今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

18回目の、おめでとう♪

休日、Woo Pee Cafeを訪れたマリリン。

この日は、特別なイベントが待ち受けていました。





CIMG5607_R4.jpg
「みなさ~ん、元気ですかぁ~! ボクですよ」



は~い、久々に登場してくれました、チャーリーくんです!




マリ 「あひゃ~! チャーリーくんじゃんよ! よくがんばってるねぇ、アンタ」

チャー 「マリリンさんも、冬の間てんやわんやだったみたいで…だいじょぶですか」

2匹でしばしの病気トーク。

お年寄りの会合の場と化した病院の待合室のようです。



CIMG5610_R4.jpg
「ボク、まだまだがんばってるよ」


ほんとだね~!

チャーリーくん、身体の調子はどうかな、と心配していましたが、こんなに元気な姿を見せてくれました~!

オムツからぴょこんと伸びたあんよが、マリリンのそれとそっくり。

かわいくって、かわいくって、胸がうずうず。

高齢の犬が「あひー!」ってなるような衝撃は与えちゃいけないと思って我慢したけれど、かぶりついてもみくちゃにしたい心境です。



CIMG5615_R4.jpg
パパさんママさんの間に身体を横たえ、安心しきった様子のチャーリーくん。



CIMG5622_R4.jpg
「ボク、すぐに眠くなっちゃうんだぁ」


穏やかな眠りに引き込まれようとするチャーリーくんの目の前に、勢いよく迫り来る白いやつ。



CIMG5624_R4.jpg
マリ 「パパさ~ん! おやつぅ~!」

チャー 「あ、ダイゴくんから聞きましたよ。 必殺、イヌ無視おねだり攻撃ですね」



チャーリーくん、ごめんよ~

マリ坊ったら、チャーリーくんが微動だにしないのをいいことに、ずいずいとパーソナルスペースに踏み込んで。

イヌという存在は完全無視し、飼い主さんのほうへ猛アピール。

我が子のように甘えまくるという手法を確立しています。



と、そこへ、みんなの期待を一身に背負った例のものが登場しました!



CIMG5628_R4.jpg
じゃ~~ん!



店長さんの思いが込められた、特製バースデーケーキ。

ケーキの上にまばゆく輝くのは、「18」のロウソク…。



そうなんです。

この日のスペシャルイベントは、チャーリーくんの、18歳のお誕生日会だったのです!

ちょいとちょいと、18歳ですってよ!

すごいねぇ、チャーリーくん♪

去年、17歳のお誕生日をお祝いしたとき、胸いっぱいの喜びのちょっとした隙間に、来年はどうかな…と幾ばくかの寂しさが浮遊しておりましたが、あれから1年、見事に生きぬいてくれています。

うれしいお誕生日、さぁ、始まるよ~!



CIMG5637_R4.jpg
マリ 「みなさん、よく覚えていてくれましたね、今日はあたしの誕生日です!」

チャー 「違いますよ」



CIMG5641_R4.jpg
マリ 「ちょいとアンタ、いまだかつて見せたことのない鋭いツッコミ飛ばしたね…」

チャー 「ハッ! いや、あの、ここ大事なとこなもんで」



1年前と変わらぬ展開を見せる、平和な2匹です。



CIMG5639_R4.jpg
マリ 「う~む、マテない…かっさらいたい…いますぐ食らいつきたい…!」

チャー 「何だろう、この不穏な空気…。 ま、いっかぁ、ケーキあるしぃ♪」




CIMG5648_R4.jpg
マリ 「いひひ…。 みんな見てないね、しめしめ…」

チャー 「あはぁ~♪ ケーキ、ケーキ♪ うれしいなぁ~っと♪」




CIMG5649_R4.jpg
マリ 「今だーーー!!」

チャー 「あっ ΣΣ(゚Д゚;)」




CIMG5650_R4.jpg
マリ 「へい、一丁あがりぃ~!」

チャー 「ボ、ボクのケーキ……(´;ω;`)」



ヒィ~~~ッ

さーせん!

マリリン家一同、全員で詫びを入れさせていただきやすっ(泣)



絶不調の冬を乗り越えたら、以前よりもさらに食べることへの執着が暴発しているマリリン。

ヒトサマならぬイヌサマの大事なお誕生日会でもやっちまいましたよ…。



さぁさ、貴重な「18」のロウソクに火をつけて。

みんなでバースデーソングを歌います♪



CIMG5653_R4.jpg
マリ 「あら? 何だい、この妙な間。 食べちゃいけないの?」

チャー 「大変だよマリリンさん。 どーでもいい時間が始まっちゃったよ」



CIMG5654_R4.jpg
マリ 「はい、ちょっとヤメヤメ! ソングは禁止だよ! 早くしてちょーだい!」

チャー 「ですです、ソング禁止。 準備は整った!」



おまっとさんでした~。

チャーリーくん、どうぞ~!



CIMG5668_R4.jpg
「んまんまっ!」



チャーリーくんの食欲に目を瞠る私たち。

食欲はけっこうあるよ、と聞いてはいたものの、これほどイキイキと食べてくれるとは!



CIMG5687_R4.jpg
「おいしい~! これ、すっごくおいしいよ」



幸せオーラをきらきら放ちながら、完食してくれました♪



その真向いでは、食への情熱をギラギラほとばしらせながら、1匹の白いケモノが…!



CIMG5676_R4.jpg
「あぁ! いよいよ…いよいよだわ! 待ち焦がれたこの瞬間が…」



CIMG5678_R4.jpg
「キターーーッ! あたしゃ、このために生きてんだよっ!」



CIMG5679_R4.jpg
「もいっちょ行くよ! ドキドキ…まだまだ…マテマテ…」



CIMG5685_R4.jpg
「キターーーーーッ!!!」



言うまでもなく、完食です。



大喜びの2匹を囲み、人間4人、うれしいうれしいひと時でした。



CIMG5696_R4.jpg
「みなさん、いつも応援ありがとう。 ボク、精いっぱい生きるからね。 見ててね」



チャーリーくん、18歳、本当におめでとう。

こんなにうれしい誕生日ってないよね、とみんなでしきりに話しました。

人間の誕生日も、もちろんうれしくてありがたいものだけれど、寿命を一気に駆け抜けてゆく動物たちの誕生日は、格別の感慨がございます。

パパさん、ママさん、娘さんたちの愛情に包まれて、18年のときを生きてきたチャーリーくん。

2才で心臓病を患い、8年生きられればいいと言われ…。

10才を迎えたとき、もういつどうなってもおかしくないな、と覚悟していたら、なんとそれが折り返し地点だったとは!

「ほんとにもう、ありがたくって、ありがたくって、お釣りがじゃらじゃら来ちゃう」

目尻をふっと潤ませ、ママさんはそうおっしゃっておりました。



チャーリーくん、幸せだね。

今この瞬間に輝く命よ、ありがとう。

来年も、盛大にお祝いしようね♪

目指せ、花の20代!(^^)!



| お友達 | 09:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。