今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

チャーリーくん、ありがとう

6月20日、マリリンのお友達でありますチャーリーくんが、旅立ちました。

18歳の、チャーリーくんです。



ここに、これまでのチャーリーくんの記事をまとめておきたいと思います。

16歳半キャバリアちゃんと、奇跡の出会い

父ちゃん登場!8 ~新デジカメ購入~ そして、祝☆チャーリー号

ゆけゆけ、チャーリー号!

雨宿りのランデブー♪

チャーリーくん家で大はしゃぎ♪

チャーリー号とマリリン号、一緒に散歩だ、GOGOGO~!!

チャーリーくんと、カフェデート♪

チャーリーくんと、別所沼♪

もうすぐ17歳、きらめく命

チャーリーくん、17歳おめでとう!!

17歳のボーイフレンド♪

新しい年、健やかに

18回目の、おめでとう♪



週末、マリリンを連れ、みんなでチャーリーくんにご挨拶をしてまいりました。

パパさん、ママさん、そして普段お忙しくてなかなかお会いできない娘さんも一緒に、涙と笑顔で迎えてくださいました。



CIMG6039_R4.jpg



苦しむことなく、老衰で最期を迎えた、チャーリーくん。

亡くなったチャーリーくんをママさんが胸に抱くと、何か息のような、空気のようなものが、すう~っと彼の身体から抜けていったそうです。

安心して、お空に向かったのでしょうね。



その日、20日は、たまたまご家族みなさまがゆっくりできる日だったそうです。

もし一日ずれてしまうと、娘さんは出張へ、そして離れた町で暮らす長女さんご一家も、集まるのが難しく。

チャーリーくんは、タイミングを合わせ、お別れを告げてくれたのかもしれません。



ご家族の口から語られる、生前のチャーリーくんの姿が、ありありと目の前に浮かんできて、胸が熱くなりました。

お家の中の、そこかしこから、チャーリーくんがひょっこり覗いているような気がし、時折その顔を探してしまいます。

マリリンは、何かを感じたのか、最初こそ神妙な面持ちで匂いを嗅いでおりましたが、ご家族のみなさまにチヤホヤされ、美味しいものが登場すると、途端に元気100倍。

きっと、チャーリーくんも、「あの、ちょいと……」と思ったに違いありません。

この日は体調が良く、また恐怖のカミナリもなかったので、元気過ぎるほど。

くすぶっていた分を取り戻すかのように、人様の家を転げまわって、大はしゃぎ。





CIMG6027_R4.jpg
「え? あんだって? ちょっと今ケーキで忙しいんだからっ!」


こうして飼い主に恥をかかせ、チャーリー家のみなさまの笑いをとっておりました。



2歳で心臓病を発症したチャーリーくんですが、それからめいっぱいに命を燃やし続け、ついに18歳へ。

本当によくがんばってくれたと思います。

少し前に、車いすを四輪にし、最期までお散歩を楽しむことができたそうです。

5月には、恒例の家族旅行にも行き、楽しいひと時を過ごしたんだとか。

亡くなるその日の朝まで、自分の口からごはんを食べて……。

チャーリーくんの、あの穏やかでやさしく、いつも幸せそうだったお顔が、順繰り順繰り、頭の中をめぐってゆきます。

ご家族のことが大好きな彼は、みんなに囲まれ生きる毎日が、うれしくて、楽しくて、仕方がなかったことでしょう。

幸せな犬生を、精いっぱい生きぬいてくれたチャーリーくんに、大きな拍手を送りたいと思います。

チャーリーくん、ありがとう。



最後に、私の中で印象に残っている、パパさんのお言葉を。

「チャーリー、サンキュー! 18年、楽しかったよ」


| お友達 | 09:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。