今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

たとえばわたしが死んだら ~老犬ホーム~

前回の続きです。



もしも自分が突然死んだら。

愛する犬がひとりぼっちになってしまったら。

飼い続けられない状況に陥ったら……。

それでもどうにかして、殺処分だけは避けたい。

そういった世の中の流れから脚光を浴びているのが、老犬ホームの存在ではなかろうか。

先日、1冊の本を読んだ。



さいごの毛布 (単行本)さいごの毛布 (単行本)
(2014/03/26)
近藤 史恵

商品詳細を見る


『さいごの毛布』



老犬ホームで働くことになった主人公の女性が、さまざまな思いに身を寄せながら成長してゆくストーリーで、じめじめと重苦しい描き方はされていない。

近藤史恵さんの文章は、会話を中心として読みやすく、展開も早いので、多くの方が抵抗なく楽しめるのではないかと思う。

家族にも世の中にも距離を感じている主人公が、少しずつ自らに向き合い、羽を広げてゆくのを応援しつつ、私も物語の世界を楽しんだ。

けれど、小説の素晴らしさとはまったく別に、何か違和感が残った。

最後のページを撫で、ゆっくり本を閉じたあとも、傍らに眠るマリを見つめ、おなかを抱えてうずくまり、うぅ…と声を漏らして天井を見上げ、何をどうやっても、違和感が拭えない。

この違和感の正体は、一体何だろうか――。





さまざまな人間の事情によって、犬たちは、老犬ホームに入れられる。

その内情を、少し調べてみた。



仕事の都合などで老犬介護ができる状態にない。

もしくは、長引く介護疲れ。

また、人間も犬も年老いて老老介護のような状況になり、限界となった、などなど。

そうした老犬特有の事情により、本来の使われ方として老犬ホームが機能しているのはもちろんだけれど、そのほかに、別の事情により飼い続けられなくなったが保健所の殺処分は避けたい、という人たちによる利用も多いそうだ。

犬はまだ若く、元気だけれど、飼い主の突然の病気などの肉体的問題により世話ができなくなった、というまともなものもあれば、うんざりするような“事情”も多い。

経済的に飼い続けられなくなった。

夫婦の間に赤ちゃんができ、世話ができない、もしくは、一緒に暮らせない。

ペット不可住宅へ引っ越すことになった。

家族の誰も、面倒をみることができなくなった。

忙しくなった。

などなど、などなど、などなど……。
(はい、みなさまお察しの通り、キレてますよ、書きながら。)

要するに、結局のところ、犬を保健所へ連れて行く飼い主の事情と、ひどく似通っているのだ。



本の中の登場人物においても、老犬ホームがあって良かったと私が思えた人たちは、少なかった。

一例を挙げると、次のような場合。

飼い主の女性が突如、思いもよらぬ難病を発症し、身体が衰弱、現在は車いすで生活している。

入退院を繰り返し、とても犬の世話をできる状態にないけれど、必ず治して、いつか愛する犬と再び暮らしてみせるという信念を持っている。

まだ元気で若い女性が、犬を飼う前に自分の難病を予測するなど、到底できなかったであろう。

こういったことは、おそらくやむを得ない事情に入るのだと思う。

ほかにも、あぁ、老犬ホームがあって良かったね、と感じる例はあったけれど、大概は、頭痛のするパターン。

中には、「犬が死ぬところを子どもに見せたくない」などという“事情”まであった。



老犬ホーム側は、そういった身勝手な飼い主を叱り飛ばしたりはしない。

なぜなら、大事なお客さまだからだ。

そこが、愛護団体とは決定的に違う。

どれほど身勝手な事情であろうとも、苦しい経営を助けてくれる顧客であることには変わりなく、とにかくお金さえ払ってくれれば、拒否する理由はない。

一方、飼い主たちは、犬を殺処分から回避してやり、毎月数万円ものお金を支払っていることで、自らの行いに納得する。

それはそうだ。

殺処分に比べたら、はるかに気が軽い。

犬を手離す罪悪感は、薄れてゆくだろう。

本来の終生飼育の義務を忘れ、自分たちが“やむを得ない”と感じている事情に頓着し、しかしそのような状況下でも犬を生かしてやれているという結果を見て、むしろ満足してしまっている飼い主さえいるかもしれない。



