今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マリリンの過去 その3

里親会のスタッフさんに連れられて我が家にやって来たマリリン。
車からちょこんと覗いたふたつの瞳に浮かんでいたものは、まさに「当惑」以外の何物でもありませんでした
カチコチに固まってしまっている彼女の身体を胸に抱いた瞬間、うっかり目頭が熱くなり、あわててスタッフさんに背を向けたことをよく覚えています。
ジャスト5㎏の重みは、そのままかけがえのない命の重みでした。
それは、この命に対する責任を、私に否応なく実感させるものでした。
この子を何としても守らなければならない。
私が母になった瞬間でした。

<我が家にて>
CIMG1523_convert_20111225182349.jpg

CIMG1603_convert_20111225182559.jpg

マリリンがやって来て、我が家の暮らしは一変しました。

必要と思われる犬用品はほぼそろえてありましたが、それを嘲笑うかの如く、予定外、想定外の連続
とにかくマリリンが快適に暮らせるように、試行錯誤の日々でした。

マリリン自身も、知らない家に連れて来られた不安や緊張で、ただでさえ小さな身体をさらに縮こまらせていました。
おとなしく、ただじっと黙っている姿が、本当に痛々しかったです。

マリリンにとって100%の環境にしてあげるためには、さらに努力が必要でしたが、元々マリリンを迎え入れることを決めていた私たちは、一週間のトライアル期間終了とともに、里親会代表に正式譲渡のお願いを申し入れました。

その後、私たちがまず行ったのは、かかりつけとして目星をつけておいた動物病院への受診でした。
そこで何人かの先生に診ていただき、レントゲン等の一通りの検査を受けたところ、いろいろなことがわかりました。

まず、年齢について。
3~8歳という意見の先生が1人、5~8歳という意見の先生が2人いらっしゃったので、とりあえず5~8歳と決定。(テキトーすぎる
また、この子の背骨は真ん中で真っ二つに折れており、すでにその骨と骨が折れたまま結合してしまっているため、今から元に戻す手術はできないということでした。
背骨が折れてから長いこと放置されたようで、怪我の原因についても、事故なのか何なのか判然としないそうです。

そして、折れた部分から下の神経が損傷されているため、下半身には感覚がないであろうと診断されました。
そのため、自分の意思による排泄は難しく、いわゆる垂れ流しという状態になってしまうということについては、先生のお言葉よりも前に、私たちが実感として感じていたことでした。

トライアル期間中にも、排泄の方法は試行錯誤試してみましたが、結論としては、マリリンには本当に申し訳ないけれど、おむつを履いてもらうことにしました。
不思議なことに、初めておむつをつけたときから、マリリンはまったく嫌がることなく、じーっと私たちのぎこちない動作に従ってくれました。
その健気な姿が不憫で不憫で、何度も抱きしめて身体をさすりました。

マリリンと私たちの生活は、こうして始まったのです。
それから1年と3カ月。
今ではすっかり我が家のお姫様♪
車いすで元気にお散歩しています




DSC_0885_convert_20111225190757.jpg


マリリンの過去については、この記事でひとまず区切りとしたいと思います。

| 自己紹介とマリリンの過去 | 19:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。