今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリン、2匹暮らしを疑似体験♪


2号 「みなさま、こんにちは。 マリリン2号です。 おほほ。」

マリ 「ちょいとこのイヌ、あたしより前に出ちゃったよ。 一体、何なのさ。」



2号ちゃんの動じない堂々たる佇まいに、顔をこわばらせちゃったマリリンからスタートしました、今日のブログです♪



あらま! どしたの!? マリ坊がひとり増えちゃったよ!

という方は、前回の記事をご覧くださいませ



シカゴのお姉さんと一緒に、はるばる日本にやってきてくれたマリリン2号ちゃん。

RAINDOGS CAFEでお披露目をした後、いよいよお家に連れて帰りました

2号ちゃんとマリリンを交流させる前に・・・



CIMG3913_R4.jpg
Jr.MAMAさんとだっちょこさんからいただいた、たくさんのお土産の中に、Jr.ちゃんとおそろいのバンダナがありましたので、ちょいと、ひと遊び♪



CIMG3916_R4.jpg
「はて。 これは、何かね?」


マリリン似合うよ~!

この格好で、浅香光代と舞台共演できそうだね。

あたしゃ~ね!対決



そして、バンダナの使い方として外せないのは、





CIMG3924_R4.jpg
やっぱコレでしょ~



CIMG3922_R4.jpg
「はにゃ?」



CIMG3919_R4.jpg
「はにゃにゃ


父ちゃん母ちゃんに遊ばれて、困惑のマリ坊ちゃんでございました



そしてそして、さらに困惑に拍車がかかります!

2号ちゃん、出番だよ~!



2号ちゃんをマリリンの横に並べてみると・・・



CIMG3860_R4.jpg
「ねぇねぇ、アンタ何者なんだい。」


興味津々。

改めて、入念な匂い嗅ぎが始まりました。



CIMG3861_R4.jpg
マリ 「あたしなの?あたしにしちゃ~若い気がするわね。お肌にハリがあるもの。」

2号 「おほほ



CIMG3867_R4.jpg
「まさか、今日から2匹暮らしじゃあるまいね。 あたしゃ、一人っ子を望む!」


大丈夫、大丈夫。

2号ちゃんは、マリリンのライバルじゃないよ。



CIMG3866_R4.jpg
「ちょいと、なんで何もしゃべってくんないのさ。 さっき、若いって言ったときだけ“おほほ”って言ったでしょ! ちっちゃな声で! 聞こえてたよ!」



CIMG3865_R4.jpg
「こら~!! なんとか言ったらどうなんだい!!」


ビヨ~ン、ビヨ~ン、とお尻ジャンプをしながら、必死のお誘い。

堂々と落ち着いた2号ちゃんに、マリ坊はあたふた動揺しているようです



CIMG3877_R4.jpg
「あのぉ~、できる限りの手は尽くしましたが、何の反応もごぜ~やせん。」



CIMG3890_R4.jpg
2号 「ほら、背中側もそっくりなこと、見せてあげましょうよ。」

マリ 「しゃべったぁ~! いきなりしゃべって、いきなり指示だよ!」



ほらほら、たまげていないで、2号ちゃんが言うように、背中見せてあげて♪



CIMG3894_R4.jpg
「えぇ~~。。。」 


しぶしぶ後ろを向いてくれました。



CIMG3896_R4.jpg
似てるでしょ~


Jr.MAMAさんは、マリリンの茶色化現象をも作品に取り入れ、再現してくださったのです



以前、こちらの記事でご紹介しましたマリリンのかわいい似顔絵に加え、


CIMG3941_R4.jpg
我が家には、こうして、3匹のマリリンメンバーがそろいました





翌朝、マリリンが起きてきたときにどんな反応をするかな~と思い、洗ったばかりの毛布の上に、2号ちゃんをそっと寝かせておきました。
(マリリンは、洗ったばかりの毛布類がものすごく好きで、洗い立てがあると、必ずそこに寝るのです。)



ちょっとドキドキしながら、マリリンを起こし、2号ちゃんの待つリビングに連れて行くと。



おもむろに毛布を目指し、いそいそと歩いて行ったかと思ったら・・・





CIMG3945_R4.jpg
寝たーーー!!


何ら違和感なく、洗い立て毛布(紫のやつです)の残り半分のスペースに、身体を入れました。



CIMG3947_R4.jpg
背中で少しずつ2号ちゃんを押しています(笑)



CIMG3963_R4.jpg
「ふぅぅ~。 なんだか狭いわねぇ。」



この様子を見て興奮したのは、もちろん母ちゃん。

もしや・・・!

