今日も明日も、マリリン日和

センター負傷棟から救出された雑種犬、マリリン。車いすを軽快に乗りこなすマリリンと、夫と、私。家族の日々の記録です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

父ちゃん登場!26 ~戦争の話~

CIMG6063_R4.jpg



ども、父ちゃんです!


『おかえり!ユキ』


 最近になって、下記のサイトなどでも取り扱いが始まったようです。

amazon

楽天市場

紀伊国屋書店

hontoネットストア

MARUZEN&JUNKUDOネットストア

セブンネット

ロッピー(LAWSONネットショッピング)

TSUTAYA


サイトによっては取り寄せになることもあり、お時間をいただくかもしれません。



 郷土出版社ホームページでも、引き続きご注文いただけます。


 本書の売上は一部、動物愛護団体に寄付させていただいております。








さて、もうすぐ8月15日…。

そう、終戦記念日ですね。


また、その前の8月6日午前8時15分。

これは、世界で初めて、原子爆弾が投下された日です。

一瞬で数万人の人が亡くなりました(消えました)。

その後も後遺症などで、現在までに14万人以上が亡くなっているそうです。



さらに、8月9日午前11時2分。

長崎に原爆が落とされました。

このときも、一瞬で7万人以上が消えました。



この戦争によって、何十万人の人が亡くなったのでしょうか。

何十万人の人が、不条理な死を受け入れなければならなかったのでしょうか。



戦争は本当に恐ろしいと思います。

戦地に行く人だけでなく、残された人々も、空襲や飢えに怯え、精神的にも肉体的にもおかしくなります。

もちろん、人間だけでなく、動物も被害を受けます。

たまたま私は、沖縄の平和記念資料館や広島・長崎の原爆資料館に行ったことがあります。

そこで見たもの、聞いたものは、とてもおぞましいものでした。

想像をはるかに超える悲惨さでした。

機会があれば、ぜひ一度訪れてみて欲しいと思います。



このようなことを2度と繰り返さないためには、私は「恐ろしさを忘れないこと」だと思います。

そのためにも、語り継いでいくこと、受け継いでいくことは、とても大事なんだと思います。



CIMG0080_R4.jpg


CIMG1225_R4_2014072721453926b.jpg


CIMG1940_R4_20140727214541f57.jpg


| 父ちゃんより | 07:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。