来るとかないよね。」的な顔で、あたふたしておりましたよ



そんな姐さんの自信を取り戻すべく、みんなでおさんぽへGO~!

この日は気持ちの良い秋晴れ

ユキチくんはベビーカーに乗り、マリリンはマリリン号を引っ掛け、全員で公園に行きましたよ~♪



CIMG3541_R4.jpg
ばびゅーーーん!


マリ坊、負けず嫌い根性さく裂。

ベビーカーにも負けたくないようで、遅れをとると、慌てて一等賞に返り咲きます



CIMG3543_R4.jpg
「きゃは~! 変身すると、パワー全開になっちゃうの!」



CIMG3551_R4.jpg
「横断歩道もかっ飛ばせ~ってんだ!」



CIMG3559_R4.jpg
「じゃじゃん! 着きました!」


初めて来たのに、自分の公園のような顔をしているマリリンです。



CIMG3560_R4.jpg
ブルー 「姐さん、気に入ってもらえるか分かりませんが、楽しんでくだせぇ。」

マリ 「うむ。やってみよう。」



ブルーくんは、さすがいつも来ているだけあって、



CIMG3562_R4.jpg
いきなりフレームアウトの余裕っぷり


マリリン姐さんも、



CIMG3564_R4.jpg
えへへ、えへへ、と熱心に情報収集を楽しんでおりました♪


ユキチくんは、



CIMG3571_R4.jpg
ブルーくんのところへ来たり、ほかの子どもたちのところへ行ってみたり、ひとり大忙し!


年上のお友達にも、控え目ながら自分からご挨拶をして、ママの手助けを借りつつ、上手に遊んでおりました。


まだ2歳にならないのに、じっくり観察していると、本当に感心することばかりです。

大人が言うことを、驚くほどきちんと聞いていて。

好奇心のままに突っ走って遊んでいるかと思いきや、へぇ~!というところで気を遣っていたり。

ママさんは、そういったことをすべて把握しているからでしょうか、変な意味での子ども扱いをしません。

まだ小さいから言っても分からないし・・・などとおっしゃることはなく、叱るところは叱り、ちょっぴりバックアップをしながら、豊かな可能性を秘めたユキチくんの小さな芽を、見守り、伸ばしておられます。



CIMG3572_R4.jpg
「ユキっちゃん、アンタもブルーくんも、幸せモンだね!」



少し冷たいくらいの秋の風が、肌を撫でてまいりました。

おさんぽ再開して、帰りましょうか♪



CIMG3591_R4.jpg
帰り道には、ブルーくんのお友達ともご挨拶させていただきましたよ~




こちらの子は、17歳の女の子だって!


チャーリーくんと同い年だね♪

もう目は見えていないそうですが、うれしそうにおさんぽしておりました

大事にされている子がたくさんいて、幸せがあふれちゃって大変です




CIMG3545_R4.jpg
終始、楽しそうだったブルーくん♪



CIMG3548_R4.jpg
自分の住む町じゃないのに、あたしゃ~ね!とエバり散らしたマリリン。



それぞれの個性が光り、とても愛おしい時間を過ごすことができました





最後に、ひとつ、前回どうしてもアップできなかった動画を

今度はちゃんと載せられるといいのですが・・・。

通常、犬なら当たり前の光景なのだと思いますが、背骨を気にせずここまで遊べるのは、マリリンにとっては本当に貴重な瞬間。

いつものマリリンとは完全に別犬のようで、驚くばかりです。

よろしければ観てやってくださいませ♪


[広告] VPS



最後は、姐さんのオムツがはずれ、終了~!となりました(笑)



前回の拍手コメントで、ある方が、「シェルターでは障害があることでほかの犬にいじめられがちだったというのに、今は自分より大きな子にガウガウするなんてすごいね」とおっしゃってくださいました。

確かに、確かに!