私は、それがこわい。

罪悪感が薄れる、ということは、犬に対する、命に対する責任が、薄れるということだ。

犬を迎える際に持たねばならぬ覚悟や準備、将来の想定への認識も、薄れてゆくということだ。



これは本の内容ではなく現実の話だけれど、実際、老犬ホームに犬を預け、自分たちは新しい仔犬を購入するという例もある。

その仔犬が老犬になったら、またホームへ入れて、新しい仔犬を迎えるのだろうか。

高いお金を出しているんだ、自分たちはきちんと責任を果たしている。

そんな満足に浸って。



もちろん、保健所に連れて行く飼い主に比べれば、老犬ホームを利用する飼い主のほうが、愛情ある飼い主と言えるのだろう。

施設側も、あくまでもビジネスという側面は保ちつつも、その中で精一杯にお世話をしているのだから、これまたきっと、愛情深いと言えるのだろう。

けれど、どうしても違和感が拭えない。

飼い主側も施設側も、どれほど愛情があろうとも、何かが抜け落ちている気がしてならない。

考えてゆくと、それは、犬たち自身の気持ちなのではないか、というところに落ち着いた。

一番肝心な、犬たちの存在が、どこか置き去りになってはいないだろうか。



本の中で、老犬ホームのオーナーが言っている。

「老犬ホームがあることで、犬と飼い主との間に選択肢がひとつ増えるの」

それは、素晴らしいことだと思う。

殺処分を回避する可能性を持てるのだから。

だけど……。

犬の立場を想像してみれば、事情も理解できず、何が何だか分からぬまま飼い主と引き離されて、施設に入れられる。

自分の気持ちは捨て置かれたままだ。

一度も面会がなくてもつらいが、あったらあったでつらいだろう。

会いたいと願い続けた飼い主と突然再会し、そしてすぐにまた、引き離される。

定期的に会い、何度も引き離されることによって、犬たちの精神はぼろぼろになってしまうのではなかろうか。



もちろん、本人の意思と関係なく施設に入所させられる例は、人間の高齢者でもたびたび見受けられる。

人も犬も同じことだよ、とも言えるかもしれないが、私は、「責任」の意味において、異なるものを感じている。

おじいちゃんおばあちゃんは、介護する側の人間が赤ん坊として生まれたときにはすでに、この世に存在し、家族なり親戚なりの関係が発生していたはずだ。

つまり、介護する側の人々にとって、おじいちゃんおばあちゃんと何かしらの関係をつくるかどうかの選択権などなかったし、当然のことながら、家族・親戚関係の発生という部分について、何ら責任は生じない。

今日から自分はこのおじいちゃんと親戚関係になろう、などと決意する類いのものではないのだから。

一方、犬はどうだろう。

例外的な特殊事情も時にはあると思うが、大抵の場合、家族に迎えることを、最終的に自分たちが決定している。

「決定」には、必ず、「責任」が発生する。

このブログで幾度も書いてきた、犬を迎えるための覚悟と責任の話だ。

自分が選択し、決定して、犬を迎えたならば、最後まで責任を果たさなければならない。

その、「犬を迎える際の責任」が、老犬ホーム等の受け入れ先の存在によって、どこか軽くなっていってしまうのではないか。

もっとも不安に感じるところだ。



本の中で、施設の従業員が言う。

老犬ホームみたいなところはもっと増えるべきだ、と。

私はその言葉に、どうしても頷くことができなかった。

殺処分を回避する手段として、本当の意味で老犬ホームを必要としている家族のために、全国にぽつりぽつりと存在していてほしいとは感じるけれど、増えるべきだとは、思えない。

犬を迎える際に、将来的に手離す結果になるかもしれないという事情を、わずかでも抱えているのなら、それはやはり一度踏みとどまって、犬の立場に立ってみることが必要なのだと思う。

犬を飼うのはいいことだ、人生を豊かにしてくれる、先に死んだって大丈夫、事情が変わっても大丈夫、いざとなったら老犬ホームへ!

……責任って、そういうものなのだろうか。

もっと重大で、ある種の切迫感を伴った、ずしりと重たいものではなかっただろうか。



これらの懸念は、前回の記事で紹介した遺言やペット信託においても通底しているものと言える。

殺処分を防ごうとする世の中の動きは、素晴らしい。

本当にどうにもならない事情の方々、犬にとって、間違いなく救いとなるであろう。

けれど、罪悪感・責任意識の薄弱化という意味においては、私は手放しの称賛をできずにいる。

動物のために新しい試みや制度が構築されることと、動物の命や尊厳を守ることとは、必ずしも一致しない。

時には、選択肢が増え、さらに罪悪感が薄れることにより、命を迎えることに対する根本的な覚悟も希薄になって、かえって動物たちを苦しめる結果にもなりかねない。

老犬ホームという施設や、さまざまな制度を、どのような人たちが利用し、どう活用されるのかが、今後の鍵となるのではないかと思う。





次回は、予見可能性のある事情についてもう少し掘り下げ、また、私たち夫婦のひとつの提案を書いてみたいと思います。



CIMG5834_R4.jpg


| 飼い主亡き後問題 | 11:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。