もしやマリ坊ちゃんったら、この子の性格では無理だと思っていた、憧れの2匹飼い暮らしができちゃうんじゃないの~!

決定的瞬間に浮かれながら写真を撮りまくりましたが、何のこたぁ~ございません。

この後、寝起きの頭がスッキリしてきたマリリンは、2号ちゃんのあんよを、思いっきりうれしそうに噛りつきました。

大慌てでストップをかけましたが、どうやらマリリンの中では、2号ちゃんは、きいろたんやしろたんと同じ。

一緒に遊びたくて仕方がない様子です。

ブン投げられて、けちょんけちょんにされたら大変なので、マリリンの遊びはお預け。

2号ちゃんは大事に飾り、マリリンのことを見守ってもらうことにしました






ところで。

前回書きましたように、Jr.MAMAさんとだっちょこさんにお会いできたことは、本当に貴重な機会となりました。

おふたりとも、動物への思いは共通しております。

根底に流れるものが同じであるため、同士のような感覚でお話をすることができました。



Jr.MAMAさんは、アニマルクラブ石巻に支援をなさっています。

今回の一時帰国でも、日本に着くなり、石巻に飛んで、様々な交流をなさってきたそうです。



Jr.MAMAさんが応援してらっしゃる方々は、みなさん長年大変なご苦労をされながら、がんばり続けている方ばかり。

昔は、今よりさらに動物に理解のない社会で、その中で、たくさん嫌な目に遭い、みなさん常に孤独に身を置いてきたそうです。

けれど、決して負けませんでした。

毛玉っ子たちのやわらかな体温と、無垢な心に、自らの信念を映し出し、身を捧げてきたのです。

誰に褒められるでもなく、孤独と闘い、信じる道をひたすら歩き続ける。

そういった方々のお話に、自分の中で、何かが震えました。

めげることのないみなさんの、静かに燃える魂。

その欠片が、はらはらと胸に舞い落ち、そっと寄り添ってくれるようです。



色々なことに力を注げば注ぐほど、一体自分は何をやっているんだろう、と虚しい気持ちになることがあります。

生活の中で、私たち夫婦や個性あるマリリンに対し、動物に理解のない方々から向けられる目は、時に厳しい。

また、私たちがこの子へ抱く思いを、ひとつの価値観として認めてもらうことは、想像以上に難しいものであると知りました。

ならば、ブログの中においては、見に来られる方が動物好きであることが多い分、やさしい目がすべてかと言えば、それも違います。

とてもとても温かく、じっと見守り応援してくださる方々がいらっしゃる反面、時に同じ犬飼いによる悪意の刃が向けられ、それは、動物に理解のない人から向けられるものよりも、はるかに容赦がありません。

自分の犬を幸せにしたいであるとか、犬たちを苦しみから救いたいであるとか、願う目的はおおよそ同じであるはずだけれど、人間はしばしば、本来の目的から離れ、“犬”ではなく“自分”のために、他者を攻撃する。

ザクザクと胸を切りつけるような暴言を浴びせられれば、傷つかないことは無理であるし、争いが苦手なゆえ、ただただその傷を舐めるだけ。



けれど。



孤独の中でがんばり続けてらっしゃる方々のお話に、何かひとつ、ストンと胸に納まった思いがありました。



ひとりひとりが頑張り続けることでしか、この世の中は、変えられない。

動物たちの苦しみは、終わらない。

動物たちを取り巻くどうしようもない現実が横たわり、今この瞬間にも、苦痛の中で亡くなっていく子たちがたくさんいるのだから―――。

私にできることを、やっていこう。

行きつくところは、シンプルに、その思いです。



色々なことを考える中で、ブログという手段をずっと続けていくかどうかは、分かりません。

健全な頑張りよりも、健全でない部分で身を削られるほうが大きくなってしまうようであれば、本来の目的を果たせなくなってしまいます。

マリリンの身体と心を守ること。

それが、私が最も力を注ぐべきことであり、そのために、自らの健康と精神を保たねばなりません。

その上で、少しでも、自分にできることをやっていく。

一歩ずつ、進むべき道を進む。

いま胸にあるのは、そんな思いです。



苦しむ動物たちがいなくなるように、という目的のために進む道は、どれを選んでも、傷つくことがたくさんあるでしょう。

けれど、芯の部分は、決して揺らがない。

そんな強さを身につけるよう努力し、できることをやってまいりたいと思います。





CIMG3955_R4.jpg
「がんばってぇ~。。。あたしゃ、寝るよ。」


| お友達 | 07:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。