ブルーくんと遊んでいる様子からは、そんな過去が信じられません。

そして、ブルーくんのやさしさが、一層、沁みるのです。

ピョンピョンとお尻ジャンプをするマリリンがケンカの弱い犬であることくらい、ブルーくんだってすぐに見破っただろうに、いじめることなど一切なく、自分がおなかを出して相手をしてくれている。

ブルーくん・・・

いいやつぅ~~~!!!





マリリンは、ややドライなところがあり、もともとは、こういったガウガウ遊びをする傾向にありません。

加えて、おさんぽなど、外でお友達と会うときは、常に車いすがあるため、犬同士で上になったり下になったりの戯れができず。

そのため、犬に向かって怪獣のように口を開き、大はしゃぎをするマリリンは、ブルーくんと会ったときくらいなんです。

年下彼氏の影響は、すごいですなぁ



先日、動物病院でまた尿検査などをしたのですが、その際、先生とのお話で、興味深い内容がありました。

父ちゃんが、「今年に入ってからの老け具合がひどくて・・・。」と、娘の老化を気に病み(笑)、相談したのです。

すると、何か大きな病気にかかり、それが進行しているということは、こうした定期的な検査からは考えにくい、と前置きをし、私たちに安心をくださった上で、ひと言。

「1匹で、大事に大事に飼われている子って、不思議なほどに老化が早いんですよね。」

どうやら、ぬくぬくとかわいがられ、緊張感のない生活をしている犬は、耐性が弱くなっており、少しのストレスでも心身に影響を与えるようです。

そんなところは、人間も犬も、同じなのかもしれませんね。



犬の場合、耐性が弱くなると、免疫力や抵抗力も各段に弱くなり、そうした中で、どうしても老化が早くなっていくそうです。

もちろん、すべての個体においてそうとは言えないと思いますが。

あくまでも先生方の主観の範囲では、いろいろな犬を観察しているとその傾向がある、とおっしゃっておりました。

ガビーーーンとなった、私たち(笑)

もっと乱暴に扱えばいいでしょうか?

そんなトンチンカンな問いかけをし、苦笑されてしまいましたが、先生がおっしゃっているのは、犬同士の刺激の大切さ、ということみたいです。

犬が生きていくためには、犬同士の刺激がとても重要。

2匹以上で飼えれば、それはもちろん最大の刺激になるけれど、それが難しくても、犬との触れ合いはさせられる。

散歩での挨拶や匂い嗅ぎもそうだし、外出先で犬と触れ合ったり、遊んだりすることが、心身にたくさんの良い刺激を与える。

そんなお話でした。

いくつになっても、刺激って大事なんだなぁ~、としみじみ。

思えば、マリリンの後ろ足は、お医者さんもびっくり!な変化をこれまでに見せてくれておりますが、それも、結局のところ、うれしい刺激、楽しい刺激が、医学の限界を超えてしまったようです。

老化においても、後ろ足においても、刺激が一番なのかもしれません。

年をとっても、家の中だけじゃなく、身体が少しでも動く限り、色々な刺激を経験させよう!

改めて、今後のマリリンについて話し合ったのでした。



そんなことがあったため、今回、こうしてブルーくんとガウガウ遊びをしてもらい、父ちゃん母ちゃんは、確信したのです。

マリリンは若返った!と。

この動画の暴れっぷりときたら、まるで5歳くらい若返った感じ♪

ハツラツとしちゃって!

すぐ疲れるだろうと思いきや、ガウガウ遊びは疲れないようで、休憩をはさみながら、何度もブルーくんにけしかけておりました。

若返りの薬となってくれたブルーくんに、感謝しっぱなしの父ちゃん母ちゃんでありました

ブルーくんよ、でろ~んと緊張感のない生活をしている姐さんに、時折ハツラツとした刺激をくださいな♪





CIMG3549_R4.jpg
「あたしゃ、このたび、3~6歳になったよ!」


| お友達 | 07:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。